秋田ロッテblog

    Home > car

     

    楽しい者勝ち 動けや Move on move on now

    訂正があります。

    先日愛車とお伝えした車はクラブの広報車でした

    誤解を招く表現をしてしまいました。(←招いてないよ)

    ブラウブリッツカー | ブラウブリッツ秋田

    スポンサーの一つである秋田ダイハツより特別仕様のムーブが贈呈されました。
    広報車として使用され、ホームゲームの会場では展示もされています。

    濃いブルーの車体に貼られたエンブレムやロゴマーク。
    屋根の上には大きな12番が貼られるという大胆なデザイン。
    軽自動車ながらインパクトのある外見をしています。

    何より、名前が「MOVE」。
    Jリーグへ向けて動き出すチームにふさわしい車です。

    しかしムーブってフロントが丸っこいイメージがあったんですけど、
    モデルチェンジしたら再びシャープさが戻ってきた感じがあります。
    このフォルムに濃いブルーなので引き締まったイメージですね。

    >また、特別仕様車「ブラウブリッツカー」のラッピングをご希望されるお客様はご相談下さい!
    ダイハツ車の他の車種にもラッピング可能となっております。
    ご購入をご検討のお客様は秋田フットボールクラブ株式会社ダイハツ車紹介担当までお問い合わせください。


    ブラウブリッツ仕様の車を購入する事も可能だそうです(ムーブ以外も可)。
    広報車ならともかく一般の人が乗るには派手すぎるような気もしますが、
    まあ世の中には痛車っていうものも存在しますし。(一緒にしないように)

    ちなみに近所でも痛車的なのが走るのを見ますが、近くに住んでるんでしょうかねえ。

    とにかく、ブラウブリッツとダイハツが大好きな方は検討してみてはいかがでしょう。

    自分もスポンサーの売り上げに貢献したいのは山々なのですが…。
    軽・小型車メインというジャンル丸被りスズキに乗っていますので…。
    カラーは濃いブルーなので許して下さい。

    そんなブラウブリッツカーが展示されたHonda FC戦だったのですが…。
    ホンダの前でライバル企業の車を見せつけるという心理作戦も通用せず。
    次はシーズン最終戦のホンダロック戦という事で。


      
    スポンサーサイト
     
     

    カルシウムが足りすぎ

    久しぶりに良い天気でしたね。

    こんな日はドライブに限りますね。

    そんな感じで色々走ってきましたら。

    車体が全身カルシウムたっぷりの泥パック

    人の体なら泥で肌が良くなったりしますけどね。
    クルマとなると良くならないどころか、むしろ老化します。

    山道とか走った訳じゃないのに、ラリーでもしたような汚れっぷりでした。
    流石にたまらずガソリンスタンドの洗車機に滑り込んできました。
    同じ考えの人が多いのか、どこのスタンドでも行列出来てましたよ。

    普段は洗車機って傷つきそうなイメージで好きじゃないのですが、
    愛車が全身カルシウムパックなのを見てはそうも言っていられません。
    洗車機にかける時は下部洗浄機能付きのを選んだ方がいいですよ。

    とりあえず綺麗にはなりましたが、いずれまた汚れるでしょう。
    それに普段から雪をスノーブラシで落としてるので、小傷も増える一方です。
    春になったらコンパウンドワックスで消さなきゃいけません。

    いやあ、最近クルマ周りが大変なんですよ。

    車体は汚れる。
    ホイールキャップは無くす。
    バンパーは昔ぶつけた影響が出たのか外れかけてる。

    キャップは買い直したので大丈夫なんですけど、
    バンパーの修理代は数万行く見通しです…。orz

    以前から縁石やら何やらに何度かぶつけ、ダメージが溜まってきたのでしょう。
    それに隙間に入った雪解け水が凍ったりして、傷口を広げていったのでしょう。
    傷そのものは自分で削ったり塗り直したりで、見た目は大丈夫だったんですけど。

    ダメですね、最初に何かあった時点でしっかり専門家に見てもらわないと。
    「これぐらい何とかなる」と何度も見過ごしていった結果がこれだよ、って感じです。
    ドライバーとしてスイフトに申し訳ない気持ちで一杯です。

    自分の不甲斐なさに、思わず運転席で全裸になる所でした

    …この事件も突っ込みどころ多すぎて突っ込み切れません。
    山形行こうと「つばさ」に乗るつもりが「やまびこ」で盛岡に着いたようですが、
    車体の違いに気づけよとか、盛岡着く前にせめて仙台あたりで気付けよとか。

    まあ同型の「こまち」車両が「やまびこ」で運用される事もあるので、
    「なんかいつもと車両が違うけど、まあいいか」ぐらいに思ってたのか。
    あと仙台から仙山線経由で山形に行くのかと思ったとか。(どんな路線だよ)

