秋田ロッテblog

    Home > soccer-13 > 男鹿総合運動公園の歩き方

     

    男鹿総合運動公園の歩き方

    soccer-13 2013.07.14 Sun

    ブラウブリッツはアウェイでホンダロックを破り2連勝しました。
    非常に暑い中で選手もサポも大変でしたでしょうが、それだけに得た勝ち点3は大きいです。
    少し苦しかった時期を乗り越えての連勝。ここからもっと勝ち点を積み上げていきましょう。

    さてこの後は八橋「陸上競技場」でのHOYO戦。陸上は今季初ですね。
    八橋(球・陸)、仁賀保、西目というスタジアムを使ってきたBB秋田ですが、
    10月6日のY.S.C.C戦では初めて使用するスタジアムが登場します。


    男鹿総合運動公園にあります陸上競技場
    メインスタンドはこの大きさ。八橋球や西目に近い規模でJFLクラスなら充分でしょう。

    1riku-2.jpg
    メインからの眺めはこの通り。
    球技専用スタジアムに慣れると遠く感じるかもしれませんが、まあまあの見やすさです。
    近年改修されたのか椅子も綺麗で、快適に観戦できると思います。

    1riku-3.jpg
    さて、我々の「指定席」になるであろうゴール裏ですが…。
    ゆ、ゆるい…。嵩も無い…。
    秋田の競技場の芝生席ってのは(野球を含めて)全体的に嵩と角度が無いんですよね。
    客を入れる前提で設計してない気がします。「見られなくも無いですけど」的な。

    s-IMAG0514.jpg
    ここからフィールドを見ると、こんな感じ。
    ちょっと遠くのプレーは辛いかなと…。

    あとダンマク張るスペースも無さそうとか、色々苦労しそうなスタジアムです。
    スタジアムマニアとしては、ある意味そこも魅力的ですが。手間の掛かる子が可愛いというか。

    この運動公園には他にも施設があります。市営にしては充実してる方でしょう。

    2yakyu-1.jpg
    野球場。両翼90mとコンパクトですがスタンドはまあまあの大きさです。
    外野席の斜面は本荘の水林球場を連想させます。横断幕で埋め尽くしたいな…。

    3kyugi-1.jpg
    3kyugi-2.jpg
    野球場から丘を登った所にあるのは、人工芝の球技場
    サッカーとラグビーに対応し、芝生席と階段状の簡単なスタンドがあります。

    3kyugi-3.jpg
    人工芝はゴムチップを充填した最近主流のロングパイル芝。
    前述の水林を含め、秋田県内にもこのタイプのフィールドが増えてきましたね。

    3kyugi-4.jpg
    球技場の近くから、先ほどの野球場が眼下に見えます。
    遠いですが全体が見回せて、これはこれでいいアングルだと思います。
    行った事無いですが大阪ドームの上段席ってこんな感じでしょうか。

    3kyugi-5.jpg
    さらに陸上競技場もこんな感じで見えます。
    先ほどは高さが無くて観づらいと思いましたが、これはこれで高すぎて小さすぎですね(笑)。

    そんな訳で、意外とと言ったら失礼ですが充実した運動公園だと思います。
    駐車場も充分にあるので安心して観戦に行けるのでは無いでしょうか。
    もっとも公共交通機関が無いですが…。男鹿駅や羽立駅からシャトルバスでも出れば。

    という事で今日は男鹿総合運動公園をじっくりと下見して来ました。
    充分に各所を観察できて、充実した男鹿遠征でした。

    s-IMAG0477.jpg
    …け、決して海フェスタpramo観覧のついでじゃないから!!(震)

    関連記事
    スポンサーサイト
     
     

    Comments

    name
    comment
    comment form
    (編集・削除用) :