秋田ロッテblog

    Home > 2016年02月

     

    2016.2.14 SEREN卒業ライブ「my story~5年間の軌跡~」

    160214-02.jpg
    2月14日、秋田市にぎわい交流館AUにて「SEREN卒業ライブ」が開催されました。

    秋田の地元アイドルとして2011年に結成されたグループ、pramo
    その結成時の第1期メンバーで、現在リーダーを務めるSEREN
    この2月14日の卒業ライブをもって、5年間在籍したpramoを卒業する事が発表されました。

    160214-01.jpg
    当日SERENグッズを購入の方には、ライブ後のチェキ撮影権が付いてきます。
    グッズの一つ、卒業ライブ限定TシャツにはSEREN自ら描いたイラストが。可愛いですね。

    160214-03.jpg
    そして開演。本日の主役、SERENの登場です。

    160214-04.jpg
    卒業ライブではありますが寂しさ等は感じさせず、いつものように元気にステージが始まりました。

    160214-06.jpg
    ライブの途中で、各メンバーからSERENへのメッセージが贈られました。
    まずは5期生・AYAKA

    160214-07.jpg
    同じく5期生、WAKANA

    160214-08.jpg
    4期生、KAHO
    この辺りからメッセージが涙声になってきます…。ハンカチ片手に涙を拭うKAHO。

    160214-09.jpg
    3期生のYUUKA
    先日のYUUKA生誕祭ライブでもSERENからのメッセージに涙してました。

    160214-10.jpg
    そして結成当初からの同期である1期生、KOMUGIに…。

    160214-11.jpg
    160214-12.jpg
    同じく1期生、MAYU
    二人は楽しい時も苦しい時も共に頑張ってきただけに、思い入れも大きいでしょう。
    声を詰まらせながらメッセージを贈っていました。

    160214-14.jpg
    アンコールでは冒頭で紹介した卒業記念Tシャツに着替えて登場。

    160214-15.jpg
    160214-16.jpg
    160214-17.jpg
    ここでサプライズとしてビデオメッセージが流されます。
    スポンサーの方や、元メンバー(AOI、SONOKA)等からのメッセージが贈られました。

    その中に、我がブラウブリッツ秋田から新里彰平選手が登場しました。

    140112-04.jpg
    ブラウブリッツとpramoの夢のコラボレーション

    2014年にブラウブリッツ秋田とpramoのトークショーが開催されました。
    BBからは新里・熊林、pramoからはSEREN、YUUKAが参加しました。
    その縁でメッセージを贈ってくれたのでしょうが、サポーターとしては不意打ちで驚きました(笑)

    160214-18.jpg
    最後、本日の主役SERENから感謝のメッセージが贈られ、卒業ライブは幕を閉じました。
    涙ぐむメンバーも居ましたが、SEREN本人は涙を見せず最後まで元気に歌いきりました。

    160214-19.jpg
    彼女のイメージカラーであるで染まった観客席。

    pramo結成当初はイベント会場も簡素な物で、ベニヤ板を敷いただけのステージだった事もあったそうです。
    それから5年、これだけ大きなホールを貸し切り、そこに多くのファンが詰めかけるほどのグループになりました。

    このライブの中で、次期リーダーにYUUKAが就任する事が発表されました。
    この春からYUUKA新リーダーと共に動き出すpramoを、これからも応援して行きましょう。

    そして…。

    160214-20.jpg
    SERENちゃん、5年間お疲れ様でした!

    【ポスター付】 卒業BEST (通常盤) [ WaT ]

    【ポスター付】 卒業BEST (通常盤) [ WaT ]
    価格:3,240円(税込、送料込)

    卒業 [ 高橋優 ]

    卒業 [ 高橋優 ]
    価格:1,080円(税込、送料込)

    旅立ち〜卒業ソングBESTセレクション [ (V.A.) ]

    旅立ち〜卒業ソングBESTセレクション [ (V.A.) ]
    価格:2,120円(税込、送料込)

    スポンサーサイト
     
     

    2015.02.02 大館樹海ドームキャンプ

    160202-07.jpg
    2月2日、ブラウブリッツ秋田の大館キャンプを見学してきました。

    1月中に秋田市内で全体練習を行ってきたブラウブリッツ。
    2月に入り、1日から5日までの5日間は大館樹海ドームを会場としてキャンプを開催します。
    そのうち2日目となる2月2日、見学に行く事に決めました。

    この日の練習は9時開始予定。
    早朝に起きて準備し、いざ車に乗り込みます。

    160202-01.jpg
    ぎゃーーー!!

    …秋田市は最近あまり降雪が無かったのですが、前日夜に一気に雪が降り積もったようです。
    車がご覧の有様です。
    幸い水気のある重い雪ではなくサラサラとした軽い雪で、サッと払うだけで雪下ろしできましたが。
    気を取り直して大館に出発します。

    160202-02.jpg
    そして到着しました、大館樹海ドーム
    秋田市こそ降雪がありましたが、その先は天気も良く路面も凍っておらず、快適に移動できました。

    160202-03.jpg
    到着したのは練習開始予定時刻の9時頃でしたが、まだ選手の姿はありませんでした。
    最初にミーティングがあったのか、やがて遅れて選手やコーチがピッチに登場しました。

    160202-04.jpg
    それにしても、何度見てもこの屋根は立派です。
    1月に練習した秋田市のスカイドームも結構な大きさですが、ここはさらに天井が高いようです。

    160202-05.jpg
    秋田杉の集成材と白い幕によって構成された屋根。
    雨はもちろん、こうした冬の積雪からもグラウンドを守ります。

    160202-06.jpg
    グラウンドに使用される物と同じ人工芝が、スタンドの近くに置かれていました。
    この芝はナゴヤドーム・札幌ドームでも使われている物と同じだそうです。
    スカイドーム等に張られていたロングパイル芝には及びませんが、それなりの厚みがあります。

    160202-07.jpg
    この日は午前と午後に分けて練習があり、自分は午前だけを見て帰りました。
    午後も練習するという事もあってか、全体的に軽めのメニューに見えました。

    この大館キャンプから、ブラジル人FWのカイオ・バルサム・ガルディン選手が合流しました。
    日本語は話せないようですが、間瀬監督や菅原コーチがポルトガル語(恐らく)で指導していたようです。
    流石はオシム氏の通訳で五カ国語を話せる間瀬監督、直接指導できるというのは大きいと思います。
    とりあえず言葉の壁はクリアできそうですね。

    大館キャンプは5日まで開催され、その後は秋田市内の練習、そして高知キャンプと場所を移します。
    あと1ヶ月半ほどに迫ったシーズン開幕に向けて、しっかり調整してほしいと思います。

    はじめてのポルトガル語新版 [ 浜岡究 ]

    はじめてのポルトガル語新版 [ 浜岡究 ]
    価格:1,944円(税込、送料込)

    新しいキャンプの教科書 [ STEP CAMP ]

    新しいキャンプの教科書 [ STEP CAMP ]
    価格:1,296円(税込、送料込)