秋田ロッテblog

    千葉ロッテマリーンズとブラウブリッツ秋田を応援するブログ

     

    スッキリ…できない - 2017.09.24 FC琉球 -

    170924-01.jpg
    9月24日、あきぎんスタジアムにてブラウブリッツ秋田対FC琉球戦が開催されました。

    前節のアウェイでのYSCC戦で負けて2位となった秋田。
    首位返り咲きを目指してホームで琉球戦に臨みます。

    170924-02.jpg
    秋田市は快晴で、9月下旬としては結構暖かかったです。
    試合前のピッチへの散水では綺麗な虹が出ていました。

    170924-03.jpg
    170924-04.jpg
    この日はAスタ隣のグラウンドにて、クラブチームサッカー選手権東北大会が開催されていました。
    立派なバスに乗ってきたのは、福島県リーグ1部に所属するいわきFC
    県リーグ所属ながら、今年の天皇杯で3回戦まで進み注目されたクラブです。

    いわきFCはこの日の準決勝、そして決勝を制して全国大会出場を決めました。
    急成長を見せるいわきFCのような勢いを、秋田にも見せて欲しいところです。

    170924-05.jpg
    170924-06.jpg
    今回スタジアムグルメに初登場したのは、秋田市の焼きスパのお店「ブッチャーノ」さん。
    鉄板で焼かれたパスタの上にたっぷりたらこソースが乗ります。

    170924-07.jpg
    170924-08.jpg
    鈴木酒造店のブースでは「ブラウブリッツサイダー」が販売されました。
    日本酒「秀よし」に使用される仕込み水で作られたサイダーは、水の旨みを生かしたスッキリした味わいです。
    売り上げの一部はクラブの強化費に充てられます。

    ブラウブリッツサイダーを飲んで、試合のほうもスッキリと勝利したいですね。

    170924-09.jpg
    170924-10.jpg
    この日の試合は明治安田生命秋田支社presents。
    試合前には江崎支社長と、マスコット「うさりん」「ライトくん」が登場しました。
    支社長からは毎回熱い応援メッセージをいただいており、本当にありがたいです。

    170924-11.jpg
    ハーフタイムには、秋田ノーザンハピネッツによる来週のBリーグ開幕のPRがありました。
    ハピネッツガールズの花塚悠希さんと、マスコットのビッキーが登場しました。

    170924-12.jpg
    続いて秋田出身のラッパー、羅漢さんによるミニライブで盛り上がりました。

    170924-13.jpg
    さて試合のほうは、50分に前田央樹のゴールで琉球が先制します。
    直後に秋田がPKを獲得して、蹴るのは田中智大

    170924-14.jpg
    170924-15.jpg
    しかし惜しくもバーに弾かれて得点ならず。
    ここでキッチリ決めて早めに追い付いておきたかったのですが…。

    その後の70分、逆に琉球に与えてしまったPKを富所悠に決められて2点目となります。
    秋田は85分に田中のゴールで1点を返して、その後も反撃の姿勢を見せますが…。

    170924-16.jpg
    170924-17.jpg
    1-2

    得点こそ1点差で、終盤は秋田が反撃する展開でしたが、全体的には琉球ペースでした。
    セカンドボールが拾えず、琉球のボールを奪い返せない、なんとももどかしい展開が続きました。

    試合のほうはサイダーのようにスッキリとはいきませんでした…

    170924-18.jpg
    170924-19.jpg
    連敗の秋田は、さらに順位を落として3位となりました。
    やはり上位となると相手チームのマークも厳しくなり、苦しい試合が続きます。

    一方で前節首位の沼津が負けて2位となり、3連勝の栃木が首位となるなど順位の変動が激しいです。
    連敗したとはいえ、首位栃木と3位秋田とは勝ち点2差という混戦です。
    落ち込んでる暇はありません。上を向いて首位奪還を目指して戦うのみです。

    170924-20.jpg
    170924-21.jpg
    この試合、昨年から長期離脱していた浦島貴大が久々にメンバー入りしました。
    出場はありませんでしたが、久しぶりに秋田のベンチに32番が帰ってきました。

    秋田が優勝を決めるために、必ず浦島の力が必要になってくると信じています。
    全員で一丸となって勝利を目指しましょう。

    秋田vs琉球の試合結果・データ(明治安田生命J3リーグ第24節:2017年9月24日):Jリーグ.jp




     
     

    2017.09.07 どうでしょうキャラバン2017 in 由利本荘

    170907d-01.jpg
    9月7日、秋田県由利本荘市にて「どうでしょうキャラバン2017」が開催されました。

    人気番組「水曜どうでしょう」のディレクター、藤村忠寿と嬉野雅道が各地のファンと交流する企画です。
    今回のキャラバンは9月6日から24日まで、青森から静岡まで11カ所で開催されます。

