秋田ロッテblog

    Home > 2016年05月

     

    2016.05.28 東北楽天vs千葉ロッテ in 鶴岡【その1】

    160528-05.jpg
    5月28日、鶴岡ドリームスタジアムにてイースタンリーグ・楽天イーグルス対千葉ロッテマリーンズ戦が開催されました。

    東北各県で二軍戦を開催している楽天。
    この日は山形県鶴岡市を舞台にして千葉ロッテマリーンズ戦を開催します。

    [More...]

    スポンサーサイト
     
     

    泣く子はどっちだ - 2016.05.22 AC長野パルセイロ -

    160522-01.jpg
    5月22日、あきぎんスタジアムにてAC長野パルセイロ戦が開催されました。

    前節の富山との首位攻防戦を制して、以前無敗のまま首位をキープする秋田。
    しかし今日対戦する長野は、JFL・J3を通じて今まで勝利を挙げた事が無い相手です。
    果たして今日の試合はどうなるか。

    160522-02.jpg
    スタジアム正面にて選手バスの出迎えをする両サポーター。
    先に到着した長野の選手に、多くの長野サポーターが大声援を贈ります。

    160522-03.jpg
    長野サポーターの方が掲げたゲーフラがこちら。
    「泣く子はどっちだ!!」

    今シーズン無敗の秋田と、その秋田に対して無敗を続ける長野。
    秋田の無敗がついに途切れてしまうのか? それとも長野がついに初めて秋田に負けるのか?
    今日の試合終了時、果たして泣くのはどちら側なのでしょうか…??

    160522-04.jpg
    160522-05.jpg
    この日は秋田に本社を持つレンタカー業者・トラフィックレンタリースが冠スポンサーでした。
    入場者にはご覧のような紙製ボードが配布されました。
    スタンドで掲げたり、ハリセン型に折りたたんで叩いて応援したりできます。

    160522-06.jpg
    そのトラフィックレンタリース社が車体広告を出している選手バス。
    この日は選手が到着後、車内が開放されて中に入る事が出来ました。
    さっきまで選手が乗っていた車両に乗る事が出来るのは貴重な機会です。

    160522-07.jpg
    椅子には選手の顔写真が貼り付けられており、どの選手がどこに座っているかがわかります。
    選手の座る位置を確かめながら、移動中の車内の様子を想像するのも楽しそうです。

    160522-08.jpg
    160522-09.jpg
    車内にはバスのカタログやトラックのクリアファイルが置いてあり、自由に持ち帰る事ができました。
    乗用車のカタログは読む機会があっても、バスのカタログを手に取る事はほとんど無いと思います。
    カタログを読むと、車両の細かい仕様が載っており興味深いです。

    サポーター遠征用に一台買おうかな…(え??)

    160522-10.jpg
    バスを堪能した後はスタジアムグルメでお腹を満たします。
    天下一番の牛スジ丼。歯ごたえある牛スジにタレが染みて、ご飯が進みます。

    160522-11.jpg
    ゴール裏をオレンジ色に染めた長野サポーターの皆さん。
    声量も凄いですし楽器隊のリズムにも圧倒されます。
    そしてこちらも負けては居られない、と対抗心が燃えてきます。

    160522-12.jpg
    先週に続き今回も、女子マネあらりなさんから「応援頑張りましょう!」とメッセージ。かわいい
    試合中も飛び跳ねながら熱心に応援していました。かわいい

    共に負けられないという強い思いで臨んだ試合、結果は…。

    160522-13.jpg
    40分にキャプテン山田尚幸のゴールで先制し、前半を1-0で終えます。
    しかし71分、長野にPKを与えてしまうと、佐藤悠希が決めて同点に追い付かれます。

