秋田ロッテblog

    Home > 2013年07月

     

    かかって来い一万人!金沢遠征記

    06_20130729213447.jpg
    金沢・西部緑地にて開催された、ツエーゲン金沢戦のアウェイに参戦してきました。

    先日行われたホームゲームでは1-4での敗戦。
    この日は5千人収容の八橋球技場を満員にしようという企画が行われ、4,889人を集めました。
    そして奇遇にも、金沢も秋田戦にて一万人を集めようという企画を行うのだとか。

    八橋では満員の観客を集めながらも、数十人の金沢サポを喜ばせる結果となりました。
    だったら今度はこちらがやり返す番でしょう。空気を読まずに勝ち、一万人を黙らせてやる!

    01_20130729213403.jpg
    金沢までは車(やまみん号)で移動しました。
    土曜の夕方に出発して、途中の新潟で一泊。
    決戦を前にミニ決起集会。新潟はお魚もお肉も美味い。もちろんお酒も!

    02_20130729213404.jpg
    03_20130729213406.jpg
    お昼頃に金沢に到着。
    昼食は近江町市場にてお寿司。回転寿司とはいえ基本は注文して握って貰うスタイル。
    のどぐろ、白えびなどの北陸名物を味わいました。こういうのが遠征の醍醐味ですよね。

    04_20130729213818.jpg
    そしてスタジアムに到着。
    運動公園内には野球場もあり、高校野球の決勝戦が開催されていました。
    夕方開催で時間もあり、しかも既に外が暑いので、野球中継を見ながら車内で待機。
    気温計こそ30℃ですが、湿度が有り体感温度ははるかに高かったです…。

    05_20130729213409.jpg
    入場。大型ビジョンを備えたJリーグ級の立派なスタジアムです。
    照明の形状は兼六園の灯篭がモチーフなのだとか。(野球場も同じ形状)
    こまちスタジアムは竿燈をモデルにしており、こういう所で地域色が現れますね。

    07_20130729213448.jpg
    とにかく蒸し暑く、汗がダラダラ、ポタポタと落ちる中での横断幕設置。
    ツエーゲンのビッグフラッグ・ビッグユニに負けじと、こちらもビッグユニで対抗。

    08_20130729213450.jpg
    お馴染みの壇蜜さんも金沢に見参。
    あとは白布にガムテープで「かかって来い!!一万人」横断幕を作りました。
    この日は20~30人ほどの秋田サポが駆けつけました。
    たとえ人数では超アウェイ状態になろうとも、決して気持ちでは負けません!!

    10_20130729213453.jpg
    11.jpg
    ツエーゲンのマスコット「ゲンゾー」君です。
    ナマハゲお面を被った秋田サポを前にファイティングポーズ。
    しかも試合前だけでなく試合中もアウェイスタンド前に現れてました。軽く挑発ポーズを取りながら(笑)。

    12_20130729213502.jpg
    13.jpg
    5時開始という事もあり、ハーフタイムの頃には日も沈みかけて結構過ごしやすくなってました。
    しかし本当に立派なスタジアムです。八橋陸上もこれくらいあればなと。

    14.jpg
    そして結果は…。
    終盤にPKを決め、アディショナルタイムにも粘り強く攻め続けましたが…。

    この日の観客数は8,112人。
    一万人には届かなかったものの、メインからホームゴール裏は相当お客さん入ってましたよ。
    8千人の皆様が喜ぶ結果になって良かったんじゃ無いでしょうか、ええ(涙目)。

    16.jpg
    17.jpg
    この頃にはすっかり日も沈み、色々な意味で熱かったスタジアムも静かで涼しくなっていました。
    長距離移動+日中の暑さでかなり疲れました。しかも帰りの移動が待っているし…。
    けれども一方で、そこもアウェイ遠征の一つの魅力なのかなとも思います。

    金沢も秋田もJリーグ準加盟済みで、来季発足のJ3参入が濃厚となっています。
    きっと来季も同じカテゴリで戦えるであろう金沢、何としてもリベンジしたいです。
    再び今回のような一万人ほどの金沢サポの前で戦う事になるかもしれません。

    15.jpg
    今度こそは容赦しないぞ!かかって来い!!

