秋田ロッテblog

    Home > soccer-17

     

    悲願の初優勝 - 2017.12.03 ガイナーレ鳥取 -




    ブラウブリッツ秋田、優勝!!


    1位栃木SC・2位アスルクラロ沼津・3位ブラウブリッツ秋田の三つ巴という形となったJ3の優勝争い。
    この最終節、沼津と栃木は直接対決、秋田は最下位のガイナーレ鳥取と対戦します。

    沼津と栃木は勝った方が優勝、そして引き分けの場合は秋田が鳥取に勝てば優勝。
    最終節でここまでもつれ込むというケースは中々見られません。
    しかもJ2ライセンスを持つ栃木とライセンスの無い沼津秋田、順位次第でJ2からの降格にも関わってきます。

    秋田がこの熾烈な優勝争いの中に居る事が出来るなんて、とても不思議な気持ちです。

    171203-01.jpg
    171203-02.jpg
    重要な試合となったアウェイ鳥取戦、多くのサポーターが鳥取に向かい現地で応援しますが、
    秋田でもパブリックビューイングが開催される事になりました。

    会場はにかほ市のホテルエクセルキクスイさん。
    にかほ市はTDK SC、そして後継のブラウブリッツが初期に本拠地としていました。
    ブラウブリッツの原点と言えるにかほ市で、優勝が掛かった試合のパブリックビューイングが開催されます。

    171203-03.jpg
    会場のホールには大型スクリーンが設置されて、大画面で迫力ある生中継が楽しめます。

    171203-04.jpg
    大旗の前にはシャンパングラスのタワーが立っています。
    優勝が決まったらシャンパンを注いでみんなで乾杯しようという事です。
    これは是非とも優勝して乾杯で盛り上がりたいですね。

    171203-05.jpg
    171203-06.jpg
    試合前には大スクリーンにTDK SCのダイジェスト映像が放映されていました。
    地域リーグ時代、JFL昇格、そしてTDKとして最後の試合…などなど。

    初代監督の横山博敏、エース松田正俊、現社長の岩瀬浩介など懐かしい顔ぶれが見られました。
    このうち松田正俊は現在栃木のコーチに就任しており、元秋田監督の横山雄次監督と共に優勝争いしています。
    TDK、BB秋田を支えてきたマツが後に秋田と優勝争いをするとは…不思議な縁ですね。

    171203-07.jpg
    現在のブラウブリッツの快進撃も、TDK SCが仁賀保で頑張ってきた歴史があるからこそ。
    この歴史を胸に刻みながら今日の最終戦を戦っていきます。

    171203-08.jpg
    171203-09.jpg
    試合前の腹ごしらえは「TDK SCカレー」
    これはエクセルキクスイさんがTDK時代に販売したスタジアムグルメの復刻版です。
    さすがホテルのレストラン製だけあって美味しいです。お肉も柔らかく煮込まれています。

    171203-10.jpg
    171203-11.jpg
    会場には多くのサポーターが詰めかけて、熱心に観戦していました。

    前半は鳥取に押され気味で0-0で終えるも、後半に入り久富賢が先制点を挙げると会場は大歓声!
    続いて日髙慶太遊馬将也のゴールで3-0とリードを広げ、さらに盛り上がります。

    そして…。

    171203-12.jpg
    3-0!

    そして秋田の試合終了から少し遅れて、「沼津対栃木が1-1で引き分け」との情報が入りました!

    その瞬間…。


    ブラウブリッツ秋田、優勝決定!!


    場内では爆発したように大歓声が上がり、みんなスクリーン前まで押し寄せました。
    感激のあまり泣き出すサポーターも多かったです。

    171203-13.jpg
    秋田のクラブがリーグ優勝を決めて、選手達が大喜びしている姿が映ります。
    なんだか凄すぎて信じられない…。

    171203-14.jpg
    現地で応援する秋田サポーターの姿も映りました。
    鳥取と仁賀保、遠く離れていますが気持ちを一つにして応援した甲斐がありました。

    171203-15.jpg
    無事に優勝が決まり、用意されたグラスタワーにシャンパンが注がれます。

    171203-16.jpg
    会場には市川雄次にかほ市長がいらっしゃいました。

     ・この勝利は、にかほ市にとっても秋田県にとっても大きな勝利
     ・スタジアムについて、ぜひ秋田県、秋田市に対して私も声を掛けたい
     ・この勝利が「始まり」。次のステージに向かってブラウブリッツの応援をよろしくお願いします

    今回のパブリックビューイングの後援をしていただいたにかほ市。
    こうしてサポーターの前でコメントしていただいて嬉しいですね。
    それに比べてスタジアムにも来ない秋田県知事や秋田市長ときたら…

    171203-17.jpg
    今回こうした会場を用意していただいたホテルエクセルキクスイさんには感謝です。
    今季のホームゲームが終了して、みんなで集まって応援できる最後の機会でした。
    にかほ市さん、そしてホテルエクセルキクスイさん、ありがとうございました。

    171203-18.jpg
    秋田魁新報のサイトにて電子号外をダウンロードしました。
    こうして「優勝」の文字を目にすると、とても気持ちいいものですね。

    最終的な勝ち点は、秋田61、栃木60、沼津59という結果でした。
    非常に僅差で、どこが優勝してもおかしくなかったですね。
    そしてこうした厳しい状況で優勝を掴めた事は、来季以降の戦いにも活きてくると思います。

