秋田ロッテblog

    Home > soccer-14

     

    さよなら2014

    140323-01.jpg
    2014年が間もなく終わろうとしています。

    今年より発足した「明治安田生命J3リーグ」の一員として、Jリーグクラブとして初めて戦った年。
    スタジアムになびくJリーグのフラッグを見て「ああ、ついにJリーグになったんだな」と実感したものです。

    そんな中で始まったJ3リーグ初年度ですが、秋田としては苦しい一年となりました…。
    故障者の続出、連敗によりなかなか調子は上がらず。12チーム中8位で終わりました。

    果たして来年はどれだけの成績が残せるのか。
    2年間率いた与那城監督の後任はまだ明らかになっていませんが、
    我々サポーターに出来る事は2015年の新体制となるクラブを応援でサポートしていく事です。

    さて、今シーズンを自分の応援という視点から振り返ってみますと。

    140306-6.jpg
    まずはドラムのマレットを新調しました。
    昨年までネットオークションで買ったノンブランド品でしたが、思い切ってヤマハ製を奮発。
    前のは2千円ほどで買えたのが3倍以上かかりましたよ…。

    しかし流石はヤマハブランド。手に持つと「いい造り」だというのがわかりますね。
    軽いアルミ製シャフトにゴムのグリップ、手に非常にしっくりと来ました。

    141231-05.jpg
    一年間叩き続けて、真ん丸だった先端のフェルトは少し平たくなっていました。これも戦いの証。
    来季も一緒に戦って行きましょう。

    141231-07.jpg
    あと横断幕作りも今までより力を入れましたね。

    おかげさまで結構好評をいただいております壇蜜横断幕
    そんな中で「続編はあるのか?」と言われ、作成したのが生駒里奈幕。
    ちょうどサッカーユニ姿の写真という素材が見つかった事もあり、それを元に制作。

    140608-13.jpg
    出来上がった二枚の「BEAUTIFUL AKITA」横断幕。スタジアムではセットで掲示していました。

    今年はAKB総選挙で選抜入りを果たすなど活躍を続けている生駒里奈さん。
    秋田のチームとして彼女の勢いにあやかりたい所ですが。

    140525-07_1.jpg
    140624-3.jpg
    さらに今年は個人横断幕にも挑戦して、峯勇斗と山田尚幸の2枚を制作しました。
    どちらもチャントの原曲(怪盗少女、ダンシングヒーロー)をモチーフにしております。
    個人の幕を作ると、今まで以上に選手に思い入れが生まれますね。

    141231-06.jpg
    峯君には横断幕だけで無くゲーフラも作りまして、サインも戴きました。
    今季はルーキーながら4得点の活躍を見せてくれました。2015年も活躍を期待しています。

    来シーズンも新たな横断幕やゲーフラ作りをしていきたいですね。
    もちろんドラムの腕もしっかり磨き、開幕に備えていきたいと思います。
    来シーズン、1つでも多く勝てるように、みんなで応援を頑張って行きましょう。

    141231-08.jpg
    来年も応援よろしくだゴン!!

    スポンサーサイト
     
     

    今日までそして明日から

    船川琢之介選手 加入内定のお知らせ | ブラウブリッツ秋田

    12.22 船川琢之介選手の入団内定会見を行いました< | ブラウブリッツ秋田

    この度、秋田商業高校の船川琢之介選手が2015シーズンより加入することが内定いたしましたのでお知らせいたします。

    船川 琢之介(ふなかわ たくのすけ)
    【ポジション】FW
    【生年月日】1996年8月11日
    【身長・体重】177cm・69kg
    【出身地】秋田県秋田市
    【経歴】秋田泉サッカースポーツ少年団─泉中─秋田商業高
    【2014シーズン出場履歴】
    第60回秋田県高等学校総合体育大会 第2位
    第93回全国高校サッカー選手権大会 第3位
    高円宮杯U-18サッカーリーグ2014秋田県リーグ 1部 第2位


    141223akisyo.jpg
    年明けを前に一人の選手の入団が内定しました。
    しかもクラブ史上初の高校生選手と来ましたよ。

    秋田商業高校はサッカーをはじめ部活動が盛んで、多くの出身選手が居ます。
    Jリーガーでは加賀健一、下田光平、そして熊林親吾も秋商OBです。
    彼らに負けないプレーヤーになるように、じっくり育てていってもらいたいですね。

    その一方で、退団が発表された選手も居ます。

    140511-09.jpg
    ベガルタ仙台からレンタル移籍の石川慧
    ベガルタ、ソニー仙台ではほとんど出場がありませんでしたが、今季は25試合に出場。
    大半の試合で秋田のゴールを守ってきましたが、この度ベガルタに復帰が決まりました。
    この経験をベガルタでも活かして、一試合でも多く出場してもらいたいです。

    141012-14.jpg
    大宮アルディージャからレンタル移籍の李根鎬
    シーズン後半に活躍を見せていましたが、秋田だけで無くレンタル元の大宮との契約も満了。


    練習後に広報さんのカメラを借りて選手を撮っているところ。
    こういう感じで選手同士でイジリあいをするなどチームに馴染んでいた印象でした。
    来季はどこでプレーするのでしょうか。日本か、あるいは韓国か…。
    まだまだ若いだけにこれからの成長が楽しみです。