    18.jpg
    月曜日の早朝に秋田に帰ってきました。
    「ユタカな国」「あきたびじょん」をキャッチフレーズとする秋田県。
    これからも「美の国秋田」の誇りを持ってブラウブリッツの応援に励みたいと思います。

    今回の遠征でお世話になった皆様、ありがとうございました。
    ブラウブリッツの勝利のため、そして秋田を盛り上げるため、これからも頑張りましょう。
    いつの日か、何もイベントしなくてもスタジアムが満員になる日が来るように!

    スポンサーサイト
     
     

    走れ、走れ、走れ

    JFL第21節 ブラウブリッツ秋田 VS HOYO大分

    あー…。

    先制されてから追い付き、勝ち点1はゲットしましたが、
    天気も良くなく湿度88%という苦しい環境の中、新里の退場、松田の負傷と、
    色々と痛い試合になりましたね…。

    残念ながらこの日は仕事のため今季初の欠場となりました。
    引き分けという結果だけに、現地に行って「あと一押し」が出来なかったのが残念です。

    まあ皆さん色々な思いがあるでしょうが、まずは次に向けて切り替えていきましょう!
    我々に出来る事は一つ、ピッチを走り続ける選手を応援で後押しする事、それだけです。

    さてブラウブリッツは試合以外でも様々な場でPR活動を行っております。
    IMAG0775.jpg
    前日の20日には秋田駅前の広小路で「与次郎駅伝」が開催されました。
    様々な企業、個人ランナーが参加して、間寛平さんも参加しました。
    広小路を通行止めして駅伝に使うというのはなかなか見られない光景です。

    IMAG0780.jpg
    岩瀬社長をはじめとするブラウブリッツスタッフも参加しました。
    看板にはベルトが付いていて、文字通り「看板を背負って」走っていましたよ。
    社長はさすが元サッカー選手なだけあり速い走りを見せていました。現役復帰あるで?

    社長らは先日のフレッシュオールスターでも告知活動してましたからね。
    これからももっと色々な場に出て活動をしてくれると思います。

    IMAG0779.jpg
    その広小路の横には、千秋公園(久保田城跡)のお堀。
    昔あった貸しボートが最近復活したという事で、写真左にもボートが映っていますね。
    地元に居ると身近過ぎて気づかないですが、改めて見るとこういう風景があるんだなって分かります。
    それにしてもいい天気です。翌日天気が悪くなるのが嘘のような。

    さてこの日偶然耳にした情報によると、秋田新幹線こまちの量産先行車である「R1編成」が引退という事。

    E3系「R1」がラストラン 秋田駅で引退セレモニー

    一見普通のこまちですが、よく見ると先頭の尖り具合やライト形状などに違いがあります。
    ↓こちらに写真があるので比べてみればわかると思います。
    何かが違う?E3系量産先行車R1編成: E.T.K《E電対策協議会》

    聞いた時には秋田駅周辺でしたが、きっとホーム大混雑で見られないだろうなと予想して、
    別の駅に移動して通過車両を見送ろうと考えました。

    IMAG0790_BURST001.jpg
    お!

    IMAG0790_BURST004.jpg
    おおっ!

    IMAG0790_BURST005.jpg
    IMAG0790_BURST009.jpg
    IMAG0790_BURST024.jpg
    うおぉぉぉーーー!