    170521-09.jpg
    秋田にはまだJ2ライセンスは無く、優勝した今季もJ2昇格はありません。
    それでも今回の優勝をきっかけに、秋田でのブラウブリッツに対する関心を高めていき、
    観客動員数・そしてスタジアム関係の課題など一つ一つクリアしていきましょう。

    にかほ市長もおっしゃった通り、これが次のステージに向けての「始まり」であります。

    J2なんて遠い夢だと人は言う
    J1なんてもっと遠い夢だと人は言う
    本当にそうだろうか
    サッカーも人生も挑戦しなければ何もはじまらない
    挑戦した人だけが夢を実現できるはずだ
    そう信じている
    だから戦う、秋田のために


    171203-19.jpg
    まずは今シーズンの優勝を祝い、そして今後のクラブの発展を願いましょう。
    秋田に乾杯!!( ´ ▽ ` )ノ

    鳥取vs秋田の試合結果・データ(明治安田生命J3リーグ第34節:2017年12月3日):Jリーグ.jp




    スポンサーサイト
     
     

    真冬の首位奪還 - 2017.11.19 福島ユナイテッドFC -

    171119-01.jpg
    11月19日、あきぎんスタジアムにてブラウブリッツ秋田対福島ユナイテッドFC戦が開催されました。

    栃木、沼津と首位争いを繰り広げる中で迎えたホーム最終戦。
    ここをしっかり勝利して残りのアウェイ2戦に臨みたいところです。

    171119-02.jpg
    この日の秋田市は雪で、冷たい風も強く吹いています。
    しっかり防寒対策をしないと風邪を引きそうな天候です。

    171119-03.jpg
    171119-04.jpg
    2017シーズンのメンバーでホーム戦を戦うのも今日が最後。
    先日契約満了が発表された浦島貴大に、横断幕や寄せ書きでメッセージが贈られました。

    度重なる怪我により思うようにプレーが出来なかった浦島選手。
    また新たな地でプレーする姿を見せて欲しいです。

    171119-05.jpg
    171119-06.jpg
    BBパークには福島の名産品を販売するブース「ふくしマルシェ」が登場。
    野菜やお米、ジュースなどが売られていました。

    171119-07.jpg
    171119-08.jpg
    最終戦の恒例となった日本酒ブース
    様々な銘柄の地酒が熱燗で楽しめます。
    どんなに寒い中での試合もこれは温まりますね。

    171119-09.jpg
    171119-10.jpg
    今日のスタジアムグルメは、「ブッチャーノ」さんの揚げスパ
    かた焼きそば風に揚げられたパスタ麺にあんかけが乗ります。
    具材の鶏肉も大ぶりでした。

    171119-11.jpg
    この雪の中で秋田まで来ていただいた福島サポーターの皆さん。
    「東北対決」のボードを掲げて応援します。

    171119-12.jpg
    秋田サポーターも田中智大のビッグフラッグ(ブルーシート)を掲げて応援します。
    東北クラブ同士の対決という事で、どちらも負けられないと気合いが入ります。

    171119-13.jpg
    試合中は何度も雪が降ったり強風が吹いたりと、過酷な中での試合となりました。
    選手はもちろんサポーターも大変ですが、精一杯の熱い応援でサポートしていきます。

    171119-14.jpg
    171119-15.jpg
    2-1

    31分にオウンゴールで先制すると、直後の33分に久富賢のゴールで追加点を挙げます。
    53分にニウドに1点を返され、その後も危ない場面がありましたが耐えきりました。

    試合後の整列では、ご覧のように吹雪で真っ白になるくらいの天候でした。

    171119-16.jpg
    171119-17.jpg
    気温2.4度という天候ながら、今日は2,381人もの観客があきぎんスタジアムに集まりました。
    ホーム最終戦を白星で飾り、秋田サポーターは喜びを分かち合います。

    171119-20.jpg
    試合後はスタジアム近くの居酒屋「喰らい亭」さんにてサポーター懇親会が開かれました。
    熱々のきりたんぽ鍋で冷えた体を温めて、多くのサポーターの皆さんと交流しました。

    171119-19.jpg
    そして懇親会中に栃木が引き分けという情報が入り、栃木を得失点差で抜き首位となりました!
    首位を奪い返した喜びにお酒も進みます。

    171119-18.jpg
    しかしホーム最終戦は終わったものの、まだアウェイ2戦を残しており気は抜けません。
    選手、監督、そしてサポーターも、残り2戦を勝ち取る為に全力で臨みます。

    171119-22.jpg
    今月15日、秋田出身のラッパー・羅漢さんの新曲「We Are AKITA!!」が配信されました。
    ブラウブリッツ応援ソングとして先日の試合でのミニライブにて披露された曲です。
    とてもノリが良くて気持ちが高ぶります。

    アウェイ2戦、秋田の誇りを胸に戦い勝利を掴み取りましょう。
    We Are AKITA、俺も戦うぜ。

    秋田vs福島の試合結果・データ(明治安田生命J3リーグ第32節:2017年11月19日):Jリーグ.jp




     
     

    雨は、いつか止むさ - 2017.10.22 ギラヴァンツ北九州 -

    171022-01a.jpg
    10月22日、あきぎんスタジアムにてブラウブリッツ秋田対ギラヴァンツ北九州戦が開催されました。

    前節まで5試合勝ち無しの秋田。
    対戦するのは開幕戦のアウェイで引き分けたギラヴァンツ北九州です。
    北九州も3試合勝利が無く、互いに悪い流れを断ち切りたい所でしょう。

