秋田ロッテblog

    Home > baseball > 八橋にプロ野球が帰ってくる & 二軍日程発表

     

    八橋にプロ野球が帰ってくる & 二軍日程発表

    baseball 2017.01.30 Mon

    【2017.4.14追記】
    本エントリの内容は1月現在のもので、その後球団より会場変更が発表されました。
    詳細は以下のエントリよりご確認ください。↓


    楽天秋田開催、八橋からこまちへ…


    楽天―日ハム、さきがけ八橋球場で パ・リーグが詳細日程発表|秋田魁新報電子版

    パ・リーグは27日、試合開始時間が入った今季公式戦の詳細日程を発表した。セ・リーグと同時に開幕する3月31日は日本ハム―西武(札幌ドーム)、オリックス―楽天(京セラドーム大阪)、ソフトバンク―ロッテ(ヤフオクドーム)の3試合がいずれも午後6時半開始で行われる。

     5月16日の楽天―日本ハムは開催球場がこまちスタジアムからさきがけ八橋球場に変更となった。


    2017年日程発表、しかし…

    昨年の日程発表時点で、秋田での楽天戦がこまちスタジアム以外での開催が検討されていました。
    この度パリーグの詳細日程が発表されて、さきがけ八橋球場での開催が正式に決まりました。

    170130-09.jpg
    170130-10.jpg
    2003年にこまちスタジアムが開場するまでは、秋田でのプロ野球は八橋で開催されてきました。
    写真は2002年6月16日の千葉ロッテ対西武戦。この時点では「最後の八橋でのプロ野球」でした。
    そこから15年後の2017年、八橋球場にプロ野球が帰ってくる事になります。

    161115-05.jpg
    2006年に改修工事が行われた八橋球場。
    グラウンド形状などは一緒ですが、外壁の修繕、椅子の交換、スコアボードのデジタル化などが実施されています。

    170130-01.jpg
    バックネット裏席。
    楽天戦では指定席に設定されていますが、ご覧の通り個別席ではなくベンチシートになっています。
    座席番号もありませんので、当日は臨時に番号を貼って対応すると思います。

    ちなみに2002年以前のプロ野球では、ネット裏でも自由席扱いとなっていました。

    170130-02.jpg
    内野席も全面ベンチシートとなっています。

    170130-03.jpg
    外野席は芝生席です。
    こまちに比べると奥行きが無く狭い印象です。
    なおレフトスタンドの一角はビジター応援エリアに指定されるようです。

    改修工事をしているとはいえ、こまちに比べるとスタンドの狭さ、古さはどうしても感じてしまいます。

    170130-04.jpg
    一方で、こまちよりスタンドが低い分グラウンドが近く感じます。
    こまちの内野席は高さがある上にファールゾーンも広く、金網も高くてグラウンドが遠く感じます。
    プロのプレーを間近で見る臨場感、では八橋の方が勝ってるのではないかな、という印象です。

    161115-04.jpg
    そんな八橋球場に、15年ぶりにプロ野球が帰ってくるという貴重な試合です。
    残念な事に照明設備が無い為、火曜日の平日開催ながら13時開始のデーゲームとなります。
    学校や会社などもあり行きづらい環境でありますが、盛り上がる事を期待しています。


    【イースタン・リーグ】2017シーズン日程発表!今年も東北各地でファーム公式戦を開催します!

    一方、イースタンリーグの日程も発表されました。
    楽天は毎年東北各県で地方ゲームを開催しており、今年も各地で開催されるようですが…。

    結論から言いますと、秋田県での開催はありません

    岩手、山形、福島での開催はありますが、秋田県と青森県では二軍戦が開催されません。
    青森はせっかく弘前で球団初の一軍戦開催が決まったのですが…。

    一方で気になる開催地がありました。
    7月29日にDeNA戦が開催される岩手県宮古市です。

    170130-05.jpg
    宮古市赤前、宮古湾沿いに建つ宮古運動公園野球場
    球場のリニューアル記念として、2009年6月6日に楽天対ロッテ戦が開催予定でした。
    しかし当日は大雨で、球場に到着した時点で既に中止が決定していました。

    170130-08.jpg
    170130-07.jpg
    二軍戦向けのコンパクトな造りながら、ナイター照明も設置されております。

    残念ながら中止となったこの試合。
    いつか再び試合が組まれたら行ってみたい。そう思っていました。

    その2年後に襲った東日本大震災の大津波…。

    球場のすぐ隣には高い防潮堤が建っていましたが、津波は軽々と乗り越えて宮古の街を飲み込みました。
    しばらく瓦礫置き場として使用された球場ですが、今年になってプロ野球が開催されるまでになりました。
    2009年に中止となったまま開催出来なかった楽天戦が、ついに8年の月日を経て実現します。

    07.jpg
    今年は他にも東北沿岸地域での試合があります。
    宮城県南三陸町にて日本ハム戦(6月18日)。

    05.jpg
    宮城県石巻市にて西武戦(8月11日~13日)。

    msoma0720-14.jpg
    msoma0720-04.jpg
    そして福島県南相馬市にて巨人戦(8月26日)。

    いずれも東日本大震災で大きな被害を負った地域です。
    今年で震災から6年となりますが、まだまだ復興には時間が掛かります。
    そんな地域にプロ野球がやって来る事で、少しでも地元の人達が元気付けられたらいいなと思います。

    関連記事
    スポンサーサイト
     
     

    Comments

    name
    comment
    マァ君 : URL 八橋開催は中止、こまちに

    #NAijnZeA Edit  2017.04.12 Wed 00:08

    楽天球団からのリリースで、当初5月16日に八橋で行うとしていた日ハム戦は、防球ネット設置などの問題で安全確保ができないため、会場がこまちスタジアムに、試合開始も13時から18時のナイターに変更されました。

    15年ぶり、イーグルスとしては史上初の八橋開催は今年は幻、来年以降への持ち越しとなりました。

    マァ君 : URL (続き)

    #NAijnZeA Edit  2017.04.12 Wed 00:15

    仮に八橋での開催となれば、同球場にはナイター設備がありませんので、遅くとも14時までのデーゲーム(薄暮開催をしたところでもボールが見えにくくなるなど弊害がある。

    とはいえ、この時期の日没が6時ぐらいなので、3時開始でも問題はなさそうなのですが)、それも平日の開催でありますから、大型連休が明け、有休をとらない限り(おそらく秋田市内の小中学校は臨時半ドンにするのかもしれないが)デーゲームを見ることは難しいところでした。

    結果的にナイターにすることで、その弊害は解消されそうですが…

    sats@管理人 : URL マァ君さん

    #- 2017.04.14 Fri 23:52

    コメントありがとうございます。
    日程発表時点でこまち以外開催を検討→後日八橋開催決定→開幕後にこまちに再変更…と、観戦予定者は球団に振り回されてしまったような印象です。
    久々に八橋にプロ野球が帰ってくるという事で興味があったのですが…。

    ナイター化で会社帰り・学校帰りの人も見に行きやすくなったと思いますし、盛り上がってほしいです。

    comment form
    (編集・削除用) :