秋田ロッテblog

    Home > soccer-14 > 帰ってきた松田正俊

     

    帰ってきた松田正俊

    soccer-14 2014.01.10 Fri

    年が明け、ブラウブリッツが動き出しました。

    ファンクラブの募集開始、新加入選手や移籍選手の発表もありました。
    その辺りも書きたい所ですが、まずはこちらの件について。

    松田 正俊氏 育成コーチ兼アンバサダー就任のお知らせ | ブラウブリッツ秋田

    この度、2013シーズンをもって選手を引退した松田正俊氏が、ブラウブリッツ秋田育成コーチ兼アンバサダーに就任することとなりましたので、お知らせいたします。

    【コメント】指導者の道を、この秋田で始められることを嬉しく思います。
    今までと同様、ブラウブリッツ秋田のために頑張りたいと思います。


    101024.jpg
    昨年限りで引退した松田が、指導者として戻ってくる事になりました。
    引退時に、将来的に秋田のために何かやりたい、ような事を言っていたと思いますが、
    こういう形で早くもクラブの仕事に就く事になるとは。

    育成コーチというとユースやスクールの担当という事でしょうか。
    松田に憧れて入団した選手も居るでしょうし、その憧れの人から指導されたら嬉しいでしょう。
    その選手がトップチーム入りして、マツのようにチームを引っ張ってくれたら最高です。

    で、コーチ業も当然大事ですが、もう一つの肩書きが「アンバサダー」

    ※アンバサダー
    ブラウブリッツ秋田のホームタウン活動をはじめ、地域のイベントや普及活動など、ブラウブリッツ秋田と地域とを結びつける活動を行う予定です。


    これも大事な仕事ですね。

    戦力の強化、そしてチームの勝利、もちろんそれも大切な事ですが、
    まずは秋田にブラウブリッツを広め、そして浸透させる事。
    J3になり、J2J1を目指して秋田が一つとなって闘って行く為に、とても大事な段階です。

    131124-5.jpg
    TDKからクラブチーム化して今年で5年目。だいぶサポーターも増えてきた印象がありますが、
    県全体で見たらまだまだ、これからもっと広めていかねばならない状態なはずです。

    ブラウブリッツの「ブ」の字も見た事無い、って人もまだまだ居るでしょうし。

    このオフシーズンもクラブや選手たちは各メディアを使って精力的にPR活動を続けています。
    例えば熊林は先日の東北人魂に加え、年末年始にテレビ出演(with壇蜜)。


    与那城監督もテレビ出演し、あの恋するフォーチュンクッキーを踊る!
    真顔ってのがまた(笑)

    他にも各地で様々な告知イベントがあるでしょうし、それはシーズン中も休み無く続くはずです。
    決して「これだけ告知したらあとはいいでしょ、はい終わり」なんて事はありません。
    地道に地道に、継続していく事が大事なのです。

    その為にも、アンバサダー就任の松田には一生懸命活動してもらいたいです。

    そんな訳でJ3ファーストシーズンに向けて動き出したブラウブリッツ。
    今週はこんなイベントがあります。

    1.12 コラボレーショントークショー開催のお知らせ | ブラウブリッツ秋田

    12日(日)、秋田市エリアなかいちにぎわい交流館AUにて秋田のアイドルグループ「pramo」と、ブラウブリッツ秋田がコラボレーションした『トークショー』を緊急開催することが決定いたしましたので、お知らせいたします。

    参加者
    pramo:SERENちゃん、YUUKAちゃん
    ブラウブリッツ秋田:熊林親吾選手
    司会:シャバ駄馬男さん


    いいですねぇー。

    え?
    も、もちろん熊林が見たいから行くんですよ? それ以外に何が??

    1006-f2.jpg
    こんな26番ユニの奴みたいにpramo、それもSERENちゃん目的なわけ無いじゃないですか!

    しかし熊林は壇蜜と共演の次にpramoと共演、だいぶ秋田色の強い活動をしていますね。
    壇蜜は熊林からユニホームを貰い、横断幕の件ではラジオの全国放送でブラウブリッツを取り上げていただき、
    pramoは毎年試合会場でライブイベントを開催してくれて。

    こういう繋がりって良いですよねえ。

    スポーツと芸能活動、形は違いますが皆さん「地元秋田の為に」頑張っています。
    秋田の発展の為に、サポーターも含めてお互い協力して行けたらいいと思います。

    140110.jpg
    全ては愛する秋田のため。

    関連記事
    スポンサーサイト
     
     

    Comments

    name
    comment
    comment form
    (編集・削除用) :