秋田ロッテblog

    Home > 2016年04月

     

    ブルートレインあけぼの宿泊記2016【その1】

    160430-00.jpg
    秋田県小坂町のブルートレインあけぼのに宿泊してきました。

    小坂町の鉄道テーマパーク小坂鉄道レールパーク
    各種車両の展示などがある中で、一番の目玉である24系寝台車への宿泊。
    ブルートレインが全廃された今、寝台車に乗って一晩を過ごせる機会というのは貴重です。

    ブルートレインあけぼのに泊まってきました【その1】
    ブルートレインあけぼのに泊まってきました【その2】

    昨年より宿泊を開始したあけぼの。
    当時はB個室のみの受付でしたが、今年よりA個室にも泊まれるようになりました。

    現役時代にはB開放、B個室に宿泊経験がありますが、A個室には泊まった事がありません。
    そんなA寝台にも是非とも泊まりたいと思い、昨年に続き二度目の宿泊に行く事に決めました。

    160430-01.jpg
    小坂町に入り、遅めの昼食を取りに「下野ドライブイン」さんへ立ち寄りました。
    屋根に書かれた大きな店名が目立つ、昔ながらのドライブインです。
    以前ローカル番組「ぷぁぷぁ金星」に取り上げられてこの店を知りました。

    160430-02.jpg
    かつラーメン(800円)。

    番組でも取り上げられたメニューがこちら。
    小坂地方の飲食店で食べられる「かつラーメン」を提供する店の一つです。

    昨年「奈良岡屋」さんで食べたかつラーメンは醤油ですが、こちらは味噌ラーメンがベース。
    上に乗った辛味噌を溶かすとピリ辛になり、軽く汗をかくくらいに体が温まります。

    160430-03.jpg
    そして到着しました、小坂鉄道レールパーク
    展示車両の蒸気機関車と客車、その後ろにはあけぼのが留置されています。
    あれに泊まれるのかと思うと今からテンションが上がってきます。

    160430-04.jpg
    昼間の展示位置からホームに移動する為に、機関車による移動が行われます。
    このとき宿泊者はB開放寝台に乗車可能ですが、今回は外から移動の様子を見てみます。
    いったん奥の方まで機関車で牽引されていきます。

    この日は今年度の宿泊開始日という事で、テレビカメラが来て撮影をしていました。

    160430-05.jpg
    そして推進運転により客車がホームに入線してきます。

    160430-06.jpg
    ホームに到着したあけぼのと、牽引したディーゼル機関車とのツーショットです。
    この光景を見ると立派な現役の駅ですね。

    160430-07.jpg
    さっそく個室に入る事にします。
    A個室はご覧のような通路で、木目のドアと金色のノブが豪華に見えますね。

    160430-08.jpg
    室内はこのようになっています。
    席種としては「シングルデラックス」で一人用ですが、上段のエキストラベッド利用で二人利用も可能。
    そのため座席は二人座れるサイズで大きなものです。

    B個室は上下段に分かれているため高さが無く、立つのも大変なくらいスペースが狭いですが、
    こちらは普通に立てるだけの高さがあり、この余裕はさすがA寝台です。

    160430-10.jpg
    ちなみに上段ベッドを引きだした状態がこちらです。
    壁に備え付けられたハシゴを設置して上り下りします。

    160430-09.jpg
    B開放寝台などでは座席の座面をそのままベッドとして利用しますが、
    こちらのA寝台では背もたれを手前に倒すとベッドとなる面が出てきます。

    160430-13.jpg
    シーツと枕を設置した寝台モード。
    B寝台よりも幅のあるベッドでゆったりしており、快適に眠れそうです。

    160430-11.jpg
    壁には木製のテーブルが設置されています。
    一段へこんだ面、現役時代には小型テレビが設置されていたとか。

    160430-12.jpg
    折りたたみ式の洗面台がありますが、現在は使用できず蛇口をひねってもお湯は出てきません。
    現役時代は個室内に居ながら歯を磨いたり顔を洗ったり出来た、と思うと贅沢ですね。

    160430-14.jpg
    一通り個室を観察したところで、夕方の小坂の街並みを散策する事にします。
    こちらはレールパークから徒歩ですぐ、芝居小屋康楽館
    明治時代に建てられた立派な建物です。