    秋田では昨年の旧鮎川小学校に続いて由利本荘市が会場となりました。
    昨年に続き「運動会」がテーマとなったキャラバンの様子をご覧ください。

    170907d-03.jpg
    今年の会場となった水林陸上競技場
    本荘由利総合運動公園の中にあり、野球場やテニスコートも併設されています。
    コンパクトなメインスタンドと芝生席があります。

    昨年は廃校となった鮎川小学校のグラウンドで開催された運動会ですが、
    今年は陸上競技場が会場となり、本格的な運動会が開催される事になります。

    170907d-04.jpg
    この日は平日の木曜日ながら、県内や県外からどうでしょうファンが集まっていました。
    開場を待つ行列が伸びていました。

    170907d-05.jpg
    開場時間となりました。
    陸上トラック内に設置されたステージを目指して多くの人が歩いて行きます。

    170907d-06.jpg
    ステージ上に藤村・嬉野の両ディレクターが登場しました。
    差し入れの田沢湖高原ビールを片手にトークショーで盛り上がります。

    170907d-07.jpg
    この日の秋田は天気が悪く、会場周辺も降ったり止んだりを繰り返す空模様でした。
    それでも悪天候に負けず多くのファンがステージ前に集まっていました。

    170907d-08.jpg
    こちらは物販コーナー
    キャラバン限定グッズなどレアなグッズが売られており、すぐに完売するグッズもあります。

    170907d-09.jpg
    こちらが戦利品。
    キャラバン2017限定タオルやonちゃんグッズを入手しました。

    170907d-11.jpg
    この日のメインイベント、運動会が始まりました。
    4チームに分かれての対抗戦となります。
    自分は嬉野チームでの参加となりました。

    170907d-12.jpg
    170907d-13.jpg
    1競技目は玉入れ
    藤村チームは「野球とかバスケットとかの経験者は前へ!」等と指示して本気で勝ちに行きます。
    その甲斐もあって1位は藤村チーム。嬉野チームは2位となりました。

    170907d-14.jpg
    170907d-15.jpg
    2競技目は綱引き
    こちらも本気を出してきた藤村チームが制し、嬉野チームはまたも2位でした。

    そして最後の競技、スプーンリレーが始まろうという時でした。

    170907d-16.jpg
    安田さんonちゃん!!

    170907d-17.jpg
    HTBのマスコットとしてお馴染みのonちゃん。
    悪天候という事もあり今日は登場しないのかなと思っていましたが、ここで登場しました。
    いつもの青い帽子の上に、運動会らしく赤い帽子を被っています。

    onちゃんもスプーンリレーに参加して走りました。
    ↓このようにちゃんとスプーン持ってます。器用ですね(笑)


    170907d-18.jpg
    結果はまたしても藤村チームの勝利!
    嬉野チームもあと一歩の所で及ばず2位でした。

    170907d-19.jpg
    170907d-20.jpg
    そんな訳で、総合優勝は全競技を制した藤村チームとなりました。
    優勝を決めてガッツポーズの藤やん。

    170907d-21.jpg
    一方の嬉野チームは準優勝でした。
    優勝は逃しましたが健闘しました。

    それにしても間近で見た嬉野先生はダンディーで格好良かった…。(溜息)

    170907d-22.jpg
    運動会の後はステージにてライブの時間となりました。
    まず登場したのは打首獄門同好会
    四国八十八カ所をテーマにした「88」や、「日本の米は世界一」等を披露しました。
    (『日本の米』の部分を『秋田の米』に変えて歌ってくれました)

    170907d-23.jpg
    続いて登場したのは黒色すみれ
    水曜どうでしょうをモチーフにした曲「語呂合わせのコニーデ」「Kurion-jyane?」などを披露しました。

    170907d-24.jpg
    3組目はDEPAPEPE
    水曜どうでしょうのオープニング曲や、エンディング曲「1/6の夢旅人2002」等をギターで演奏しました。



    170907d-25.jpg
    最後は出演者全員が登場して、「1/6の夢旅人2002」を歌ってフィナーレとなりました。



    170907d-26.jpg
    キャラバンに協力していただいた由利本荘市職員のみなさん
    陸上競技場を丸々貸切にして運動会、というユニークな企画が出来たのも市の協力があったからこそ。
    本当にありがとうございました。

    170907d-27.jpg
    170907d-28.jpg
    楽しかったキャラバンもあっという間に撤収作業が行われ、一同は次の会場である岩手まで移動します。
    ファンのみんなで小旗を振ってお見送りして、秋田でのどうでしょうキャラバンは幕を閉じました。

    170907d-02.jpg
    自分は水曜どうでしょうの番組自体は以前から知っていたものの、本格的にハマリだしたのはつい最近の事です。
    こうしたイベントに参加するのも今回が初めてですが、凄く楽しい時間を過ごす事が出来ました。
    是非ともまた参加したいです。