    141125-15.jpg
    長野パルセイロから移籍の藤井貴
    5月の相模原戦では劇的な決勝ゴールを決めるなど、25試合で4得点という成績でした。

    その他の退団選手は、今井昌太、比嘉雄作、平木良樹の3選手。
    いずれも故障持ちの為出場の機会はほとんど無いまま退団となってしまいました…。

    140823-05.jpg
    しかしリハビリ中の選手も、試合の代わりに各種PR活動を頑張っていました。
    写真はクラブ公式カツサンド発売イベント。試合で負傷してリハビリ中の平井と共に参加した今井。
    (平井はシーズン終盤には戦線復帰していましたが、今井は結局このまま退団という事に…)
    試合には出られなくても、こういった形でクラブの普及の為に頑張ってくれていました。

    退団は残念ですが、他のクラブに移籍して戦線に復帰してくれる事を願っています。

    とりあえず選手の退団はこれくらいのようですが、あとはどれだけの入団があるのか。
    その前に与那城さんの後を継ぐ監督の発表もまだなので、そちらも気になります。
    監督次第でどういうチームの組み立てになるのかが変わってくると思いますからね。

    もう今年も残すところあと少し、年が明けたらあっという間に開幕しちゃいますよ。
    今年より少しでも上の順位に行けるように、しっかりと準備を進めて欲しいところです。

    退団が決まった選手の皆さん、今までブラウブリッツで頑張ってくれてありがとうございました。
    そして今居る選手とこれから入団する選手の皆さん、2015年のシーズンを頑張っていきましょう。

     
     

    ぜんぶ雪のせいだ 2014冬

    141207.jpg
    11.28 2014シーズン最後のトレーニングを行いました | ブラウブリッツ秋田

    11.30 2014シーズンブラウブリッツ秋田ファン交流会を行いました | ブラウブリッツ秋田

    ブラウブリッツ秋田は先月の練習最終日、ファン交流会を最後に今シーズンの活動を終えました。
    成績も良くなく監督も替わる事になりましたが、良い来季になるように準備を進めてもらいたいです。

    山形、千葉下し4年ぶりのJ1昇格!今年も“下克上”決着 ― スポニチ Sponichi Annex サッカー
    讃岐、J2残留決定!35歳FW木島弾でJ3長野との入れ替え戦制す ― スポニチ Sponichi Annex サッカー

    本日はJ1J2入れ替え戦が行われ、千葉を破った山形がJ1昇格を決めました。
    またJ2J3入れ替え戦では讃岐が長野を破り、讃岐はJ2、長野はJ3残留となりました。

    J1も土曜日に最終節が行われ、あとは今週末の天皇杯決勝を残すのみ…。

    …と思いきゃ…。

    新潟―柏は中止に 積雪量30センチ超 代替日は未定 ― スポニチ Sponichi Annex サッカー

    6日にデンカSで行われる予定だったJ1最終節、新潟―柏は、降雪、積雪のため中止が決まった。代替日は未定。

     新潟が「開催に向け、気象情報などを収集しながら、開催の可否について検討をしておりましたが、試合の運営、来場者の安全の確保が困難と判断し、試合を延期することに決定いたしました」と発表した。すでに交通機関の乱れが生じているという。


    なんと、新潟のデンカビッグワンスタジアムで開催予定だった新潟対柏戦が降雪により中止になりました。
    スタジアムの公式Twitterによるツイートを見ても、凄い雪だというのが伝わってきます。

    しかも前日夜に急に降ってきたものだから、とても試合までに対応のしようがありません。
    自然には逆らえないわけで、これは中止になっても仕方がありません。

    yukinoseida.jpg
    ぜんぶ雪のせいですから。

    さて気になるのは延期した試合がいつ、どこで開催されるのかについてですが…。

    大雪中止の新潟―柏、8日にカシマで代替開催 ― スポニチ Sponichi Annex サッカー

    Jリーグは6日、大雪の影響により中止となった同日のJ1最終節・新潟―柏(午後3時半、新潟市・デンカビッグスワンスタジアム)を、8日に茨城県の県立カシマサッカースタジアムで代替開催すると発表した。キックオフは午後7時。

    か…、カシマ??

    なんでも急な延期の為、代替会場として用意できるのがカシマしか無かったようなのですが、
    しかし平日、しかも関東とはいえ交通アクセスが良いとは言えない鹿島での開催。
    新潟はもちろん、お隣千葉県の柏サポですら「遠い」という声を耳にします。
    関東以外に住む人間のイメージでは「千葉の柏と茨城の鹿島なら隣だろ」と思ってしまいますが、
    地図を見たら「ああ、こりゃ遠いわ…」と納得です。

    そしてトドメに平日開催、しかももう開催は明日に迫っております。
    とても今から休み取って新潟から見に行く、ってのは難しいでしょうね…。

    140222-2.jpg
    ぜんぶ雪のせいだ。 - 秋田ロッテ管理人

    甲府、国立で開幕戦 記録的大雪で中銀スタジアム3・1間に合わず ― スポニチ Sponichi Annex サッカー

    思い出せば今年3月のJ1開幕戦でも、記録的大雪により甲府のホーム開幕戦が国立競技場に変更となりました。
    ホームゲームが一試合、それも開幕戦という大事な試合が地元で開催できないという事がありました。
    そんな雪による会場変更で始まったJ1が、雪による会場&日時変更で終わる事になるとは…。

    まあ代替会場が確保できたので、試合は消化出来るでしょう。
    しかし平日の遠隔地で開催で、恐らく両チームとも多くのサポーターは来られないでしょう。

    何でも9日に開催するJリーグアウォーズに間に合わせる為、8日までに消化する必要があったようですが、
    シーズン最終戦という大事な試合をこの日に組まされて、サポーターの気持ちは??

    お前らが雪降ったせいで代替地探すハメになったじゃねーか。
    アウォーズあるから8日までにさっさと日程消化しやがれ。
    平日でサポーター来れない? 知らん。来れないんなら来なくて結構。


    そんなんでいいんですか??