    まあ、殺伐としたニュースが多い中で微笑ましい話題じゃないですか。(なのか?)
    とりあえず人を傷つけてはいませんしねえ。


      
     
     

    手続き完了

    無事に免許証を更新できました。

    モブログした通り、2時間かかる方の講習でした。
    正直に告白すると、過去に一時停止とスピードで二度やらかしました。
    いつ頃かなと思ってたらスピードは3年前でした。
    一時停止はその前、ギリギリで5年前に掛かるくらいでしたかね。
    とりあえず何もしなければ、次に更新する時は優良になる筈ですが。

    ビデオは危険の予測を中心とした内容でした。
    見通しの悪い十字路で出会い頭とか、路上駐車の車の陰から人が出てくるとか、
    皆さんもよくこういう映像を見てきたと思います。

    見てて思わず笑っちゃいそうになりました。

    いや、別に不謹慎とかそういう事では無いんですよ。
    「うわー、これ絶対なんか起きるよー」ってシチュエーションが多いですよね。

    うわー、絶対人来るよー。絶対来るってー。あーほら来たよー、みたいな。
    あーもー、やめなさいってー、絶対なんかあるってー、とか。
    何かそう心の中で突っ込まずにはいられませんでした。

    Mr.ビーンで何かやらかす前の雰囲気、と言ったらわかりますかね?

    そういえばよく「ボールが転がって、その後子どもが飛び出す」って映像もありますが、
    これ実際に遭遇した事ありますからね。
    「わー、ビデオで見たけど実際に遭うとはー」と、違う意味で驚いた事があります。

    常に「なんか起きそうだなー」と、何事にも注意して運転する事は大事だと思います。
    「まさか、あんなビデオみたいに人が来る訳ない」と思い込んでは事故の元ですから。

    ちなみに更新期限が5月4日で、今日が事実上の最終日でした。
    こんなギリギリまで放置すんなよって話ですよね。

    夏休みの宿題とかも、休みの前半は余裕で後半に泣くタイプでした。
    何事も余裕こいてギリギリまで何もしないってのはダメですね。

    今月末が期限だってのに今更沖縄に行くって人も居ますが。


      
     
     

    洗車日和

    久々に良い天候となりました。
    しばらく雨降って晴れてまた降って、みたいな変な天気でしたね。

    せっかくの天気なので、洗車&バンパー小キズ修理を行いました。
    修理と言っても自分で傷を削ってスプレー塗装する簡単なものですが。

    こういう作業は初めてですが、それにしてはまあまあの出来だと思います。
    遠目に見た限りではキズは目立たなくなりました。
    近づくと若干の凹みが残ってますが仕方ないです。

    まあバンパーが取れるって言ったら問題ですけど、凹み程度ですからね。
    凹んだり色が落ちたり程度ならバンパーの役割に変わりは無いですし。

    ところでエアロ付けててガムテープ補修してる車が居ますが、アレどうなんでしょう。
    車体にこだわりがあるから沢山のパーツでカスタマイズしてる訳でしょう。
    そんなこだわりを持つ人がガムテ丸出しで走るというのは不思議です。

    たぶん車体そのものはコーティングガッチリで、洗車も欠かさない事でしょう。
    コンパウンドもガッツリと掛けて傷ひとつ無い車体に仕上げてる事でしょう。
    きっと車内も土足厳禁で、床の掃除も欠かさないでしょう。
    それでエアロはガムテ貼りってのはギャグにしか見えませんが。

    というか「雪国でエアロ」なんて自殺行為にしか思えませんけどね。
    いつもちょっとしたマンホールの出っ張りを避けて走っていますけれど、
    そんなので雪道の轍なんか走れるのかよと思ってしまいます。
    そりゃあエアロも折れますわ。

    ちなみに同じ理由で北国のノンステップバスは普及が進んでいません。
    乗る側には良いですが、どうしても冬場は底を擦ってしまいますから。
    ワンステップバスはそこそこ走ってますが、これも普及には時間がかかりました。

    ああ、今年も雪の季節がやってくる…。
    タイヤ履き替えなきゃいけないし、車の雪下ろしもあるし…。
    雪国に暮らす身として避けては通れない道なのですが。

    とりあえず雪にぶつかってまたバンパーをやらないように気を付けます。


      
     
     

    すすんであかりをつけましょう

    高齢者の死亡事故多発で警報発令 県警、街頭指導など強化

    >県警交通企画課によると、9月1日~10月19日の事故死者は16人で、このうち75%の12人が高齢者。特に10月に入ってからは死者7人すべてが高齢者となっている。前年同期(死者9人、うち高齢者4人)に比べ、死者は8割増で、特に高齢者の犠牲は3倍という異常事態。県警は事態を重くみて、初めて高齢者を対象にした警報を発令した。

