秋田ロッテblog

    Home > soccer-13

     

    響け、ありがとうの言葉 -宮城遠征を振り返る-

    2013年も残りわずかとなりました。

    秋田サポーターとして、今年は個人的に今まで以上にアウェイに足を運んだ一年でした。
    過去3年間のアウェイ遠征は、11年の松本と10、11年天皇杯の山形の3試合ですが、
    今年だけで天皇杯を含めて4試合も遠征しました。

    もっと多くアウェイ参戦している他のサポーターからしたら少なく見えるかも知れませんが、
    今までほぼホームオンリーだった自分としては、これでも驚異的な数字です。

    ブラウブリッツはJFLとして最後のシーズン。
    JFLに残るチームとは今季限りの対戦であり、特に「今見ておかなきゃ!」という思いが強かったです。
    そういう事もあり今年は今まで以上にアウェイに力を入れようと考えた訳です。

    石川でのツエーゲン金沢戦、浜松でのHONDA FC戦、天皇杯のユアスタでのベガルタ仙台戦
    それらもとても印象に残っておりますが。

    なんと言っても一番印象に残ったのが、七ヶ浜でのソニー仙台戦

    東日本大震災の前、2008年以来5年ぶりに訪れた宮城県沿岸部。
    JFLでは最後の対戦となるソニー戦、そして被災地の現状を見ておかねばという思い。
    日程を聞いた時点で真っ先に「行かなきゃ!」と思ったカードでした。

    試合の件、そして以前訪れた野球場への再訪は前回の記事でもお伝えしましたが、
    その他の場面を中心に改めて当時の遠征を振り返ってみたいと思います。(すいません長いです)

    06miyagi-01.jpg
    スタジアムに入り、バックスタンド方面を見るとそこには瓦礫の山が。
    これでも以前より減ったそうですが、相変わらず高い瓦礫の山で重機が作業をしていました。

    スタジアムは高台で津波の被害は免れましたが、普通に試合が行われているピッチと向こうの瓦礫とのギャップ。
    サッカーが出来る事、そして観られる事、それに感謝しなきゃいけないなと思う光景でした。

    06miyagi-02.jpg
    試合後には石巻に移動して、被災前に訪れた事がある居酒屋「三吉」さんにお邪魔しました。
    震災後どうなっていたか心配でしたが、通常営業しており安心しました。

    06miyagi-03.jpg
    魚介類メニューがメインのこちら、とにかく一番の魅力がこの安さ
    ほとんどが500円以下という品揃えで、新鮮な刺身を肴に飲む一杯は最高です。
    石巻駅近くには新しいチェーン店も増えましたが、こういう昔ながらの店は居心地が良いですね。

    06miyagi-06.jpg
    一夜明け、スタジアム巡りの為に移動。
    石巻の野球場とサッカー場は、震災直後から自衛隊の拠点に使用されてきました。
    展示されていた当時の写真を見ると、グラウンド内に自衛隊の車両を停めていたのですね。
    訪れた時にはそれぞれ本来の競技場としての姿に戻っていました。

    06miyagi-04.jpg
    石巻から先は段々と震災の爪痕が目立つようになります。
    建物の数が少なくなり、そこは広々とした雑草地と化していました。
    コンビニもこのようにプレハブ建てが多くなります。

    06miyagi-05.jpg
    その先に見えた気仙沼線は、橋や駅舎こそ残っていますが築堤はかなり流されていました。

    不通区間はバスによるBRTが運行されており、線路跡をバス専用道として運行する区間もありますが、
    再び「鉄道として」運行が再開される日は来るのか…。簡単には行かなそうです。

    06miyagi-08.jpg
    南三陸の野球場も高台にあるため被害はありませんでしたが、すぐ隣には仮設住宅が。
    後で思い出したのですが、以前行った時はここが芝生の多目的グラウンドでした。
    震災から2年経った当時でもこの状況…まだまだ時間は掛かりそうです。

    06miyagi-09.jpg
    その球場のすぐ近くにあるのが伊里前福幸商店街
    ご覧のように、サッカークラブを中心に様々な旗がなびく光景が目に飛び込みます。