    171022-02.jpg
    この週末、日本列島に台風21号が接近中です。
    秋田付近を通過するのは翌日23日ですが、この日も午後から雨予報となっています。
    前回のホームゲームに続いて、スタジアム上空には雨雲が広がっています。

    171022-03.jpg
    171022-04.jpg
    上下レインスーツに加えて、靴の上から履くビニール長靴で雨対策は万全です。

    171022-05.jpg
    今日のスタジアムグルメは、ホットドッグ屋の「K'sホットドッグ」さん。

    171022-06.jpg
    チリソースドッグ
    酸味と辛味の効いたチリソースがソーセージとマッチしています。

    171022-07.jpg
    こちらはハロウィン特別メニュー、つぶあんホイップサンド
    辛いホットドッグを食べた後だけに、甘みが引き立ちます。

    171022-08.jpg
    選手のウォーミングアップが始まりました。
    松本拓也は2014年まで北九州に所属していました。
    アウェイでの対戦時は怪我で離脱していたので、これが初めての古巣との試合となります。

    171022-09.jpg
    北九州サポーターの皆さん。
    九州はちょうど台風が来ている時でしたが、それでも多くのサポーターが秋田に来てくれました。

    「おみやげはきりたんぽと勝ち点3」のゲーフラもあります。
    きりたんぽは良いですけど、果たして勝ち点は持ち帰れるんですかねえ…?( ̄ー ̄)

    171022-10.jpg
    試合は0-0で前半を終えてハーフタイム。
    秋田出身のラッパー・羅漢さんによるミニライブ。
    琉球戦以来2度目となるスタジアムでのライブです。

    171022-11.jpg
    チームの応援ソング「We Are AKITA!!」のお披露目となりました。
    メインスタンドだけじゃ無くゴール裏やバックスタンドに向かっても歌ってくれました。
    素敵な応援ソングを歌っていただきありがとうございました。

    そして、応援ソングでスタジアムが盛り上がった中で始まった後半の行方は…。

    171022-12.jpg
    171022-13.jpg
    1-0

    65分に久富賢のゴールが決まります。
    最初はオフサイドによるノーゴールの判定でしたが、その後に判定が覆りました。
    納得行かない北九州の選手が抗議するも、最終的に秋田のゴールが認められて1点を獲得しました。

    この1点を最後まで守り抜き、6試合ぶりの白星を勝ち取りました。

    171022-14.jpg
    決勝ゴールを決めた久富と、初のスタメン出場となった千田海人
    二人の活躍で得た久々の勝利。次節も期待しています。

    171022-15.jpg
    そして古巣北九州を相手に得点を許さなかった松本拓也。
    「恩返しゴール」ならぬ「恩返しセーブ」といった所でしょうか。

    試合後には古巣北九州のゴール裏に行きサポーターと再会していました。

    171022-16.jpg
    雨でピッチコンディションが良くない中で掴み取った久しぶりの勝利。
    これでここ最近の良くなかった流れも断ち切れたと思います。

    次節は現在6位の長野パルセイロ戦、その次は4位のカターレ富山戦、いずれもアウェイでの試合となります。
    上位との対戦が続き、特に長野は未だ勝利を挙げられていなく圧倒的に相性が悪いです。
    それでも上を目指すためにはここをしっかり勝ち抜く事が大事です。

    どんな奴らが来ても、恐れる事無かれ。

    秋田vs北九州の試合結果・データ(明治安田生命J3リーグ第28節:2017年10月22日):Jリーグ.jp




     
     

    喰うか、喰われるか - 2017.10.07 FC東京U-23 -

    171007-00.jpg
    10月7日、あきぎんスタジアムにてブラウブリッツ秋田対FC東京U-23戦が開催されました。

    前回のアウェイで対戦した時は、先制しながら終了間際に追い付かれ引き分けました。
    ホームではしっかり勝利しておきたいところです。

    171007-01.jpg
    3連休の初日となったこの日ですが、朝から生憎の雨です。
    10月に入り雨が冷たく感じます。

    171007-02.jpg
    天気が悪い上に、チームもここ3試合勝利から遠ざかっております。
    しかしこの良くない雰囲気を吹き飛ばすために、サポーターは一生懸命に声援を送ります。

    「奇跡を起こしに来たんだろ!」の横断幕を手に、スタジアム入りする選手を出迎えます。

    171007-03.jpg
    この日は毎年恒例となっているJA全農あきたpresents
    毎回秋田のお米や農作物などのプレゼントや販売を実施していただいています。

    まずはあきたこまちの新米300gを来場者に無料プレゼント。
    スタジアムに来て新米が貰えるとは、米どころのサッカーチームならではですね。

    171007-04.jpg
    BBパークに設置されたJAブース。
    パンやおにぎり、そして秋田県産の野菜など色々売られていました。

    171007-05.jpg
    秋田県産の野菜と豆板醤を使ったキムチ鍋
    雨降りで冷えた体も暖まります。

    171007-06.jpg
    キムチ鍋をおかずに食べるおにぎりも美味しかったです。

    171007-07.jpg
    秋田県産の豚肉を使用したハム焼き
    ハムやソーセージがたっぷり入って500円、これは凄くお得です。

    171007-08.jpg
    こちらは無料配布の農協牛乳
    パッケージには秋田県のマスコット「んだッチ」が載っています。

    171007-09.jpg
    171007-00.jpg
    JAブース以外にも色々とスタジアムグルメが出店しています。
    こちらは由利本荘市の名産「由利牛」の丸焼き。
    炭火で焼かれた由利牛、口の中に旨みが広がります。

    171007-10.jpg
    171007-11.jpg
    こちらは初出店となるケバブ店、「フラップティーズダイナー」さんのキッチンカー。
    ケバブラップ、ケバブライスなどがあり、写真はおつまみケバブ。
    こちらもお肉の旨みが楽しめました。

    171007-12.jpg
    そんなBBパーク、秋田サポーターに混ざり赤青のFC東京サポの姿もありました。
    各地のスタジアムグルメを食べ尽くす事が話題になっており、「イナゴ」の異名もあるほどです。
    今日の出店の多さはFC東京サポを意識してのものでしょうか…??

