秋田ロッテblog

    Home > akita-09 > 鶏の詩2009

     

    鶏の詩2009

    akita-09 2009.10.02 Fri

    他の鶏卵を3割使用 はな小町の「比内地鶏親子丼」

    > 食中毒発生で自主休業中の県の東京アンテナショップ・あきた美彩館「ダイニングはな小町」(港区)で、患者らが食べた「比内地鶏親子丼」に、比内地鶏以外の鶏卵が使用されていたことが2日、明らかとなった。

    > はな小町の運営を委託している「エクセルコーポレーション」(にかほ市)は「販売を開始した直後、客から味がくどいという声があったため改善を図り、半月後からは比内地鶏の卵7に対し鶏卵を3の割合で混ぜていたようだ」と説明している。


    うーん…。
    比内地鶏で大変な目に遭ったのに、またこういう事が起きましたか。

    この記事には「偽装」の言葉は無いですね。
    例えば「100%比内地鶏の肉、卵を使用」と明示していたら偽装になるでしょうが、
    「比内地鶏親子丼」の名前だけとなるとグレーゾーンなのでしょう。
    まあ「たい焼き」の名前で鯛が入ってないようなもんですか。違うか?

    卵の7割は比内地鶏ですし、流石に肉は比内地鶏を使っているはずでしょう。
    事件になった燻製はただの廃鶏だったので問題になりましたが。

    これとは別に、「比内地鶏クッキー」と言って卵が他の鶏だった事もありました。
    あの時も「比内地鶏の卵を使用」と書いていた訳ではありませんが、
    やはり誤解を与える表現ではありますね。

    「味がクドイ」とのお客さんの声を理由にこういう事になったそうです。
    他の偽装事件のように廃棄同然の材料を使った訳ではないですし、
    良い味を目指して探った結果がこの鶏卵使用となったのでしょう。
    他の偽装事件と一緒にして騒いでしまったら可哀想な気がします。

    再開後は比内地鶏のみに変えるそうなので、期待したいと思います。
    以前の偽装事件、食中毒、鶏卵使用と、客の見る目は厳しいと思いますが、
    なんとか乗り越えて秋田の美味しさを伝えてもらいたいです。
    「クドさ」も「濃厚な味わい」として生かして欲しいですね。

    ところで神宮球場外野の「比内地鶏親子丼」はまだ存在するのでしょうか?
    3年ほど前に行って、思わぬ秋田名物の登場に驚いた事があります。


      
    関連記事
    スポンサーサイト
     
     

    Comments

    name
    comment
    comment form
    (編集・削除用) :