秋田ロッテblog

    Home > 旅行記 > 2017.03.19 女川町復幸祭2017

     

    2017.03.19 女川町復幸祭2017

    旅行記 2017.03.26 Sun

    170319-01.jpg
    3月19日、宮城県女川町にて女川町復幸祭2017が開催されました。

    女川町を会場として開催されている「復幸祭」、今年で6回目となります。
    様々な出演者によるステージや、地元の美味しいグルメが楽しめるイベントです。

    170319-02.jpg
    170319-03.jpg
    会場となった女川駅前。
    駅周辺は震災で大きな被害を負いましたが、商業エリア「シーパルピア女川」が整備され綺麗になっています。

    170319-04.jpg
    特設会場には多くのテントが並び、女川の地元の味が楽しめます。

    170319-05.jpg
    「串焼きたろう」のつぶ串、ほたて串
    旨味がギュッと詰まっており、甘辛いタレとの相性も抜群です。

    170319-06.jpg
    女川といえばサンマ、という事でサンマのすり身汁

    170319-07.jpg
    女川町渡波の海苔を使用したのり汁
    天気は良かったですが寒かったこの日、温かい汁物はとても身体が暖まります。

    170319-08.jpg
    こちらはシーパルピア女川の「明神丸」さん。

    170319-09.jpg
    いくらまぐろ丼
    いくらもまぐろもタップリで、お値段1,500円はお得だと思います。

    170319-10.jpg
    さてステージイベントのほうへ。
    開会式で挨拶する須田善明女川町長。

    170319-11.jpg
    「潮騒太鼓轟会」による太鼓演奏。

    170319-12a.jpg
    170319-12b.jpg
    力強い演奏で、耳だけじゃなく身体全体に音が響き渡ります。
    とても迫力がありました。

    170319-13.jpg
    樋口了一・古澤剛のライブ。

    170319-14.jpg
    水曜どうでしょうでお馴染み、藤村忠寿・嬉野雅道のトークショー。

    170327-01.jpg
    そして、気仙沼のアイドルSCK GIRLSと、新生アイドル研究会BiSによるライブ。
    両グループともとても凄い盛り上がりを見せました。
    こちらのライブについては後日別記事にまとめます。

    2017.03.19 SCK GIRLS & BiSライブ in 女川町復幸祭

    170319-15.jpg
    キッズエリアでは、東北電力のマスコット「マカプゥ」のフワフワ遊具が設置されていました。

    170319-16.jpg
    こちらは仙台うみの杜水族館の「タッチングプール」。
    サメやカニなどの生き物に触れる事ができる水槽です。
    ホヤが入っているのが女川らしいですね。

    以上、各種イベントやグルメを楽しめた復幸祭でした。

    170319-17.jpg
    170319-18.jpg
    会場を離れ、女川町地域医療センターが建つ高台に上ってみました。
    海は穏やかで、周辺は復興工事が進められていました。

    170319-21.jpg
    結構な高さのある高台で、素人目には津波からは余裕で避難できそうに見えます。
    しかし当時の津波はおよそ17mほどの高さで、水位は医療センターの一階にまで届いたといいます。

    高台に建てられたこのモニュメント、丸い石の所が当時の水位を示しているそうです。

    170319-20.jpg
    想像を遥かに超える津波に襲われた女川。
    まだまだ復興の途中ながら、駅前は綺麗に整備され、こうしたイベントで多くの人が訪れています。

    170319-19.jpg
    女川は流されたのではない。新しい女川に生まれ変わるんだ。

    イベントを楽しみに、グルメを味わいに、またこの街に訪れようと思いました。




    関連記事
    スポンサーサイト
     
     

    Comments

    name
    comment
    comment form
    (編集・削除用) :