    1-1の引き分けに終わりました。

    160522-14.jpg
    負けませんでした。

    しかし、勝てませんでした…。

    今シーズン無敗の勢いで、苦手な長野に初勝利を挙げたかった秋田。
    悲願のJ2昇格に向けて、得意の秋田から勝ち点3を挙げたかった長野。

    「泣く子はどっちだ対決」は痛み分け、といった所でしょうか…。

    160522-15.jpg
    この引き分けにより、ホーム無敗記録は13となりJ3記録を更新しました。

    …しかし、引き分けよりも勝って記録更新したかった。

    苦手な相手に引き分けで勝ち点1を獲得。普通に見れば上出来な結果とも言えるでしょう。
    しかし試合後のサポーター仲間からは「悔しい」「勝ちたかった」という声を多く聞きました。

    今年大きく生まれ変わり好調をキープするブラウブリッツ。
    それだけに、今年こそは苦手な長野にも勝てる、という希望が今まで以上にありました。
    先制した時には「ついに、ついに今日こそは行ける!」と確信を持ったのですが…。

    160522-03.jpg
    次の対戦は7月10日、南長野でのアウェイです。
    今度こそ初勝利を挙げて、ホームの長野サポーターを「泣く子」にしてやりましょう! ( ̄ー ̄)

    秋田vs長野の試合結果・データ(明治安田生命J3リーグ第10節:2016年5月22日):Jリーグ.jp

    秋田清酒 本格焼酎 なまはげ(25度)
    価格:1350円(税込、送料別)


    高橋優 BEST 2009-2015 『笑う約束』 [ 高橋優 ]
    価格:3456円(税込、送料無料)



     
     

    山を越えろ - 2016.05.15 カターレ富山 -

    160515-01.jpg
    5月15日、八橋運動公園陸上競技場にてカターレ富山戦が開催されました。

    今月に入り上位との対戦が続きます。
    この日は1位の秋田と2位の富山の直接対決、首位攻防戦です。
    どちらもここまで無敗を続けているチーム同士。果たしてこの試合を制して無敗を続けるのはどちらか。

    160515-02.jpg
    この日は普段の本拠地であるAスタから、八橋陸上競技場に会場を移しての一戦となります。
    Aスタよりも広々とした土地の中に建つ大きな陸上競技場です。

    ここまで雨続きだったホームゲームですが、この日は初めて青空が広がりました。
    この青空のようなスッキリとした気持ちいい試合を期待したいです。

    160515-03.jpg
    カターレ富山の選手バスがスタジアム入りしました。
    チーム名やマスコットの「ライカくん」が目立つデザイン。

    160515-04.jpg
    この日のスタジアムグルメには、昨年に続き「Jクラブ風スタグル」が登場しました。
    J1、J2のスタグルをイメージしたメニューが売られていました。

    150524-04.jpg
    【※2015年撮影】
    150524-05.jpg
    【※2015年撮影】

    昨年の写真ですが、川崎フロンターレ風「塩ちゃんこ」
    骨付き鶏肉や野菜が入った具だくさんの一杯です。

    160515-05.jpg
    サブウェイの照り焼きチキン
    こちらも鶏肉と野菜たっぷりの食べごたえあるサンドです。

    160515-06.jpg
    メインスタンドに入場。
    このメインだけで8,700人を収容でき、ここだけでAスタ(5,000人)を越える収容人数があります。

    160515-07.jpg
    前列からの眺め。
    陸上競技場は球技場より臨場感が無いと言われますが、ここは結構ピッチが近く感じます。

    160515-01.jpg
    上段に登ると、ピッチ全体を見渡す事が出来ます。
    とても良い眺めです。

    160515-08.jpg
    富山サポーターの皆様。
    ライカくんの旗が可愛いです。

    160515-09.jpg
    試合は前半は0-0と無得点で終わります。
    そしてハーフタイムには、スポンサー企業の新人社員によるリレー競走が行われました。

    160515-10.jpg
    優勝したのはダントツで明治安田生命秋田支社さん!
    伊達にJリーグの冠スポンサーやっていませんね。
    勝利した明治安田生命には30秒のPRタイムがプレゼントされました。

    そして始まった後半…。

    160515-11.jpg
    勝ちました!!