    この日本の気候、冬に雪が降るのは絶対に避けられません。
    札幌みたいに屋根付きスタジアムも(雪に強い)地下鉄もあるような街は稀です。
    現在でもシーズン序盤、終盤では降雪時期に掛かり、秋春制が始まればなおさらです。

    「雪が降ったらよそでやればいい」
    まあ手っ取り早いと言っちゃ手っ取り早いんですが、それで果たしていいんですかね??
    日程さえ消化できればそれでいいんですか? サポーターは見に来れなくていいと??

    なんだか「雪国は日程変更とか面倒だからクラブ持つな」とでも言われてるようで…。

    (#゚Д゚)<ふざけんじゃねー!!

    …す、すいません、取り乱してしまいました(笑)

    140222.jpg
    秋田でも2013年の開幕戦を前に、サポーターとスタッフ合同で雪かきが行われました。
    春先の溶けて凍ってを繰り返した雪はとても固く、数度の雪かきでやっと試合にこぎ着けました。
    今週に入り、あきぎんスタジアムのある秋田市も雪が積もるようになりました。
    どうか来年の春までには溶けていてほしい所ですが、こればかりは我々には願う事しか出来ません。

    雪が降るのはこの地の宿命ですから避ける事は出来ません。
    冬期の練習も室内に限られるなど不便を強いられる事になります。

    しかしJ1にはベガルタ仙台、そして今日昇格を決めたモンテディオ山形
    同じ雪国東北に上のカテゴリで戦うクラブが居るんです。
    「ぜんぶ雪のせいだ」の言い訳は通用しません。

    雪と寒さに耐えながら、来季に向けて力を蓄えていきましょう。
    いつか仙台山形と上のカテゴリで戦えるように。

     
     

    与那城魂 - 14.11.23 Jリーグアンダー22選抜

    141125-21.jpg
    11月23日、あきぎんスタジアムにてJリーグアンダー22選抜戦が開催されました。

    今シーズン限りで退任を発表した与那城ジョージ監督。今日が秋田の監督として最後の試合。
    苦しんだシーズンでしたが、最後はいい試合を見せてほしいものです。

    141125-01.jpg
    11月下旬。県内では既に雪が降り出した地域もあります。
    この日のスタジアムは快晴でしたが、風が強く日陰では寒く感じられました。

    141125-02.jpg
    今回は初の試みとして、あきぎんスタジアム前の道路が歩行者天国になりました。
    道路上に各種売店やステージが設置されました。
    歩行者天国を多くの人々が行き交う様子はとても活気が感じられます。
    これは来年も見てみたいですね。道路使用許可など大変かも知れませんが、是非。

    141125-03.jpg
    こちらは日本酒ブース
    専用チケットを買うと特製枡が貰えて飲み放題、また一杯300円での販売もしています。
    常温だけでなくお燗も選べて、寒い季節にはありがたいですね。

    車で来たから飲めなかったのが悔しい…。

    これも来季もやってほしいですね。できれば通年で。
    「秋田の試合に行けば日本酒飲めるぞ」って相手サポの間でも話題になると思いますよ。

    141125-04.jpg
    売店では様々な温かい食べ物が売られていました。
    こちらは豚汁(200円)とカルビスープ(300円)。
    どちらも安く、そして具材もたっぷり。とても暖まりました。

    141125-05.jpg
    こちらの特設ステージでは、これからチェンソーアートが始まる所です。
    一本の丸太がどのような姿に変わるのか。

    141125-06.jpg
    おー。

    141125-07.jpg
    こ、この顔は!

    141125-08.jpg
    ジバニャン!!

    耳の欠け、二本のしっぽなど、しっかりジバニャンの特徴が出ています。
    これが一本の木から削りだした物ですからね。素晴らしいです。
    完成したジバニャンの前では多くの子ども達が写真を撮っていました。

    ステージではチェンソーアートの他、子ども達による「ようかい体操」も踊られたようです。
    子ども達にとってはいい思い出になったのではないでしょうか。

    141125-10.jpg
    司会のおねえさんも素敵でしたし(そこ??)。

    141125-11.jpg
    シーズン最終戦、監督の最終戦という事もあり、多くのメディアが取材に訪れていました。
    椎名恵さんと廣田アナのブラウブリッツTVコンビ。これは今週の放送で使うヤツでしょうな(笑)

    141125-13.jpg
    ピッチ上ではいつものように、声を出したりボールを蹴ったりと精力的に動く与那城監督。
    この光景を見られるのもこの日限り…。

    141125-12.jpg
    この日はギラヴァンツ北九州のサポーターの方がいらしていて、与那城さんの旗を持参してくれました。
    与那城さんの顔と共に「与那城魂」の文字が。

    JFLのニューウェーブ北九州(当時)の監督に就任し、J2に昇格させた与那城さん。
    残念ながらJ2ではシーズン一勝しか出来ず、その年限りで退任しましたが。

    「与那城監督の最後という事で来た」とおっしゃっていた北九州サポさん。
    こういったクラブの垣根を越えた交流というのはいいものですね。

    141125-15.jpg
    契約満了選手のお知らせ | ブラウブリッツ秋田

    この試合を前に、藤井貴、今井昌太、比嘉雄作、平木良樹の4選手の契約満了が発表されました。
    そのうちこの日メンバー入りしたのは藤井。
    今季より長野から移籍して、劇的なゴールを決めてくれるなど活躍していました。

    141125-14.jpg
    他の契約満了選手、その他メンバー外の選手も、ユニホームがベンチに飾られていました。

    141125-16.jpg
    このメンバーで戦う最後の試合。
    一致団結して、勝利を目指して行きましょう!

