秋田ロッテblog

    Home > soccer-16 > この絆を胸に - 2016.09.03 天皇杯二回戦 川崎フロンターレ -

     

    この絆を胸に - 2016.09.03 天皇杯二回戦 川崎フロンターレ -

    soccer-16 2016.09.06 Tue

    160903-01.jpg
    9月3日、等々力陸上競技場にて天皇杯二回戦・川崎フロンターレ戦が開催されました。

    一回戦のヴァンラーレ八戸戦を勝ち抜いたブラウブリッツ秋田。
    二回戦で対戦するのは、現在J1リーグの首位を走る川崎フロンターレ。

    ブラウブリッツ発足後、ここまで天皇杯でJ1・J2相手に勝利どころか得点すら挙げた事がありません。
    J1、それも首位という川崎相手にどのような戦いを見せるのか。

    160903-02.jpg
    未明に秋田を出発して、午後に等々力陸上競技場に到着しました。
    昨年改修された大きなメインスタンドが目立ちます。

    そんな立派なJ1クラブのスタジアム前に停まるブラウブリッツのバス。
    こんな光景が見られるとは思いませんでした。

    160903-04.jpg
    160903-05.jpg
    横断幕設置の為に入場。
    新しいメインスタンド、二層式のバック・ゴール裏スタンド。とても立派です。

    160903-03.jpg
    マスコットのふろん太カブレラが来てくれました。
    わざわざアウェイ側に来てサポーターを出迎えてくれるとは、ありがたいです。

    160903-06.jpg
    160903-07.jpg
    横断幕設置完了。等々力のゴール裏をブラウブリッツ色に染め上げました。

    160903-08.jpg
    ホームの川崎サポーターが応援開始。
    多くの旗が振られて盛り上がっています。

    160903-09.jpg
    秋田のゴール裏も関東組・秋田組など多くのサポーターが詰めかけました。
    川崎サポーターに負けじと熱く応援します。

    160903-10.jpg
    両チームの選手がピッチに登場して、いよいよキックオフ。

    天皇杯でJ1J2と対戦する時は、いつも序盤で失点して流れを掴まれる展開が多いです。
    今日は序盤でどれだけ耐えられるか。

    160903-11.jpg
    ここでまさかの展開が。
    前半20分ほどを無失点で耐えると、28分に前山恭平が先制ゴールを決めます!

    J1首位相手に得点、しかも先制点を決めてくれました!
    まさかの先制点にゴール裏は大騒ぎとなります。

    その後の川崎の攻撃を耐え抜いた秋田、前半を1-0で終えます。

    160903-12.jpg
    160903-13.jpg
    リードしたままハーフタイムを迎え、テンションが上がる秋田サポーター。
    秋田名物の竿燈・なまはげが登場するなど、秋田ゴール裏は盛り上がりを見せます。

    まさかのJ1相手にリードする展開。
    もしかして、もしかして奇跡の展開があるのか??
    そんな期待を胸に始まった後半戦。

    160903-14.jpg
    160903-15.jpg
    1-3…。

    67分にエドゥアルドの同点ゴールが決まると、その後も大久保嘉人田坂祐介が相次いで得点。
    簡単に行かせてくれるほどJ1首位クラブは甘くありませんでした。

    160903-16.jpg
    雨の中戦って来た秋田の選手を出迎えるサポーター。

    過去の天皇杯、上位カテゴリ相手に手も足も出ないまま敗れる事が多かったです。
    そんな今年はJ1相手に先制して3失点に抑え、結果を見ると善戦と言えます。
    しかし、それだけに「もう少しで勝てたのでは…」という悔しさもありました。

    それでもこの試合は大きな経験になったと思います。
    この経験を翌週に再開するリーグ戦に活かしましょう。

    160903-17.jpg
    試合後、松本拓也が川崎ゴール裏に向かいました。

    2011年途中に湘南から川崎に期限付き移籍するも、公式戦出場が無いまま半年で退団しました。
    退団時、川崎サポーターの前で「いつか大きくなって等々力に戻ってくる」と宣言していました。

    160903-18.jpg
    その松本が5年後、秋田のレギュラーキーパーとして等々力に帰ってきました。
    3失点こそしたものの、随所で好セーブを見せる場面もありました。

    等々力に帰ってきた松本を、川崎サポーターは拍手とコールで出迎えてくれました。
    そんな暖かい光景を見て、こちらも嬉しい気持ちになりました。

    松本拓也はこれからも秋田のゴールを守り続けていきます。
    川崎サポーターの皆様、これからも松本の事を応援していって下さい。

    160903-19.jpg
    160903-20.jpg
    J1相手に善戦するという試合を見せてくれて、そして人と人の絆を確認できたこの日。
    思い出に残る等々力遠征でした。
    選手の皆様、サポーターの皆様、お疲れ様でした。

    この絆を胸に、いつか必ずここに戻ってきます。



    商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

    ツバサ なまはげお面 青 切り取って使える特製紙包丁付
    価格:1836円(税込、送料別) (2016/9/7時点)


    関連記事
    スポンサーサイト
     
     

    Comments

    name
    comment
    comment form
    (編集・削除用) :