秋田ロッテblog

    千葉ロッテマリーンズとブラウブリッツ秋田を応援するブログ

     

    われらのふるさとvs詩の国秋田 - 2017.06.04 栃木SC -

    170604-01.jpg
    6月4日、栃木グリーンスタジアムにて栃木SCブラウブリッツ秋田戦が開催されました。

    今シーズン首位争いを繰り広げている栃木と秋田。
    共に開幕から無敗を続けていましたが、栃木は前節で相模原に負けて初黒星。
    秋田が一歩リードの状態ですが、ここを勝利してさらに差を付けたいところです。

    170604-02.jpg
    未明に秋田を出発して、栃木グリーンスタジアムに到着しました。
    秋田は雨が降り寒かったですが、栃木に着いたら朝から日が差し結構暑いです。

    170604-03.jpg
    グリーンスタジアム前の道路には多くの屋台が並んでいます。
    栃木SCはスタジアムグルメが充実している事で有名で、どれを選ぼうか悩むほどです。

    170604-06.jpg
    やはり栃木・宇都宮に来たからには名物の宇都宮餃子を食べるべきでしょう。
    スタジアムに居ながら宇都宮名物を味わえるのはアウェイサポーターには嬉しいです。

    この売店には普通の餃子と並び、「青餃子」という限定の餃子も売られています。
    ブラウブリッツ戦という事で「青を喰ってやろう」という事でしょう。
    せっかくなので普通の餃子と青餃子を一つずつ購入してみました。

    170604-07.jpg
    !!

    170604-08.jpg
    想像していた以上の青い(というか紺というか…)皮に包まれており、度肝を抜かれました。
    色こそ凄い事になってますが、味は普通の餃子と全く変わらず美味しくいただけました。

    これは他の青いチームとの対戦でも登場するのでしょうか。
    もし見かけたらお試しください。改めて言いますけど味はちゃんと普通ですから!

    170604-04.jpg
    170604-05.jpg
    焼きそばの屋台で購入したのは「ベーコン焼きそば」
    コーンでチームカラーの黄色を表現しており、ベーコンの塩味とコーンの甘みがマッチしています。

    あちらが秋田の青を喰おうという事なので、こちらも栃木の黄色を喰ってやりましたよ( ̄ー ̄)

    170604-09.jpg
    170604-10.jpg
    この日は「野木町民デー」という事で、栃木県野木町のブースが登場。
    こちらで売られていた「のぎのやさしい水」とは、野木町の水道水をペットボトルに詰めたものです。
    味はまろやかで水道水らしさは無く、文字通りの優しい味でした。

    170604-11.jpg
    スタジアムに入場しました。
    J1規格をクリアしたスタジアムで、大きなスタンドに綺麗なピッチが特徴です。

    170604-12.jpg
    栃木SCのマスコット・トッキー

    170604-13.jpg
    野木町のマスコット・ひまわりサンちゃん

    170604-14.jpg
    チアリーダー「SCチアーズ」のダンスパフォーマンスでスタジアムを盛り上げます。

    170604-15.jpg
    170604-16.jpg
    170604-17.jpg
    この日は「ゲーフラコンテスト」「ゲーフラ製作体験イベント」があり、ホームゴール裏がゲーフラで埋まりました。
    秋田もこれくらい多くのゲーフラでゴール裏を埋めたいですね。

    170604-18.jpg
    スタメン発表、大型ビジョンに立派な映像が流れます。

    栃木の横山雄次監督、2012年には秋田の監督を務めました。
    他にヘッドコーチの松田正俊、DFの二戸将も秋田に在籍していました。
    (残念ながらこの日の二戸はベンチ外でしたが)
    今シーズン快進撃を続ける秋田の姿を、元秋田の3人に見せつけてやりましょう。

    170604-19.jpg
    170604-20.jpg
    試合開始前の栃木ゴール裏にはビッグフラッグが登場。
    首位争いという事で栃木サポーターも気合いが入っているようです。

    黄色く染まった栃木グリーンスタジアムに「栃木県民の歌」が響き渡り、試合が始まります。
    栃木対秋田、試合の行方は。

    170604-21.jpg
    1-0!!