    170907d-29.jpg
    オン疲れさまでした!( o▽ n )ノ




     
     

    Miracle Game - 2017.09.03 栃木SC -

    170903-01.jpg
    9月3日、あきぎんスタジアムにてブラウブリッツ秋田対栃木SC戦が開催されました。

    われらのふるさとvs詩の国秋田 - 2017.06.04 栃木SC -

    6月にアウェイで対戦した時には1-0で勝利した栃木戦。
    今回のホーム戦は1位秋田と3位栃木という上位争い。シーズン後半という事もあり重要な一戦です。

    170903-02.jpg
    この日の秋田市は、にわか雨もありましたが全体的に良い天気でした。
    それでも9月に入り暑さもだいぶ和らいできて、過ごしやすくなってきました。

    170903-03.jpg
    栃木SCの選手バスが到着しました。
    多くの栃木サポーターが選手を出迎えます。

    秋田サポーターもバス入りを見に集まっていました。お目当ては…。

    170903-04.jpg
    2012年に秋田の監督を務めた横山雄次監督。

    170903-05.jpg
    そしてこちらも元秋田、松田正俊ヘッドコーチ。

    元秋田の彼らが率いる栃木と上位争いするというのは、なんとなく嬉しい気分になりますね。

    170903-06.jpg
    多くの栃木サポーターが秋田に集結して、ゴール裏を黄色に染めていました。
    ホームで負けた雪辱をアウェイの秋田で果たそうと、応援にも気合いが入ります。

    170903-07.jpg
    170903-08.jpg
    そんな栃木にこちらも負けていられません。
    この日のスタジアムグルメに選んだのは、宇都宮の名物「餃子」です。
    アウェイでも餃子を食べて勝利したので、今日も食べて栃木戦を制したいと思います。

    こちらの餃子屋さんは秋田市内で移動販売しており、家の近くにもよく売りに来ます。
    大ぶりな餃子でとてもボリュームがあります。美味しくいただきました。

    ニンニクが多めだったので、ゴール裏がニンニク臭くなったのは内緒の方向で(苦笑)

    170903-09.jpg
    この日は秋田ダイハツpresentsという事で、スタジアム前にコペンムーヴが展示されていました。

    170903-10.jpg
    その秋田ダイハツのイメージキャラクターを務めるのが、秋田のアイドルグループ・pramoの皆さん。
    ハーフタイムのピッチに登場して、ミニライブが開催されました。
    (5人組ですが、この日は学業のためCHIKAKOちゃんがお休みで4人でした)

    170903-11.jpg
    「祭りだぜぃ!」を披露してくれました。
    サビではスタンドのサポーターと一緒にタオルを回して盛り上がりました。

    170903-18.jpg
    さて試合の方は、後半に入ってもしばらく0-0の状況が続きます。
    そんな81分、栃木が牛之濵拓のゴールによって先制します。
    90分を過ぎてアディショナルタイムは4分。そのATも4分台に突入して後がありません。


    このまま0-1で栃木に負けてしまうのか…?


    そんな時でした。


    170903-12.jpg
    1-1

    AT5分台に突入してラストワンプレーという時でした。
    田中智大のヘディングシュートがゴールネットを揺らし、目の前で起きた同点弾にゴール裏は大騒ぎ!
    結局この直後にホイッスルが鳴り、文字通り最後の最後に追い付く事が出来ました。

    170903-13.jpg
    170903-14.jpg
    結果だけを見れば引き分けで、勝利を逃すことにはなりました。
    しかしある意味、普通の勝ちゲーム以上に貴重なシーンが見られた試合だったと思います。
    執念で引き分けに持ち込んだ秋田の選手に、サポーターは大きな声援を送りました。

    170903-15.jpg
    栃木の選手やサポーターにとっては非常に残念な結末となりました。
    同点ゴールが決まりホイッスルが鳴った時、何人もの選手がピッチに倒れ込んでいた程でした。
    上位争いの中で首位秋田から掴みかけていた勝ち点を2つ逃し、ショックは大きいでしょう。

    170903-16.jpg
    逆に土壇場で勝ち点1を拾う事が出来た秋田。
    この日勝利した2位沼津との勝ち点差は2、もしここで負けていたら差は1にまで縮まっていました。
    わずか1点の差ですが、きっとこのわずかな差が活きてくるはずです。

    シーズンが終わった時、「あの栃木戦の勝ち点1が効いたなあ」と言える試合になる事でしょう。

    170903-17.jpg
    日が落ちるとだいぶ涼しくなり、秋が近づいてきた事を感じさせます。
    シーズンも終盤が近づき、J3優勝がいよいよ見えてきました。

    それでも油断せず、この試合のように最後まで諦めず貪欲に勝ち点を掴み取りましょう。

    秋田vs栃木の試合結果・データ(明治安田生命J3リーグ第21節:2017年9月3日):Jリーグ.jp