    171007-13.jpg
    ゴール裏を赤青に染めるFC東京サポーターの皆さん。
    スタグルは食わせても、勝ち点までは食わせる訳にはいきません。

    171007-15.jpg
    さて試合のほうは、35分にゴール前で韓浩康が倒されてPKを獲得。
    蹴るのは前回のホームでPKを外してしまった田中智大

    171007-16.jpg
    今回はしっかりと決めて、秋田が先制します。
    そして後半に入っても1-0とリードを保ったまま進みます。

    アウェイではここから追い付かれただけに最後まで気を抜けません。


    抜けなかった、のですが…。


    171007-17.jpg
    171007-18.jpg
    1-2…。

    87分に山田将之の同点ゴールが決まると、そのすぐ2分後にユ・インスがゴールを決めて勝ち越します。
    同点に追い付かれた前回の対戦のリベンジをするつもりが、またも終盤に追い付かれ、
    さらに逆転を許してしまうという結果となりました。

    FC東京にはスタグルだけじゃ無く勝ち点まで食い尽くされる事になりました…。

    171007-19.jpg
    ここのところ終盤の弱さが目立つ試合が続いています。
    流石に手を抜いてる訳ではないでしょうが、あまりに簡単に追い付かれ勝ち越される展開が多いです。
    サポーターからも厳しい声が飛びます。

    171007-20.jpg
    とはいえ、首位の栃木は試合が無く2位の沼津は引き分け、順位の変動は無く秋田は3位のままです。
    まだ諦める状況ではありません。残り8試合を全力で勝ちに行くのみです。
    ここで悪い流れを断ち切って再出発しましょう。

    171007-14.jpg
    この日、JA全農あきたさんからチームにあきたこまち150キロが贈られました。
    秋田の美味しい新米で力を蓄えて、ラストスパートを見せてもらいましょう。

    秋田vsF東23の試合結果・データ(明治安田生命J3リーグ第26節:2017年10月7日):Jリーグ.jp




     
     

    スッキリ…できない - 2017.09.24 FC琉球 -

    170924-01.jpg
    9月24日、あきぎんスタジアムにてブラウブリッツ秋田対FC琉球戦が開催されました。

    前節のアウェイでのYSCC戦で負けて2位となった秋田。
    首位返り咲きを目指してホームで琉球戦に臨みます。

    170924-02.jpg
    秋田市は快晴で、9月下旬としては結構暖かかったです。
    試合前のピッチへの散水では綺麗な虹が出ていました。

    170924-03.jpg
    170924-04.jpg
    この日はAスタ隣のグラウンドにて、クラブチームサッカー選手権東北大会が開催されていました。
    立派なバスに乗ってきたのは、福島県リーグ1部に所属するいわきFC
    県リーグ所属ながら、今年の天皇杯で3回戦まで進み注目されたクラブです。

    いわきFCはこの日の準決勝、そして決勝を制して全国大会出場を決めました。
    急成長を見せるいわきFCのような勢いを、秋田にも見せて欲しいところです。

    170924-05.jpg
    170924-06.jpg
    今回スタジアムグルメに初登場したのは、秋田市の焼きスパのお店「ブッチャーノ」さん。
    鉄板で焼かれたパスタの上にたっぷりたらこソースが乗ります。

    170924-07.jpg
    170924-08.jpg
    鈴木酒造店のブースでは「ブラウブリッツサイダー」が販売されました。
    日本酒「秀よし」に使用される仕込み水で作られたサイダーは、水の旨みを生かしたスッキリした味わいです。
    売り上げの一部はクラブの強化費に充てられます。

    ブラウブリッツサイダーを飲んで、試合のほうもスッキリと勝利したいですね。

    170924-09.jpg
    170924-10.jpg
    この日の試合は明治安田生命秋田支社presents。
    試合前には江崎支社長と、マスコット「うさりん」「ライトくん」が登場しました。
    支社長からは毎回熱い応援メッセージをいただいており、本当にありがたいです。

    170924-11.jpg
    ハーフタイムには、秋田ノーザンハピネッツによる来週のBリーグ開幕のPRがありました。
    ハピネッツガールズの花塚悠希さんと、マスコットのビッキーが登場しました。

    170924-12.jpg
    続いて秋田出身のラッパー、羅漢さんによるミニライブで盛り上がりました。

    170924-13.jpg
    さて試合のほうは、50分に前田央樹のゴールで琉球が先制します。
    直後に秋田がPKを獲得して、蹴るのは田中智大

    170924-14.jpg
    170924-15.jpg
    しかし惜しくもバーに弾かれて得点ならず。
    ここでキッチリ決めて早めに追い付いておきたかったのですが…。