    06miyagi-10.jpg
    我がブラウブリッツ秋田のフラッグもありますよ。
    この下には魚の加工食品を売る店があり、秋田の旗を掲げてもらったお礼も兼ねて買い物しました。

    06miyagi-11.jpg
    さて、ふとステージを見るとアイドルらしき女の子たちが。
    彼女たちは、気仙沼で活躍する地元アイドル・SCK GIRLSです。

    今日ライブがある事どころか、彼女たちの存在自体をこの日初めて知りました。(本当だぞ!狙ってないぞ!)
    我らの(?)pramoと比べると、人数が多く年齢層も幅広いようです。

    06miyagi-12.jpg
    気仙沼を中心に、被災した地域の在住者により結成されたこのSCK GIRLS。
    元気いっぱいのステージを見せてくれました。

    06miyagi-13.jpg
    メンバーの明るい笑顔にこちらも癒やされます。かれん!かれん!


    響け! ありがとうの言葉 大声で叫ぶよ これからの姿を見てて
    始まる僕らのストーリー作るよ あの景色が戻る日まで

    涙は拭いた 前に進もう 未来が輝くよ
    手と手握ったぬくもり忘れないから 今だけその肩を貸して

    もう少しだけ一緒に いつかまた この場所で会おうよ


    06miyagi-15.jpg
    …以上、七ヶ浜・石巻・南三陸の遠征を振り返ってみました。

    仮設住宅に瓦礫と、震災の影響はまだまだ多く残っておりましたが、
    商店街の皆さん、そしてSCKのメンバー、皆さんがとても元気だったのが印象的でした。
    皆さんが元気に頑張る姿を見ると、こちらまで元気になってきます。

    明るく、前向きな気持ちを持って、これからもみんなで共に闘っていきましょう
    あの景色が戻る日まで。

    スポンサーサイト
     
     

    続・Beautiful Akita -推定無罪-



    バ、バレた!!

    …いや、別に悪い事してる訳じゃ無いんでいいんですが。

    壇蜜さんは文化放送にて「壇蜜の耳蜜(みみみつ)」というラジオ番組を持っております。
    文化放送では毎週月曜、秋田では6日遅れの日曜日に放送されています。

    Beautiful Akita -壇蜜横断幕-

    ↑で、以前書いた横断幕の記事を耳蜜リスナーの方が番組へ投稿しまして、
    その投稿が先日の放送で取り上げられたという事です。

    太田英明アナ「『ブラウブリッツ秋田というサッカーチームがあるのをご存じでしょうか』」
    壇蜜「ブラウブリッツ秋田…最近出来たっぽいですね」
    太「『ブラウブリッツのサポーターが壇蜜さんをモチーフにした横断幕を作って、全国のスタジアムで掲示していますよ。そういえば壇蜜さんの前世は布でしたよね。現世でも布になっていますよ。それではまた』」
    壇「情報だった、純粋な情報だった。ありがとう」


    おおおー、番組の話題に取り上げられちゃったよー。公共の電波に乗っちゃったよ-。

    「前世は布」というのは以前の番組内での発言です。
    彼女曰く「前世は布で、来世は谷繁」だそうで…。
    今居る谷繁は布と壇蜜を経て今に至るのでしょうか…よくわかんねえ(笑)

    太「ブラウブリッツ秋田というのは、いまJ1昇格を最終的に目指しているチームで、J3に所属している秋田のチームです」
    壇「J3…『あさって感』があるね。J1が今日だとしたら、あさって、おととい…」
    太「おととい…おとといきやがれ(笑)」
    壇「四等親、又従兄弟(またいとこ)ぐらい?」
    太「そうですね、ギリギリ結婚式呼ぶかなっていう感じの」
    壇「J1が本人だとしたら、又従兄弟ぐらいの感じですか…頑張れ!」


    うーん、わかんねえ(笑)

    前述の「前世は布」発言も含め、彼女って時に常人には理解しがたい不思議な発言があるんですけれど、
    何故か突っ込めない、突っ込ませない雰囲気を持っているんですよね。
    「う…うん、壇蜜さんがそうおっしゃるんならそうなんでしょうね」と納得させられちゃうというか。

