秋田ロッテblog

    Home > 2016年10月

     

    実りの秋が来た - 2016.10.30 大分トリニータ -

    161030-01.jpg
    10月30日、あきぎんスタジアムにて大分トリニータ戦が開催されました。

    約1ヶ月ぶりとなるホームゲーム。
    対戦相手は現在2位の大分トリニータです。

    161030-02.jpg
    J2から降格して今季J3で戦う大分。J1経験クラブがJ3で戦うのは初のケースです。
    1年でJ2に昇格しようと、今季2位という好成績を残しています。

    秋田も過去最高順位を目指すために、元J1相手にひるまず戦ってほしい所です。

    161030-03.jpg
    この日は毎年恒例となったJA全農あきたpresentsの試合です。
    新米の季節にふさわしい冠スポンサー。スタジアムには「あきたこまち」の幟が立っています。

    161030-04.jpg
    本日は入場ゲートにて、あきたこまちの新米300グラムが無料配布されました。
    この新米配布も毎年の恒例行事。太っ腹です。

    161030-05.jpg
    また、この日は二名の「ミスあきたこまち」が来てくれました。

    161030-06.jpg
    BBパークのJA全農あきたブースでは、あきたこまちをはじめ県産の農産物、加工食品が販売されていました。

    161030-07.jpg
    新米を使ったおにぎりを購入。お米の旨味がしっかり味わえました。

    161030-08.jpg
    秋田県産の牛乳が無料配布されていました。
    毎年こうしたイベントを開催して頂き、本当にJA全農あきたさんには感謝です。

    161030-09.jpg
    本日のスタジアムの様子。
    天気予報では週末の天気が悪いとの事でしたが、この日は青空が広がっていました。
    流石に10月末で気温は低いものの、日差しがあるだけでだいぶ暖かく感じました。

    161030-10.jpg
    161030-11.jpg
    多くの大分サポーターが秋田に集結して、ゴール裏を青く染めていました。
    シーズン優勝、J2昇格を目指して熱心に応援しています。

    161030-12.jpg
    試合前にはJAより両チームにあきたこまちが進呈されました。
    新米を食べてさらなる活躍を見せて欲しいです。

    そんな実りの秋を迎えた秋田で開催された試合の結果は…。

    161030-13.jpg
    0-1

    41分、PKを与えてしまうと後藤優介に決められて先制されます。
    直後の43分、伊佐耕平の退場により1人少なくなった大分ですが、秋田は数的有利を活かせません。
    大分の守りを崩せぬまま、0-1で試合終了となりました。

    161030-14.jpg
    勝利した大分は2位をキープしました。
    選手とサポーターが喜びを分かち合います。

    161030-15.jpg
    6月の鹿児島戦で負けて以来ホーム無敗を維持してきましたが、久しぶりにホームで敗れた秋田。
    順位は変わらず5位ですが、他クラブと勝ち点が近接する中で痛い敗戦です。

    次節は同じくホーム(八橋陸)にて、11位のSC相模原と対戦します。
    順位は低く連敗中の相模原ですが油断は禁物です。しっかり勝って流れを取り戻しましょう。

    161030-16.jpg
    さて、この日のゴール裏には背番号32のユニホームが掲げられていました。

    浦島貴大選手の負傷について

    浦島貴大選手が9月19日(月)に行われた2016 明治安田生命 J3リーグ 第22節 FC東京U-23戦の試合中に負傷し、この度下記の通り診断されたとともに、手術を行うこととなりましたのでお知らせします。

    診断名:右膝前十字靱帯損傷および外側半月板損傷
    手術日:11月15日
    全治:8ヶ月


    先日の試合で靱帯と半月板を傷めた浦島貴大、今季絶望となる全治8ヶ月という重傷です。
    DFながら今季5得点を挙げるなど、今季のチームの躍進に貢献してきた浦島の離脱はとても痛いです。
    試合前にスタジアム前に姿を現した時は元気そうでしたが、今季は彼抜きで戦って行かなければなりません。