    64分、遊馬将也がゴール前で倒されてPKを獲得。
    このPKを遊馬がきっちりと決め、これが決勝点となりました。

    160515-12.jpg
    終了間際の失点が課題の秋田、前節の相模原戦でも2点リードを終了直前に追い付かれました。
    しかしこの日は落ち着いてリードを守り抜きました。
    これで秋田は無配を継続、富山は今季初めての負けとなりました。

    160515-13.jpg
    首位攻防戦を制して1位を守った秋田ですが、この先も上位との対戦は続きます。
    特に次節対戦の長野パルセイロ、JFL時代を含めてまだ勝利を挙げていない強敵です。

    今シーズン無敗の秋田と、その秋田に対して無敗の長野というほこたて対決

    今年もまた例年のように勝利を挙げられないのか?

    それとも…??

    昨年までのチームとは生まれ変わり、首位を走る秋田。
    その秋田ならきっと出来るはず。勝てるはずです。

    160515-14.jpg
    次節長野戦は一つの大きなヤマとなります
    ここをみんなのチカラで乗り越えましょう。

    We are 秋田! 俺も戦うぜ!!

    秋田vs富山の試合結果・データ(明治安田生命J3リーグ第9節:2016年5月15日):Jリーグ.jp



    はじめよう!陸上競技 [ 苅部俊二 ]
    価格:1620円(税込、送料無料)


     
     

    秋田高校-早稲田実業 in 山田久志サブマリンスタジアム

    160505-00.jpg
    5月5日、山田久志サブマリンスタジアムにて秋田高校-早稲田実業が開催されました。

    秋田県能代市の市営能代球場、通称「山田久志サブマリンスタジアム」
    改修工事がこの春完了し、改修記念試合として5月3日~5日に高校野球の招待試合が開催されました。
    早稲田実業八戸学院光星といった甲子園の常連校と、県内の高校が対戦しました。

    最終日となるこの日は、午前中に秋田対早実の1試合が開催されます。

    160505-01.jpg
    能代出身で、阪急ブレーブスで活躍した大投手・山田久志氏の名前を冠した球場。
    球場正面に大きく「山田久志サブマリンスタジアム」の名前が掲示されています。

    160505-02.jpg
    球場正面には山田氏の写真やトロフィー、ユニフォームなどが展示されています。

    160505-03.jpg
    ネット裏スタンドから見た様子。
    グラウンドの土の入れ替え、スタンドの椅子の交換などの改修が行われました。

    160505-04.jpg
    そして一番の目玉、フルLED表示のスコアボード
    スコアやメンバーといった基本情報に加え、球速表示やメッセージ(シートノック時間など)も表示されます。

    160505-05.jpg
    試合開始の頃に、表示のレイアウトが変わりました。
    メンバー表が下段に移り、先ほどより文字が大きく見やすいです。
    こうした表示の自由が利くのが全面LEDの長所ですね。

    160505-06.jpg
    早稲田実業の守備練習。
    注目の選手といえば、何と言っても二年生の清宮幸太郎君!
    昨年は一年生ながら、夏の甲子園で2本塁打8打点を叩き出すという成績を残しました。

    160505-07.jpg
    一方の対戦する秋田高校も、春夏通算24回の甲子園出場を誇ります。
    秋田の伝統校としてこちらも負けていられません。

    160505-08.jpg
    いよいよ試合開始です。

    160505-10.jpg
    三番ファーストで出場した清宮、さっそく1回裏に打席に登場します。
    打席に入ると二年生とは思えない落ち着いた雰囲気を見せますが、第一打席は凡退します。

