秋田ロッテblog

    Home > baseball > 初めての芝生張り替え、略して初芝

     

    初めての芝生張り替え、略して初芝

    baseball 2009.11.23 Mon

    藤里が第1回大会を制す 魁星旗争奪県中学秋季野球

    先日お伝えした大館樹海ドームの人工芝張り替えが完了したそうで、
    新しい芝の上で中学生の野球大会が開催されました。

    写真を見る限りは、気持ち厚くなったかなって感じですね。
    神宮や東京ドーム程の厚みではないようです。
    あれくらい厚みがある柔らかい芝が張れたらベストですけどね。
    プレーもしやすいでしょうし、見た目も本物の芝に近いですし。

    ただ野球以外にも使用される施設だけに、難しい所もあるでしょうね。
    東京ドームではコンサート等の時は芝の上に板が敷かれました。
    構造上、従来の芝と違い巻き取る事が不可能なためです。
    その為に芝が早く寝てしまい、早めの張り替えを余儀なくされました。

    なので多目的施設としては、固めの芝になるのは仕方ないかもしれません。

    ただ固いとはいえ前のよりは良い素材でしょうからね。
    プレーのしやすさはかなり上がったものと思われます。
    新しい芝の上でハツラツとしたプレーを見せてもらいたいです。

    イベント情報を見ると、来月はラグビー、再来月はフットサルがあるそうです。
    やっぱり北国で雪を気にせずスポーツが出来るって素晴らしい事ですね。

    今週末の「人工芝リニューアルフェスタ」ってのは何でしょう。
    新しい芝の上でゴロゴロしたりモフモフしたりってイベントでしょうか?
    だったら凄く行きたいんですが。


      
    関連記事
    スポンサーサイト
     
     

    Comments

    name
    comment
    comment form
    (編集・削除用) :