    太「確かにこの、壇蜜さんの写真を使ったと思しき縦長の布に、『BEAUTIFUL AKITA』と英語で書かれた文字が」
    壇「よく似ていますね。このあと横にずらすと、あれですよ。藤あや子さんバージョンとか、佐々木希さんバージョンとか加藤夏希さんバージョン、生駒ちゃんとかいっぱいあるから…、無罪」
    太「無罪。みんなこう、秋田生まれのそっくりさん」
    壇「あ、そっくりさんだ」
    太「『そっくりさんだ、なんだよかった安心した』…っていう所でいいんでしょうか」
    壇「はい。なんか、色々言うと色々問題になりそうですからね」


    とりあえずここで本人が横断幕写真を見た事になりますね。
    良かった、「似てる」と言ってもらえた。

    …で、藤あや子や佐々木希も作れという事でしょうか?
    そういえばJ's GOALの時も「佐々木希ちゃんもプリーズ」ってコメント書かれたっけ。

    壇「『壇蜜』というのは商標登録されておりますので、なかなか難しい問題ですね」
    太「しかも、こう『壇蜜』とは一個も書いて無く、『BEAUTIFUL AKITA』と、美しい秋田という横文字、英文」
    壇「なので、疑わしきは罰せず」
    太「そうですね。推定無罪ですね」
    壇「推定無罪です」


    131203-06.jpg
    推定無罪だそうです!

    …いや、「疑わしきは罰せず」って時点で疑わしい事は確定なんでしょうか?(笑)

    そうなんですよ。この横断幕には「壇蜜」というフレーズは使っておりません。
    モデルにはしていますが、「壇蜜本人」というより「秋田の象徴」として制作しました。
    「秋田美人」「美の国あきた」の意味を『BEAUTIFUL AKITA』のフレーズに込めております。

    なるほど、「壇蜜」というフレーズは商標登録されているんですね。勉強になりました。

    今年作ったこの横断幕、まさか年の終わりに本人の目に留まる事になるとは思ってませんでした。

    まあ横断幕への注目も嬉しいですが、それよりクラブそのものを知ってくれた事。
    故郷秋田のサッカーチームがJ3(彼女いわく一昨日、明後日)で戦っている事を知ってくれた事。
    壇蜜さん本人、そして全国放送で各地のリスナーの耳に「ブラウブリッツ」の名前が伝わった事。

    それだけでも横断幕を作った価値はあったのかな、と考えると嬉しいですね。

    NHK秋田放送局|ニュースこまち

    本日27日の午後5時より、NHK秋田にて特別番組が放送されます。
    メインゲスト壇蜜さんに、スポーツコーナーのゲストには我らの熊林親吾!!
    こういう形で壇蜜とブラウブリッツが接点を持つとは、なかなか面白そうですね。

    秋田駅前のアルヴェで公開生放送という事で、生で見たらさらに面白いでしょうね!
    先日の始球式以来のナマ壇蜜、とても見たいです!

    はい、お仕事です!(つД`)

    …観覧される皆様、楽しんできて下さい。行けない方はテレビの前で楽しみましょう。

    2014年カレンダー/壇蜜/14CL-496 [11/2発売]

    2014年カレンダー/壇蜜/14CL-496 [11/2発売]
    価格:2,205円(税込、送料別)

    【送料無料】THE SHOW TIME [ 藤あや子 ]

    【送料無料】THE SHOW TIME [ 藤あや子 ]
    価格:3,000円(税込、送料込)

    【送料無料】推定無罪 [ マキタスポーツ ]

    【送料無料】推定無罪 [ マキタスポーツ ]
    価格:2,500円(税込、送料込)

     
     

    Beautiful Akita -壇蜜横断幕-

    danmitsu1203.jpg
    本日12月3日は壇蜜さんの誕生日です。

    我が秋田県出身で、今年は様々なメディアに出演した超有名人です。
    ちょうど去年ぐらいに名前を聞くようになり「壇蜜?誰だろう」と思うようになったのですが、
    調べてみたら秋田県出身、しかも昭和55年生まれで同い年と知り驚きました。
    同郷の同い年があんな事やらこんな事やら…非常にけしからんいいぞもっとやれ