    >事故形態で目立つのは、夕暮れから夜間(午後4時~8時)にかけての道路横断中の事故。9、10月に犠牲になった高齢者12人のうち7人が横断中で、5人は夕暮れから夜間にかけての事故だった。


    なんか凄いんですよ、今月…。

    これはどちらが悪いではなく、ドライバーも歩行者も気をつけなければなりません。
    高齢者の歩行者は判断が鈍りますので、「渡れそう」と簡単に渡るのは禁物です。
    気持ちでは渡れそうでも、どうしても体が付いていきませんからね。

    先日も近所の国道で、横断歩道の無い所を渡った高齢者が事故死しましたが、
    遠回りしてでも確実に横断歩道を渡るべきだと思います。

    そして夕方の事故が多発しているという事ですので、
    ドライバーも早めのライト点灯を心がけるようにしましょう。

    ほんと、暗くてもライトを点けない車が多くて困ってしまいます。
    「まだ前が見えるから点けなくていい」なんて気持ちでいるのでしょうが、
    歩行者、対向車にしたら、ちょっとでも暗くなると見えにくくなります。
    どんな色の車でも、アスファルトに同化して見えなくなってしまいます。
    スモールライトでも、点けてるのと点けてないのとでは大きな違いです。

    なのに頑なにライト点けない車って、何なの??

    ライト点けてると「優良ドライバーぶってると思われて嫌だ」とでも思ってるの??
    「プ、あの車明るいのにライト点けてるぜ、カッコワリー」と言われるのが嫌なの??

    ああそうか、ライトを消してバッテリーを節約してエコ運転してるんですね。
    そりゃあしょうがないなあ、エコ時代だから。

    まあ多くの人は「前が見えるから点けなくていい」でしょう。

    でもね、貴方も夕方走っていると対向車が来るでしょう。
    ライトを点けた車と点けない車。どっちが目立ちますか?
    そこを考えたらやるべき事は自然と見つかる筈ですけどね。

    別に特別な装置を買って付けろとか言ってないんですけどねえ。
    ハンドルの少し奥にあるスイッチを捻るだけの事なんですよ。
    ここを捻るか捻らないかで、人の生き死にが大きく変わるんですから。

    誰も点灯してないからまだ点けなくていい?
    それなら自分が最初に点灯した車になりましょう。

    すすんであかりをつけましょう。


      
     
     

    酒粕を舐めて酔ったふりする寂しい男

    ●悲惨な事故防止へ 酒酔い状態体験できる研修が人気

    > 研修内容は、交通法規のビデオを見た後に、酔っぱらいメガネをかけて歩行やキャッチボールなどをしてもらうというもの。酔っぱらいメガネには「酒気帯び運転」バージョンと「酒酔い運転」バージョンの2種類があり、かけると真っすぐに歩くことも困難になるという。

    確かに役には立つでしょう。
    「こんなにフラフラになるのなら運転など止めよう」と思う人は多いでしょう。


    でも。


    どうせやる奴はやるんですけどね。


    「俺は酒強いからこんなフラフラになる訳がない」
    「こんなベロベロになるのは弱い奴だけだ。俺は大丈夫」
    「俺酒飲むと逆に冴えるんだよね」とか。


    その無意味な自信のせいで、何人の罪の無い人が犠牲になった?


    福岡の殺人事件(交通事故とは言いません。あんなの殺人行為です)をはじめ、
    これだけ悲惨な事態が後を絶たないのに、懲りずに運転する奴らって何なの??

    前述の理由に加え、「すぐそこだから。距離短いから」というのもあるでしょうし、
    「見つからなければ大丈夫。捕まった奴は運が悪い」とでも思っているのでしょう。
    仮に人を轢いても「轢かれる方が悪い」程度にしか思ってないのでしょう。

    もう、やめましょうよ。

    こんなくだらない事。

    …まあ堅苦しい話はこのくらいにしときましょう。
    まずはロッテが4対3で接戦を制した事を喜びましょう。

    3の隣に1が見える? それは幻覚ですよ。


      
     
     

    追跡方法に問題は無かった

    いい加減さあ。

    パトカーから逃げんのやめましょうって。

    自爆ならまだしも他人の車にぶつけるとか何なの?

    こういうのに限って「パトカーが追って来たせいで事故った」と人のせいにして。

    警察が追って来るだけの事をしてんだよ、お前が。

    大体さあ。

    スピード出したり、信号ひとつ無視したりして。

    その先に何がある?

    ほんの数分を惜しんで他人に危害を加えて何になる?

