FC2ブログ

    秋田ロッテblog

    Home > soccer-18 > 苦しみのない栄光などない - 2018.07.22 AC長野パルセイロ -

     

    苦しみのない栄光などない - 2018.07.22 AC長野パルセイロ -

    soccer-18 2018.07.24 Tue

    180722-01.jpg
    7月22日、長野UスタジアムにてAC長野パルセイロ対ブラウブリッツ秋田戦が開催されました。

    間瀬監督が就任して2試合目となる今節は、長野とアウェイで対戦します。
    ホームでの対戦は1-2で逆転負けを喫しましたが、アウェイでリベンジしたいところです。

    180722-02.jpg
    秋田を未明に出発して、お昼頃にスタジアム臨時駐車場に到着しました。
    今年は全国各地で猛暑が続いていますが、この日の長野も車の温度計は36度を表示していました…。
    スタジアムまで徒歩15分ほどの距離ですが、アスファルトの照り返しが厳しかったです。

    やがて田畑の中に長野Uスタジアムが姿を現しました。とても目立ちます。

    180722-03.jpg
    この日のパルセイロは「1万人チャレンジデー」と銘打ち、多くのサポーターを集めてきました。
    入場ゲート前には既に長蛇の列があります。

    180722-28.jpg
    長野のマスコット、ライオーがサポーターを出迎えます。

    180722-04.jpg
    180722-05.jpg
    入場しました。
    「Uスタ」の通称どおり、メイン・ホームゴール裏・バックの各スタンドがU字状に繋がった構造です。
    三方から長野サポーターが応援する様子は、アウェイの選手やサポーターにとっては脅威です。

    屋根も完備されており、雨だけじゃ無く日差しも遮る事ができます。
    芝生育成のため風通しも良い造りになっており、スタンドにいると風が吹き暑さが和らげられます。

    180722-06.jpg
    アウェイ側スタンドは一層式です。
    こちらも屋根付きですが、大型ビジョンが屋根上のためアウェイ側から見えません
    アウェイサポは反対側の小型スコアボードを見る事になります。これはアウェイの洗礼…。

    180722-07.jpg
    長野のスタジアムグルメを見てみましょう。
    スタジアム正面には多くの売店が並びます。

    180722-08.jpg
    「勝負メシ」として、おやきや五平餅などの長野名物も売られています。

    180722-09.jpg
    あまりに暑いのでかき氷を食べる事にします。
    こちらのお店ではイチゴメロンブルーハワイから自分で好きなシロップをかける事が出来ます。
    秋田のチームカラー、ブルーハワイをいただきました。

    180722-10.jpg
    180722-11.jpg
    こちらはバックスタンド内の売店。
    「スタスパ」のカレーとナポリタンのうち、カレーをいただきました。
    鉄板で焼かれたパスタ麺にカレーソースがよく絡まります。

    180722-12.jpg
    ピッチ上では長野西高等学校の書道班による書道パフォーマンスが実施されています。

    180722-13.jpg
    メッセージが書かれたビッグフラッグは二階席に貼り出されました。

    苦しみのない栄光などない
    壁があったら壊せばいい
    道がなければこの足で造る
    仲間を信じて
    最後の一秒まで走りきれ


    素晴らしい作品です。
    もちろんパルセイロに向けてのメッセージですが、秋田も同じ気持ちで戦っていきたいです。

    180722-16.jpg
    ピッチ内ウォーミングアップ。
    長野の先発キーパーは、昨年秋田に所属した小澤章人
    ホームでの対戦時はリザーブで出場は無かったですが、今回は古巣相手に出場します。
    どうにか恩返しセーブは阻止したいです。

    180722-14.jpg
    180722-15.jpg
    練習終了後のグラウンド整備で、グラウンドキーパーが砂を入れます。
    とても綺麗なピッチの芝生は、こうして丁寧に手入れをする事で維持してるのでしょうね。

    この日は大人に混じり、子供サポーターも一緒に整備を手伝っていました。
    試合前のピッチに立てるのは貴重な機会、良い思い出になるでしょう。

    180722-17.jpg
    間もなく試合開始。
    ゴール裏の長野サポーターは立派なビッグフラッグを掲げてきました。

    180722-18.jpg
    秋田は今季フル出場の清水慶記に代わり、今季初出場の松本拓也をキーパーに起用してきました。
    苦しい試合が続いてきた秋田にとって良い刺激になるか。

    そして試合のほうは。

    180722-19.jpg
    2-1

    180722-20.jpg
    27分に前山恭平のループシュートが決まり先制します。
    1-0とリードして前半を終えるものの、前回逆転負けだっただけに全く油断はできません。

    後半に入り46分、平石直人のクロスを相手DFの寺岡真弘が防ごうとするも、これがオウンゴール
    思わぬ形で追加点を挙げる事ができました。

    77分に松原優吉のゴールで1点差となるも、最後までリードを守り抜きました。

    180722-21.jpg
    これで昨年に続いてアウェイ長野での勝利。ホームでの借りを返しました。
    そして秋田は間瀬監督に交代してから初勝利です。
    ここから中断期間に入るJ3リーグ。中断前の試合を良い形で締める事が出来ました。

    180722-22.jpg
    試合後には小澤が秋田サポーターに挨拶してくれました。

    180722-23.jpg
    空は綺麗な夕焼け。日中の暑さもすっかり和らいでいました。
    気持ちよくスタジアムを後にする事ができました。

    180722-24.jpg
    この日は長野駅前のホテルに泊まりました。
    チェックイン後、駅前の蕎麦屋さん小木曽製粉所 長野駅前店に行きました。

    蕎麦をはじめ野沢菜漬けなどの信州名物料理、そして地酒が楽しめるこちらのお店。
    まずは冷たい生ビールを一杯。猛暑で汗をかいた後だけに、体に染み渡るような美味しさです。

    180722-25.jpg
    お酒の後はもちろん蕎麦という事で、ざる蕎麦をいただきました。
    地元産の蕎麦粉を使用した自社製麺の蕎麦、しっかりしたコシがあります。

    試合も勝てて、信州名産の蕎麦も味わえて満足の一日でした。

    180722-26.jpg
    この日の入場者数は7,082人でした。
    目標としていた一万人には届かなかったものの、多くの長野サポーターの応援には圧倒されました。

    180722-27.jpg
    自分は今回初めてUスタに行きましたが、凄く雰囲気が良いスタジアムでした。
    秋田にもこうした立派な新スタジアムを造り、同じような雰囲気を作り上げていきたいですね。

    180722-13.jpg
    リーグ戦中断前の試合を終えて、秋田7位、長野12位という順位です。
    しかし両チームの勝ち点差はわずかに2、他のチームも含めてリーグ中位は混戦が続いています。
    ここから抜け出す為には中断期間中の調整が重要になってきます。

    苦しみのない栄光などない。

    全員力で苦しみを乗り越えて、上を向いて戦っていきましょう。

    長野vs秋田の試合結果・データ(明治安田生命J3リーグ第19節:2018年7月22日):Jリーグ.jp




    関連記事
    スポンサーサイト
     
     

    Comments

    name
    comment
    comment form
    (編集・削除用) :