    IMAG0790_BURST026.jpg
    あっという間に走り抜けて行きました。
    それでもその特徴有るライト周りの造形をしっかりこの目で見る事が出来ました。

    今まで秋田新幹線として走ってきたE3系は、「スーパーこまち」E6系に順次置き換えられます。
    全ての置き換えが完了してE3系が秋田から去る日もそう遠くはありません。
    きっと他の列車の引退と同じように物凄い騒ぎになるでしょう。

    中にはマナーの悪いマニアによって、折角の引退を台無しにする行為もありそうですが…。
    鉄道マニア同士の小競り合いとか、普通の子どもに向かって「どけ!」とか…。

    趣味の世界なんですから、そんな所にまでピリピリするのは良くないですよ。
    みんな同じ趣味を持った人たちの集まりなんですから。
    「ありがとう、お疲れ様」と素直に称える気持ちでいましょうよ。

    と、最後はサッカーと関係ないような、あるような??お話でした。

    【送料無料】箱根駅伝を歩く [ 泉麻人 ]

    【送料無料】箱根駅伝を歩く [ 泉麻人 ]
    価格:1,575円(税込、送料込)

     
     

    フレッシュオールスターin秋田 その2

    前回の続きです。

    全12球団のマスコットが集まったこの日。それぞれ色々と活動していました。
    IMAG0666.jpg
    IMAG0670.jpg
    つば九郎はグラウンド整備に汗を流し(?)。

    IMAG0693.jpg
    カビーは突如スタンドに現れました。突然すぎて写真ブレる(笑)

    IMAG0686.jpg
    IMAG0689.jpg
    DB.スターマンもスタンドに登場、あっという間に子どもに囲まれる(笑)。
    今回のメンツで一番動けなそうな彼がスタンドまで来るってのが意外でした。意外と動ける??

    IMAG0704.jpg
    一方グラウンドでは、8回より木村優太の登板で球場中から大歓声と拍手。
    2イニングを無失点に抑え、地元で最高の投球をする事が出来ました。

    IMAG0753.jpg
    優秀選手の一人として木村が選出され、MVPは2ランを含む3安打の加藤!
    賞金100万円は車の購入費に充てたいとの事でした。
    次は一軍のマツダオールスターで活躍して車そのものを戴きましょう!

    IMAG0761.jpg
    地元で優秀選手という事もあり取材されている木村。

    他の木村ユニの人達と一緒に、後ろでユニホームを掲げてアピールしました。
    木村ユニの旦那さんと木村ミニ横断幕を持った奥さんの夫婦、あともう一人女性の方。
    挨拶したところ、いずれも千葉からいらっしゃったという事でした。
    「今度は一軍で見られたらいいですね」等とお話して来ました。

    本当にね、見たいのは一軍で投げる姿なんですよ…。
    ドラフト一位で5年目。変な言い方すると「ここに居ちゃいけない人」なんですよ。
    秋田で見られるのは嬉しいですよ?でも「何でここに居るんだ」と複雑な気持ちもあります。

    ちなみに当初は同じく秋田出身のヤクルト石山も参加予定でしたが、一軍の方に選出されました。
    ルーキー石山が一軍に、5年目木村が二軍に…これって…どうよ??

    もちろん彼自身が自分の立場というものを一番わかっているでしょう。
    これをきっかけに調子を上げて、一軍で投げてもらいましょう。というか投げろ!!

    さて、選手の表彰の一方でマスコット達は。
    IMAG0718.jpg
    ヒーローインタビューのお立ち台に勝手に上ったり…。

    IMAG0729.jpg
    インタビューの最中に外野でのんびりくつろいだり…。

    IMAG0739.jpg
    引っこ抜いてマウンドに置いた二塁ベースをマーくんに直させたり…。

    IMAG0741.jpg
    スラィリーに続きお立ち台を占拠したり…。

    以上、つば九郎を中心に非常にフリーダムな活動を繰り広げていました(笑)

    それにしても、グラウンド上でのこれらの動き、そして撮影会で間近に見て改めて思いました。
    マスコットの皆さんはプロの誇りを持ってるなと。
    選手と同じくらい、いやそれ以上に??ファンを楽しませる為に頑張っているんだなと。

