秋田ロッテblog

    Home > 2015年01月

     

    楽天イーグルス二軍がやってくる2015

    イースタン・リーグ日程発表! 今年も東北6県でファーム公式戦を開催!

    2015年「イースタン・リーグ公式戦」の試合日程が発表されました。東北楽天ゴールデンイーグルスのファーム開幕は、3月17日(火)にビジターで行う東京ヤクルトスワローズ戦です。ホーム開幕は3月27日(金)、1軍公式戦に先立ち「楽天Koboスタジアム宮城」で埼玉西武ライオンズ戦を行います。
    また、今年も東北6県でファーム主催試合を開催!秋田県大仙市・大館市では、楽天イーグルス主催試合を初めて行います。そして、福島県の南相馬市では、震災で被害を受けた「みちのく鹿島球場」のリニューアル後の初試合を開催予定。今年も東北各地の皆さまに、熱い試合をお届けいたします。


    プロ野球の二軍日程が発表されました。

    東北に住む者として気になるのは、楽天の地方ゲームがどこで開催されるか、です。
    一軍だけで無く二軍も東北の各地で試合をする事が、東北を盛り上げる事に繋がると思います。

    その中で秋田県での開催は次の2カードです。

    5月16日(土) 12:00 東北楽天-埼玉西武 大仙市大曲
    (翌17日の岩手県花巻市との2連戦)

    6月7日(日) 12:00 東北楽天-千葉ロッテ 大館市田代
    (前日6日の青森県弘前市との2連戦)

    昨年は横手と本荘の2連戦でしたが、今年は2カードに分けて1試合ずつの開催となります。
    そして対戦相手は昨年一軍戦で来た西武と、昨年の2連戦に続いてのロッテです。


    まずは5月の西武戦が開催される大仙市営大曲球場


    全国花火競技大会「大曲の花火」でお馴染みの大曲。
    秋田自動車道の大曲インターすぐ近くにあり、車で行くならアクセスは良いです。
    秋田新幹線も大曲に停まりますが、駅からは離れているので行くのは苦労しそうです。

    150129-01.jpg
    150129-02.jpg
    スタンドはネット裏が個別席で、内野席がベンチシートです。

    150129-03.jpg
    外野の芝生席はやや狭めですが、二軍戦としては充分でしょう。

    150129-04.jpg
    スコアボードは磁気反転式のデジタル表示。
    最近は地方球場でもデジタル表示板が増えましたね。このスタイルのボードはよく目にします。

    150129-05.jpg
    山を切り崩した所に作られたこの大曲球場。
    外野席の向こうには広い平野と奥羽山脈が広がり、とてもいい景色です。


    さて一方のこちらは、6月のロッテ戦が開催される大館市田代野球場


    かつては「田代町」という自治体で、2005年に大館市に編入されました。
    そのため大館駅など大館市街とは結構離れています。

    最寄り駅はJR奥羽本線の早口駅がありますが、球場まで徒歩40分ほどかかってしまいます。
    国道7号線からも少し離れているので、クルマで行くにも少し大変です。
    球場近くには温泉施設「たしろ温泉ユップラ」があるので、そこを目印にする手があります。

    150129-06.jpg
    そんな訳で辿り着いた田代球場。外野の向こうには木が茂り大きな山も見えます。

    ※なおここで取り上げる写真は2004年、10年前の写真ですが、大きくは変わってないと思います。

    150129-07.jpg
    150129-08.jpg
    スタンドはネット裏、内野席ともにベンチシートが並びます。
    大曲よりだいぶコンパクトですが、元は町営球場だったのでこんなもんでしょう。

    150129-09.jpg
    で、ここの球場には外野席がありません
    外野フェンスの奥にはアスファルトの通路があるのみです。
    ここからだとタダ見できそうなので、恐らく試合時は何らかの仕切りがあると思いますが。

    150129-10.jpg
    スコアボードは数字部分が電光表示、その他がパネル式となっています。


    今季の楽天二軍戦は以上の2球場で開催されます。
    プロ野球を見る機会が少ない場所で、未来の一軍戦士が繰り広げる熱戦。
    立派なスタジアムで行われる一軍戦とはまた違った魅力がそこにあります。
    皆さんも是非東北の球団を応援しに野球場に行ってみませんか。


    あ、田代の試合はウチが勝ちますんであしからず(笑)



    ※6/12追記:

    150607c-19.jpg
    6月7日、大館市田代野球場での楽天-ロッテ戦を観戦してきました。
    観戦記をUPしましたのでご覧下さい。 → 【その1】 【その2】 【その3】



