秋田ロッテblog

    Home > baseball-観戦記 > 2014.05.17 東北楽天vs埼玉西武 in 秋田【その3】

     

    2014.05.17 東北楽天vs埼玉西武 in 秋田【その3】

    baseball-観戦記 2014.05.22 Thu

    140517-c21.jpg
    【その2】の続きです。

    2014年5月17日に秋田にて開催された東北楽天ゴールデンイーグルス埼玉西武ライオンズ戦。
    試合のほうは西武のリードでいよいよ終盤へ。
    そして試合終了後のイベントの様子も合わせてお送りします。

    140517-c01.jpg
    試合は7回に突入。
    西武はこの回から登板した青山を相手に、四球やヒットで満塁のチャンス。
    ここで浅村がライト前にヒットを放ちます。

    140517-c03.jpg
    この時、ホームに突入した栗山と捕手嶋が衝突。

    140517-c04.jpg
    脚を押さえたまま倒れ、担架で運ばれて途中交代となった嶋。

    球場がざわつき心配されましたが、後日の報道で骨に異常は無く打撲と判明。
    翌日の盛岡での試合は欠場したものの、交流戦に入ると戦線に復帰しています。
    大事に至らなかった事は幸いですが、この時は本当に心配でした…。

    140517-c05.jpg
    この回3点を追加してスコアは5対0。
    点差が離されるものの楽天ファンは諦めずに応援を続けます。
    7回裏、秋田の空に舞い上がるチームカラーのジェット風船。

    140517-c06.jpg
    秋田出身で、この日がプロ初の地元での試合となる後藤光尊
    ついに8回の表、守備固めとして出場すると球場全体から大きな歓声。
    しかし打席に立つ機会が無かったのは残念でした。

    地元に近い東北の球団に入団するものの、ここまで打率1割台と本調子とは言えない成績。
    開幕から活躍を見せていれば、地元でスタメンフル出場なんて事もあったかもしれませんが。
    どうかここから調子を上げてくれる事を願っています。

    140517-c08b.jpg

    140517-c07.jpg
    試合は最終回にも2点を加えた西武が7-0で勝利。岸は完封勝利。
    楽天はヒットも出ませんでしたがエラーも多く自滅という感じでしたね。

    140517-c10.jpg
    さて、この日の試合終了後にはグラウンド開放が実施されるという事でした。
    ついさっきまでプレーが行われていた場所に入れるという貴重な機会。
    せっかくなので参加してみようと思います。入口にはすでに行列が。

    140517-c11.jpg
    おっ!

    140517-c12.jpg
    おおおーーー!!

    140517-c13.jpg
    とにかく芝生が厚い!やわらかい!!
    手でかき分けても地面の土が見えないほど芝の密度があります。

    140517-c23.jpg
    そんな厚い芝生が綺麗に切り揃えられています。
    グラウンドキーパーの丁寧な仕事ぶりがわかります。

    140517-c14.jpg
    140517-c15.jpg
    とにかく厚くて柔らかく、触っていて気持ちいい芝生。
    そんな芝生の上を寝っ転がって全身で味わう子供達、とても楽しそうでした。
    こんなフワフワの芝生、そりゃゴロゴロしたくなりますよね。

    140517-c16.jpg
    センターの定位置くらいから見たスコアボード。この角度から見るなんて貴重な機会です。

    140517-c17.jpg
    ついさっきまで選手達が居たベンチ。この寒さでストーブが焚かれていました。

    140517-c18.jpg
    一方の内野ではベースランニングが開催され、大人子供混じり合ってベースを一周していました。

    140517-c19.jpg
    140517-c20.jpg
    先ほどまで選手がプレーしていたフィールドの上で、ベースランニングやキャッチボールを楽しむ子供達。
    こういう経験をして野球の楽しさを知っていく子供が増えていくのは素晴らしい事だと思います。
    この子達がいずれ高校球児として、そしてプロ野球選手として再びこのフィールドに立つかもしれません。

    140517-c21.jpg
    こうして2014年の秋田での楽天対西武戦は幕を閉じました。
    東北開催ながら大差で敗れるという、楽天としては残念な結果になりましたが、
    それでも様々なイベントで秋田のファンに楽しんで貰おうという工夫がなされていたと思います。

    球団創立10年目で、だいぶ東北各県に根付いてきた印象のある楽天イーグルス。
    この先も各県での試合やイベント開催に力を入れ、さらなる東北への定着を目指して貰いたいです。

    140517-c22.jpg
    秋田の皆さん、また会いましょう!!

    関連記事
    スポンサーサイト
     
     

    Comments

    name
    comment
    comment form
    (編集・削除用) :