    141125-17.jpg
    …そして、試合のほうは…。

    141125-18.jpg
    後半に初田がヘディングで先制ゴールを決めて、選手もサポーターも盛り上がりました。
    そして勝利まであと少し…という後半45分、アディショナルタイム寸前に同点ゴール。
    最後の奇跡を信じて攻め込むものの、あとわずかの惜しいシュートの直後にホイッスルが…。

    掴みかけていた勝ち点3のうち2つが、あっという間に消えてしまいました…。

    どうして…。どうして…。

    yokaiwatch-2.jpg
    ようかいのせいなのね!!

    ウォッチ! いま何位? 8位!

    141125-19.jpg
    惜しくも勝利を逃した後、試合後のセレモニーで与那城監督が挨拶。

    その後スピーチしたキャプテン熊林は、途中感極まって声を詰まらせる場面も。
    監督も選手も、今季通じて結果を残せなかった悔しさがあったでしょう。
    どうかその悔しさを、来季の成績という形に変えてもらいたいですね。

    141125-20.jpg
    日も暮れてきて、いっそう寒さが増してきたあきぎんスタジアム周辺。
    外周の木々も葉を落とし、いよいよ冬がやってくるという事を感じさせます。

    やがて雪が積もり、その雪が溶けた頃に始まるであろう2015年シーズン。
    来季はここでどれだけ多くの素晴らしい試合が観られるのか。

    141125-21.jpg
    試合後のメインスタンド前では、選手と監督がサポーターをお見送りしていました。
    与那城監督はご覧のような笑顔でした。
    苦しい試合が続き、サポーターの前で申し訳無さそうな表情を見せる時もありましたが、
    やはり与那城監督にはこのような明るい笑顔が似合います。

    なかなか結果に繋がらなかったものの、与那城さんがチームに残したものはとても大きかったと思います。
    それはこれからも生きていく事でしょう。

    与那城ジョージ監督、選手、スタッフ、そしてサポーターの皆様。
    今シーズンお疲れ様でした。

     
     

    いざ、最終戦へ

    BB秋田、相模原に1−2で敗れる サッカーJ3|さきがけonTheWeb

    前後半に1点ずつ奪われ、2点を追う後半25分、レオナルドのゴールで1点差とし、その後も猛攻を仕掛けたが追い付けなかった。通算10勝3分け19敗の勝ち点33で9位のまま。

    最終節となる次戦は、23日午後1時から秋田市あきぎんスタジアムで10位のU—22選抜と戦う。


    …(´・ω・`)

    与那城監督が退任を発表してから初めての試合、そして今季最後のアウェイとなった相模原戦。
    残念ながら勝ち点を挙げる事は出来ませんでした。

    2014年のJ3リーグ、泣いても笑っても残りは1試合。
    23日にホーム、あきぎんスタジアムで開催されるJリーグU-22選抜戦。

    現在7位琉球(勝ち点34)から11位藤枝(勝ち点30)まで5チームが僅差で並んでいます。
    9位の秋田は勝ち点33、10位のU22は勝ち点32とわずか1差。この一戦はとても重要です。
    苦しい時期が続いた今季ですが、最後を勝利して少しでも良い順位で終わりましょう。

    11.23「2014 明治安田生命 J3リーグ 第33節 vs Jリーグ・アンダー22選抜」イベント情報

    そんな最終戦は様々な企画が予定されています。


    ●八橋あったか祭り

    140511-02.jpg
    141117-01.jpg
    あったかスタジアムグルメが大集合!
    各種ラーメン
    豚汁
    カルビスープ
    酒粕汁
    ホルモン煮込み、牛すじ煮込み
    キムチチゲ
    ※スタジアムグルメは現在決定しているものです。


    11月も中旬から下旬へとなり、秋田はグッと冷え込み雪も降り出すようになりました。
    そんな時期に、ラーメン、豚汁、牛スジ煮込みなどの温かいメニューが売店に登場します。
    冷えた体をスタジアムグルメで暖めながら試合を楽しみましょう。


    ●日本酒飲み放題(!)

    141117-02.jpg

    11.23 ブラウブリッツ秋田オリジナル枡付きチケット販売のお知らせ

    11月23日(日)の「2014 明治安田生命 J3リーグ 第33節 ブラウブリッツ秋田vs Jリーグ・アンダー22選抜」においてブラウブリッツ秋田オリジナルの「枡付きチケット」を限定販売することが決定いたしましたのでお知らせいたします。

    ブラウブリッツ秋田オリジナル枡をご利用いただくと当日のBBパーク及び、メインスタンドコンコースに登場する酒蔵の日本酒がなんと飲み放題となります!
    なお、日本酒は常温もしくは熱燗でご提供させていただきます。


    11月はスタジアムで酒が飲めるぞ~♪

    これは物凄い企画ですねえ。
    オリジナル枡だけに止まらず、日本酒の飲み放題と来ましたよ。
    ビール飲み放題って企画は他クラブで聞きましたが、これを日本酒でやるってんですから。
    これぞ酒の国・秋田のサッカークラブ、と言うべき企画ですね。


    秋田サポで一番の日本酒好きであろうサポ仲間も大喜びの様子。

    寒い季節も熱燗を飲めばたちまち体はポカポカしてくるでしょう。
    そして良い試合展開を見せてくれたら最高の酒の肴になりますね。

    くれぐれも、飲み過ぎにはご注意!


    ●妖怪ウォッチグッズ抽選&ようかい体操第一

    yokaiwatch.jpg
    スタジアムに来場いただいた小学生以下の方を対象に抽選会を実施します。抽選券は入場ゲートにて配布いたします。
    賞品は、子どもたちに大人気の「妖怪ウォッチ」のグッズです!