    ※7/31追記:

    msoma0720-12.jpg
    msoma0720-28.jpg
    7/20、福島県南相馬市にて開催された楽天-ロッテ戦を観戦してきました。
    観戦記をUPしましたのでご覧下さい。 → 【南相馬編1】 【南相馬編2】


    スポンサーサイト
     
     

    間瀬秀一監督、ようこそ秋田へ

    150119-03.jpg
    先日発表がありましたとおり、今季のブラウブリッツの監督に間瀬秀一氏が就任いたしました。
    さっそく今週から練習が始まり、いよいよ間瀬ブラウブリッツが始動しました。

    そんな間瀬新監督が就任後さっそく地元のラジオ番組に出演しました。


    エフエム秋田にて毎週水曜日の夜に放送されるラジオ番組「BLAUBLITZ on the wave」。
    秋田市のエリアなかいちにて公開生放送を行っており、放送の様子を見学するスペースもあります。
    毎週選手(たまにクラブスタッフ)が出演して、色々な楽しい話が聴ける番組です。

    そんな番組の今週のゲストが間瀬新監督と聞いて、これは行っておきたいと思った訳です。

    150124-02.jpg
    簡単ではありますが、応援ボードを用意させていただきました。
    窓越しに監督に見せたら反応してくれました。これだけでも嬉しかったです。

    番組中で監督は色々な話をしていました。覚えてる範囲で挙げると…。


    ・母と祖父母が男鹿市出身で、自分は幼少の頃に一度行った。なまはげを見たのを覚えている

    ・先日秋田できりたんぽを食べた。初めてではないが、秋田で食べるきりたんぽはとても美味しい

    ・気分転換に一人カラオケをよく歌う。一番歌ったのが13時間(!)

    ・選手についてはこれから把握していく段階。選手はどんどんアピールしてもらいたい

    ・「シュウさん」と呼ばれる事が多いので、選手やサポには「シュウさん」と呼んでもらいたい



    …こんな所ですか。
    チーム練習も始まった事ですし、選手は監督にどんどんアピールしていった方がいいですよ、はい。

    さて、見学中にふと窓の外を見ると…。

    150124-03.jpg
    !?

    …この方、なかいちを中心に秋田の各地に出没するキャラ、その名も「泉山りずむ」だそうで。
    ふと窓の外を見たらこの姿が現れたので驚きましたよ。

    で、このラジオ収録スペースは外からもガラス張りで見られるのですが…。

    150124-04.jpg
    こっちみんなww

    もちろん間瀬さんも初めて見たので、不思議そうな顔でりずむ君を眺めてました。
    秋田にはこんなキャラが居ますよ、といういいアピールになったのではないでしょうか(?)。

    150124-05.jpg
    その後は室内に移動して歩いてました。見てた女の子は喜んでました。

    ええと何でしたっけ…あ、間瀬監督でしたね(笑)。

    秋田の血を引く監督が就任して迎えた今シーズン。
    どのような戦いを見せてくれるのか、今から楽しみで仕方がありません。
    間瀬さん…いや、「シュウさん」が率いる2015年のブラウブリッツ秋田に期待しましょう!

    150125-06.jpg
    共に戦おう、シュウさん!!

     
     

    2015公式ユニフォーム発表会

    150119-17.jpg
    18日に開催された新体制発表記者会見
    その後に行われたのが2015シーズンの新ユニホーム発表会でした。

    まずはユニフォームの公開に先駆けて、ユニフォームサプライヤーの発表がありました。

    athleta.jpg
    ATHLETA

    東京ヴェルディや今季からの栃木SCなどが採用しているアスレタ。
    秋田は2010-11年がhummel、12年A-LINE、13-14年がPENALTYを採用。
    そして今季よりアスレタを初採用する事になりました。

    そんなアスレタ社が手がけた秋田の2015年版ユニフォームが公開されました。

    150119-10.jpg
    150119-11.jpg
    モデルは先ほどの会見にも登場した下田、オルテガ、松本。

    1stユニフォームはお馴染みのですが、肩と袖に赤いラインが追加されています。
    また2ndはこれまで白や灰ベースでしたが、初めて赤色を採用。
    キーパー用では赤の採用はありましたが、今季はフィールドプレーヤーが着用する事になります。

    akitaken.png
    これは秋田県のイメージカラーで、県旗にも使用されているエンジ色をモチーフにしているそうです。
    アウェイの地で秋田を背負って戦う、というイメージでしょうね。

    一方でゴールキーパーの1stは灰色
    13年のPENALTYユニではフィールドプレーヤーの2ndに採用された色が今季のGK用となります。
    一般的に白・灰系はフィールドプレーヤーが着用する事が多いだけに、若干の違和感がありましたが。
    実際サポ仲間も「GKとFP逆じゃね…?」なんて話してましたが、いずれ見慣れれば馴染むと思います。

