秋田ロッテblog

    Home > 旅行記 > 【鶴岡遠征番外編】加茂水族館に行ってきました

     

    【鶴岡遠征番外編】加茂水族館に行ってきました

    旅行記 2016.06.04 Sat

    160528km-01.jpg
    5月28日、山形県鶴岡市の鶴岡市立加茂水族館に行ってきました。

    鶴岡ドリームスタジアムにて楽天対ロッテ戦が開催されたのは前回の記事の通りですが、
    試合前の観光でこちらの水族館を訪れました。
    クラゲの展示数世界一を誇る加茂水族館の様子をご覧下さい。

    160528km-02.jpg
    鶴岡市の海沿い、加茂にある水族館です。
    1930年に開館して、現在の建物「クラゲドリーム館」は2014年に建てられたものです。

    160528km-03.jpg
    その名の通りクラゲで有名な水族館ですが、クラゲ以外の生き物も数多く展示されています。
    入口を過ぎると、まず淡水魚や海水魚の水槽があります。

    160528km-23.jpg
    こちらの水槽ではウミガメが泳いでいます。

    160528km-04.jpg
    ウミガメのコーナーを過ぎると、クラゲの展示室「クラネタリウム」へと入ります。

    160528km-05.jpg
    160528km-24.jpg
    展示室内には様々な種類のクラゲが展示されています。

    160528km-07.jpg
    中には発光するクラゲも居ます。とても綺麗です。

    160528km-06.jpg
    こちらは直径5メートルの大きな水槽「クラゲドリームシアター」
    大きな水槽の中を無数のクラゲが漂う姿には圧倒されます。

    160528km-08.jpg
    飼育員によるクラゲ解説コーナー
    クラゲの生態について色々と説明があり、お客さんはみんな興味深そうに聞き入っています。

    160528km-09.jpg
    クラネタリウムを出ると、アザラシやアシカの展示プールがあります。
    ゴマフアザラシが飼育員からご飯を貰うところでした。

    160528km-10.jpg
    クラゲと並んで人気なのがアシカショーです。
    この時は幼稚園の団体が訪れており、観客席は満席で立ち見が出るほどでした。

    160528km-11.jpg
    最初に登場したアシカは、メスのアンジュちゃんです。

    160528km-12.jpg
    小柄ですが結構前足の力があり、ご覧のように体を支えたり…、

    160528km-13.jpg
    水槽の縁に乗って移動したり出来ます。(しかも結構速い!)

    160528km-14.jpg
    またバランス感覚も凄く、鼻に乗せたクラゲの人形を落とさずに泳げるほどです。

    160528km-15.jpg
    次に登場したのが、オスのポンタくん。
    見ての通り、とにかくデカイ!!
    アンジュちゃんの写真と見比べて、飼育員や台の大きさと比べるとそのサイズがわかるでしょう。

    160528km-16.jpg
    体は大きくても器用で、ラグビーボールを落とさず鼻の上に立てる事が出来ます。

    160528km-17.jpg
    見事なジャンプでリングをくぐり抜ける事も出来ます。

    以上、アンジュちゃんとポンタくんによる30分のショーでした。
    この他にも様々な技を披露しまして、全部紹介しきれないくらいです。
    その器用な技の数々、是非とも生で見て頂きたいと思います。

    160528km-18.jpg
    水族館内にはレストランもあります。
    ご覧のようにガラス張りで、日本海を眺めながら食事を楽しむ事が出来ます。

    160528km-19.jpg
    漬け丼とラーメンのセットを注文しました。
    白身の漬けが乗った丼と、あっさりスープの醤油ラーメン。
    ラーメンにはメンマ・海老などの具が入っていますが、よく見ると…。

    160528km-20.jpg
    これは!!

    そうです、キクラゲの横にあるこの黄色い具の正体はクラゲです。
    見た目に一瞬ドキッとしますが、コリコリと結構強い歯ごたえが楽しめます。
    丸ごと一個の他にも細切りにされたクラゲが入っていました。

    160528km-21.jpg
    食後のデザートにはこちら、クラゲソフト
    バニラ・いちご・ミックスから選べるソフトクリームに、刻まれたクラゲが散りばめられています。
    ソフトクリームのなめらかな食感と、刻みクラゲのコリコリ感が混ざり独特の食感が味わえます。

    ちなみにどちらのクラゲも味はありません
    その代わり特に変な臭みとかある訳では無いので、純粋に独特な歯ごたえを楽しめると思います。

    あとは、「クラゲの水族館でクラゲを食ってきた」という話のタネにでも出来るのでは?

    160528km-22.jpg
    加茂水族館は昨年8月に新館の入場者数100万人を達成しました。
    新館は前年6月オープンでしたので、1年2ヶ月で100万人を集めた事になります。
    100万人達成を記念して、さかなクンの直筆イラストが展示されていました。

    1930年開館の歴史ある水族館ですが、入場者数が落ち込み閉館の危機という時期もありました。
    しかしある時、サンゴの水槽に偶然クラゲが発生したのをきっかけにクラゲの展示を始めたそうです。
    その後徐々にクラゲの種類を増やしていき、最終的には世界一を達成するまでになりました。

    160528km-01.jpg
    そんなクラゲを観に来ようと、子供から大人まで多くのお客さんで賑わっていた加茂水族館。
    閉館の危機があったというのが信じられない程の盛況ぶりでした。

    皆さんも是非とも加茂水族館のクラゲたちに会いに行ってきて下さい。

    クラゲすいぞくかん [ 村上龍男 ]
    価格:1404円(税込、送料無料)


    クラゲ世にも美しい浮遊生活 [ 村上龍男 ]
    価格:1080円(税込、送料無料)


    ゆるゆり(14) [ なもり ]
    価格:734円(税込、送料無料)


    関連記事
    スポンサーサイト
     
     

    Comments

    name
    comment
    comment form
    (編集・削除用) :