    その後の70分、逆に琉球に与えてしまったPKを富所悠に決められて2点目となります。
    秋田は85分に田中のゴールで1点を返して、その後も反撃の姿勢を見せますが…。

    170924-16.jpg
    170924-17.jpg
    1-2

    得点こそ1点差で、終盤は秋田が反撃する展開でしたが、全体的には琉球ペースでした。
    セカンドボールが拾えず、琉球のボールを奪い返せない、なんとももどかしい展開が続きました。

    試合のほうはサイダーのようにスッキリとはいきませんでした…

    170924-18.jpg
    170924-19.jpg
    連敗の秋田は、さらに順位を落として3位となりました。
    やはり上位となると相手チームのマークも厳しくなり、苦しい試合が続きます。

    一方で前節首位の沼津が負けて2位となり、3連勝の栃木が首位となるなど順位の変動が激しいです。
    連敗したとはいえ、首位栃木と3位秋田とは勝ち点2差という混戦です。
    落ち込んでる暇はありません。上を向いて首位奪還を目指して戦うのみです。

    170924-20.jpg
    170924-21.jpg
    この試合、昨年から長期離脱していた浦島貴大が久々にメンバー入りしました。
    出場はありませんでしたが、久しぶりに秋田のベンチに32番が帰ってきました。

    秋田が優勝を決めるために、必ず浦島の力が必要になってくると信じています。
    全員で一丸となって勝利を目指しましょう。

    秋田vs琉球の試合結果・データ(明治安田生命J3リーグ第24節:2017年9月24日):Jリーグ.jp




     
     

    Miracle Game - 2017.09.03 栃木SC -

    170903-01.jpg
    9月3日、あきぎんスタジアムにてブラウブリッツ秋田対栃木SC戦が開催されました。

    われらのふるさとvs詩の国秋田 - 2017.06.04 栃木SC -

    6月にアウェイで対戦した時には1-0で勝利した栃木戦。
    今回のホーム戦は1位秋田と3位栃木という上位争い。シーズン後半という事もあり重要な一戦です。

    170903-02.jpg
    この日の秋田市は、にわか雨もありましたが全体的に良い天気でした。
    それでも9月に入り暑さもだいぶ和らいできて、過ごしやすくなってきました。

    170903-03.jpg
    栃木SCの選手バスが到着しました。
    多くの栃木サポーターが選手を出迎えます。

    秋田サポーターもバス入りを見に集まっていました。お目当ては…。

    170903-04.jpg
    2012年に秋田の監督を務めた横山雄次監督。

    170903-05.jpg
    そしてこちらも元秋田、松田正俊ヘッドコーチ。

    元秋田の彼らが率いる栃木と上位争いするというのは、なんとなく嬉しい気分になりますね。

    170903-06.jpg
    多くの栃木サポーターが秋田に集結して、ゴール裏を黄色に染めていました。
    ホームで負けた雪辱をアウェイの秋田で果たそうと、応援にも気合いが入ります。

    170903-07.jpg
    170903-08.jpg
    そんな栃木にこちらも負けていられません。
    この日のスタジアムグルメに選んだのは、宇都宮の名物「餃子」です。
    アウェイでも餃子を食べて勝利したので、今日も食べて栃木戦を制したいと思います。

    こちらの餃子屋さんは秋田市内で移動販売しており、家の近くにもよく売りに来ます。
    大ぶりな餃子でとてもボリュームがあります。美味しくいただきました。

    ニンニクが多めだったので、ゴール裏がニンニク臭くなったのは内緒の方向で(苦笑)

    170903-09.jpg
    この日は秋田ダイハツpresentsという事で、スタジアム前にコペンムーヴが展示されていました。

    170903-10.jpg
    その秋田ダイハツのイメージキャラクターを務めるのが、秋田のアイドルグループ・pramoの皆さん。
    ハーフタイムのピッチに登場して、ミニライブが開催されました。
    (5人組ですが、この日は学業のためCHIKAKOちゃんがお休みで4人でした)

    170903-11.jpg
    「祭りだぜぃ!」を披露してくれました。
    サビではスタンドのサポーターと一緒にタオルを回して盛り上がりました。

    170903-18.jpg
    さて試合の方は、後半に入ってもしばらく0-0の状況が続きます。
    そんな81分、栃木が牛之濵拓のゴールによって先制します。
    90分を過ぎてアディショナルタイムは4分。そのATも4分台に突入して後がありません。


    このまま0-1で栃木に負けてしまうのか…?


    そんな時でした。


    170903-12.jpg
    1-1

    AT5分台に突入してラストワンプレーという時でした。
    田中智大のヘディングシュートがゴールネットを揺らし、目の前で起きた同点弾にゴール裏は大騒ぎ!
    結局この直後にホイッスルが鳴り、文字通り最後の最後に追い付く事が出来ました。

    170903-13.jpg
    170903-14.jpg
    結果だけを見れば引き分けで、勝利を逃すことにはなりました。
    しかしある意味、普通の勝ちゲーム以上に貴重なシーンが見られた試合だったと思います。
    執念で引き分けに持ち込んだ秋田の選手に、サポーターは大きな声援を送りました。

    170903-15.jpg
    栃木の選手やサポーターにとっては非常に残念な結末となりました。
    同点ゴールが決まりホイッスルが鳴った時、何人もの選手がピッチに倒れ込んでいた程でした。
    上位争いの中で首位秋田から掴みかけていた勝ち点を2つ逃し、ショックは大きいでしょう。