    お子様に大人気の妖怪ウォッチのエンディングソング「ようかい体操第一」をブラウゴンと一緒に踊りましょう!
    踊ってくれたお子様には妖怪ウォッチ大抽選会の抽選券をさらに1枚差し上げます。また、参加者1名につきホームゲーム観戦チケットとホームゲーム500円割引券を1枚ずつ進呈いたします。


    いやー。

    思い切って乗っかってきましたな。

    子供達にとにかく大人気の妖怪ウォッチ
    来場した小学生以下の子供に抽選券を配布。そしてブラウゴンと一緒にようかい体操を踊りましょう、と。
    これをきっかけに、妖怪ウォッチ好きの子供達にサッカーに興味を持ってもらいたいですね。

    yokaiwatch-2.jpg
    今季のウチの低迷も妖怪のしわざなんでしょうかね…。

    その他様々な企画が用意されている今季最終戦。
    企画を楽しみ、そして試合もしっかり勝利して、今シーズンの最後をしっかり締めましょう。

    141110-01.jpg
    監督の笑顔を、もう一度見たいから。

     
     

    与那城ジョージ、退任

    141110-01.jpg
    与那城ジョージ監督退任のお知らせ | ブラウブリッツ秋田

    この度、ブラウブリッツ秋田では、与那城ジョージ監督が2014シーズンをもって退任することとなりましたので、お知らせいたします。
    今季の残り試合は、引き続き与那城ジョージ監督のもとクラブ一丸となって戦ってまいりますので、熱いご声援をお願い申し上げます。2015シーズンの監督につきましては、決まり次第お知らせいたします。


    本日、一つのニュースが飛び込んできました。

    現役時代は読売クラブで活躍し、ブラジルから日本に帰化して日本代表としても出場。
    指導者としてはFC琉球のJFL昇格、ニューウェーブ北九州(現ギラヴァンツ)のJ2昇格に成功。
    そして2013年よりブラウブリッツ秋田の指揮を執る与那城ジョージ監督。

    そんな彼が今シーズン限りで退任する事が発表されました。

    今季ここまで12チーム中9位。確かに成績はよくありません。
    しかしクラブも監督も「将来を見据えた長期的なクラブ作り」を目指して戦って来ました。
    サポーターもそれを充分理解し、負けが続きながらも応援を続けてきました。
    今は苦しい時期でも、きっといつか結果を出せる日が来る…と。

    しかし今日、与那城監督は退任を発表しました。

    140831-14.jpg
    さよなら夏の日 - 14.08.31 FC琉球

    8月31日のFC琉球戦、敗戦後のゴール裏前に現れた与那城監督。
    そこで監督は「申し訳なかった」「今日は自分が100%悪かった」と謝罪。
    そして、最後「どうか見捨てずに応援して下さい」と締めくくってましたが…。

    いま思えば、この時点である程度の覚悟はしていたのか…?

    今シーズンは故障者が多く、思うような戦術を組み立てられなかったのもあるでしょう。
    決して監督一人だけの責任ではなかったと思いますし、戦力が揃えば本領発揮出来ると思ってましたが…。

    141110-02.jpg
    今月28日で64歳になりますが、ピッチ上を精力的に動く様子は年齢を感じさせません。
    「ミスターヨミウリ」と呼ばれた現役時代を思わせる、この綺麗なフォーム。
    とても還暦過ぎには見えません。

    141110-03.jpg
    感情表現もとても豊かでした。この「あーっ」っていう表情(笑)

    131124-6.jpg
    お前のゴールはすげがっだ - vs MIOびわこ滋賀

    昨年のホーム最終戦。引退する松田正俊が決めた劇的なゴールは記憶に新しいですね。
    試合終了後、選手と一緒に観客を見送ってくれた与那城監督。
    冒頭の笑顔の写真もその日のものです。

    …しかし今シーズンは中々思うような試合が出来ないブラウブリッツ。
    いつも明るい監督も、辛そうな表情を見せる時が多かったように感じました。
    そして琉球戦後のあの申し訳無さそうな表情…。

    こんな辛そうな表情、もう見たくありません。

    今シーズンも残り2試合。今週末のアウェイ相模原戦と、来週末のホームでJリーグU22選抜戦です。
    この2戦、しっかり勝ちましょう。

    140914-08.jpg
    141012-12.jpg
    141012-02.jpg
    与那城監督も、選手も、そしてサポーターも。
    みんな笑顔で終わりましょうよ。


     
     

    MICHINOKU MITSUDOMOE 最終章

    tohoku.jpg
    明日のブラウブリッツは、久々のホームゲームでグルージャ盛岡と対戦します。

    昨年よりJFLで戦ってきた福島ユナイテッド、今季より同じカテゴリーとなったグルージャ盛岡。
    秋田を加えた東北のJ3リーグ3クラブ。

    michinoku-3.jpg
    J3東北3チーム合同企画「MICHINOKU MITSUDOMOE」実施について

    この3クラブが合同企画として開催しているのが「MICHINOKU MITSUDOMOE」というものです。
    同じ東北のクラブ同士で盛り上げていこうという企画、とても素晴らしいと思います。

    そんな3クラブの対戦は明日の秋田盛岡戦を残して開催済みです。
    現在の対戦成績を見てみましょう。

    秋田 0(1分)2 福島
    秋田 1  -  1 盛岡
    盛岡 2  -  1 福島


    盛岡が福島に2勝1敗で勝ち越しと、地域から昇格したてながら好成績を残しました。
    一方の秋田は福島相手に2敗1分けと、1勝も挙げられずに今シーズンの対戦を終えました。