    161030-17.jpg
    浦島の分まで気持ちを込めて戦いましょう。

    全員力。浦島と共に。

    秋田vs大分の試合結果・データ(明治安田生命J3リーグ第27節:2016年10月30日):Jリーグ.jp




    スポンサーサイト
     
     

    2016.10.09 本場大館きりたんぽまつり&まちあわせハチ公ガールズ

    161009o-01.jpg
    10月9日、大館樹海ドームで開催された「本場大館きりたんぽまつり」に行ってきました。

    小坂鉄道レールパークでの鉄道まつりを見た後に来た樹海ドーム。
    「きりたんぽまつり」は毎年10月に樹海ドームを舞台に開催されている恒例行事です。
    今年は10月の8日(土)~10日(月・祝)の3日間にわたり開催されました。

    161009o-02.jpg
    161009o-03.jpg
    ドーム内はご覧のようになっています。
    多くの業者がきりたんぽ等を販売しており、、購入した飲食物を食べる為のテーブルも用意されています。

    161009o-04.jpg
    161009o-05.jpg
    やはりここに来たら本場のきりたんぽ鍋を食べるべきでしょう。
    きりたんぽ鍋を販売する店はいくつもありますが、そのうちの一つ「比内ベニヤマ荘」
    さすが比内地鶏の本場からの出店だけあり、比内地鶏のダシがしっかり出ています。

    161009o-06.jpg
    161009o-07.jpg
    もう一杯食べてみよう、と選んだのは「本家あべや」
    ハーフサイズが選べるので食べ比べにはピッタリです。
    きりたんぽはベニヤマ荘より大ぶりで、ハーフながら充分な食べごたえがありました。

    161009o-08.jpg
    きりたんぽは鍋だけじゃなく、「味噌つけたんぽ」として食べても美味しいです。
    箸を刺したきりたんぽに味噌を塗って焼いたもので、シンプルで小腹を満たすのに丁度いいです。
    山王食品さんの味噌つけたんぽ。味噌の甘みが美味しいです。

    161009o-09.jpg
    さて、イベントステージに現れた7人の女の子たち。
    彼女達は、大館のアイドルグループ「まちあわせハチ公ガールズ」です。
    昨年のきりたんぽまつりでデビューして、今回2回目のきりたんぽ祭りでのライブとなります。

    161009o-10.jpg
    ひよりれな

    161009o-11.jpg
    ゆきかざき

    161009o-12.jpg
    りんりう

    161009o-13.jpg
    ちさと

    実はちさとちゃん、今回のきりたんぽまつりステージをもって卒業する事が発表されていました。
    翌日のまつり最終日のライブを最後に卒業となります。

    161009o-14.jpg
    161009o-15.jpg
    翌日に卒業を控えるちさとちゃん、精一杯のパフォーマンスを見せてくれました。

    161009o-16.jpg
    161009o-17.jpg
    また、大館のきりたんぽPRマスコット「ポン太君」「キリ子ちゃん」が登場。
    二人のイメージソング「ポン太君とキリ子ちゃん」に合わせて、ハチ公ガールズと共演しました。

    161009o-18.jpg
    161009o-19.jpg
    ライブは大盛り上がりで終了しました。
    素敵なステージを見せていただきありがとうございました。

    161009o-20.jpg
    こうして、本日のきりたんぽまつりが終了しました。
    暗闇に白く浮かぶ樹海ドームを後にします。

    161009o-21.jpg
    まちあわせハチ公ガールズのCD、現在発売されている3枚を購入しました。
    デビュー曲「キリタンポロマンス」、2mdシングル「m-hg」、そして今月発売の新曲「キミはSweets」
    大館のPRを頑張るハチ公ガールズ、これからも注目していこうと思います。

    161009o-05.jpg
    本場のきりたんぽを味わい、ハチ公ガールズのライブを楽しめた一日でした。
    来年の祭りにも是非とも行きたいです。




     
     