    170903-16.jpg
    逆に土壇場で勝ち点1を拾う事が出来た秋田。
    この日勝利した2位沼津との勝ち点差は2、もしここで負けていたら差は1にまで縮まっていました。
    わずか1点の差ですが、きっとこのわずかな差が活きてくるはずです。

    シーズンが終わった時、「あの栃木戦の勝ち点1が効いたなあ」と言える試合になる事でしょう。

    170903-17.jpg
    日が落ちるとだいぶ涼しくなり、秋が近づいてきた事を感じさせます。
    シーズンも終盤が近づき、J3優勝がいよいよ見えてきました。

    それでも油断せず、この試合のように最後まで諦めず貪欲に勝ち点を掴み取りましょう。

    秋田vs栃木の試合結果・データ(明治安田生命J3リーグ第21節:2017年9月3日):Jリーグ.jp




     
     

    夏の終わりに快勝 - 2017.08.27 ガンバ大阪U-23 -

    170827-01.jpg
    8月27日、あきぎんスタジアムにてブラウブリッツ秋田対ガンバ大阪U-23戦が開催されました。

    一ヶ月ほどの中断期間を挟み、この日が中断後初の試合となるブラウブリッツ。
    前節の沼津戦で2連敗となりましたが、果たして連敗ストップとなるかどうか。

    170827-02.jpg
    170827-03.jpg
    今週の秋田は天気が悪く、数日前には7月の豪雨に匹敵する程の大雨が降りました。
    しかし天候が回復した土曜日には大曲の花火が予定通り開催され、この日もご覧の通りの快晴でした。
    それでも8月下旬、そして15:30開始の遅い時間という事もあり、日陰に居ると割と快適に過ごせる気温でした。

    170827-04.jpg
    170827-05.jpg
    会場には滑り台やブラウゴンのフワフワ遊具が設置されて、子供たちが楽しく遊んでいました。

    170827-06.jpg
    秋田に集まったガンバサポーターの皆様。
    アウェイの秋田、そしてU-23の試合にしては多くのサポーターが集まったと思います。

    170827-07.jpg
    そんなG大阪との対戦を前に、「仙秋屋」さんのたこ焼きを購入しました。
    大阪名物を食べて、ガンバを喰ってやろうという訳です。

    ♪粉もんは関西の誇りやでー ( ̄ー ̄)

    170827-08.jpg
    ガンバとは今季は第17節にアウェイで対戦しており、1-2で敗れています。
    ホームで何とか雪辱を果たしたいところです。

    170827-09.jpg
    2-0

    前山恭平、久富賢のゴールで2点を獲得した秋田。
    守りではガンバに攻め込まれながらも、今季初先発の松本拓也が好セーブを連発しました。
    中断後の初戦を良い形で勝利する事が出来ました。

    170827-10.jpg
    今季途中から新加入した乾達朗選手が、試合後に挨拶してくれました。
    タイやシンガポールのチームで活躍して、アルビレックス新潟シンガポールでは杉山監督と一緒でした。
    この日はメンバー外でしたが、終盤に向けて彼の活躍を期待しています。

    170827-11.jpg
    夏場の苦しい時期ながらも首位をキープし続けるブラウブリッツ秋田。
    今シーズンも終盤に差し掛かろうとしていますが、この調子で突き進めるように頑張りましょう。

    170827-12.jpg
    170827-13.jpg
    【おまけ】あきぎんスタジアムのゴール裏においでよ。マスクマン(に出会えるよ。

    秋田vsG大23の試合結果・データ(明治安田生命J3リーグ第20節:2017年8月27日):Jリーグ.jp




     
     

    2017.08.06 秋田竿燈まつり市民パレード

    170806k-01.jpg
    8月3日から6日にかけて、秋田市にて秋田竿燈まつりが開催されました。
    東北三大祭りの一つであり、毎年多くの観光客が訪れます。

    この竿燈まつり内で毎年開催されているイベントが、「竿燈市民パレード」です。
    秋田市内の各団体が竿燈演技開始前の会場を練り歩くイベントで、ブラウブリッツ秋田も毎年参加しています。

    2016.08.06 竿燈市民パレードに参加しました

    自分は昨年に続いて今年も参加して、太鼓を叩き応援しました。

    170806k-02b.jpg
    パレードの待機場所では、サポーターに加えて選手やブラウゴンが来ていました。
    去年などは試合日と被る為にサブ組の選手が中心となっていましたが、今年はリーグ戦の中断期間と重なったため、
    田中智大や有薗真吾など主力メンバーが集まる事が出来ました。

    170806k-03.jpg
    竿燈大通りに入場して、いよいよパレードが始まります。

    170806k-04.jpg
    ブラウブリッツの他に、ラグビーの秋田ノーザンブレッツ、バスケットの秋田ノーザンハピネッツの選手も登場しました。
    秋田のスポーツスポーツチームが竿燈まつりに集結して、地元チームをアピールします。
    (それにしてもラグビー選手ってやはり体がデカイですね…そこに驚いた)

    いよいよパレードが始まり、サポーターみんなで応援チャントを歌います。
    こちらも一生懸命太鼓を叩きますが、途中で大きなハプニングが…。

    170806k-05.jpg
    (゚д゚)!!