    141006-12.jpg
    福島にはスコアからスタジアムの設備やら、何から何まで勝てませんでした…。

    そして盛岡とは1勝1敗のタイ。共にホーム側が勝利しています。
    そう考えると今回ホームのうちが有利と考えていいのか…。

    向かい風に立ち向かえ - vs グルージャ盛岡

    この盛岡との対戦で記念すべきJ3リーグ初勝利を挙げた秋田。
    しかしその後苦しい試合が続き、10月末現在で勝ち点30の10位
    盛岡は勝ち点41の5位、福島は勝ち点33の7位となっています。

    …これ…、どうなんでしょうねえ。

    TDKSCを含めて07年からJFLで戦ってきたブラウブリッツ。
    JFL、J3に昇格してきた他2クラブに「先輩」としての権威を見せつけるべき立場な筈ですが、
    気づけば14年のシーズンも終盤、後輩2クラブに差を付けられている状態。

    これ、うかうかしていてたら差をどんどん広げられますよ…??

    yamaga-02.jpg
    今日のJ2、福岡戦に勝利した松本山雅がJ1昇格を決めました。
    2010年にJFLに加入すると、2011年シーズンをもって早々とJ2に昇格して行きました。

    yamaga-03.jpg
    yamaga-01.jpg
    11年の開幕戦はアルウィンで開催され、見事に松本相手に開幕戦勝利を掴んだ秋田。
    大きなスタジアムと松本サポの大声援に圧倒された日、ついこの間のように感じるのですが、
    気がつけば彼らは遥か彼方まで飛び立ってしまいました…。

    松本をはじめ、これまでいくつものクラブのJ2昇格を見てきた秋田。
    このままだと下手したら福島盛岡に先に昇格されちゃいますよ?
    そうなると先輩の立場が無くなっちゃいますよ。

    さらに下からも、地域リーグ、JFLからJ3リーグ入りを目指すクラブだってあります。
    例えば青森県八戸市にはJFL、ヴァンラーレ八戸が…。




    TgLp_iiR.jpg

    (゚∀゚)< ヴァーンラレ!! ハッチノヘ!! オーオオーオーオー!!

    …うっ、うっかり洗脳されるところだった(笑)

    とにかく、どうか秋田には先輩の意地を見せてもらって、上の方を目指して貰いたいです。
    これ以上居残りながら昇格見送り人を務めるのはゴメンですよ。

    松本の昇格が決まった試合をテレビで見ていて、松本サポが涙を流して喜ぶ姿に心を打たれました。
    いつになるかわからないけど、いつか秋田もJ2、J1に昇格して、同じシチュエーションを味わいたいんです。
    その時はみんなで体の水分が全部出るほど泣いて、そして笑いましょうよ。

    いつかその日を迎える為にも、とりあえず明日の一戦をしっかり戦って行きましょう。

     
     

    実りの秋 - 14.10.11 Y.S.C.C.横浜

    141012-01.jpg
    10月11日、秋田市のあきぎんスタジアムにてY.S.C.C.横浜戦が開催されました。

    YS横浜とは3月の開幕戦で対戦し、新加入のレオナルドが先制ゴールを決めるも引き分けに終わりました。
    6月のホームゲームでは3得点を挙げるものの、それを上回る4失点を食らい敗戦。

    ここまで最下位のYS相手にまだ一勝もしていない秋田。
    既に今季、琉球・長野・金沢・福島といった相手に三戦中一勝も挙げられず終わりました。
    これ以上勝ち無しの相手を増やしたくありません。なんとしても一勝を掴み取りたいです。

    141012-02.jpg
    選手バス入場時には横断幕を持って監督・選手を出迎えました。
    「行くぞ秋田 ジョルジと共に」
    どんなに苦戦していても、サポーターはどこまでも付いて行くぞ、というメッセージを込めました。

    141012-07.jpg
    さて、この日はJA全農あきた様が冠スポンサーとなった試合でした。
    あきたこまちを初めとした秋田の農作物をアピールしようと、とても気合いが入っていました。

    141012-04.jpg
    まずは入場者にあきたこまちの新米300グラムを配布。新米ですよ新米。
    またBBパークのJAブースでは牛乳も配布。パッケージにはスギッチが。

    141012-05.jpg
    JAさんは他にもクリアファイルとバッグ(左)を配っていました。
    また右は秋田県人権啓発活動ネットワーク協議会さんが配布していたクリアファイルとミニバッグです。

    141012-03.jpg
    さらにJAブースでは県内産の食材で作った豚汁まで無料配布!
    大きな具がゴロゴロと入っていて、この寒くなってきた時期には暖まって助かります。

    …これらが全部タダで貰えちゃったんですけど…。いいんすかね??

    141012-06.jpg
    またこの日は秋田食肉流通公社のブースがあり、ハムやレトルトカレー等の加工品を販売。
    こちらはハム・ソーセージ・焼豚をパック一杯に詰めた「ハム焼き」
    これだけ入って500円ですよ!? いいんですか??