    160505-12.jpg
    続く第二打席。

    160505-13.jpg
    鋭い打球がレフトに飛び、三塁打となりました。
    打球の速さが他の選手とは全然違いましたね。

    160505-14.jpg
    外野席に移動してみます。
    芝生席に少し段々が付いています。

    160505-15.jpg
    センター付近からの眺め。

    160505-16.jpg
    外野席からスコアボードを見てみると、角度がありながらも文字がハッキリ見えます。
    このLEDボード、かなり視認性が高いですね。見やすいです。

    160505-11.jpg
    そして驚いたのは、ファウルボールが飛んだ時のこの注意表示!
    ビジョン全面を使って「ファウルボールにご注意ください」という大きなメッセージが表示されます。
    プロ野球の球場でビジョンにこういう表示が出る事がありますが、それが能代で見られるとは。

    秋田市のこまちスタジアムはLEDではなく磁気反転式表示で、文字情報のみでビジョンはありません。
    こまちにもこの規模のLEDボードを設置してほしいですね。

    160505-09.jpg
    秋田高校の先発、金沢君。
    7回に1失点しますが、早実打線をその1点に抑えるピッチングを見せました。

    160505-18.jpg
    160505-17.jpg
    そして試合終了。
    6-1で秋田が早実に勝利しました!

    160505-19.jpg
    3日間にわたる招待試合が終了して、サブマリンスタジアムを後にする早実ナイン。

    清宮はこの日三塁打を含む2安打、3日間通算で4安打という成績でした。
    ホームランこそありませんでしたが、打球の勢いは高校生離れした物凄いものでした。
    昨年甲子園であれだけ騒がれたのもわかります。

    早稲田実業の皆さん、秋田での三日間お疲れ様でした。
    次は甲子園の舞台でまた逢いましょう。次も負けませんよ( ̄ー ̄)


    甲子園ヒーロー列伝
    価格:1300円(税込、送料無料)



     
     

    ナンバーワン野郎 - 2016.05.01 ガンバ大阪U-23 -

    160501-01.jpg
    5月1日、あきぎんスタジアムにてガンバ大阪U-23戦が開催されました。

    ホーム開幕戦のFC東京に続くU-23チームとの試合となります。
    この日の天気は朝から雨で、今季のホームゲームは3戦連続で雨となってしまいました。
    せっかくのゴールデンウィークですが、残念ですが行楽日和とはなりませんでした…。

    160501-02.jpg
    こどもの日が近い事もあり、スタジアムには鯉のぼり横断幕が登場しました。
    この幕が登場した日は負け無しだとか。今日もきっと勝てるでしょう。

    160501-03.jpg
    160501-04.jpg
    この日BBパークに登場したのは、宮城県南三陸町・歌津地区の伊里前福幸商店街のブースです。
    こちらの商店街、全国から集まったサッカークラブ等の旗が数多く掲示されている事で有名です。

    どうか諦めず希望をその胸に
    響け、ありがとうの言葉 -宮城遠征を振り返る-

    歌津地区へは過去二度訪れています。

    07.jpg
    最初は2008年、平成の森しおかぜ球場で開催されたプロ野球二軍、楽天対ロッテ戦を観戦しました。
    高台にある球場は津波の被害を免れ、震災後も楽天の二軍戦が定期的に開催されています。

    06miyagi-09.jpg
    次は東日本大震災後の2013年、七ヶ浜町でのソニー仙台対秋田戦の観戦後に立ち寄りました。
    商店の上ではためくフラッグの数々が印象に残っています。

    こうして商店街の中で展示されているフラッグの一部が、秋田のブースにやって来て展示されていました。

    160501-05.jpg
    160501-06.jpg
    選手サインの入ったフラッグの数々。

    160501-07.jpg
    160501-08.jpg
    サポーターからのメッセージが書き込まれたフラッグ。
    長期間の展示により破れや色褪せもありますが、メッセージに込められた気持ちが褪せる事はありません。

