秋田ロッテblog

    Home > soccer-14 > 実りの秋 - 14.10.11 Y.S.C.C.横浜

     

    実りの秋 - 14.10.11 Y.S.C.C.横浜

    soccer-14 2014.10.12 Sun

    141012-01.jpg
    10月11日、秋田市のあきぎんスタジアムにてY.S.C.C.横浜戦が開催されました。

    YS横浜とは3月の開幕戦で対戦し、新加入のレオナルドが先制ゴールを決めるも引き分けに終わりました。
    6月のホームゲームでは3得点を挙げるものの、それを上回る4失点を食らい敗戦。

    ここまで最下位のYS相手にまだ一勝もしていない秋田。
    既に今季、琉球・長野・金沢・福島といった相手に三戦中一勝も挙げられず終わりました。
    これ以上勝ち無しの相手を増やしたくありません。なんとしても一勝を掴み取りたいです。

    141012-02.jpg
    選手バス入場時には横断幕を持って監督・選手を出迎えました。
    「行くぞ秋田 ジョルジと共に」
    どんなに苦戦していても、サポーターはどこまでも付いて行くぞ、というメッセージを込めました。

    141012-07.jpg
    さて、この日はJA全農あきた様が冠スポンサーとなった試合でした。
    あきたこまちを初めとした秋田の農作物をアピールしようと、とても気合いが入っていました。

    141012-04.jpg
    まずは入場者にあきたこまちの新米300グラムを配布。新米ですよ新米。
    またBBパークのJAブースでは牛乳も配布。パッケージにはスギッチが。

    141012-05.jpg
    JAさんは他にもクリアファイルとバッグ(左)を配っていました。
    また右は秋田県人権啓発活動ネットワーク協議会さんが配布していたクリアファイルとミニバッグです。

    141012-03.jpg
    さらにJAブースでは県内産の食材で作った豚汁まで無料配布!
    大きな具がゴロゴロと入っていて、この寒くなってきた時期には暖まって助かります。

    …これらが全部タダで貰えちゃったんですけど…。いいんすかね??

    141012-06.jpg
    またこの日は秋田食肉流通公社のブースがあり、ハムやレトルトカレー等の加工品を販売。
    こちらはハム・ソーセージ・焼豚をパック一杯に詰めた「ハム焼き」
    これだけ入って500円ですよ!? いいんですか??

    千葉のフクアリでは喜作のソーセージ盛りが有名ですが、それに匹敵するボリュームですよ。
    次の出店は未定ですが、常時販売してくれたらスタジアム名物になると思いますけどね。
    喜作のようにタッパー持参でサービスがあったらなおさら嬉しいですが。

    141012-10a.jpg
    ノーザンハピネッツヘッドコーチの中村和雄氏(現秋田県体育協会GM)が試合前に挨拶。
    とにかく熱い方で有名な中村さん。この日も「残り試合全勝目指せ!」とBBに叱咤激励のメッセージ。

    ノーザンハピネッツはこの日、秋田市の県立体育館でbjリーグ開幕戦を開催していました。
    昨年はプレーオフのファイナルまで進出するなど、着実にチカラを付けているハピネッツ。
    どうかブラウブリッツもハピネッツに負けず、上位争いの出来るチームに成長して欲しいです。

    141012-08.jpg
    この日は怪我でしばらく戦線離脱していた平井晋太郎の姿が!
    めでたくサブとして登録されたこの日は、後半より途中出場を果たしました。
    どうか休んでいた分を取り戻すような活躍を見せて欲しいですね。

    141012-11.jpg
    141012-12.jpg
    そして試合は、2-1で勝利! YSに3戦目で初勝利となりました。

    141012-13.jpg
    141012-14.jpg
    後半開始直後に先制ゴールを挙げたイ・グノ
    JAよりMVP賞としてあきたこまちの新米60kgを貰っていました。
    ゴール裏に来て「次も応援よろしくお願いします」と挨拶してくれました。
    町田戦での劇的な決勝ゴールに続いての先制ゴールと乗りに乗っていますね。次にも期待。

    141012-15.jpg
    141012-17.jpg
    2点目を挙げたのは峯勇斗
    今季横断幕やゲーフラで推している彼の活躍は本当に嬉しいですね。
    (ちなみに右はJA秋田おばこの「おばこ娘」)

    天気も良く、色々な物も貰えて、そして試合も勝利という気持ちいい一日でした。
    美味しいお米や野菜が獲れる季節に、しっかりと勝ち点3を収穫する事が出来ました。

    ブラウブリッツはここまで苦しい戦いが続いています。
    しかしそれは、決して急がず、先を見据えたクラブ造りをしている途中段階。
    先ほどのハピネッのように上位争いの常連になるような、土台のしっかりしたクラブになる為。

    まだ青くて苦い果実のようなクラブかもしれませんが、いつか立派な実を結ぶと信じています。

    関連記事
    スポンサーサイト
     
     

    Comments

    name
    comment
    comment form
    (編集・削除用) :