    2016.10.09 小坂・鉄道まつりに行ってきました

    161009k-01.jpg
    10月9日、秋田県小坂町の小坂鉄道レールパークに行ってきました。

    同パークにて毎年秋に開催される「鉄道まつり」を見るのが目的です。
    鉄道に関する様々な企画があるという事で、 とても興味があります。

    161009k-02.jpg
    レールパークに到着しました。
    お馴染みの白い木造駅舎がお出迎えです。

    161009k-03.jpg
    入場すると目に飛び込んできたのが、DD133ディーゼル機関車
    普段とは違い、寝台特急「あけぼの」のヘッドマークが取り付けられています。

    161009k-04.jpg
    もう一両、DD131には「日本海」のヘッドマークが取り付けられました。
    どちらもレプリカだそうですが、マークが付いただけで表情が引き締まった印象です。

    161009k-05.jpg
    DD133は運転体験に使用され、参加者が実際に構内を運転していました。
    煙を噴き上げ、結構なスピードで奥の方まで走っていきました。

    161009k-06.jpg
    右に停まるのはキ115ラッセル車
    東北の、それも積雪の多い内陸地方には欠かせない車両です。

    161009k-07.jpg
    機関車庫に移動します。
    ディーゼル機関車の前に停まるのは、エボルタ電気鉄道の車両。
    単一アルカリ電池99本を動力にして、2014年に小坂線内を8.5km走行しました。

    161009k-08.jpg
    車体軽量化の為、素材には金属の他に段ボールも使用されています。
    車内を見ると段ボール製というのがよくわかります。

    161009k-09.jpg
    奥に停まっていたのは、キハ2100型気動車
    1994年まで旅客営業していた時の車両で、現在2両を所有しています。

    …が、ご覧のように車体が大きく傷んでおります。
    1両はこのように車庫内に置かれているものの、もう1両は外に野ざらし状態となっております…。
    (4つ前の機関車の写真に写っております。そちらも結構な傷みが…)

    貴重な車両だけにレストアしてほしい所ですが、だいぶ傷みが進んでおり手間も費用も大きく掛かりそうです。
    それでも、もう一度綺麗な姿を見たいです。

    161009k-15.jpg
    機関車庫を出てホームに戻ります。
    ホームの一角にはプラレールコーナーが用意され、子供が車両を走らせて遊んでいました。
    プラレールは自分が子供の頃からありましたが、今のは車両だけでなくレールも様々な種類があるんですね。

    161009k-10.jpg
    さて、個人的に一番見たかったイベントが始まります。
    「ブルートレインあけぼの」として宿泊施設に使用される24系客車
    普段は「あけぼの」表記の方向幕が巻き取られ、この日だけ収録全種類を見る事ができます。

    まずは回送から始まり、「特急」「団体」などの文字幕が表示されます。

    161009k-11.jpg
    続いて絵入り幕が表示されます。
    はやぶさ・富士・あさかぜ・さくら・瀬戸・出雲

    まずは西日本方面の寝台特急。
    このうち「さくら」は、現役時代は14系客車という別の車種で運行されておりました。
    なので、24系での運行は無いはずですが…なぜ方向幕が登録されていたのでしょうか??

    161009k-12.jpg
    続いて東日本方面。
    鳥海・はくつる・日本海・あけぼの・出羽・北斗星

    東北本線経由のはくつる・北斗星を除く4つは、秋田を走っていたので馴染みがあります。
    北斗星は2015年まで運行された「最後のブルートレイン」でした。

    161009k-13.jpg
    以上の定期列車の他に、臨時列車の幕も掲載されていました。
    北斗星系列の「北斗星トマムスキー」と「エルム」
    そして専用の豪華車両を連結した特別列車「夢空間(わくら・北東北)」
    これは相当レアな表示ですね。