    160501-09.jpg
    またフラッグだけじゃ無く、アルビレックス新潟のユニホームにもメッセージが書き込まれていました。

    160501-10.jpg
    160501-11.jpg
    多くの小旗を縫い合わせて一つの大きなフラッグとした「絆のフラッグ」
    こちらにも各サポーターのメッセージが書き込まれています。

    160501-12.jpg
    秋田のフラッグも三枚使用されています。
    その三枚の真ん中にある赤いフラッグは、先日の地震で被害を負ったロアッソ熊本のものです。
    東日本大震災の被災地にエールを贈って頂いた熊本に、今度は東北が恩返しする番だと思います。

    伊里前福幸商店街の各種フラッグの展示、非常に素晴らしいものでした。
    是非ともまた南三陸に行きたいものです。

    160501-13.jpg
    今日のスタジアムグルメ、「ベコちゃんバーガー」
    秋田牛を使用したパティをその場で焼いて野菜を挟み、出来たてが味わえます。

    160501-14.jpg
    サンドウィッチ店・サブウェイの「ミネストローネ」
    5月に入ったとはいえ雨が降り肌寒かったので、温かいスープは助かります。

    160501-15.jpg
    生憎の天気ながら秋田に集まってくれました、ガンバ大阪サポーターの皆様。

    160501-16.jpg
    そしてホームの秋田サポーター。
    雨の中で両チームのサポーターが勝利を目指して応援します。

    そして結果は…!

    160501-17.jpg
    勝ちました!!

    24分、久富賢のゴールで先制します。
    しかし前節をはじめ、先制しながら追い上げられたり追い付かれたりする展開が多い今年。
    今節ではしっかり守り抜き、ガンバのシュートを前後半とも二本ずつに抑えました。

    160501-18.jpg
    この日は秋田が勝利して、上位の琉球と長野が共に引き分け。
    その結果…。

    なんと秋田が単独首位に浮上です!!

    さらに、ホームゲーム11戦連続負け無しというリーグ記録にも並びました。

    160501-19.jpg
    試合前から降り続いた雨も後半くらいから止みだし、試合終了の頃には青空も見えるようになっていました。
    まるで秋田の首位を祝福してくれているようです。

    今シーズンの課題であった後半を守り切っての勝利。
    そして掴み取った1位の座。

    これは決してマグレでは無いはず。

    もちろんまだ5月に入ったばかり、シーズンはまだまだ続きます。
    この順位を一試合でも長くキープできるように、気を引き締めて戦って行きましょう。

    秋田vsG大23の試合結果・データ(明治安田生命J3リーグ第7節:2016年5月1日):Jリーグ.jp



    JUNGLE 9 [ ザ・クロマニヨンズ ]
    価格:2687円(税込、送料無料)


     
     

    ブルートレインあけぼの宿泊記2016【その2】

    160430b-01.jpg
    【その1】の続きです。
    一夜が明けた小坂。ブルートレインの青い車体が朝日に照らされて輝きます。

    160430b-02.jpg
    ブルートレインあけぼのでは、予約時に朝食の駅弁を注文する事が出来ます。
    大館駅などで販売されている、花善が製造する駅弁「鶏めし」
    包み紙は現役時代のあけぼのが載った特製のものです。

    160430b-03.jpg
    比内地鶏のダシで炊かれたご飯に鶏肉が乗り、煮物などのおかずが入っています。
    駅弁というと冷めた状態で食べる事が多いですが、この鶏めしは出来たてでほんのり温かいです。
    シンプルながらも奥深い味わい。有名になるのも頷けます。

    160430b-05.jpg
    ちなみに付属する割り箸は秋田杉の間伐材で出来ています。
    杉の香りがする箸で食べる鶏めしは格別です。

    160430b-04.jpg
    寝台車両での飲食は禁止されているので、弁当は開放式B寝台にていただきます。
    窓の外には駅名標。まるで現役の列車のようです。