    東京ヤクルトvs横浜DeNA in 秋田【1】壇蜜降臨 - 秋田ロッテ管理人

    8月に秋田で開催されたプロ野球での始球式も話題になりましたね。
    神聖なグラウンド上で水着とか全くもってけしからんなもっとやれ

    で、その秋田出身の彼女を何とかブラウブリッツの応援ネタに使えないかと考えて、
    横断幕にしてみたらどうか、という事で製作に至った訳です。

    おかげさまで結構評判が良いこの横断幕。
    そこで今回は制作光景を振り返ってみたいと思います。

    131203-01.jpg
    ホームセンターにて横断幕に丁度いい水色の端布を発見、即購入しました。
    この時点で縦長の横断幕(縦だから縦断?まあいいけど)のイメージが浮かびました。

    131203-02.jpg
    写真と文字を拡大印刷してトレース。
    白布だったら布の下に敷けば下絵が透けますが、色布なので窓を使って透過させる方法に。
    窓いっぱいに壇蜜の写真、外から見たら妙な光景だったでしょうねえ(笑)。

    131203-03.jpg
    131203-04.jpg
    下書きが終わったら、白から塗り始めます。

    131203-05.jpg
    次に青を塗り完成!
    白塗りの段階でなんとなく見えていたイメージが、青を塗って一気に明確になりました。
    画竜点睛という言葉がありますが、やはり眼を描くと一気に顔らしくなるものなんですね。

    02.jpg
    完成した横断幕は6/1、アウェイのソニー仙台戦(七ヶ浜)でデビュー。

    131203-07.jpg
    131203-06.jpg
    その後も自分が行った試合にはホーム・アウェイ共に持って行って掲示しました。

    で、おかげさまで掲示の度に他のサポーターさんからの反応がありまして、みんな好意的なものでした。
    アウェイサポーターからも「壇蜜の横断幕だ!」などネットに書き込まれる事が多かったですね。
    自分が行けなかった試合で「今日は壇蜜の横断幕無いの?」と言われた事もあったとか。
    先日の長野でのパルセイロ戦では、サポ仲間に頼んで代わりに掲示していただきました。

    [ 第93回天皇杯 2回戦 仙台 vs 秋田 ] | J's GOAL | フォトニュース

    天皇杯、ベガルタ仙台戦で掲示の際はJ's GOALさんにも取り上げて戴きました。
    多くのJリーグサポの目にも触れたようで、非常にありがたい事です。

    本当にこうやって好意的な反応をしていただき嬉しいです。
    そして「ちょっと意外だな」とも思ったのです。

    もうちょっと批判があるかな、と思っていたので。

    「サッカーに関係ない」「ただのウケ狙い」「真面目に応援しろ」
    もっとこういう声があってもおかしくないと思っていたので、そこが意外でした。
    内心思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、表立ってそういう声は聞きませんでした。

    そりゃあサッカーに関係ないのは事実ですけどね。
    でも秋田出身の人気芸能人、「秋田」のアピールに使わない手は無いでしょう。

    「秋田」が好きだから。

    「BEAUTIFUL AKITA」の言葉には「美の国あきた」「秋田美人」という意味が込められています。
    地元秋田の美しさを誇りに思い、これからも応援に励みたいと思います。

    繰り返しになりますが、今回の横断幕を好意的に受け止めていただきとても嬉しいです。
    来年以降も壇蜜さんと一緒にブラウブリッツを応援していきます。

    CIMG0789.jpg
    出来る事なら是非ともホンモノに来ていただきたいですねえ(笑)

     
     

