秋田ロッテblog

    Home > soccer-16 > ナンバーワン野郎 - 2016.05.01 ガンバ大阪U-23 -

     

    ナンバーワン野郎 - 2016.05.01 ガンバ大阪U-23 -

    soccer-16 2016.05.02 Mon

    160501-01.jpg
    5月1日、あきぎんスタジアムにてガンバ大阪U-23戦が開催されました。

    ホーム開幕戦のFC東京に続くU-23チームとの試合となります。
    この日の天気は朝から雨で、今季のホームゲームは3戦連続で雨となってしまいました。
    せっかくのゴールデンウィークですが、残念ですが行楽日和とはなりませんでした…。

    160501-02.jpg
    こどもの日が近い事もあり、スタジアムには鯉のぼり横断幕が登場しました。
    この幕が登場した日は負け無しだとか。今日もきっと勝てるでしょう。

    160501-03.jpg
    160501-04.jpg
    この日BBパークに登場したのは、宮城県南三陸町・歌津地区の伊里前福幸商店街のブースです。
    こちらの商店街、全国から集まったサッカークラブ等の旗が数多く掲示されている事で有名です。

    どうか諦めず希望をその胸に
    響け、ありがとうの言葉 -宮城遠征を振り返る-

    歌津地区へは過去二度訪れています。

    07.jpg
    最初は2008年、平成の森しおかぜ球場で開催されたプロ野球二軍、楽天対ロッテ戦を観戦しました。
    高台にある球場は津波の被害を免れ、震災後も楽天の二軍戦が定期的に開催されています。

    06miyagi-09.jpg
    次は東日本大震災後の2013年、七ヶ浜町でのソニー仙台対秋田戦の観戦後に立ち寄りました。
    商店の上ではためくフラッグの数々が印象に残っています。

    こうして商店街の中で展示されているフラッグの一部が、秋田のブースにやって来て展示されていました。

    160501-05.jpg
    160501-06.jpg
    選手サインの入ったフラッグの数々。

    160501-07.jpg
    160501-08.jpg
    サポーターからのメッセージが書き込まれたフラッグ。
    長期間の展示により破れや色褪せもありますが、メッセージに込められた気持ちが褪せる事はありません。

    160501-09.jpg
    またフラッグだけじゃ無く、アルビレックス新潟のユニホームにもメッセージが書き込まれていました。

    160501-10.jpg
    160501-11.jpg
    多くの小旗を縫い合わせて一つの大きなフラッグとした「絆のフラッグ」
    こちらにも各サポーターのメッセージが書き込まれています。

    160501-12.jpg
    秋田のフラッグも三枚使用されています。
    その三枚の真ん中にある赤いフラッグは、先日の地震で被害を負ったロアッソ熊本のものです。
    東日本大震災の被災地にエールを贈って頂いた熊本に、今度は東北が恩返しする番だと思います。

    伊里前福幸商店街の各種フラッグの展示、非常に素晴らしいものでした。
    是非ともまた南三陸に行きたいものです。

    160501-13.jpg
    今日のスタジアムグルメ、「ベコちゃんバーガー」
    秋田牛を使用したパティをその場で焼いて野菜を挟み、出来たてが味わえます。

    160501-14.jpg
    サンドウィッチ店・サブウェイの「ミネストローネ」
    5月に入ったとはいえ雨が降り肌寒かったので、温かいスープは助かります。

    160501-15.jpg
    生憎の天気ながら秋田に集まってくれました、ガンバ大阪サポーターの皆様。

    160501-16.jpg
    そしてホームの秋田サポーター。
    雨の中で両チームのサポーターが勝利を目指して応援します。

    そして結果は…!

    160501-17.jpg
    勝ちました!!

    24分、久富賢のゴールで先制します。
    しかし前節をはじめ、先制しながら追い上げられたり追い付かれたりする展開が多い今年。
    今節ではしっかり守り抜き、ガンバのシュートを前後半とも二本ずつに抑えました。

    160501-18.jpg
    この日は秋田が勝利して、上位の琉球と長野が共に引き分け。
    その結果…。

    なんと秋田が単独首位に浮上です!!

    さらに、ホームゲーム11戦連続負け無しというリーグ記録にも並びました。

    160501-19.jpg
    試合前から降り続いた雨も後半くらいから止みだし、試合終了の頃には青空も見えるようになっていました。
    まるで秋田の首位を祝福してくれているようです。

    今シーズンの課題であった後半を守り切っての勝利。
    そして掴み取った1位の座。

    これは決してマグレでは無いはず。

    もちろんまだ5月に入ったばかり、シーズンはまだまだ続きます。
    この順位を一試合でも長くキープできるように、気を引き締めて戦って行きましょう。

    秋田vsG大23の試合結果・データ(明治安田生命J3リーグ第7節:2016年5月1日):Jリーグ.jp



    JUNGLE 9 [ ザ・クロマニヨンズ ]
    価格:2687円(税込、送料無料)


    関連記事
    スポンサーサイト
     
     

    Comments

    name
    comment
    comment form
    (編集・削除用) :