    161009k-14.jpg
    一通り回し終わった後は、元の「あけぼの」表示に戻りました。
    見慣れた表示だけに一番しっくり来ます。

    161009k-16.jpg
    最後にディーゼル機関車の「あけぼの」「日本海」の並びを。

    161009k-17.jpg
    テーマパークを出て、付近を散策してみます。
    レンガ敷きの遊歩道「明治百年通り」。緑が綺麗です。

    161009k-18.jpg
    芝居小屋の「康楽館」
    明治時代に建てられた木造建築で、とても立派です。

    161009k-19.jpg
    レールパークから康楽館前を通り、大館方面へ向かう線路。

    イベント時にレールバイク等が走る事はあるものの、普段は列車が走る事はありません。
    それでも線路はご覧のように、雑草がほとんど無い綺麗な状態を保っています。
    普通だったら列車の走らない線路はすぐ雑草に覆われますが、こまめな手入れをしているようですね。

    161009k-02.jpg
    多くの町民、そして貨物を運び続けて、小坂の町を支えてきた小坂鉄道。
    廃止となった今も小坂駅はレールパークとして活用され、残った線路も丁寧に手入れされています。
    それだけ小坂の人々には大切な存在という事がわかります。

    とても興味深い展示の多かった鉄道まつりでした。




     
     

    命の限り叩き続けろ - 2016.10.02 グルージャ盛岡 -

    161002-01.jpg
    10月2日、あきぎんスタジアムにてグルージャ盛岡戦が開催されました。

    先週の福島戦に続いて東北対決となるこの試合。
    4月のアウェイでは先制しながら引き分けとなりましたが、今日はどうなるか。

    161002-02.jpg
    161002-03.jpg
    この日は午前中に少年サッカーの開会式が開催されました。
    今日の試合ではサッカー少年が招待され、スタンドは大勢の人で賑わっていました。

    161002-04.jpg
    今日はイオンの冠マッチという事で、電子マネー「WAON」マスコットの「ハッピーワオン」が来てくれました。

    161002-05.jpg
    ブラウゴンも久しぶりに試合に姿を見せてくれました。
    ハーフタイムにはワオンのぬいぐるみをスタンドに投げ込んでいました。

    161002-06.jpg
    161002-07.jpg
    今日のスタグルは、盛岡より出店の「ゴウちゃんのコロッケ屋」コロッケパン。
    盛岡の有名なパン「福田パン」を使用しており、コロッケはもちろんパン自体も旨味があります。

    160522-06.jpg
    さて、この日はサポーターにとって大きな出来事がありました。
    ブラウブリッツのスポンサーで、選手バスを提供していただいたトラフィックレンタリース株式会社
    この度トラフィック社のご厚意により、応援用の新しい太鼓を寄贈していただきました!


    161002-08.jpg
    本場ブラジルのサンバで使用される太鼓、いわゆる「スルド」と呼ばれるものです。
    今までの太鼓より二回り以上は大きいもので、叩くと大きく力強い音を出す事ができます。

    161002-09.jpg
    選手だけでなくサポーターにまで支援を頂くという事で、本当に感謝しています。
    新しい太鼓で今まで以上に選手をサポートしようと誓いました。

    そんな「新戦力」と共に応援した盛岡戦。結果は…。

    161002-10.jpg
    2-0

    開始2分に比嘉諒人のゴールで先制すると、後半には田中智大がPKを決めて2点目を加えます。
    前回のように追い付かれる事なく、0点に抑え込みました。

    161002-11.jpg
    福島戦に続いて東北対決を制した秋田、この勝利で4位に浮上しました!

    次節は3位の鹿児島ユナイテッド戦、30日は2位の大分トリニータ戦となります。
    共に上位との対戦、しかも両チームとも前回の対戦では敗れています。
    しかし今の好調なブラウブリッツなら、上位相手にも良い結果を残す事が出来ると思います。

    161002-12.jpg
    161002-13.jpg
    立派な選手バスと、立派な太鼓。
    改めまして、トラフィックレンタリース株式会社による支援に感謝します。
    シーズン終盤、選手もサポーターも一体となって戦っていきます。

    秋田vs盛岡の試合結果・データ(明治安田生命J3リーグ第24節:2016年10月2日):Jリーグ.jp




     
     