    千葉のフクアリでは喜作のソーセージ盛りが有名ですが、それに匹敵するボリュームですよ。
    次の出店は未定ですが、常時販売してくれたらスタジアム名物になると思いますけどね。
    喜作のようにタッパー持参でサービスがあったらなおさら嬉しいですが。

    141012-10a.jpg
    ノーザンハピネッツヘッドコーチの中村和雄氏(現秋田県体育協会GM)が試合前に挨拶。
    とにかく熱い方で有名な中村さん。この日も「残り試合全勝目指せ!」とBBに叱咤激励のメッセージ。

    ノーザンハピネッツはこの日、秋田市の県立体育館でbjリーグ開幕戦を開催していました。
    昨年はプレーオフのファイナルまで進出するなど、着実にチカラを付けているハピネッツ。
    どうかブラウブリッツもハピネッツに負けず、上位争いの出来るチームに成長して欲しいです。

    141012-08.jpg
    この日は怪我でしばらく戦線離脱していた平井晋太郎の姿が!
    めでたくサブとして登録されたこの日は、後半より途中出場を果たしました。
    どうか休んでいた分を取り戻すような活躍を見せて欲しいですね。

    141012-11.jpg
    141012-12.jpg
    そして試合は、2-1で勝利! YSに3戦目で初勝利となりました。

    141012-13.jpg
    141012-14.jpg
    後半開始直後に先制ゴールを挙げたイ・グノ
    JAよりMVP賞としてあきたこまちの新米60kgを貰っていました。
    ゴール裏に来て「次も応援よろしくお願いします」と挨拶してくれました。
    町田戦での劇的な決勝ゴールに続いての先制ゴールと乗りに乗っていますね。次にも期待。

    141012-15.jpg
    141012-17.jpg
    2点目を挙げたのは峯勇斗
    今季横断幕やゲーフラで推している彼の活躍は本当に嬉しいですね。
    (ちなみに右はJA秋田おばこの「おばこ娘」)

    天気も良く、色々な物も貰えて、そして試合も勝利という気持ちいい一日でした。
    美味しいお米や野菜が獲れる季節に、しっかりと勝ち点3を収穫する事が出来ました。

    ブラウブリッツはここまで苦しい戦いが続いています。
    しかしそれは、決して急がず、先を見据えたクラブ造りをしている途中段階。
    先ほどのハピネッのように上位争いの常連になるような、土台のしっかりしたクラブになる為。

    まだ青くて苦い果実のようなクラブかもしれませんが、いつか立派な実を結ぶと信じています。

     
     

    ふくしまからはじめよう - 喜多方・裏磐梯・福島遠征記

    141006-15.jpg
    10月5日、とうスタの福島戦に参戦した事は前回の記事でお伝えしました。
    天気が悪かった上に、肝心の試合も完封負けという辛い一日でした…。

    そんな今回の福島遠征は一泊二日の日程で前日より福島入りしています。
    5年前に楽天ロッテ戦の観戦で行った時には当日移動の弾丸日程を組みましたが、
    せっかくの遠征なので今度は何か観光らしい事をしよう、と考えました。
    昼間観光して、夜はお酒の一杯でも飲んで、そして翌日はサッカー見よう、と。

    で、福島のどこに行こうかと考えまして、たどりついた答えは…。

    喜多方ラーメン食べたいな、と。

    141008-00.jpg
    という事でやってきました喜多方市
    街中のいたる所に喜多方ラーメンを食べられる店があります。
    多くの観光客が歩きながら色々な店を巡っていました。

    その中の一つ、まこと食堂さん。
    早朝から午後3時までの営業ですが、2時過ぎでも客足が途切れていませんでした。
    入口が二つあり、少人数向けの椅子席(左)と大人数向けの座敷席(右)に分かれています。

    141008-01.jpg
    中華そば(650円)。
    太めの縮れ麺に醤油スープ、柔らかいチャーシュー。
    これぞ喜多方ラーメンの王道、というラーメンでした。

    141008-02.jpg
    こちらはメニュー。
    ラーメン以外にもご飯ものもあります。
    ソースカツ丼は会津地方の名物でもあります。ご飯なしのカツのみでも頼めるようです。

    141008-03.jpg
    せっかく来た事ですし、ハシゴで二杯目を食べる事にしましょう。
    こちらは坂内(ばんない)食堂さん。
    首都圏など県外に「喜多方ラーメン 坂内・小法師」というチェーン店を展開していますが、
    その本店となる坂内食堂はこのような昔ながらの食堂という店舗となっています。

    141008-04.jpg
    ネギラーメン(850円)。
    まこと食堂とは異なる塩ベースのスープ。
    透き通ったスープながらしっかりと塩味が効いており、ネギの食感も良いアクセントになっています。

    141008-05.jpg
    喜多方ラーメンでお腹を満たした後は、福島市に向けて移動。
    裏磐梯方面を走りながら景色を楽しもうと考えた訳ですが、あいにくの曇り空…。
    写真は道の駅裏磐梯ですが、写真の上半分がまるまる雲に覆われてしまっています。
    晴れていればその先にも山々が見えていたと思います…。

    141008-06.jpg
    141008-07.jpg
    こちらは桧原湖
    とても広くて綺麗ですが、やはり雲に覆われていて、しかも結構寒かったです。
    この天気と寒さではボートの出番も無さそうで、湖岸で寂しそうに浮かんでいました。

    141008-08.jpg
    磐梯吾妻レークライン(元有料道路、現在無料開放)の駐車場から見た景色。
    木々は紅葉の途中で、まだ全体的には緑が多い状態ですね。
    もう少しすれば全体が赤や黄色に染まる事でしょう。
    この緑と紅葉が入り交じった、夏から秋へ移り変わろうという風景もいいものですね。

    141008-09.jpg
    そんなこんなで福島市に到着。
    ホテルにチェックインし、そしてホテル近くの居酒屋「庵ぐら」に行ってきました。
    看板にもあるとおり、福島の地物が味わえる店という事で、事前に目を付けていたのです。

    141008-10.jpg
    ご覧のように地元食材を使ったメニューが盛りだくさん。
    出来ることなら全部頼みたい所ですが、昼過ぎにラーメン2杯食べている事もあり、控えめに数点…。