    なんか音が変わった気がして、ふとマレットを見ると先端の丸いフェルトが取れてました…
    予備を持ってなかったのでそのまま叩かざるを得ませんでしたが、先端が外れて金属のシャフトが剥き出しになっており、
    叩くとヘッドに大きな痕が残ってしまい、これはダメだなと思い…。

    170806k-06.jpg
    上下をひっくり返し、ゴムのグリップ部分で叩くという急場凌ぎでした…。
    なんとかパレード終了まで叩き続ける事に成功しました。
    (ちなみに落ちたフェルトは後ろのサポ仲間が拾ってくれました。感謝)

    今日は何とか凌げましたが、次の試合までにマレットの修理をしとかなきゃ…。

    (個人的なハプニングはあったものの)ブラウブリッツ秋田の市民パレードは無事に終了しました。
    観客の皆さんは一緒に手を叩いたり歌ったりしてくれて応援に参加してくれました。
    県内外の多くの人にブラウブリッツをアピールできたと思います。

    170806k-07.jpg
    パレード終了後は、サポーター仲間とご飯を食べる事にしました。
    エリアなかいち内にある比内地鶏料理の店「本家あべや」さん。

    170806k-08.jpg
    比内地鶏親子丼
    比内地鶏の旨みある肉と、トロトロの卵を一度に味わえる贅沢な一品。
    美味しくいただきました。

    170806k-09.jpg
    170806k-10.jpg
    食べ終えて外に出ると、既に竿燈の演技は終わり各町内に帰る頃でした。
    ゆっくりご飯食べてるうちに、いつの間にか祭り本番が終わっちゃってたのがちょっと残念…(苦笑)。

    170806k-11.jpg
    170806k-12.jpg
    170806k-13.jpg
    竿燈囃子の美しい音色を奏でながら各町内に戻っていく竿燈。
    これから町内で戻り竿燈が行われ、今年の竿燈まつりは幕を閉じる事になります。

    170806k-14.jpg
    今年の竿燈まつりは延べ131万人の観覧客が訪れたそうです。
    先ほどまで多くの人でごった返した会場周辺も、すっかり静かになりました。

    170806k-15.jpg
    この4日間の祭り期間中は好天に恵まれ、月もこのように綺麗に見えました。
    来年もこのように良い天気の中で竿燈が開催されるといいですね。




     
     

    やまない雨なんかない、光を信じて - 2017.07.23 アスルクラロ沼津 -

    170723-01.jpg
    7月23日、あきぎんスタジアムにてブラウブリッツ秋田対アスルクラロ沼津戦が開催されました。

    今節から後半戦となり、折り返し初戦の相手は今季よりJ3加入の沼津となります。
    J3初年度ながら現在3位と好調の沼津と、首位ながら前節のガンバ大阪U-23戦で今季初敗戦となった秋田。
    沼津でのアウェイゲームは1-0で制していますが、果たしてホームゲームではどうなるか。

    170723-02.jpg
    秋田県内は昨日から今日にかけて記録的な豪雨となり、各地で川の氾濫、土砂崩れが相次ぎました。
    この日のあきぎんスタジアム付近は曇りで時々小雨が降る程度で、試合開催には問題ない天候ですが、
    豪雨の被害に遭いスタジアムに行けない人、また道路の通行止めで遅れて到着する人が多かったです。

    ゴール裏のサポーターは「来る事が出来ないサポーター仲間の分まで応援しよう」という気持ちで試合に臨みます。

    170723-03.jpg
    170723-04.jpg
    この日はアサヒビールpresentsという事で、生ビールの販売ブースが登場しました。
    専用チケットを買うとビールが割引になり、秋田県産の枝豆も食べ放題になります。

    170723-05.jpg
    カクテルやノンアルコールビール、ソフトドリンクも用意しています。
    自分はノンアルコールの「ゼロドライ」をいただきました。

    もうちょっと天気が良ければビールがいっそう美味しくなったでしょうが…こればかりは仕方ありません。

    170723-06.jpg
    170723-07.jpg
    こちらは斎藤昭一商店さんのきりたんぽ鍋
    きりたんぽはもちろん、マイタケや野菜もいっぱいで美味しかったです。
    秋田名物という事で沼津サポーターも多く買い求めていました。

    170723-08.jpg
    170723-09.jpg
    そしてこちらは今日が初登場、ブラウゴンのフワフワ遊具
    色々なイベントで見るフワフワ遊具に、とうとうブラウブリッツ秋田バージョンが登場とは凄いですね。
    キャーキャーと子供たちが楽しく遊ぶ声が聞こえてきました。

    170723-11.jpg
    ピッチでは選手がウォーミングアップ中。
    沼津のメンバーの中に、昨年秋田に所属した伊東輝悦選手が居ました。
    現在42歳ながらも、まだまだ頑張る姿を見せてくれそうです。

    170723-12.jpg
    アサヒビール秋田支社の支社長による(スーパードライ片手の)挨拶。
    美味しいビールを飲みながら試合を楽しみ、そして勝利の祝杯を挙げたいところです。

    試合の行方は…。

    170723-13.jpg
    0-2…。

    170723-14.jpg
    前半は0-0で折り返すも、後半に小牧成亘の2ゴールが決まります。
    シュート数では7対8と互角だったものの、決めきれませんでした。

    170723-15.jpg
    勝利の喜びを分かち合う沼津の選手とサポーター。
    このような天候の中で秋田まで駆けつけた沼津サポーター、それだけに勝利の喜びはひとしおでしょう。

    170723-16.jpg
    一方の秋田は前節のG大阪U-23戦に続いての敗戦で2敗目、今シーズン初の連敗となりました。
    順位に変動は無いものの、2位富山とは勝ち点2差、3位沼津とは勝ち点3差と差が縮まっています。
    前半戦で首位独走していたから、と油断しているとそのうちにひっくり返されそうです。

