秋田ロッテblog

    Home > train > 2016.11.16 秋田内陸縦貫鉄道乗車記

     

    2016.11.16 秋田内陸縦貫鉄道乗車記

    train 2016.11.17 Thu

    161116-01.jpg
    秋田内陸縦貫鉄道に乗って列車旅をしてきました。

    北秋田市鷹巣と仙北市角館を結ぶ第三セクター鉄道で、通称「秋田内陸線」「あきた美人ライン」
    内陸部の山間を走るローカル線であり、最近になって「あること」で注目されるようになりました。
    秋も深まり、間もなく冬を迎える内陸線沿いの風景を楽しみに行ってきました。

    161116-02.jpg
    秋田市から車で1時間ほどで、北秋田市小又の阿仁前田駅に到着しました。
    内陸線の中では大きな駅舎で、階段を上り2階が入口になっています。

    161116-22.jpg
    駅舎には日帰り温泉施設「クウィンス森吉」が併設されています。
    鉄道旅の疲れを駅舎内の温泉で癒やす事ができます。

    161116-03.jpg
    阿仁合行きの普通列車がやって来ました。
    2両編成に見えますが、後ろの1両は締め切りで乗車できるのは前の1両です。

    内陸線で使用されるディーゼルカーは一両ごとにカラーが違っており、こちらはオレンジと赤の2両です。

    161116-04.jpg
    車内の様子。クロスシートが並び車端部にはロングシートという構成です。
    通勤通学の時間帯を過ぎた事もあり、乗客は数人程度です。

    終点の阿仁合駅に到着後は、向かいのホームから出発する急行もりよしに乗り継ぎます。

    161116-05.jpg
    沿線の様子。
    紅葉はピークを過ぎて全体的に茶色っぽい色合いとなっていましたが、所々に鮮やかな葉も残っています。

    161116-06.jpg
    161116-07.jpg
    萱草駅と笑内駅の間にある橋「大又川橋梁」
    紅葉シーズンには徐行運転をしてくれて、橋の下を流れる川や紅葉といった絶景を楽しめます。

    赤い橋を渡る内陸線の写真をよく見ますが、その橋がここ大又川橋梁なのです。
    今回は鉄道側から見てみましたが、今度は車道側から内陸線を撮影するのも良さそうです。

    161116-08.jpg
    内陸線は山の中を走る事もあり、いくつものトンネルを通っていきます。
    阿仁マタギ駅と戸沢駅の間にある十二段トンネルは、5,697mという県内最長トンネルです。

    161116-09.jpg
    阿仁合から1時間強で、終点の角館駅に到着しました。

    161116-10.jpg
    すぐ隣にはJRの角館駅が併設されています。
    秋田新幹線の停車駅で、県外からの観光客は角館から内陸線に乗り換える事ができます。
    「みちのくの小京都」の玄関口に相応しい、落ち着いた佇まいの駅舎です。

    161116-11a.jpg
    角館からは折り返しの急行もりよしに乗車して、阿仁前田駅に戻ります。

    さて阿仁前田に到着後、もう一つの目的地に向かいました。
    冒頭でお伝えした「あること」で注目される事となった内陸線。そのあることとは…。

    <君の名は。>秋田の無人駅 聖地にファン | 河北新報オンラインニュース

    秋田県北秋田市の山あいにある秋田内陸縦貫鉄道の無人駅・前田南駅が、大ヒット中の長編アニメ映画「君の名は。」(新海誠監督)に登場する駅に酷似していると、インターネット上で話題になっている。熱心なファンが連日、作品の「聖地」を一目見ようと訪れている。
     映画で前田南駅に似た駅が登場するのは、地方に住む主人公の女子高校生が、東京で暮らす男子高校生に会いに行くため電車に乗り込む場面。8月下旬の公開直後から、待合室や電柱、階段の配置、背景の山などがそっくりだという指摘が相次いだ。
     映画の制作会社は「モデルとなった場所は公式に発表していない」と説明。一方で、同鉄道が9月下旬に駅待合室に置いたノートには、北海道や兵庫県など全国から訪れたファン約100人が「感動した」などとメッセージを残している。


    大ヒットとなったアニメ映画「君の名は。」の劇中に、内陸線の前田南駅とみられる駅が登場するシーンがあるそうです。
    正式なモデルという発表は無いものの、モデルと有力視されるこの前田南駅に「聖地巡礼」するファンが多いそうです。

    是非ともその「聖地」の様子を見に行きたいと考えました。

    161116-12.jpg
    前田南駅は、阿仁前田駅から角館方面に一駅行った所にあります。
    周辺には駐車場は無いので車で直接行けず、内陸線では阿仁前田駅に駐車しての移動を推奨しています。

    折角なので鉄道で移動したかったところですが、日中は本数が極端に少なくなり丁度良い列車がありません。
    そこで徒歩20分ほど掛けて移動して、到着する列車を撮影するという手段を取りました。

    徒歩で到着した前田南駅前。踏切横の歩道を進むと駅に行けます。

    161116-13.jpg
    前田南駅は待合室があるだけの無人駅。
    周りは田畑が広がり向こうには山々が見える、典型的なローカル線の駅といった雰囲気です。

    161116-14.jpg
    待合室には交流ノートが置かれています。
    訪れた人々がコメントやイラストを書き込んでいました。

    161116-15.jpg
    中には1ページまるまる使った大がかりなイラストも!
    これは凄い( ゚д゚)

    161116-16.jpg
    やがて、阿仁前田方面から阿仁合行きの普通列車が走ってきました。

    161116-01.jpg
    前田南駅に停車しました。
    駅に通じる歩道から望遠で撮影すると、「君の名は。」の当該シーンに近い構図で撮影する事ができます。

    161116-17.jpg
    乗客一人を降ろすと、阿仁合方面に向けて出発しました。
    自然の中を走るローカル線の列車、とても絵になります。

    161116-19.jpg
    映画のモデル(推定)となった事で注目された前田南駅。
    内陸線でも今回の人気を受けて、記念入場券の販売を開始しました。

    そもそも無人駅なので本来入場券は存在しないのですが、駅のシルエット入り硬券が新たに制作されました。
    前田南駅での販売はありませんが、角館駅・阿仁合駅・鷹巣駅の券売所で購入できます。

    161116-20.jpg
    オンライン販売もしていますが、駅で購入すると日付が入りハサミも入れてくれます。
    最近ではハサミの入った硬券そのものを見る機会が少なくなりましたね。

    161116-18.jpg
    秋田の山間部を走る第三セクターのローカル線が、思わぬ形で注目される事となりました。

    全国各地に存在するローカル線、いずれも乗客の少なさなどで厳しい経営を強いられています。
    そうした中で、映画のモデル(推定)となり全国から注目される事となった内陸線。
    急に乗客が爆発的に増えるまでは行かないでしょうが、一つのきっかけになったと思います。

    「聖地巡礼」に訪れる皆さんには、乗車して運賃収入に貢献したり、グッズを購入したりしてお金を落としていただきたいです。
    また駅周辺では、線路に立ち入ったり駅周辺を汚したり、といった迷惑行為が無いようにしたいものです。
    映画ファン・鉄道ファンと、鉄道会社・地元住人がお互いに良い関係を築けるようにしましょう。

    161116-16.jpg
    素敵な光景を楽しむ事が出来た、秋の内陸線の旅でした。

    これから訪れる冬、そして春から夏と、四季を通じて様々な表情を見せてくれるであろう内陸線沿線。
    次は違う季節にまた訪れてみたいです。




    関連記事
    スポンサーサイト
     
     

    Comments

    name
    comment
    comment form
    (編集・削除用) :