秋田ロッテblog

    Home > train > ブルートレインあけぼのに泊まってきました【その2】

     

    ブルートレインあけぼのに泊まってきました【その2】

    train 2015.11.21 Sat

    151121-11.jpg
    【その1】の続きです。
    ブルートレイン車内での宿泊から一夜明け、辺りは明るくなっていました。

    151121-01.jpg
    車庫からはDD130型ディーゼル機関車が出てきました。
    レールパークの開場に向けて、車庫内の車両が所定の位置に配置されます。
    その様子は現役の鉄道会社のようです。

    151121-03.jpg
    朝食は大館駅などの駅弁として有名な、花善鶏めし弁当
    宿泊予約時に注文すると、宿泊翌日に朝食として食べる事が出来ます。
    しかも出来たてで温かいのです。駅弁の出来たてはなかなか食べる事が無いのでは?

    151121-02.jpg
    鶏めしは大館駅などの駅売りや地元スーパー、また全国の駅弁フェアなどでも味わえますが、
    このブルートレインあけぼので購入した弁当には、ご覧の特製掛け紙が付いてきます。
    ここでしか手に入らない特別な鶏めし。こちらに泊まる際は是非とも注文していただきたいですね。

    151121-04.jpg
    B開放寝台車に座り、車窓を眺めながら鶏めしを味わいます。

    鶏肉の煮付けと、鶏のダシで炊き込まれたご飯。
    素朴ながら鶏の旨味を楽しむ事が出来ます。ロングセラーなのも納得です。
    これは贅沢な朝ご飯ですね。ごちそうさまでした。

    151119-00.jpg
    朝のホームに停まるブルートレイン。
    昨日到着した時は夜であまり見えなかった車両が、今はよく見えます。
    という事で、改めてブルートレイン車両を1両ずつ観察してみる事にしましょう。

    151121-05.jpg
    151121-06.jpg
    開放式B寝台車(オハネフ24-12)
    昔ながらのオーソドックスなB寝台車です。

    151121-07.jpg
    B個室寝台車(オハネ24-555)
    今回泊まった車両で、特徴はご覧のように上下に並ぶ窓です。
    以上2両が現在公開されている車両ですが、その後ろにもう2両が連結されています。

    151121-08.jpg
    A個室寝台車(スロネ24-551)
    「シングルDX」の愛称が付いたA個室寝台。
    A寝台だけにB個室よりも広い個室で、1室につき1~2名までの宿泊が可能です。

    こちらは来年春より宿泊受付を開始するという事です。
    現役時代には乗った事が無いので、宿泊開始の際には是非とも乗ってみたいです。

    151121-09.jpg
    151121-10.jpg
    電源車(カニ24-511)
    電源車とはディーゼル発電機を搭載して、列車内の照明や冷暖房等の電力を賄う為の車両です。
    乗客を乗せる客車だけでなく、こうした事業用車も保存されるというのは珍しいと思います。

    なお宿泊営業時にはディーゼル発電ではなく、電源車と外部電源を接続して電力を供給しているようです。
    (中央に外部電源と接続する黒いコードが見えます)
    構内で牽引される時には、現役時のようにディーゼル発電が使用されると思われます。

    以上4両が、現在レールパークで見る事が出来るブルートレイン車両です。

    151121-11.jpg
    少々の名残惜しさがありますが、ここでチェックアウトする事にします。

    朝の駅舎とブルートレイン車両、まるで終点に到着したような光景です。
    (もちろん昨日の夜も今朝も同じ場所なんですけどね…)

    151121-14.jpg
    昨日の夜も散策した小坂の町を再び歩いてみます。

    151121-12.jpg
    康楽館
    同じ場所でも、朝に見てみるとまた雰囲気が違って見えますね。

    151121-13.jpg
    こちらの洋式の建物は小坂鉱山事務所
    明治38年に小坂製錬の敷地に建設されて、平成13年に現在地に移築されました。
    小坂町・小坂鉱山に関する展示やレストランなどがあります。

    小坂の街並みはとてもいい雰囲気があります。散歩していると癒やされますね。

    151121-15.jpg
    151121-16.jpg
    ちょっと足を伸ばしてみると、こんな風景にも出会えます。
    県道2号線(樹海ライン)を十和田湖方面に進む途中に見えるのが「七滝」です。
    道路の向かいには道の駅こさか七滝があり、車を停めて歩いて滝に行く事が出来ます。
    間近で見る滝はとても迫力がありました。

    151119-02.jpg
    という事で、数々の新鮮な体験が出来た二日間でした。

    ブルートレインが全廃となった今、寝台車に宿泊できるという貴重な機会。
    そして歴史を感じさせる数々の建物がある風景。
    普段の生活では体験できない「非日常」を味わえる場所が、この小坂町にあります。

    151119-03.jpg
    ブルートレインあけぼの、皆さんも是非泊まってみてください。

    ※「ブルートレインあけぼの」への宿泊は12月~翌年3月までお休みで、4月より再開するとの事です。
    詳細は公式サイト内のブルートレインあけぼのページをご確認下さい。


    関連記事
    スポンサーサイト
     
     

    Comments

    name
    comment
    comment form
    (編集・削除用) :