秋田ロッテblog

    Home > 2015年02月

     

    雪ニモマケズ

    2月15日。

    早いもので、3月15日の開幕まで1ヶ月と迫っております。

    年が明けて、新監督や新入団選手が発表されて、新体制での練習が始まって。
    あっという間だな、という印象です。
    きっと開幕戦もあっという間にやって来る事でしょう。

    秋田は1月まで雪が少なかったものの、2月に入ると天気が荒れる日が増えました。
    まだまだ冬の真っ只中というところですが、それでも春はもうすぐやって来ます。


    1月下旬より秋田市内にて練習が始まり、2月2日から10日は大館市にてキャンプが行われました。
    会場は主に大館樹海ドームが使用されました。
    白い雪が広がる中に現れた大きな白いドーム。凄い存在感です。

    150215-02.jpg
    秋田杉の集合材とテフロン膜を組み合わせた屋根で、世界最大級の木造建築物だそうです。
    ご覧の通り野球形態が基本ですが、サッカー、陸上競技、その他様々なイベントにも対応しています。
    昨年秋に行った本場大館きりたんぽまつりの会場もここ樹海ドームでした。

    150215-03.jpg
    間瀬新監督が指導する中で、選手達は広いグラウンドを走り練習していました。
    内陸部で雪が多い大館ですが、雪を気にせず運動が出来る屋根付きスタジアムは重宝します。

    150215-04.jpg
    大館キャンプ終了後は、秋田市のスペースプロジェクト・ドリームフィールドにて練習が行われました。
    本拠地・あきぎんスタジアムの隣にあるこのグラウンドはロングパイル人工芝が敷かれており、
    少々の積雪ならこのように除雪すれば使用できます。

    この日は風もあり、日が落ちると気温もグッと下がりだいぶ寒かったですが、
    それでも人工芝の広いグラウンドを使って練習が出来るというのはとても良いことだと思います。
    体育館のような所しか使えないと、どうしてもピッチの上とは感覚が違ってきてしまいますからね。

    雪国のクラブはこうした冬の練習場所選びが重要になると思うのですが、
    こういった屋内・屋外の人工芝フィールドが使えるのはとても大きいですね。

    チームはこの後、17日から27日まで静岡県御殿場に移動してキャンプを行います。
    御殿場も標高が高い為に冬は割と寒いらしいですが、秋田よりは寒くないでしょう(たぶん)。
    しっかりと調整して3月の開幕に備えてもらいたいです。

    俺ら北東北の秋田。雪に負けずに開幕を目指して行きましょう。

    スポンサーサイト