秋田ロッテblog

    Home > soccer-13 > 推しスタ

     

    推しスタ

    soccer-13 2013.02.10 Sun

    開幕まで1ヶ月。
    選手、スタッフ、そしてサポーターが着々と準備を進めています。

    本日は秋田市にてチャント会議が開催されました。
    新入団選手へのチャントに加え、既存チャントの改善も行われました。
    後日録音して音源が公開されると思います。

    入念に準備を重ね、3/10のアウェイ開幕、17日のホーム開幕に備えましょう。

    そのホーム開幕戦は八橋「球技場」での開催となります。
    昨年は2、3試合(ですよね?)程度の開催だった球技場を早くも開幕戦で使用します。

    1.28 Jリーグの現地ヒアリングが行われました

    第1回サポーターズカンファレンスの議事録を公開します。

    Jリーグの視察、サポカンの際に岩瀬社長は球技場をとてもプッシュしている様子でした。
    確かに八橋球技場は陸上よりフィールドとスタンドが近く臨場感があるスタジアムです。
    間近で迫力ある試合を観たら虜になる人が増えると思います。

    来季新設予定の新カテゴリー「J3」。
    スタジアムの基準はJ1J2より緩和され、3千人程の収容人数があればOKだそうです。
    球技場は5千人収容という事で、この基準は満たしてる事になります。
    (芝生席なのでどこまで正確な計算かは不明ですが、それでも3~4千人は行くでしょう)

    昨季までは千人台の観客数が多く、陸上どころか球技場でも空きが見られる状態でした。
    まずは球技場を満員に出来るくらいの集客が出来ないといけません
    スタンド満杯で入れねえ!って言われるほどサポーターが押し寄せるスタジアムに。

    それくらいの人気、実力が備わった頃にはスタンド増築なり陸上で開催なり出来るでしょう。
    もっと理想を言うなら新しいサッカー専用スタジアムが建てられたら…。

    今の陸上競技場もそれなりに大きいスタジアムなんですけどねえ。
    ただ拡張性で見るともう限界に来ています…。

    敷地の関係で物理的に増築が難しいですし、周辺が住宅地というのもマイナス要素。
    Jリーグで今の十倍以上の人が押し寄せると「うるさい、迷惑だ!」とか苦情が来そうです。
    (現状でもうるさいって言われるくらいですから、J規模になったら…もう)

    ゴール裏の角度の緩さ、スコアボードが仮設のみ、てのはまだ改修で何とか出来そうですが、
    他の色々な要素を考えるとこれ以上の改善は難しいのかな…と感じます。

    とにかく、今季は社長の「推しスタ」である八橋球技場での開催が多くなりそうです。
    皆さんも球技専用スタジアムで迫力あるサッカーを観に行きませんか!
    あまりに近すぎてオーマイガーですよ!!



    関連記事
    スポンサーサイト
     
     

    Comments

    name
    comment
    comment form
    (編集・削除用) :