秋田ロッテblog

    Home > baseball-観戦記 > 2014.05.17 東北楽天vs埼玉西武 in 秋田【その2】

     

    2014.05.17 東北楽天vs埼玉西武 in 秋田【その2】

    baseball-観戦記 2014.05.20 Tue

    140517-b10.jpg
    【その1】の続きです。

    2014年5月17日に秋田にて開催された東北楽天ゴールデンイーグルス埼玉西武ライオンズ戦。

    試合前から様々なイベントが開催されて盛り上がったこまちスタジアム。
    そしていよいよ試合開始です。

    140517-b00.jpg
    140517-b01.jpg
    楽天は辛島航、西武は岸孝之の先発で試合開始。

    140517-b04.jpg
    140517-b03.jpg
    両チームのファンも熱く応援をしています。
    県外からお越しの皆様、ようこそ秋田へ。

    140517-b02.jpg
    本日座ったのは内野三塁側のB指定席。
    昨年の球宴やヤクルト戦ではバックネット裏を取り、プレーが間近に見えましたが、
    フィールド全体を見回すにはこれくらいの席の方が見やすかったりします。
    ネット裏と違い金網に視界を邪魔されず、写真も撮りやすいというのもあります。

    140517-b05.jpg
    今季ここまで打点王、AJことアンドリュー・ジョーンズ

    140517-b06.jpg
    キャプテン松井稼頭央

    140517-b07.jpg
    プロ野球選手会会長、嶋基宏

    140517-b08.jpg
    おかわり中村剛也

    140517-b09.jpg
    今季途中の加入ながら、初打席本塁打など活躍を見せるエルネスト・メヒア

    140517-b10.jpg
    さて、ちょっと移動してスタジアムの全景を。
    こまちスタジアムは通路間の区切りが無いので、このように一回りできます。
    内野からライトにかけて楽天のチームカラーに染まっているのがわかります。

    140517-b11.jpg
    うぉー!

    140517-b12.jpg
    ライトスタンドはこの入り。エンジ一色です。

    140517-b13.jpg
    レフトスタンドは少し空きがあるものの、それでも西武ファンは熱心に応援をしていました。

    140517-b14.jpg
    西武の応援席といえばゲーフラの豊富さ。
    熊代選手の打席ではコリラックマが。他に「熊出没注意」もありました。

    140517-b15.jpg
    西武先発の岸は中盤まで3安打無失点。
    5月2日にはノーヒットノーランを達成した彼は、今日もその日を彷彿とさせる投球を見せています。

    ノーヒットノーランを食らった相手、どこでしたっけねえ?(笑)

    140517-b16.jpg
    試合は4回に西武が2点を挙げ、楽天はビハインドの状況が続きます。
    それでもゴールデンエンジェルの皆さんはマメにフィールドに現れて会場を盛り上げます。

    たとえ劣勢の展開でもファンを飽きさせず、みんなで盛り上げていこうという姿勢が感じられます。
    プロスポーツチームを運営していくには、試合自体だけで無くこういう所の充実も大事ですよね。
    Jリーグクラブとなったブラウブリッツも、こういう点を大事にしていけば発展していくと思います。

    【その3に続きます】

    関連記事
    スポンサーサイト
     
     

    Comments

    name
    comment
    comment form
    (編集・削除用) :