    どさ、Jさ -秋田からJリーグへ-

    JFL第34節 ブラウブリッツ秋田 VS 佐川印刷SC

    あー…。

    今季最終戦、勝って今季を締めくくりたかった所でしたが…。
    0-2で完封負け、この日が最後のプレーとなる松田のゴールも見られませんでした。

    これで今季の試合は全て終了。
    そしてJFLとして戦う最後のシーズンも終わりました。

    131124-1.jpg
    ※標準語訳=「どこに行く?」「Jリーグに行く」。
    東北以外の方は「どさゆさ」で検索したら意味が分かるかなと。


    来シーズンからは新たに発足する「J3リーグ」に参入して戦う事になります。

    ブラウブリッツ秋田を支えていただいているすべての皆様へ | ブラウブリッツ秋田

    本日Jリーグ理事会におきまして正式にJ3への入会が承認され、来期からJリーグディビジョン3に参戦することが無事決定いたしました。

    本日まで心強くそして温かい声援をいただきましたサポーターの皆様、物心ともに支えていただきましたスポンサー企業の皆様や株主の皆様、お休みの日にも関わらず試合運営に協力いただいております運営ボランティアの皆様、各地域貢献活動へのご協力をいただいておりますホームタウン自治体の皆様、クラブの活動に賛同いただいております全ての皆様を、あえてブラウブリッツファミリーと呼ばせていただき、ブラウブリッツファミリーでつくり上げた「J3参入」に心から感謝申し上げます。


    131124-2.jpg
    TDK SCからブラウブリッツへ秋田へとチームが変わり、「Jリーグ入り」を目指して戦ってきました。
    すると今年始めにJ3設立が決定、先日秋田などのクラブが加入する事が正式決定しました。

    J2の下とはいえ、Jリーグ傘下のリーグに加入。
    そういう意味では「Jリーグ入り」は果たした事になります。
    恐らく来年のユニホームの袖には「JFL」ではなく「J」のマークが入る事でしょう。

    一つの区切りにはなったと思います。

    でも、これで終わりではありません。

    長崎や松本などの「J2昇格」とは違い、「J3『移行』」と言った方がいい今回のJ3入り。
    実際多くのJ3クラブは今季もJFLで戦ってきた相手。
    今年までと同じように、J2昇格を目指して争う事には変わりありません。

    Jリーグ傘下のリーグに入った事で、目指すJ2が真上に位置した事になります。
    最終戦は負けましたが、下を向かずに来年に向けて上を向きましょう!

    131124-4.jpg
    131124-5.jpg
    131124-6.jpg
    今までより子供たちや親子連れが目立つようになった印象があるスタンド。
    この子たちが大人になる頃、きっとJ2、いやJ1に定着して戦っている事でしょう。

    その為の第一歩がこれから始まろうとしています。
    今日はJFLでの戦いが終わった日、そして同時にJ3での戦いが始まる時でもあります。

    131124-3.jpg
    秋田からJ2へ。
    J3元年の戦いがこれから始まります。

    【送料無料】Jリーグあるある100

    【送料無料】Jリーグあるある100
    価格:998円(税込、送料込)

     
     

    お前のゴールはすげがっだ - vs MIOびわこ滋賀

    131118-10.jpg

    マツ!!!

    …いやあ、こんなに上手いこと行き過ぎちゃっていいんでしょうか。
    ホーム最終戦、そして自身の秋田での最後の試合。
    JFL通算200試合目で、JFL通算100ゴール、しかも後半のホームサポ側で決めた決勝点

    …出来すぎでしょ…。

    …サッカーの神様が降りてきたような奇跡の試合に立ち会えて、本当に幸せです。
    そんな夢のような一日を改めて振り返ってみましょう。

    131118-01.jpg
    最高の舞台に向けて、サポーターも試合前から準備。
    松田の横断幕にはみんなでメッセージを書き込んでいました。(あ、椎名恵ちゃんだ!)
    そういう事で自分もあるゲーフラを持参。

    131118-02.jpg
    \アッカリーン!/

    …あ、いや、決してふざけてるつもりは無いんですよ。

    ドメサカ板まとめブログ : 【小ネタ】北九州のアニメゲーフラのご利益がすごい
    ドメサカ板まとめブログ : 北九州のゴール裏に圧巻のあかりゲーフラ群が登場

    昨年コレを作ったきっかけが、北九州のサポーターが作ったあかりゲーフラでした。
    「あかり(選手名)大好き」を上げるとその選手が活躍する、という事が話題になりまして、
    その縁起物に少しでもあやかろうと、松田バージョンで作った訳です。
    なんとしても得点を決めて貰いたい今日、必ずゲーフラの御利益があると信じて!

    131118-03.jpg
    ホームゲームでこのメンバーで戦うのは最後。円陣にも特別な想いがあるでしょう。

    131118-04.jpg
    二戸と木内…あれ??