    170723-17a.jpg
    次の試合は中断期間を挟み8月27日、ホームでのG大阪U-23戦です。
    連敗中に、しかも今季初めて負けた相手を迎えるという状況です。
    しかしこの中断期間でしっかり悪い流れを断ち切り、切り替えてくれると信じています。

    170723-10.jpg
    明けない夜なんか無い、朝日は昇る。
    未来信じてひたすら諦めず、今を駆け抜けろ。

    秋田vs沼津の試合結果・データ(明治安田生命J3リーグ第18節:2017年7月23日):Jリーグ.jp




     
     

    夏を制する者だけがJを制する - 2017.07.09 Y.S.C.C.横浜 -

    170709-01.jpg
    7月9日、あきぎんスタジアムにてブラウブリッツ秋田対Y.S.C.C.横浜戦が開催されました。

    秋田は今シーズンここまで14戦無敗
    そして昨シーズンからの17戦無敗はJ3リーグタイ記録となっています。
    今日のYSCC戦に勝利すれば新記録となりますが、果たしてどうなる事でしょうか。

    170709-02.jpg
    7月に入り、北国秋田も一気に夏らしい暑さとなりました。
    この日の秋田市は快晴で、とにかく日差しが暑く感じ汗が止まりません。
    選手はもちろん、サポーターも暑さ対策が必須となってきます。

    170709-03.jpg
    試合前のピッチでは散水が行われていました。
    勢いよく撒かれる水を見て、気分的に少し涼しくなります。

    170709-04.jpg
    スタジアムに掲示されていたポスター。
    「We Are AKITA! ポスタープロジェクト」という事で、地元企業とクラブとがコラボしたポスターです。

    こちらは「とんかつかつ吉」安芸銀治選手。

    170709-05.jpg
    「トヨタカローラ秋田」松本拓也選手、「永楽食堂」田中智大選手。
    こうした企画は地元とチームが一つになる良い取り組みだと思います。

    170709-06.jpg
    こちらは前回のホームゲームからBBパークに設置された「ご意見箱」
    スタジアムグルメやグッズ、その他の要望を記入する事が出来ます。
    こうしてサポーターの意見を取り入れて、改善に繋がるといいですね。

    170709-07.jpg
    170709-08.jpg
    今日のスタジアムグルメは、「K'sホットドッグ」さんの新商品「シカゴドッグ」
    スライストマトを挟んだホットドッグで、トマトが美味しく色鮮やかです。

    170709-09.jpg
    170709-10.jpg
    この日は秋田県の県南部にある美郷町がPRブースを設置。
    それに伴い、マスコットの美郷のミズモが登場しました。
    独特な表情と、プルプルとした動きが特徴的でした。

    170709-11.jpg
    秋田に駆けつけたYSCCサポーターの皆さん。

    170709-12.jpg
    横断幕の一つに「KYしようぜ!」という物がありました。
    J3無敗記録を更新しようと燃える秋田に対し、空気を読まずに黒星を付けよう、という気持ちでしょう。
    果たしてKY力を発動する事が出来るのでしょうか…?( ̄ー ̄)ニヤニヤ

    170709-13.jpg
    J3首位の秋田と最下位のYSCCとの対決。
    順位だけで見れば余裕ですが、こういう所で油断をすると必ず痛い目に遭います。

    首位や無敗記録に浮かれずに、一戦一戦を確実に勝利していきたい秋田。
    その試合の行方は。

    170709-14.jpg
    4-3

    前山恭平の2ゴールに有薗真吾、田中智大の各1ゴールで4点を取った秋田。
    一方のYSCCも大泉和也、西山峻太、北原大奨がゴールを決めて反撃します。
    取られては取り返す激しい撃ち合いの試合でしたが、最終的には秋田が1点リードを守り抜きました。

    2013年には4-0で勝利、2014年には3-4で負けるなど、YSCCとの試合は大量得点が入る事が多いです。
    この日も首位対最下位とは思えない激しい撃ち合いとなりました。

    この勝利で昨年からの無敗記録を18として、J3新記録となりました。
    しかしこの暑さで動きが鈍ったか、今季最多の3失点を喫して守りに課題が残りました。

    170709-15.jpg
    さて試合後には、先ほどのポスターにも登場した「とんかつかつ吉」さんにお邪魔しました。
    あきぎんスタジアムに近く、選手もよく訪れるそうです。
    とんかつ定食に加え、カツ丼やカツカレーもメニューにあります。

    170709-16.jpg
    さっぱりねぎかつ定食
    ねぎの乗ったとんかつをポン酢だれでいただきます。
    カツの脂っこさを感じさせずさっぱりと食べられて、夏場にピッタリなメニューでした。

    ブラウブリッツのスポンサー、ブルーパートナーであるかつ吉さん。
    こうしたチームを支援していただけるお店は、積極的に来店していきたいですね。

    170709-17.jpg
    次節はガンバ大阪U-23戦。この試合でリーグ戦の折り返し地点となります。
    2順目の対戦となれば相手も研究を重ねてくるはずです。
    ただでさえ暑さでコンディション維持が大変な時期。これまでのように簡単には勝てないでしょう。

    それだけに、この苦しい夏の時期を制する事が出来るかどうか、そこがカギになると思います。
    J3リーグを制するために、夏を戦い抜きましょう。

    J3リーグに、そして秋田に、革命を巻き起こしましょう。