    前半は栃木ペースながら、キーパー小澤章人やDF陣が頑張り0-0で終えます。
    後半から徐々に秋田がペースを掴み出しますが、なかなか決めきる事ができません。

    そして82分、山田樹のゴールにより秋田が先制!!
    終盤に追いつかれそうになるも守り抜き、無失点で試合を終えました。

    秋田が勝利を収め、歌われたのは「栃木県民の歌」ではなく「秋田県民歌」でした。

    170604-22.jpg
    これで秋田は開幕からの無敗、そして首位をキープ
    一方の栃木は、富山と沼津の勝利により順位を4位に下げました。

    奇しくも秋田は次節で富山戦、その次に沼津戦と上位との対戦が続きます
    元J2の富山に、今季JFLから昇格して勢いのある沼津。
    どちらも油断できませんので、精一杯戦っていきましょう。

    170604-23.jpg
    昨年まではアウェイで負ける事がとにかく多く、ガッカリしながら秋田まで帰る事が多かったですが、
    こうした気持ちのいい勝ち方をすると、長距離移動も苦にならない、むしろ余韻を楽しめますね。

    今までのアウェイで弱かったブラウブリッツの姿はここにはありません。
    ここに居るのは、ホームもアウェイも堂々と戦い抜いて首位を走るブラウブリッツです。

    先述のとおり上位との対戦が続きますが、今年の秋田ならきっとしっかり戦ってくれます。
    詩の国秋田の快進撃は止まりません。



    170604-24.jpg
    さて、栃木の坂田良太選手は5月の北九州戦で右膝の靭帯を負傷し、全治一年と診断されました。
    ゴール裏には復帰を願って「熱き18番と共に戦おう待ってるぞ坂田良太」の横断幕が貼られていました。

    170604-25.jpg
    ハーフタイムには大型ビジョンに坂田選手のビデオメッセージが映し出されました。
    メッセージが終わると、栃木サポーターは坂田へのコールとチャントを贈っていました。

    170604-26.jpg
    復帰に向けてリハビリに励む坂田選手。
    一日も早く完治、そして復帰する事を願います。

    栃木vs秋田の試合結果・データ(明治安田生命J3リーグ第11節:2017年6月4日):Jリーグ.jp




     
     

    2017.05.16 東北楽天vs北海道日本ハム in 秋田【その2】

    170516b-01.jpg
    【その1】の続きです。
    こまちスタジアムの楽天対日本ハム、いよいよプレーボールです。

    170516b-02.jpg
    1回の表、さっそく試合が動きます。
    1アウト1・3塁で4番の中田翔に打順が回ります。

    170516b-03.jpg
    中田はレフトフライを打ち、犠牲フライとなって1点を先制します。

    170516b-04.jpg
    1点を追う楽天は3回裏、2アウト1・2塁で打席にはゼラス・ウィーラー

    170516b-05.jpg
    170516b-06.jpg
    打球はレフトスタンドに消えていき、逆転スリーランホームラン!
    開幕当初は不調だったウィーラーですが、だんだんエンジンが掛かってきたようです。

    170516b-07.jpg
    4回裏には1アウト3塁から嶋基宏のタイムリーで4-1とします。
    先発の辛島をバットで後押しします。

    170516b-08.jpg
    170516b-09.jpg
    170516b-10.jpg
    5回裏が終わり、グラウンド整備の時間。
    ゴールデンエンジェルスと共に、地元のダンスチームなどが一緒にダンスで盛り上げます。

    170516b-11.jpg
    170516b-12.jpg
    スタンドの様子。
    この日の入場者数は12,512人。空席もありますが平日開催としてはまあまあの入りでしょう。

    170516b-01.jpg
    コンコースを通って外野席に回って来ました。

    170516b-13.jpg
    日本ハムは6回表に岡大海のタイムリーツーベースで2点目を挙げます。
    続く7回表には満塁から、西川遥輝の打球をショート茂木栄五郎がエラーしてしまいます。

    170516b-14.jpg
    これでスコアは4-3
    1点差まで追い上げてきて、レフトスタンドの日本ハムファンが盛り上がります。

    170516b-15.jpg
    追い上げられた楽天ですが、7回裏に2アウト2・3塁から岡島豪郎の打球をブランドン・レアードがエラー。
    6-3として再びリードを広げます。
    そのレアードが8回表に犠牲フライを打ち、6-4で9回を迎えます。

    170516b-16.jpg
    マウンドにはクローザーの松井裕樹が登場しました。

    170516b-17.jpg
    2アウトながら2四球により1・2塁で、打席には中田。
    1打同点、そしてホームランが出れば逆転となる場面で…。

    170516b-18.jpg
    内野フライに打ち取り、ゲームセット!

