秋田ロッテblog

    Home > baseball-観戦記 > 宮城福島遠征記【南相馬編2】いつかまたこの場所で会おう

     

    宮城福島遠征記【南相馬編2】いつかまたこの場所で会おう

    baseball-観戦記 2015.07.30 Thu

    msoma0720-28.jpg
    【南相馬編1】の続きです。
    南相馬市みちのく鹿島球場で開催される楽天対ロッテ、いよいよプレーボールです。

    150724a-09.jpg
    いよいよ試合開始。
    先発ピッチャーはロッテが古谷拓哉

    msoma0720-20.jpg
    一方、楽天先発の横山貴明は地元福島県の浪江町出身です。
    浪江町は震災、そして原発事故で話題になりました。(あとDASH村)
    故郷に近い南相馬での試合でマウンドに立てるというのは感慨深いでしょう。

    msoma0720-21.jpg
    ちょっとスタンドの金網が高めで、選手にかかる写真が多いですがご了承を…。

    トップバッターは加藤翔平
    一軍初打席でのホームランなど話題になりましたが、なかなか一軍に定着できずにいます。
    こうして二軍戦で身近に観られるのは、嬉しくもあり複雑な気分です…。

    msoma0720-22.jpg
    こちらもなかなか一軍定着できずにいます、5番DHの井上晴哉
    大館田代の試合ではホームランで勝利に貢献した井上。
    その豪快なバッティングをもっと一軍で見せてほしいですね。

    msoma0720-23.jpg
    楽天の藤田一也
    6月に負傷して二軍落ち、この日は6番DHで出場していました。

    msoma0720-24.jpg
    いわき市出身の内田靖人
    いかにも打ちそうな大柄な体格が目立つ内田。高卒2年目ながらサードでレギュラー出場しています。

    他にも福島市出身の八百板卓丸もスタメン入りして、福島開催に相応しいメンバーとなっています。

    150724a-10.jpg
    試合は1-1で迎えた4回表、ハフマンが鋭い当たりを打ちます。

    msoma0720-25.jpg
    気迫のスライディングで二塁に到達、チャンスを作ります。

    msoma0720-26.jpg
    そして香月一也がタイムリーヒットを放ち、2-1と勝ち越しに成功します。

    msoma0720-27.jpg
    5回が終わってグラウンド整備の時間。
    楽天イーグルスのマスコット、クラッチが登場。

    msoma0720-28.jpg
    公式チアリーダーのゴールデンエンジェルスと、地元の子供達が一緒にダンスを踊ります。

    msoma0720-29.jpg
    プロ野球の試合が開催され、チアリーダー達のダンスもあり盛り上がる野球場。
    その後ろでは重機が一日中動いて工事を進めています。

    震災後は瓦礫山積みだったこの球場で今プロ野球が観られるのも、多くの人々の働きがあったからこそ。
    今日この日が迎えられた事を感謝しなければいけません。

    msoma0720-30.jpg
    6回からマウンドに上ったのは斎藤隆
    メジャーリーグでも活躍した大ベテランを、まさかこの試合で観られるとは。
    宮城県出身の斎藤、東北の誇りを胸に1回無失点の好投を見せました。

    msoma0720-31.jpg
    7回裏、青空に楽天カラーのジェット風船が飛び交います。

    msoma0720-33.jpg
    試合開始から外野席で応援を盛り上げるマリーンズ応援団
    終盤は外野席に移動して、皆さんと一緒に応援する事にしました。
    しばらく外野での応援から遠ざかっていたので、この感覚は久しぶりですね。

    msoma0720-36.jpg
    レフトを守るのは肘井竜蔵
    昨年の横手では育成登録で背番号122を背負っていましたが、今季は支配下登録されて69番を背負います。

    msoma0720-35.jpg
    2-1で迎えた9回、抑えのマウンドには内竜也が上ります。
    二者凡退で2アウトを取り、あとアウト一つで勝利という所まで来ました。

    msoma0720-37.jpg
    しかし、ヒットと四球でランナーを溜めると、打席には育成登録の外国人、アレハンドロ・セゴビアが。

    …。

    msoma0720-38.jpg
    まさかの同点タイムリー!

    あとワンアウトで勝利という所から一転、土壇場で延長戦に突入する事になりました。

    msoma0720-40r.jpg
    ロッテは10回・11回とヒットを放ちながらも得点に結びつける事が出来ません。
    そしてマウンドには10回から伊藤義弘が登板します。

    msoma0720-41.jpg
    2イニングを抑え抜いた伊藤。
    試合は延長11回を終了して、規定により2-2の引き分けで終わりました。
    まさかの延長戦突入でしたが、なんとか負けずに済みました。

    南相馬に球音が帰ってきた日を、一分一秒でも長く楽しんでもらいたい。
    野球の神様の粋ないたずらだったりするんでしょうか?

    msoma0720-42r.jpg
    日が傾きだした頃、みちのく鹿島球場を後にします。
    勝利は出来なかったけれど、素敵な試合を見せてくれてありがとうございました。

    150724a-14.jpg
    臨時駐車場へ戻るシャトルバスからの車窓。
    一面に広がる空き地、元は住宅だったのか田んぼだったのか。

    msoma0720-43.jpg
    駐車場前に立つ一本松を最後にもう一度見て、南相馬を後にします。
    南相馬の象徴として、これからもずっとこの場所に立っていてもらいたいです。

    kesennuma-20.jpg
    この二日間、気仙沼でアイドルのライブを見て…、

    sendai0719-13.jpg
    仙台でJ1リーグを観戦して…、

    150724a-01.jpg
    そして南相馬でプロ野球を見て。
    いずれも良い所でした。またいつか行きたいですね。

    移動の連続で疲れたとはいえ、多くのものを得られた二日間でした。
    色々な光景を、この足で行って、この目で見られた事。とても良い経験となりました。

    響け ありがとうの言葉 大声で叫ぶよ
    これからの姿を見てて
    始まる僕らのストーリー作るよ
    あの景色が戻る日まで
    そういつかまた この場所で会おう

    (SCK GIRLS 「ありがとうの言葉」)

    kesennuma-08.jpg
    以上、宮城福島遠征記を終わります。
    この二日間にお世話になった皆様、ありがとうございました!( ´ ▽ `)ノ

    関連記事
    スポンサーサイト
     
     

    Comments

    name
    comment
    comment form
    (編集・削除用) :