    なおこの日の公開はありませんでしたが、GKの2ndは黄緑色だそうです。

    150119-12.jpg
    ユニフォームスポンサーはほぼ昨年と同じです。
    胸がTDK、袖が秋田ダイハツ、そしてパンツがJA全農あきたの「あきたこまち」です。

    袖スポンサーを発表する時の松本、何故かドヤ顔(笑)

    150119-13.jpg
    ただし現在のところ、ご覧のように背中スポンサーが空欄となっています。
    昨年までは秋田県がデスティネーションキャンペーンや国民文化祭をPRしていました。
    現在スポンサー探しの途中のようですが、もし決まらなければ再び秋田県が収まるのか?

    しかしJリーグの上のカテゴリでもスポンサー探しに苦労しているクラブは多いです。
    中には胸スポンサーが無い状態で戦わざるを得ないクラブもありました。

    そんな中、TDKサッカー部からクラブチーム化した後も胸スポンサーとなってくれたTDK。
    この不況で決して業績は良くありませんが、それでもスポンサーを続けてくれる事には本当に感謝です。
    今季もTDKを胸にJ3リーグを戦っていきましょう。

     
     

    2015シーズン新体制発表会見

    150119-01.jpg
    1月18日、秋田市の秋田拠点センターALVEにて「2015シーズン新体制発表会見」が行われました。

    こういった一般の人も見られる形で発表が行われるのは今回が初めてです。
    秋田駅に隣接して人の行き来も多い場所での開催は注目度も高くなるでしょう。

    150119-02.jpg
    岩瀬浩介社長。
    午前中には由利本荘で行われた裸まいりに参加し、その後に会見場に姿を見せました。

    上半身裸で水を浴びて体を清め、新山神社でお参りを行うという由利本荘市の伝統行事です。
    テーブルの上にある「必勝祈願」の絵馬はその時の物のようです。
    体を張った必勝祈願を行った岩瀬社長。今季は今まで以上に気合いが入っているのがわかります。

    なお手前のカメラは、Ustreamにて会見の様子をインターネットにて中継する為のものです。
    これも初の試みで、注目度を高めようというクラブの意気込みが伝わります。

    141231-02.jpg
    さて新体制発表を前に、社長から一つの発表がありました。
    年末に退団が発表された三好洋央再契約を結ぶ事が決まりました。
    チーム得点王の退団発表で、他のクラブへ移籍するものと思っていましたが、まさかの再入団。
    引き続き秋田の一員として戦ってくれる事は嬉しいです。今季も多くの得点を期待しています。

    150119-17.jpg
    そして、新しい監督と選手が登場しての会見となりました。
    この日は新加入の7選手のうち、柿本健太(北九州)と斎藤純平(駒澤大)を除く5人が参加しました。

    150119-03.jpg
    新監督の間瀬秀一
    選手時代は海外でプレーし、ジェフ市原にてオシム氏の通訳を務めた後にコーチとなりました。
    その後は岡山と東京Vでもコーチを務め、この度秋田で監督就任となりました。

    会見の中で「母親と祖父母が男鹿市出身。私の体の半分は秋田がルーツ」という話がありました。
    先日S級ライセンスを取得し、監督としてのキャリアをスタートするクラブが秋田というのは不思議な縁。

    150119-04matsumoto.jpg
    ギラヴァンツ北九州から移籍の松本拓也(GK)。ブレてごめんなさい…。
    コメントの一言目が「鈴木彩貴(秋田→北九州)のいる所から来ました!」でした。

    同じ北九州から移籍した、今回欠席した柿本の紹介もしてくれました。10点取ってくれるそうです。

    150119-05kumagai.jpg
    柏レイソルユース、仙台大から新卒加入の熊谷達也(MF)。
    身長167cmと小柄ですが、その体を活かして良い動きを見せてくれそうです。

    150119-06agustin.jpg
    エスペランサSC(神奈川県1部)より移籍のアグスティン・レオナルド・オルテガ(MF)。
    外国人登録ですが、埼玉栄高出身で国内クラブに在籍していた事もあり日本語は流暢です。

    150119-07shimoda.jpg
    V・ファーレン長崎より移籍の下田光平(DF)。
    秋田商出身で、FC東京などに在籍しておりJリーグでの経験は豊富。
    J3リーグ2年目のクラブには色々と貴重な存在になると思います。