    160430-15.jpg
    訪れたのはこちら、レールパークから徒歩数分、「ホルモン幸楽 小坂店」
    県北地方のホルモン料理店「幸楽」の小坂支店です。

    160430-16.jpg
    大きな木の置物が目立つ店内は、テーブル数台にガスコンロが備え付けられています。

    160430-17.jpg
    有名人も多く訪れており、壁を覆い尽くすほどサインが貼られています。
    康楽館の近くという事で舞台役者が多かったですね。打ち上げで使用されているのでしょう。

    160430-18.jpg
    ホルモン、サガリ、そして野菜(キャベツ)を注文。
    ジンギスカン用の鍋にタレと具材が乗せられて、煮込むように焼いていきます。

    160430-19.jpg
    焼いていくうちにタレが多少吹きこぼれますが気にせずに(笑)。
    全体に火が通り、キャベツがしんなりした頃が食べ頃。

    白モツ以外にも多くの部位が入ったホルモンは抜群の歯ごたえ。
    肉厚のサガリ、タレの染みたキャベツもとても美味しいです。

    そしてホルモンを肴に飲むビールも最高の旨さでした。

    160430-20.jpg
    お腹を満たしてレールパークに帰ってきました。
    ライトアップされた駅舎と、尾灯とヘッドマークを光らせる客車。絵になります。
    個室に戻り、A寝台のゆったりしたベッドに入って眠りに就きました。

    【その2】に続きます。

    とっておき寝台列車の旅
    価格:1728円(税込、送料無料)




    スポンサーサイト
     
     

    目指すはナンバーワン - 2016.04.24 グルージャ盛岡 -

    160424-01.jpg
    4月24日、いわぎんスタジアムにてグルージャ盛岡戦が開催されました。

    前節まで3勝2分と負けが無く、暫定順位を2位としている秋田。
    一方の盛岡は未だ勝利が無く、4敗1分という成績。
    数字だけを見れば圧倒的に秋田が有利ですが、決して油断は出来ません。

    160424-02.jpg
    早朝に盛岡市に到着して、スタジアム入り前に盛岡市内を軽く観光しました。
    こちらは国指定の有形文化財、岩手銀行旧本店。レンガ造りの立派な建物です。

    160424-03.jpg
    一方こちらの建物は、盛岡バスセンター
    路線バス、高速バスが発着するターミナルです。

    160424-04.jpg
    建物の中には鉄道駅のような切符販売機、窓口があります。
    昔ながらの雰囲気がそのまま残っておりレトロです。

    しかしそのバスセンター、老朽化を理由に年内に廃止・解体される事が決まりました…。

    盛岡バスセンター建物取り壊しへ 年内めど方針

    国際興業グループの盛岡バスセンター(盛岡市、上野聖二社長)が同市中ノ橋通1丁目の盛岡バスセンター再整備事業から撤退する意向を示した問題で、市は14日、同社が9月末でバスターミナル事業を廃止し、年内をめどに建物を取り壊す方針を固めたことを明らかにした。市は機能維持に向け関係機関と協議する予定だが、先行きは不透明。建設から半世紀以上がたったレトロな雰囲気にファンは多く、取り壊しを残念がる声も聞かれる。



    160424-05.jpg
    ご覧のようなホームからバスが発車する姿が見られるのもあと少し。
    レトロな雰囲気の残るスポットが姿を消すのは残念です。

    160424-06.jpg
    そして到着しました、いわぎんスタジアム
    正式名称は「盛岡南公園球技場」で、今年より岩手銀行が命名権を獲得しました。

    2015.10.21 全国社会人サッカー選手権大会【3位決定戦編】

    昨年は盛岡を舞台に開催された全社を見に訪れましたが、グルージャの試合では今回が初めてです。

    160424-07.jpg
    盛岡の選手がスタジアム入りします。
    スタジアムの入口が坂になっており、選手バスがご覧のように斜めになっております…。

    今日こそ初勝利を掴もうと、盛岡サポーターが選手を出迎えます。

    160424-08.jpg
    その後、秋田の選手もお馴染みのバスに乗ってスタジアム入りしました。

    160424-09.jpg
    160424-10.jpg
    ゴール裏から見たスタジアムの様子。
    あきぎんスタジアムに比べるとピッチとゴール裏の距離がありますが、全体的な雰囲気は似ています。
    スタジアムの向こうには岩手山が見えます。

