秋田ロッテblog

    Home > akita-09 > たまごDEATH

     

    たまごDEATH

    akita-09 2009.10.27 Tue

    割り置いた卵を翌々日も使用 「はな小町」食中毒

    >県によると、同社はこれまで営業終了後に割って冷蔵庫に保管していた卵を翌日に使ったとしていたが、さらに卵を加えながら翌々日に使ったケースもあることが分かった。またこれまでに比内地鶏以外の鶏卵を約3割混ぜていたことが分かっているが、日によっては比内地鶏の卵の使用割合はさらに低かった可能性があるという。

    県、業者と契約解除へ 「はな小町」の集団食中毒問題

    >また、親子丼に使用していた比内地鶏の卵の割合について、同社は当初7割程度と説明していたが、「卵の仕入れ量と親子丼の提供数をエクセルコーポレーションが詳しく調べた結果、2月の親子丼の提供開始以来6月までは約7割で提供していたが、7~8月では2割以下だった」とした。

    「はな小町」運営会社が謝罪 集団食中毒、社長辞任へ

    >卵の割り置きは、人気が出てきた親子丼の提供スピードを上げる目的で行っていたという。同席したはな小町の坂井国博料理長は「冷蔵すれば次の日は大丈夫だと思っていた。認識が甘かった」と話した。

    んー…。

    まず前も問題になった鶏卵とのブレンド。
    7割とか半分以上ならまだしも、2割はちょっとキツイですね。
    マックスコーヒーのコーヒー分みたいなもんですか。(つまり鶏卵=加糖練乳)

    でも一番の問題は食中毒の原因である「卵の割り置き」です。
    いくら冷蔵してるとはいえ、割ってから翌日翌々日と置いておくとは。
    当日でも割ってから長時間は置きたくないものです。

    その場で割るかあらかじめ割っておくかで、そこまで速さが違うんでしょうかね。
    片手でとは言わなくても、普通に割ってもそこまでのロスになるのでしょうか。
    素人が片手で割ったら殻入りまくりで相当ロスしますが。

    速さというか、楽なんでしょうねえ。
    でっかいボウルに卵パカパカ割っていって、後はグワーっとかき混ぜて。
    それで注文来たら一品分の卵を流し込んで終わり、まあ確かに楽でしょう。

    速く楽に料理を作る為に古い卵を使うか、美味しい料理を作る為に一手間を掛けるか。
    ここは前者に手を出してしまったようです。
    でも経営する側だと速く出して回転を上げようと考えるでしょうか。うーん。

    運営会社は謝罪して社長が辞任、だそうですが。
    燻製偽装事件の時もそうですが、一社が謝罪して終わりという問題ではありません。
    多くの人々に「また比内地鶏か」「また秋田か」と思われてしまった事でしょう。
    他の秋田関連の物まで「でも、あの比内地鶏の秋田でしょ?」という目で見られます。

    前の事件もちょうど今頃、これから鍋シーズンという時期でした。
    他社が出していた比内地鶏入りのきりたんぽセットは多くのキャンセルが出ました。
    真面目に品質の良い商品を作って来た企業がとばっちりを受ける事になります。

    「ゴメン、辞任するから許して」で済んだら警察いらねえよって話です。

    さてアンテナショップの飲食店は今後どうなるのでしょう。
    運営業者も替わるようですので、体制を一新して頑張ってもらいたいです。
    逆風に耐えて頑張り続ければいつかお客さんも戻って来ますよ。

    「比内地鶏卵+あきたこまち」の卵かけご飯専門店ってのはどうでしょうか?


      
    関連記事
    スポンサーサイト
     
     

    Comments

    name
    comment
    comment form
    (編集・削除用) :