    141008-12.jpg
    メイプルサーモンの刺身。
    脂が乗りながらもクドくなくサッパリした味わいです。

    141008-13.jpg
    青ばたとーふ揚げ出し。
    青豆を使った豆腐は中がうっすらと青緑色をしていました。
    豆の味がしっかり感じられる揚げ出し豆腐を、もみじおろしでいただきます。

    141008-11.jpg
    串焼き五点盛りは塩でいただきました。お肉そのものの旨味が味わえました。
    手前の串には梅のソースが掛かっており、酸味が効いています。

    141008-14.jpg
    そんな福島の美味しい料理を食べながら飲むビールは最高です。
    今回は料理数点とビール2杯で切り上げましたが、次は福島の地酒も試したいですね。

    そんな訳で、ラーメン、景色、お酒と料理を楽しんだ一日でした。
    前回の福島からの念願だった「ゆっくりと福島を堪能」を実現できて満足です。
    こうして翌日気持ち良く秋田に帰ることが出来ました。良い福島遠征でした。


    サッカー? なんですかそれ?

     
     

    止まない雨なんかない - 14.10.05 福島ユナイテッドFC

    141006-00.jpg
    10月5日、福島市の「とうほう・みんなのスタジアム」(とうスタ)にて福島ユナイテッドFC戦が開催されました。

    今シーズンここまでホームで2度戦って1敗1引き分け
    まだ勝利を挙げていないまま乗り込む福島でのアウェイ戦。どうしても取っておきたい所です。

    141006-01.jpg
    今回は前日から福島入りして一泊しました。
    ホテルの近くにさっそく福島ユナイテッド自動販売機を発見。
    近くにはスタジアムの命名権を買った東邦銀行もあり、なかなかのアウェイ感でした。

    141006-02.jpg
    翌朝、曇り空の中スタジアムに向かいます。
    駐車場を降りると現れたのは、5年前にプロ野球で行った県営あづま球場
    なんでも今年は一年間かけて除染作業を行う為に閉鎖中なのだとか。
    東日本大震災、原発事故の影響はこういう所にもあるんですね。

    141006-04.jpg
    141006-03b.jpg
    野球場を通過して到着した「とうスタ」。とても立派です。
    正面には大きく「とうほう・みんなのスタジアム」の表記が。

    141006-05.jpg
    そしてチラッと見えたスコアボードを見て驚きました。綺麗なフルカラーLED!
    昨年改修工事を行ったそうなのでその時に出来たと思います。とにかく立派。

    一方の秋田はと言うと、得点・文字のみ表示の球技場に、仮設スコアボードのみの陸上競技場。
    とにかく「羨ましい」の一言に尽きます…。

    141006-06.jpg
    スタジアム周辺には多くの木が植えられており、ほのかに色づきだした頃です。
    向こうに見える山も含めて、自然に囲まれた癒やされるスタジアムです。

    141006-07.jpg
    スタジアム正面には、東北サファリパークによる動物たちとの触れ合いコーナーがありました。
    のんびり座るラマ(左上)に、やや興奮気味のネズミの仲間・マーラ(右上)。
    ウサギは左下のようなちっちゃいのも居れば、右下のような大きなものも(えっ、違う??)

    141006-08.jpg
    この時点ではまだ雨は降っていなかったものの、寒かったのでスタジアムグルメで暖まります。
    福島県産の「エゴマ豚」を使ったモツ煮込み。熱々で柔らかいモツが絶品です。

    141006-09.jpg
    そして開場。J3開催時はメインスタンドのみの開放です。(ゴール裏は横断幕設置のみ可)
    結構傾斜があるスタンドで見やすいです。
    椅子も個席になっていますし、あとは照明設備さえ付けたらJ2規格に適合するのでは?

    141006-10.jpg
    大型映像装置をフル活用したスタメン発表。
    J2、J1にも負けない立派さですね。うらやましいー。

    141006-11.jpg
    そして試合の方は…。

    141006-12.jpg
    キックオフ後しばらくして雨が降りだしたこの試合。
    前半に微妙な判定から失点すると、後半に新里がイエロー2枚目で退場となってしまいます。
    2点目を失い、終了間際まで攻めるものの無情にも終了のホイッスルが…。

    141006-13.jpg
    勝利に喜ぶ福島の選手とサポーター。
    後で知ったのですが、これがなんと4ヶ月ぶりの勝利なのだとか。
    ここまで長い間勝てないと、選手もサポーターも気持ちが切れちゃいそうなものですが、
    それでも勝利できる日を信じ続けて今日まで頑張ってきた事でしょう。

    久々の勝利が見られて良かったですねえ、ええ(涙)

    141006-14.jpg
    そして、これで2敗1分けと福島に勝利できずに終わった秋田…。

    秋田・福島・盛岡の3クラブは「TOHOKU MITSUDOMOE」という合同企画を実施しています。
    3クラブの中でJFLとして長く戦ってきた「先輩」の秋田ですが、後輩の福島相手にこの戦い…。
    今季は盛岡とのホーム戦が1試合残っていますが、何とか意地を見せてもらいたいです。

    141006-15.jpg
    冷たい雨が降り続く中で撤収作業を急ぎ、とうスタを後にしました。
    立派なスタジアムでしたが、寒さと試合内容があまりにも辛すぎました…。

    福島の4ヶ月勝ち無しほどでは無いにしても、今シーズンは苦しい試合が続きます。
    それでもどうか勝利を信じて、次の試合も戦っていきましょう。

    140525-07_1.jpg
    止まない雨なんか無い、光を信じて。
    どうか諦めず希望をその胸に。