    160424-11.jpg
    アウェイゲームですが、秋田から近い事もあり多くのサポーターが駆け付けました。
    ゴール裏を青く染めたサポーターが、勝利を目指して応援します。

    160424-16.jpg
    160424-15.jpg
    試合は前半0-0でハーフタイムに。
    岩手のダンスアイドルユニットb-famの皆さんがパフォーマンスを披露してくれました。
    グルージャ盛岡の2016年オフィシャルマネージャーを務めているそうです。

    秋田もpramoオフィシャルマネージャー就任はよ

    そして試合の方は…。

    160424-12.jpg
    秋田が56分に浦島貴大のゴールで先制するも、68分に盛岡の梅内和磨が同点ゴールを決めます。
    1-1の引き分けに終わりました。

    160424-17.jpg
    秋田としては、またも先制しながら同点に追い付かれるという展開。
    無敗は継続中ではありますが、下位相手に勝利を逃す結果となってしまいました。

    一方の盛岡も初勝利はお預けとなりましたが、最低限の勝ち点1を拾う事が出来ました。

    160424-13.jpg
    スタジアムの帰りに、サポ仲間と盛岡名物の冷麺を味わいました。
    最初は甘みを感じるスープですが、後から辛さがやってくる不思議な味でした。
    まるで先制しながら同点を許す今日の試合のように…。(←こじつけ)

    160424-14.jpg
    これで秋田は順位を一つ落として3位
    順位としてはまだまだ上ですが、どこまでこの調子をキープできるかどうか。

    先制しながら後半に追い上げを許す、または追い付かれるという今シーズンの戦いぶり。
    この課題をどうかクリアして、しっかり勝ちきるシーズンにしなければいけません。
    そこを攻略できた時、きっとチームは頂上に辿り着ける事でしょう。

    目指すは、ナンバーワン。

    盛岡vs秋田の試合結果・データ(明治安田生命J3リーグ第6節:2016年4月24日):Jリーグ.jp

    キミに恋してる [ B-fam ]
    価格:1080円(税込、送料無料)



    にんげんだもの(道) [ 相田みつを ]
    価格:561円(税込、送料無料)


     
     

    巻き起こせ嵐 - 2016.04.17 栃木SC -

    160417-01.jpg
    4月17日、あきぎんスタジアムにて栃木SC戦が開催されました。

    昨年までJ2に在籍しており、今季よりJ3で戦う事になった栃木。
    2007年から2008年のJFL時代には、BBの前身であるTDKSCと対戦しています。
    今度はJ3のクラブとして久しぶりに対戦する事になりました。

    160417-00.jpg
    かつては松田正俊、横山聡といった両チームに所属した選手もおり、
    そして監督は2012年に秋田の監督を務めた横山雄次

    秋田では一年のみで退任しましたが、今度は対戦相手の監督として再会する事に。
    ここは秋田が勝利して、ブラウブリッツの成長ぶりを見せつけてやりましょう。( ̄ー ̄)

    160417-02.jpg
    あきぎんスタジアムの周辺には多くの桜が植えられており、ご覧のように花が咲いていました。
    しかしこの日は朝から雨で、午後には暴風雨になるとの予報…。
    せっかく咲き出した桜が散らない事を祈ります。

    160417-03.jpg
    栃木の選手がスタジアム入りします。
    栃木サポーターの皆さんが大きな「栃木SC」コールで出迎えます。

    160417-05.jpg
    160417-06.jpg
    天気が良くなく肌寒いので、温かい食べ物で体を温めます。
    秋田名物、きりたんぽ鍋(300円)。

    160417-04.jpg
    一方こちらは栃木・宇都宮の名物、餃子(300円)。
    対戦相手を喰らおうという気持ちも込めて。

    160417-07.jpg
    多くの栃木サポーターが集まり、ゴール裏を黄色に染めていました。

    160417-08.jpg
    朝から降っていた雨がお昼頃に止み、青空も見えるほどでした。
    このまま持ってくれたらいいのですが。

    160417-09.jpg
    秋田市のスポーツ振興課のマスコットキャラクター、スポまるが登場。
    5月25日に開催される、はずむスポーツチャレンジデーの告知をしていました。

    そんな可愛いマスコットが登場したあとで始まった試合は…。

    160417-10.jpg
    勝った!!