    150119-08funakawa.jpg
    その秋田商から新卒加入の船川琢之介(FW)。
    学生服で登場したその姿は高校生そのもので、とても初々しい印象です。
    しかし松本の「柿本10得点」発言を受け「自分は20点取ります」と返すなど、なかなか強気のようです。
    高卒という事でじっくり育てる事になると思いますが、いい選手に育ってくれる事を願います。

    150119-09matsuda.jpg
    そして育成コーチからヘッドコーチに就任した松田正俊
    マツが引退して迎えた昨シーズンは、得点力不足に苦しみ厳しい試合を強いられました。
    その昨季は育成コーチとして次世代を育ててきましたが、この度トップチームに戻ってくる事になりました。
    今度はコーチという形で勝利に貢献する事を期待しています。

    何なら現役復帰でもいいんですよ?(笑)

    150119-14.jpg
    以上の監督、コーチ、選手が発表された今回の記者会見。
    会場には多くのマスコミ、サポーター、その他見学客が訪れました。

    駅に隣接してるという場所柄、通りすがりの人も「何だろう?」とのぞき込んでいたようですね。
    こういう形で、サポーター以外の人にも「秋田のサッカークラブが何かやってる」と知ってもらうのは大事な事。
    時間は掛かるかもしれませんが、こうして少しずつブラウブリッツを秋田に浸透させていきましょう。

    150119-15.jpg
    秋田の血を引く間瀬監督。選手時代から秋田で過ごして10年目となる岩瀬社長。
    これまで以上に「秋田のJリーグクラブ」として定着する為に、共に頑張って生きましょう。

    信じたこの道を俺達は行くだけ。
    全ては愛する秋田のため。


     
     

    2015

    2015.jpg

    2015年が始まりました。

    秋田は雪が降り積もり、本格的な冬の真っ只中です。
    しかし2月にはキャンプが始まり、3月には開幕。あっという間の事でしょう。

    2014年のシーズンは12チーム中8位という成績で終わった秋田。
    与那城監督は退任し、レンタル契約の石川慧やイグノなどの退団が発表。

    とりあえず退団する人はこれくらいかな、と思っていた12月26日に発表された一つの情報…。

    契約満了選手のお知らせ | ブラウブリッツ秋田

    ブラウブリッツ秋田では下記の選手について2014シーズンをもって契約を満了し、2015シーズンの契約を結ばないこととなりましたのでお知らせいたします。

    三好 洋央(みよし ひろちか)

    【ポジション】MF
    【生年月日】1987年5月17日
    【身長・体重】178cm・72kg
    【出身地】長崎県
    【経歴】大分トリニータユース─大阪教育大
    【2014シーズン出場記録】J3リーグ:32試合12得点/天皇杯:2試合3得点


    141231-01.jpg
    141231-02.jpg
    なんと、5年間在籍した三好洋央が退団と発表されました。
    今季は12得点と、低迷したチームの中でもしっかり得点を挙げていました。
    そんな彼を来季は欠く事となってしまいます…。

    ayaki130601.jpg
    かつての正ゴールキーパーだった鈴木彩貴は、2013年オフに退団して北九州へと移籍しました。
    今回も恐らくJリーグの他クラブへの移籍というパターンだと思われますが。

    その鈴木(彩)も三好も、2010年のブラウブリッツ発足時からのメンバーでした。
    当時はTDK SC時代からのメンバーも多かったですが、既にTDK時代の選手は全員退団しております。

    141231-03.jpg
    残る2010年からの選手は、福岡大から新卒で入団した前山恭平に、

    141231-04.jpg
    カターレ富山から移籍の江崎一仁、この2名だけとなりました。

    彼らは今季で秋田6年目。すっかり秋田に馴染んだ印象があります。
    秋田の良い時も悪い時も見てきた2人。(成績としては「悪」の方が多めかな…)

    今季も彼らと共に闘い、少しでも上の順位に立てるように頑張りましょう。
    そして、一緒に上のカテゴリに行けるように…。

    141125-12.jpg
    とはいえ、今季の秋田がどのような戦い方を目指しているのか、まだ判明はしていません。
    そもそも監督の後任がまだ発表されていませんし。
    よほど交渉が難航しているのか、水面下では決まってるけど焦らしてるのか…。

    しかし2013年からの2年間、ポゼッションサッカーを徹底して、人柄が選手やファンに愛された与那城前監督。
    この与那城さんの2年間が無駄だった、という事にならないようであって欲しいですね。
    今までの良い所を継承しながら、新体制の元でさらなる力を付けていく、というのが理想です。

    そして監督と共に、チーム得点王の三好や正キーパー石川の穴をどう埋めるか、も気になる所ですが…。

    とにかく我々サポーターに出来る事は応援、それだけです。

    2015年もよろしくお願いします。共に闘いましょう。