    木村優太ら、戦力外…

    10月に入りました。
    プロ野球はいよいよレギュラーシーズン終盤。そしてクライマックスシリーズが始まろうとしています。
    我がロッテも3位としてCSに出場しますが、果たしてどうなる事か。

    さてシーズン途中ですが、10月1日より各球団から自由契約に関する情報が発表されました。
    ロッテの自由契約選手はどうなっているかというと…。

    来季契約について | 千葉ロッテマリーンズオフィシャルサイト

    本日10月1日(土)、伊藤義弘投手、木村優太投手、川満寛弥投手、吉原正平投手、香月良仁投手、青松慶侑選手の6選手に来季の契約を更新しない旨を通知いたしましたのでお知らせします。
    6選手は現役続行を希望しています。


    150410-01.jpg
    ついに…。

    ついに…。

    秋田出身の木村優太をはじめ、6選手の戦力外が発表されました。

    161001-01.jpg
    明桜高校から社会人の東京ガスを経て、2009年に千葉ロッテマリーンズに入団しました。
    即戦力左腕として期待されるも、なかなか一軍に定着出来ないシーズンが続きます。

    140516-02.jpg
    2013年に秋田で開催されたフレッシュオールスターに、イースタンのメンバーとして出場。
    8回に登板すると2イニングを無失点に抑え、優秀選手の一人に選ばれました。

    この時点で5年目のシーズンを迎えた木村。
    ここでの活躍をきっかけに一軍昇格が期待されましたが、結局その年の昇格はありませんでした。

    161001-02.jpg
    2015年にやっと初勝利を挙げるも、その年も登板は5試合止まり。
    写真は今年5月の鶴岡での楽天二軍戦。これが「ロッテ木村」を見た最後になるとは…。

    今季は同じ秋田出身の成田翔(秋田商)が入団しました。
    同郷の左腕が入団し、刺激となって結果を残してくれると信じていましたが…。

    秋田出身選手の戦力外は残念ですが、この実績を見る限りは仕方ないという思いもあります。

    161001-03.jpg
    その他の戦力外通告を受けた選手。まずは伊藤義弘。

    161001-04.jpg
    川満寛弥

    161001-05.jpg
    吉原正平

    161001-06.jpg
    青松慶侑

    そして写真は無いですが香月良仁、以上の6名が戦力外となりました。
    球団からのリリースは現在この6名ですが、もう一人の戦力外選手が居ます。

    161001-07.jpg
    ロッテ・大松が戦力外…近年は出場数激減、このまま引退へ - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)

    ロッテ・大松尚逸内野手(34)ら5選手が、来季の戦力構想から外れていることが30日、分かった。

     大松は2005年、東海大からドラフト5巡目でロッテに入団。左の和製大砲として活躍し、08年からは3年連続で2桁本塁打をマークした。08年の3本を含む通算6本の満塁弾を放っており、一部の熱狂的ファンからは「世界遺産」と称される人気のパワー・ヒッターだが、近年は出場数が激減していた。

     今季は5月29日のイースタン・リーグ、楽天戦(山形)で走塁中に右アキレス腱(けん)断裂(全治6カ月)の重傷を負い、残りの試合を欠場。年齢的にも、このまま現役引退となる可能性が高い。


    一軍で活躍を見せた大松、ここ最近は二軍暮らしが続いていました。
    2015年の大館田代で開催された楽天二軍戦では、満塁の場面で代打で出場するも凡退でした。

    161001-08.jpg
    今年5月28日の鶴岡では、出場は無かったものの練習で姿を見せていました。
    翌日は山形に移動しての試合でしたが、そこで悲劇は起きるのでした…。

    161001-09.jpg
    詳細は後日球団より正式発表があると思います。
    2010年の優勝にも貢献したベテランが去るのは寂しい限りです。

    以上、大松を含め7選手の退団が明らかになりました。
    木村ら6人は現役続行を希望しており、大松は引退の可能性が高いそうです。

    退団選手の皆さん、今までロッテに貢献してくれてありがとうございました。
    新天地での活躍を期待しています。