    もっとゆっくり走りましょうよ。
    速度を落とす事で見えてくる物もありますよ?


      
     
     

    ナノなの?

    DHCで「プラチナなのぉ!?」というCMやってましたが。

    ●インドの超低価格車 納入開始 「ナノ」街を走る

    20万円台の車という事で話題となった車が納入開始だそうです。
    もっとも20万円ではエアコン・オーディオの無い最低限の装備であり、
    それらを付けると値段は上がるでしょうが、それでも安いでしょう。

    ボディはスズキMRワゴンの初代形に似ていますね。
    リヤエンジンという点では三菱のアイにも近いです。
    タイヤの大きさは相当昔の軽自動車といった感じです。

    なんか甲子園のリリーフカーにも見えてきました。

    ●超低価格ナノ試乗 車内空間は十分だが…
    ●【ジュネーブモーターショー 09】タタ ナノ 量産モデルに乗ってみた
    ●ナノは快適だがうるさい:米国評論家

    色々とレビュー記事がありますが、「値段相応」といった所です。
    そりゃあ20万円で快適な走りや乗り心地が期待できる訳も無いですし、
    買い手も始めからそういう所は求めてないですから。
    「この値段でどこまで造れるか」を追求する、というのがコンセプトなのでしょう。
    100円ショップの商品みたいなもんです。

    今のダイソーなら20万円で車売ってても不思議じゃないですが。
    「ザ・乗用車!」とかパッケージに書いて。
    レジに行ったら「20万円商品が一点」と言って打ち込むんでしょうね。

    そんなタタが日本を走る日はやって来るのでしょうか。
    もし日本で売られたら、セカンド、いやサードカーあたりとして売れそうですが、
    輸入や安全対策のコストを考えたら思ったほどの安値にならなそうです。
    素直にアルトエッセに乗れって話になりますね。


      
     
     

    ルート106

    努力がハイオク満タンな皆さんこんばんは。

    先日岩手に行った話をしたわけですが、
    どうしても書いておきたい事がまだありました。

    いっぺん皆さん国道106号線を走ってごらんなさいよ、凄いから。

    それなりの交通量に走りやすい道の広さ、そして適度なアップダウン。
    走り屋まで行かなくとも、少しでも走り好きな方は喜ばれると思います。

    特に盛岡から行くと区界峠の前に現れる飛鳥地区の大カーブ。
    ひたすら曲がりながら上っていく、それはもう素敵なカーブです。
    もう上りながら(・∀・)ニヤニヤしっぱなしでした。

    他にも大小のカーブ有りトンネル有り。
    そしてトンネルの脇にはいい感じの旧道が見えました(通ってませんが)。

    一方で岩泉から盛岡に向かう国道455号線もいいですよ。
    106号線よりは上ったり下ったりが激しいですが、それでも走りやすいです。
    なお一番の難所であった早坂峠は長いトンネルが開通いたしました。

    その長さは、入る時に始まったロッテの攻撃が出た頃に終わった程です。
    …ごめんなさい、逆に短く感じる例えを出してしまいました。(でも実話)

    今回は雨でしたが、晴天だったら何倍も良い景色だったのでしょう。
    雨に濡れた緑も乙な物なのですが、いかんせん降りすぎでした。
    今度は晴れた日に同じ道を走ってみたいですね。
    時間のある時は峠をゆっくり走ってみるのも面白いでしょう。

    本来の目的である野球は潰れましたが、別の意味で充分楽しめました。
    まあでも、やっぱり試合できたらもっと楽しかっただろうなと思います。
    あんなネタやこんなネタを用意して期待してたのに…。(←前も書いた)
    新里(にいさと)狙え新里(しんざと)」とか。(←これは今思いついた)


    国道の謎 (祥伝社新書 160)

    酷道をゆく2 (イカロスMOOK)

    トミカワールド 峠やまみちドライブ
     
     

    挫折

    結局オイルは車屋で替えて貰いました。

    車に潜り込んだはいいものの、タンクの栓がどうしても抜けずじまいでした。
    緩すぎてオイルだだ漏れも困りますが、あれほどキツイとは。
    次こそはオイル交換デビューという事で。

    当然といえば当然ですがエンジンの回転も安定してきた感じです。
    タイヤもオイルも替えましたので気持ちいい走りが出来そうです。
    高速道路を飛ばせばすごく気持ちいいでしょうね。ETC付いてませんが。

    来週はハムを食べに出掛けようと思います。
    こっちが丸焦げにされない事を祈ります。

    NHKは『ゴールデンウィーク』と言わず『大型連休』と言います。ミニ情報。


    スーパーオイルタンク

    PROMATE 12pcソケットセット ラチェット付

    NHKことばのハンドブック