秋田ロッテblog

    Home > other > ほんの少しだけ、ガマンしよう

     

    ほんの少しだけ、ガマンしよう

    other 2011.03.16 Wed

    「燃料供給、近く正常化」 佐竹知事が見通し

    >東日本大震災の発生後、県内でガソリンや灯油などの燃料不足が続いていることについて、佐竹敬久知事は15日の県災害対策本部で、「地震により自動停止した原油の精製施設が間もなく点検を終えて稼働する。そう遠くない時期に供給体制は正常化する」との見通しを示した。

     佐竹知事は、石油の精製・元売り14社でつくる石油連盟(東京都)の幹部と電話で協議したことを明らかにし、「被災した施設もあるが、全国的に見れば精製能力に余裕がある。停止中の施設が約1週間の点検を終えて動きだせば燃料不足は解決する。もう少しの辛抱だ」と語った。

     県産業労働部によると、元売りは順次、秋田港からの陸揚げを再開しており、今後も入荷は順調に続く見通し。


    燃料関係が現在大変なようですが、少しの辛抱です。
    相乗りをする等して少しの間凌げば、物流も回復してる事でしょう。
    まあ市原や仙台の石油基地火災、産油国の事情等もあり、値段は上がるでしょうが…。
    (月の初めに値上げのネタを書きましたが、それどころじゃなくなってきた…)

    スーパー等の品不足も同様です。
    別にカップラーメンや飲料が世の中から消滅した訳では無いんです。
    ただ道路網、鉄道網のトラブルで物流が停まって、有る物が届けられないだけなんです。
    徐々に復旧して、物も再び店舗に回ってくる事でしょう。

    品薄と知って在庫品を必死で買い集める人もいるようですが、
    必要以上の数を買い占めたり、不要な物まで買う人が居ます。

    昔オイルショックの騒動がありましたが、それに近い物かも知れません。
    「みんな買ってるから買わなきゃ」と一種のパニック状態に陥っている気がします。
    椅子取りゲームのごとく、買えなきゃ負けという心理になってるのでしょう。
    (買い占めた奴が勝ち誇ったような「どうだ顔」に見えたのは気のせいか)

    被災に備えて蓄えは必要ですが、本当にそれが必要な量なのか、を考える必要があります。

    家も店もみんな無くなったような被災地ならともかく、
    大きな被害のない地域なら、遠からず物流は戻ってきますから。

    もう一度言います。
    物流がストップしているだけで、世の中から品物が消滅した訳ではありません。
    物流が再開するまで、ほんの少しだけ我慢しましょう

    宅配便はわかりませんが、郵便のバイクが走っている所は見ました。
    少しずつ、モノは再び動き出しています。

    落ち着いて。
    決して、パニックには陥らないで。
    関連記事
    スポンサーサイト
     
     

    Comments

    name
    comment
    comment form
    (編集・削除用) :