秋田ロッテblog

    Home > 2013年02月

     

    \Go!Go!ハピネッツ!/



    16日は秋田ノーザンハピネッツの応援に行ってきました。

    昨年はブラウブリッツの試合でハピネッツのブースターさんが「友情応援」していただき、
    そのお返しという事で今度はBBサポがハピネッツを応援しようと企画されました。
    私は初めてのプロバスケ観戦でルールも詳しくなく、少々心配でしたが。

    結論から言うと、とても楽しめました

    仙台89ERSとの「東北ダービー」という事もあり、土日とも3千人前後の観客数でした。
    BBなんて1/3を集めるのがやっとなのに…。
    皆さんがレプユニやピンク色のグッズを身に付けて熱心に応援をしていました。

    試合前から前座試合やお笑いライブ(秋田出身の元祖爆笑王が企画)などのイベントを組んでおり、
    試合でも、それ以外でも「お客さんを楽しませる事」をしっかり考えてるなと思いました。

    「プロ」のスポーツチームの興業として、いかにお客さんにお金を落として貰えるか
    私もタオル・ステッカーを購入しましたが、こういう「お金を使いたい」と思わせる術。
    現在プロアマ混合状態のブラウブリッツも、いずれはJリーグという完全プロを目指す身であり、
    いかにお客さんを確保して「お金を取れる興業」を確立するか、学ぶところは多いと思います。

    試合がつまらなくてイベントも大したこと無ければ、タダだって人来てくれませんよ。

    バスケットの事をほとんど知らない自分ですら、初めてのハピネッツ戦を楽しめたんです。
    同じような気持ちを「まだサッカーを見たことが無い人」にも感じて貰いたいんです。
    細かいルールなんて知らなくていいんです。「ゴールに球入れればいい」くらいでいいんです。

    家族連れで来て、イベントを楽しんで試合も楽しんで、「また行きたい」と思って貰いたいです。
    その為には選手の頑張りはもちろん、スタッフ、サポーターの努力が必要だと思います。
    ただ今シーズンオフ期間中、横断幕など自分たちの準備と共に告知活動も進行しています。
    しっかりと準備をして一ヶ月後の開幕戦に臨みましょう。

    ブラウブリッツハピネッツで、共に秋田を盛り上げましょう!!

    スポンサーサイト
     
     

    推しスタ

    開幕まで1ヶ月。
    選手、スタッフ、そしてサポーターが着々と準備を進めています。

    本日は秋田市にてチャント会議が開催されました。
    新入団選手へのチャントに加え、既存チャントの改善も行われました。
    後日録音して音源が公開されると思います。

    入念に準備を重ね、3/10のアウェイ開幕、17日のホーム開幕に備えましょう。

    そのホーム開幕戦は八橋「球技場」での開催となります。
    昨年は2、3試合(ですよね?)程度の開催だった球技場を早くも開幕戦で使用します。

    1.28 Jリーグの現地ヒアリングが行われました

    第1回サポーターズカンファレンスの議事録を公開します。

    Jリーグの視察、サポカンの際に岩瀬社長は球技場をとてもプッシュしている様子でした。
    確かに八橋球技場は陸上よりフィールドとスタンドが近く臨場感があるスタジアムです。
    間近で迫力ある試合を観たら虜になる人が増えると思います。

    来季新設予定の新カテゴリー「J3」。
    スタジアムの基準はJ1J2より緩和され、3千人程の収容人数があればOKだそうです。
    球技場は5千人収容という事で、この基準は満たしてる事になります。
    (芝生席なのでどこまで正確な計算かは不明ですが、それでも3~4千人は行くでしょう)

    昨季までは千人台の観客数が多く、陸上どころか球技場でも空きが見られる状態でした。
    まずは球技場を満員に出来るくらいの集客が出来ないといけません
    スタンド満杯で入れねえ!って言われるほどサポーターが押し寄せるスタジアムに。

    それくらいの人気、実力が備わった頃にはスタンド増築なり陸上で開催なり出来るでしょう。
    もっと理想を言うなら新しいサッカー専用スタジアムが建てられたら…。

    今の陸上競技場もそれなりに大きいスタジアムなんですけどねえ。
    ただ拡張性で見るともう限界に来ています…。

    敷地の関係で物理的に増築が難しいですし、周辺が住宅地というのもマイナス要素。
    Jリーグで今の十倍以上の人が押し寄せると「うるさい、迷惑だ!」とか苦情が来そうです。
    (現状でもうるさいって言われるくらいですから、J規模になったら…もう)

    ゴール裏の角度の緩さ、スコアボードが仮設のみ、てのはまだ改修で何とか出来そうですが、
    他の色々な要素を考えるとこれ以上の改善は難しいのかな…と感じます。

    とにかく、今季は社長の「推しスタ」である八橋球技場での開催が多くなりそうです。
    皆さんも球技専用スタジアムで迫力あるサッカーを観に行きませんか!
    あまりに近すぎてオーマイガーですよ!!