    29分に前山恭平の見事なシュートが決まり先制。57分には浦島貴大が今季初得点を決めます。
    79分に栃木の大石治寿にゴールを決められるも、1点差を守り抜きました。

    160417-11.jpg
    前半は上がっていた雨が後半開始と共に降りだし、同時に強風も吹きだしました。
    観る方もプレーする方も過酷な環境での試合でしたが、そんな中で勝利を掴み取りました。

    これでブラウブリッツは3連勝
    勝ち点11で、暫定順位(荒天、また九州地方の地震による試合中止の為)はなんと2位!

    これは春の珍事なのか? それとも実力か??
    どちらにしろこの調子で勝ち続けていきましょう。

    嵐のごとく、J3リーグをかき回していきましょう。

    秋田vs栃木の試合結果・データ(明治安田生命J3リーグ第5節):Jリーグ.jp

    I seek / Daylight (初回限定盤2 CD+DVD) [ 嵐 ]
    価格:1512円(税込、送料無料)




     
     

    挑み続ける覚悟はあるか - 2016.04.03 FC東京U-23 -

    160403-01.jpg
    4月3日、あきぎんスタジアムにてFC東京U-23戦が開催されました。

    今シーズンよりJ3リーグに「FC東京」「ガンバ大阪」「セレッソ大阪」のU-23チームが参戦。
    ホーム開幕戦はそのうちの一つ、FC東京との対戦となります。

    160403-02.jpg
    FC東京の選手がスタジアム入りします。

    U-23チームは文字通り23歳以下の選手により構成され、FP3名+GK1名のオーバーエイジ枠がありますが、
    そのうちの一人になんと、元日本代表の駒野友一の名前が!

    今シーズンよりジュビロ磐田から移籍するも、2月に右ふくらはぎを傷めて戦線離脱していました。
    そんな駒野がU-23のオーバーエイジとして実戦に復帰し、この秋田戦に挑みます。
    いくら故障明けとはいえ、正直言ってJ3では反則と言っていいビッグネームの登場です…。

    160403-03.jpg
    FC東京サポーターの皆様が、ゴール裏をお馴染みの赤青カラーに染めていきます。

    160403-04.jpg
    160403-05.jpg
    この日はスタジアム前の道路を歩行者天国として、スタジアムグルメの屋台が多数出店していました。
    雪こそみんな溶けましたが、4月頭のまだまだ寒い時期。
    きりたんぽ等の鍋物やラーメンといった温かい食べ物がたくさん売られていました。

    ちなみにサッカーファンの間ではFC東京サポーターのスタジアムグルメ好きは有名で、
    いくつものスタグルを食べ尽くす姿から「イナゴ」の異名を誇るほどです。
    秋田のスタグルには満足していただけたのでしょうか。

    160403-06.jpg
    160403-07.jpg
    この日は朝から雨で、照明が灯された中での試合となりました。
    それでも10度超えの気温は4月上旬としては暖かかったのでまだマシでした。

    このような天気でも、この日は2491人の観客が集まりました。
    それだけ今シーズンの秋田の戦いが注目されているという事でしょう。

    そんな注目されたホーム開幕戦は…。

    160403-08.jpg
    勝ちました!!

    前半14分に日髙慶太のゴールで先制した秋田。
    しかしここまでのアウェイ2試合は、いずれも先制しながらアディショナルタイムで同点に追い付かれる展開。
    今日こそは最後まで守り抜こうと、選手はもちろんサポーターも気を引き締めていました。

    そして後半2分のアディショナルタイムを耐え抜き、ホイッスルが鳴り響きました…。

    勝った!!

    160403-09.jpg
    試合中ずっと雨が降り続く中を耐えて応援をしてきた甲斐がありました。
    やっと掴んだ初勝利に、サポーターも選手も興奮が収まりませんでした。

    これで秋田は1勝2分け、勝ち点5の6位となりました。
    勢いには乗っていますが、油断せずに次節以降も戦っていきましょう。

    間瀬ブラウブリッツ勝負の年、挑み続けていきましょう。

    秋田vsF東23の試合結果・データ(明治安田生命J3リーグ第3節):Jリーグ.jp