    160430b-06.jpg
    間もなく時刻は9時、チェックアウトの時間となります。
    そこで前日夕方に続き、機関車による車両の移動があります。
    前回は車外から眺めていましたが、今度は車内からその様子を見てみます。

    発車の様子を動画で撮ってみました。
    手持ちのデジカメ撮影なので揺れがありますがご了承下さい。



    160430b-07.jpg
    160430b-08.jpg
    奥のほうには貨車や、旅客営業時代の気動車が留置してありました。
    屋外に置かれている為傷みが目立ちますが、これらも貴重な車両達です。


    そして折り返して、推進運転で昼間の停止位置に戻ってきました。

    短時間ながら「動くブルートレイン」を体験する事が出来ました。
    発進時に客車特有の「ガコン!」という衝撃があり、走る間にはレールの継ぎ目のガタンゴトンという音。
    現役時代には普通に体験できた事ですが、現役を退いた今聴けるのは貴重な事。

    そしてこれは台車を外して地面に据え置きだったら絶対に味わえない事。
    台車を履いたままレールに乗っているという、現役時代そのままの状態を保ってるからこそ体験できる事。
    ここはさすが駅だった施設をそのまま利用した小坂の強みと言えるでしょう。

    160430b-09.jpg
    最後に貴重な体験をして、ブルートレインあけぼのをチェックアウトしました。

    160430b-10.jpg
    あけぼのの車両に別れを告げます。
    楽しい一夜を提供していただきありがとうございました。

    160430b-11.jpg
    レールパークのすぐ近く、小坂鉱山事務所に立ち寄りました。
    モダンな外見が目を惹きます。

    明治38年に建てられて平成9年まで事務所として使用、平成13年に現在地に移築・復元されました。
    現在は小坂町の歴史に関する展示のほか、売店や食堂が営業しています。

    160430b-12.jpg
    160430b-13.jpg
    受付を過ぎると目に入るのが、ご覧の螺旋階段。美しいです。

    160430b-14.jpg
    各種の展示品、また映像や音声により小坂町の歴史が案内されています。
    かつて鉱山で栄えた小坂町の歴史がわかります。

    160430b-15.jpg
    展示物もいいですが、建物自体も歴史があり非常に興味深いです。
    明治生まれの古い建物ですが、手入れが行き届いています。

    160430b-18.jpg
    160430b-19.jpg
    続いて十和田湖に向かいました。
    発荷峠の展望台から見た十和田湖の様子。青い湖面が綺麗です。

    実は昨年あけぼのに泊まった時も翌朝に発荷峠に行きましたが、霧で何も見えませんでした…。
    二度目の訪問では晴天に恵まれ、なんとかリベンジできました。

    160430b-20.jpg
    峠を下りて青森県側に入り、湖の近くまで来ました。
    少し天気が悪くなり、曇って風も強くなってきました…。

    小さな頃には来たかもしれませんが、記憶の限りでは初めて来た十和田湖。
    秋田県民歌でも、田沢湖と共に「世界に名を得し誇りの湖水」と歌われます。
    とても大きく美しい湖でした。

    160430b-21.jpg
    十和田湖畔に立つ乙女の像を見て、十和田湖を後にしました。

    160430b-22.jpg
    という事で、ブルートレインあけぼの宿泊と、周辺観光を楽しんできました。
    秋田県の中心地からは距離があるので、なかなかしょっちゅう行くという事が出来ない小坂町ですが、
    とても良い場所で行く価値は充分にあります。

    160430-00.jpg
    日本の鉄道史の一時代を築いてきたブルートレインと、明治時代からの歴史ある建物たち。
    皆さんも是非とも小坂町に来て、「歴史」をこの目で見てみませんか。

    [小坂鉄道レールパーク「ブルートレインあけぼの」の詳細・宿泊予約はこちらから]

    寝台特急あけぼの
    価格:1944円(税込、送料無料)


    夜行列車&ブルートレイン大全 [ 洋泉社 ]
    価格:1728円(税込、送料無料)