    170516b-19.jpg
    スコアは6-4
    ウィーラーのスリーランが効いて、後半に追い上げられながらも楽天が逃げ切りました。

    170516b-21.jpg
    これで秋田では2011年以来6年ぶりの勝利となりました。
    久しぶりの秋田での勝利、地元の楽天ファンも嬉しいでしょう。

    170516b-20.jpg
    ヒーローインタビューは辛島と嶋のバッテリーでした。
    最後はファンと共に「Burn!」で締めました。

    170516b-22.jpg
    毎年恒例のヤクルト秋田開催が無いため、今年の秋田でのプロ野球は最初で最後となります。
    試合が終わり、先ほどまで盛り上がっていたこまちスタジアムもすっかり静かになりました。

    170516b-25.jpg
    170516b-24.jpg
    170516b-23.jpg
    気が早いですが、来年以降もこのように盛り上がる試合が秋田で見られますように。





     
     

    そして進もう、その先へ - 2017.05.21 AC長野パルセイロ -

    170521-01.jpg
    5月21日、あきぎんスタジアムにてAC長野パルセイロ戦が開催されました。

    ここまで6連勝中でJ3リーグ首位を独走する好調の秋田。
    対戦するのはJFL時代の2011年から対戦し続けている長野。

    その長野との対戦成績は、なんと0勝11敗3分…。
    昨年も1敗1分で勝てなかった長野戦ですが、首位を走る今年こそ初勝利を挙げたいところです。

    170521-02.jpg
    この日の秋田市はとても良い天気でした。
    5月も後半に入って一気に気温が上がり、この日は汗をかくぐらいの暑さでした。

    170521-04.jpg
    今回の冠スポンサーはJA共済さん。
    会場にはドライビングシミュレーターのトラックが登場し、安全運転をサポート。
    アンパンマンさんも居ました。

    170521-05.jpg
    スタジアムグルメに初登場したのは、カレー店のCoCo壱番屋さん。
    カレーの他に、フライドポテトやかき氷などを取り扱っています。

    170521-06.jpg
    ソーセージカレーをいただきました。
    他に唐揚げカレーやチーズカレーなどがありました。

    170521-07.jpg
    熱いカレーを食べた後は冷たいアイスでクールダウン、という事でババヘラアイスを購入。

    170521-08.jpg
    綺麗な花形に盛られたババヘラ、冷たくて美味しいです。

    さて、後ろに見える幕には何やらメッセージが。

    170521-09.jpg
    J2なんて遠い夢だと人は言う
    J1なんてもっと遠い夢だと人は言う
    本当にそうだろうか
    サッカーも人生も挑戦しなければ何もはじまらない
    挑戦した人だけが夢を実現できるはずだ
    そう信じている
    だから戦う、秋田のために


    今節からスタジアムに張られたメッセージ入りの幕。
    そしてもう一カ所、ゴール裏席の入口にも別のメッセージ幕が張られています。

    170521-10.jpg
    ゴール裏からの声援が、いつも背中を押してくれる。
    90分間全力で、一歩でも先に。一歩でも早く。一歩でも多く。
    その積み重ねが「秋田」の力になり、未来へつながっていく。
    さあ、今日も共に戦おう。そして進もう、その先へ。


    熱いメッセージが書かれた二枚の幕。
    スタジアムに着いた秋田サポーターはこれを見て気分が高ぶる事でしょう。

    170521-03.jpg
    170521-11.jpg
    毎年多くのサポーターが駆けつける長野。
    今年も多くの長野サポーターによりゴール裏がオレンジ色に染められていました。
    声量も大きいですが、秋田のサポーターもホームとしては負けていられません。

    過去の成績では圧倒的な長野が今年も勝つのか、あるいは秋田が念願の初勝利を挙げるのか。
    注目の一戦の行方は。

    170521-12.jpg
    0-0…。

    互いに守りが堅く、攻めきれないといった展開でした。
    前半終了直前に古田がシュートを放つも止められるなど、チャンス自体はあったのですが。

    これで秋田は今シーズン6勝0敗2分、未だ無敗は継続しています。
    しかし、長野からの初勝利もまたお預けとなってしまいました。

    170521-13.jpg
    この引き分けで、長野との対戦成績は0勝11敗4分

    「11敗もしてる相手に引き分けたから上出来」という見方もあるでしょうが、それは昔の話。
    昨年4位、そして今年首位の秋田には「負けなかった喜び」より「勝てなかった悔しさ」の方が大きいでしょう。
    その悔しさはアウェイ南長野でぶつけましょう。

    170521-15.jpg
    将来J2J1に昇格する為には、もちろん規格に適合した立派なスタジアムも必要になりますが、
    チーム自体がもう一皮・二皮剥けて成長する必要があると思います。
    長野のような長年苦手にしてきたクラブを攻略できるような、そんな成長を見せて欲しいです。

    いまAスタに集まる子供が大人になる頃、J2J1の強豪クラブとなって戦うという日が来るように。

    170521-14.jpg
    その為に選手はもちろん、サポーターも共に1試合1試合を戦い抜いていきましょう。

    さあ、今日も共に戦おう。そして進もう、その先へ。

    秋田vs長野の試合結果・データ(明治安田生命J3リーグ第9節:2017年5月21日):Jリーグ.jp