    マスコットの皆さんは決して「ただの着ぐるみ」なんかじゃありません。
    お客さんを楽しませる為、プロとしてのプライドを持って頑張っているんです。

    きっと今回のパフォーマンスを見た事で「また見たいな」と球場に足を運ぶ人も居るでしょう。
    「選手はよく知らないけど、マスコットが面白かったから見てみたいな」
    ファンというものはそういう形で増えていく物です。

    IMAG0683.jpg
    そんな訳で、秋田でのフレッシュオールスターは無事に終了しました。
    天気も良く、選手の真剣なプレー、マスコットの楽しいパフォーマンスが見られた最高の一日。
    選手、マスコット、その他スタッフ、そして地元の観客と全国から集まった熱心なファン。
    この素敵な試合に関わってくれた全ての人達に感謝の思いです。

    ありがとう!フレッシュオールスター!!

     
     

    フレッシュオールスターin秋田 その1

    今年のプロ野球フレッシュオールスターゲームは秋田で開催されました。

    各球団の若手選手が一度に見られる貴重な機会。
    この大会でMVPを取った選手は一軍で活躍する事が多く、最も有名なのがイチローですね。
    他にも期待の選手が揃いますから、きっと後に一軍で見る機会もあるでしょう。
    その時には「あ、この人オールスターで見た!」と嬉しい気持ちになれるでしょう。

    そんなフレッシュオールスターを画像を交えながら振り返っていきましょう。
    ※携帯電話のカメラによる撮影なので一部粗い画像がありますがご了承下さい。

    IMAG0623.jpg
    IMAG0629.jpg
    会場となった秋田県立野球場、こまちスタジアム
    毎年プロ野球が開催されますが、もちろんオールスターは初めて。
    個人的にはプロ野球で行ったのは2006年の楽天ロッテ戦以来になります。

    IMAG0621.jpg
    今日のユニホームは、もちろんコレ!!
    今回の秋田開催の目玉である、経法大付属(現明桜)出身のロッテ木村優太投手。
    フレッシュオールスターは今回が二度目で、高校時代以来のこまちでの登板だそうです。
    彼には頑張って欲しい所ですが…後ほど詳しく書きます。

    IMAG0625.jpg
    IMAG0630.jpg
    試合前の腹ごしらえは、「佐藤養助商店」の稲庭うどん(この日は冷たいメニューのみ)、
    花輪ホルモン「しばらくや」のホルモン煮込み(とにかく柔らかい!)。
    どちらもブラウブリッツの試合で屋台を出してる店なのでお馴染みですね。

    IMAG0634.jpg
    そのブラウブリッツはノーザンハピネッツと共にPR活動を行っていました。
    来年にはbjリーグのオールスターも行うとの事でした。そちらも盛り上がるといいですね。

    ちなみに岩瀬社長から「あれ、今日はそっち(野球)なんですね」と言われました。

    IMAG0633.jpg
    練習する選手達の中には木村の姿も。

    IMAG0644.jpg
    今回は内野SS席に「マスコット撮影会参加権」が付いたチケットを購入。
    20名くらいずつで集合写真を撮り、試合後に受け渡ししてくれました。
    参加者は100人を余裕で超えていて、マスコット人気の高さを改めて実感しました。
    彼らの活躍は後ほどまとめてお伝えします。ほんと皆さん凄かった。

    IMAG0649.jpg
    IMAG0655.jpg
    当初は雨の予報だったものの昼過ぎには上がり、虹も見られました。
    雨天はもちろん灼熱の中での観戦も辛いので、結果的に丁度いい観戦環境となりました。

    いよいよ試合が始まり、序盤は投球も守備も素晴らしく0点が続きます。

    IMAG0678.jpg
    先制点は6回、千葉ロッテ加藤翔平がツーランホームランを放ちます!
    一軍初打席で初球ホームランという衝撃デビューを飾った事は記憶に新しいと思います。
    その彼が今日も初球をライトスタンドに叩き込みました。まるであの日の再現のように。
    その後もイースタンは得点を積み重ねていきます。

