秋田ロッテblog

    Home > 2010年08月

     

    末廣ラーメン本舗(再送)


    昨日モブログしたつもりが写真入っておらず、写真入れて再アップ。

    飲み食いした後ながら末廣醤油大を食べきりました。
    スポンサーサイト
     
     

    大勝

     
     

    全国花火競技大会「大曲の花火」 に行かれる方へ'10

    前のエントリの通り土崎のorenchiが閉店した訳なのですが、
    アクセス解析を見ると前から「orenchi」「俺ん家」での検索が多かったです。
    マシンガン関係での検索が多いのは相変わらずで。

    で、先日は大曲の花火に関する検索アクセスがありました。
    いよいよ今週末、28日に迫っています。

    花火については昨年の今頃にも記事を書いています
    とりあえず気をつける点に関してはそちらで大体書いております。

    で、これだけは繰り返し書かせていただきます。

    たかが「いち花火大会」って舐めてると痛い目に遭うぞ、と。

    こればかりは口が酸っぱくなるほど、何度も何度も言わせていただきます。
    辛くなったり甘くなったりするくらい。

    これも昨年書きましたが、注意事項は必ず目を通してください。
    一晩で60~70万人が集結する大規模な大会なのです。何もかもが日常と違うんです。
    注意書きに目を通し、念には念を入れて色々な準備をしてきて下さい。

    でもこれだけ警告しても居るんですよね。
    「まぁーた大げさな。たかが秋田の田舎町の花火大会じゃねえか」なんて舐めてる輩が。

    確実に泣くぞ。舐めてたら。

    というか、逆に一度痛い目に遭った方がいいかもしれません。
    そしたら二度と舐めてかかろうなんて思いませんもん。

    大曲の花火に無対策で行くなんて、Tシャツ短パンで富士山登るようなもんです。
    それこそ花火でもTシャツに短パン姿は止めた方がいいです。
    いくら夏でも河川敷の夜は冷えますから。

    ほら、いま貴方そこで言いましたね。
    「冷えるって(笑)真夏に冷えるなんて何言ってるんだよ」と。

    寒いから、マジで。

    半袖で痛い目に遭った自分が言うんですから信じなさい。(これも何度か書いたな)
    羽織るもの、ひざ掛けは持って行った方がいいです。

    ところで注意事項の下の方に「(不適切な表現がありましことに対しお詫び申し上げます)」という記述があります。
    よく分かりませんが、もしかしてキツイ言い方でもしてたのでしょうか。
    でも舐めてる人にはそれくらいキツく言わないと聞かないと思います。

    会場での注意事項もありますが、渋滞関係の注意も必要です。

    自家用車じゃなくてツアーのバスに乗るから移動は安心、なんてのは禁物です。
    大曲の花火の危険性を知らないツアー会社が甘い見込みで旅程を組んで、
    痛い目に遭うケースがあるようです。
    到着が遅れて花火の開始に間に合わない、という事もあるみたいです。
    何度もこのツアーを組んできた経験豊富な会社を探して参加した方がいいですね。

    >旅行会社の企画ツアーの中には、大曲まで連れてきて、花火が終わったら「バスに集合」と言う無茶苦茶なものがあります。

    これはひどい(笑)
    何百台ものバスがある上に、暗闇の中で自分の乗ったバスを探せって…。
    別のバスと間違えて乗り、違う所に連れて行かれる人も居るかもしれません。

    まず、ツアーにしろ自分で移動にしろ、「ゆとりを持つ」事です。
    イライラしてたら花火の楽しみも台無しです。のんびり行きましょう。


      
     
     

    麺一 秋田店(旧orenchi土崎店) 麺一みそとんこつ


    土崎のorenchiが店替わってました。
    沖縄に店出すとか出さないとか?

    豚骨メイン、キムチと高菜が無料と、宝介に近い気がします。

    ちび餃子は200円でパリッとしててオススメ。
    チビとはいえ幸楽苑くらいの大きさはありますが。
     
     

    らーめん錦秋田分店 つけ麺(大=440g)


    予想以上に苦戦…。
    20分近くかかっちゃったよ。

    麺は美味いですが、スープはしょっぱさが目立つ感じですね。
    もう少し甘味もあった方がいいかなと。
     
     

    想い出にできなくて泣けちゃうほどせつないけどそのままの君でいて大丈夫だよ



    岡本真夜さんのベストアルバムです。
    いずれも彼女自身が選曲したそうです。

    最初に出たベストアルバム「RISE1」は以前中古で購入してました。
    購入してちょっとした頃にああいう騒ぎになりましたが。

    そんな「そのままの君でいて」は、アルバム制作中に急遽追加される形になりました。
    でもあの騒動がなかったらベストから外されてたって事ですよね。
    まあヒット曲が多すぎるので、どれを入れてどれを外すかってのは凄く悩む事でしょう。
    何枚かシングル出しただけで安易にベスト出すような歌手も居ますが。
    (しかも大して売れてないのに)

    いずれにしろ本人が選曲したベストなのですから悪い筈がありません。
    世の中には本人が関与しない所でベスト2枚も作るような事務所もありますから。
    別に東芝EMIとか具体名は挙げませんが。
    なお3枚目のベストとなる"ONE OF PILLARS"は、初めて鬼束自身が関わったものです。

    という事で、最近ベストアルバム漁りが続いてます。
    まずはベストから入ってみて、これはいいなと思ったら通常アルバムも聴いてみて、
    さらにハマッタならシングルも集まるだけ集めてカップリング曲まで聴いてみる、と。
    (今はB面って言わないのか? でもB面って言う方が馴染みあるなあ)

    アルバム未収録のカップリング曲も多く、しかも名曲だという事は多いです。
    でも良い曲なのに注目されず、カラオケにも入ってなかったりって場合も多いです。
    鬼束の「嵐ヶ丘」とかも、もっと注目されていい曲な気がしますけどねえ。
    (これもしばらくの間カラオケに入ってませんでしたし)

    アンジェラ・アキもカップリングがアルバムに収録されない事が多いです。
    コツコツとシングルを集めてる最中な訳ですが。



    そんな彼女の来月発売のアルバム、是非聴いてみてください。というか聴け。買え。


      
     
     

    引き分け


    土壇場で追いつけたから、まあ良かったんでしょうかね。

    あちい…