    非常に盛りだくさんな内容で一記事では収めきれません。後半に続きます

    佐藤養助 稲庭干温飩 WY15つゆ付きセット

    佐藤養助 稲庭干温飩 WY15つゆ付きセット
    価格:1,575円(税込、送料別)

     
     

    男鹿総合運動公園の歩き方

    ブラウブリッツはアウェイでホンダロックを破り2連勝しました。
    非常に暑い中で選手もサポも大変でしたでしょうが、それだけに得た勝ち点3は大きいです。
    少し苦しかった時期を乗り越えての連勝。ここからもっと勝ち点を積み上げていきましょう。

    さてこの後は八橋「陸上競技場」でのHOYO戦。陸上は今季初ですね。
    八橋(球・陸)、仁賀保、西目というスタジアムを使ってきたBB秋田ですが、
    10月6日のY.S.C.C戦では初めて使用するスタジアムが登場します。


    男鹿総合運動公園にあります陸上競技場
    メインスタンドはこの大きさ。八橋球や西目に近い規模でJFLクラスなら充分でしょう。

    1riku-2.jpg
    メインからの眺めはこの通り。
    球技専用スタジアムに慣れると遠く感じるかもしれませんが、まあまあの見やすさです。
    近年改修されたのか椅子も綺麗で、快適に観戦できると思います。

    1riku-3.jpg
    さて、我々の「指定席」になるであろうゴール裏ですが…。
    ゆ、ゆるい…。嵩も無い…。
    秋田の競技場の芝生席ってのは(野球を含めて)全体的に嵩と角度が無いんですよね。
    客を入れる前提で設計してない気がします。「見られなくも無いですけど」的な。

    s-IMAG0514.jpg
    ここからフィールドを見ると、こんな感じ。
    ちょっと遠くのプレーは辛いかなと…。

    あとダンマク張るスペースも無さそうとか、色々苦労しそうなスタジアムです。
    スタジアムマニアとしては、ある意味そこも魅力的ですが。手間の掛かる子が可愛いというか。

    この運動公園には他にも施設があります。市営にしては充実してる方でしょう。

    2yakyu-1.jpg
    野球場。両翼90mとコンパクトですがスタンドはまあまあの大きさです。
    外野席の斜面は本荘の水林球場を連想させます。横断幕で埋め尽くしたいな…。

    3kyugi-1.jpg
    3kyugi-2.jpg
    野球場から丘を登った所にあるのは、人工芝の球技場
    サッカーとラグビーに対応し、芝生席と階段状の簡単なスタンドがあります。

    3kyugi-3.jpg
    人工芝はゴムチップを充填した最近主流のロングパイル芝。
    前述の水林を含め、秋田県内にもこのタイプのフィールドが増えてきましたね。

    3kyugi-4.jpg
    球技場の近くから、先ほどの野球場が眼下に見えます。
    遠いですが全体が見回せて、これはこれでいいアングルだと思います。
    行った事無いですが大阪ドームの上段席ってこんな感じでしょうか。

    3kyugi-5.jpg
    さらに陸上競技場もこんな感じで見えます。
    先ほどは高さが無くて観づらいと思いましたが、これはこれで高すぎて小さすぎですね(笑)。

    そんな訳で、意外とと言ったら失礼ですが充実した運動公園だと思います。
    駐車場も充分にあるので安心して観戦に行けるのでは無いでしょうか。
    もっとも公共交通機関が無いですが…。男鹿駅や羽立駅からシャトルバスでも出れば。

    という事で今日は男鹿総合運動公園をじっくりと下見して来ました。
    充分に各所を観察できて、充実した男鹿遠征でした。

    s-IMAG0477.jpg
    …け、決して海フェスタpramo観覧のついでじゃないから!!(震)