    この日は二戸と木内がベンチ外でしたが、土屋と大森がそれぞれのユニホームを着て練習。
    共に契約満了となりホームで最後のゲームとなります。

    131118-05.jpg
    二人のユニホームは試合中にはベンチに掲げられました。
    ベンチには入れないけど、共に最後まで戦おうという気持ちが表れていました。

    131118-06.jpg
    その契約満了選手の一人、熊野一樹。
    ここ最近ベンチ入りしてるなと思ったら、最後にまさかの今季初出場、それもスタメン!!

    メンバー発表時、驚きと嬉さの反面「大丈夫か…??」という気持ちもありました、正直。
    別に消化試合でも無いし、思い出作りだけが目的の起用ならちょっとな…。
    そう複雑な気持ちでキーパー熊野を見ていましたが…。

     す み ま せ ん で し た m(_ _)m

    前半にスキを突かれて失点したものの、その後は守り抜きました。
    特に後半、松田が勝ち越しゴールを決めた後の好守は凄かった!
    後半は攻められ続けてヒヤヒヤでしたが、必死でリードを守り抜いた熊野。
    ここ最近終了間際に追い付かれる事の多かった秋田ですが、しっかり守り抜いてくれました。

    秋田でのプレーは今年限りになるものの、光るモノは見せてくれたと思います。
    1試合でも出場出来たのは大きな経験、失点も良い経験となるでしょう。
    来季は新天地でいいプレーを見せて貰いたいです。

    131118-08.jpg
    131118-09.jpg
    松田の得点を守り抜いた秋田が、ホーム最終戦で勝利を挙げました。
    そして現在のメンバーで戦う最後のホームゲームが終わりました。

    131118-12.jpg
    試合後には選手・監督が観客をお見送り。
    今年一年指揮した与那城ジョージ監督もこの笑顔。
    明るくお茶目な監督にサポーターも癒やされた一年でした。

    131118-07.jpg
    131118-11.jpg
    目標としていた4千人台には届かなかったものの、3千人を超えたこの日の観客数。
    この皆さんと、来年もまた喜びを分かち合いたいですね。

    今日11月19日はJ3への参入が正式決定した日。
    来年もJ3での戦いをみんなで後押ししましょう。そして優勝・昇格を目指しましょう。

    131118-13.jpg
    来シーズンも共に闘おう!!

     
     

    お前のゴールを見せてくれ -松田正俊引退-

    101024.jpg

    松田正俊選手 現役引退のお知らせ | ブラウブリッツ秋田

    この度、ブラウブリッツ秋田所属の松田正俊選手が15年間に渡る選手生活にピリオドを打ち、今シーズン限りで現役を引退することとなりましたので、お知らせいたします。
    なお、11月17日(日)のホーム最終戦(JFL第33節 ブラウブリッツ秋田 vs MIOびわこ滋賀戦)終了後に、引退セレモニーを行います。


    …今日の昼にこの一報を聞き、とても驚きました。

    シーズン終盤、既に菅原や二戸など何人か契約満了選手が発表されておりました。
    「寂しいな…まだ他にも退団選手が居るのだろうか」そう思っていた所に…。

    昭和55年生まれ、今年で33歳になる松田選手。
    自分と同い年という事で親近感が湧き、BBの応援を始めた時から注目してきました。
    11-12年に在籍した小林宏之(野球じゃない方)、現在の新里裕之GMも同い年ですね。

    danmitsu-1113.jpg
    おっと、この方も同い年でしたね(笑)。

    話が逸れましたが、33歳、スポーツ選手として決して若いとは言えない歳です。
    三浦知良みたいな例は特別として、大抵はピークかそれを過ぎようという年頃ですよね。
    現実的にこの先何年も活躍は出来ないだろうな、というのは薄々感じていました。
    とはいえ、ここまで多くの試合に出場しており、まだまだ行けるかもと思ってました。

    それなのに…。

    …まあ、本人が決めた事ですし仕方が無い事、受け入れるしかありません。

    現在JFL通算199試合出場、99得点のマツ。
    今週末のホームゲーム、MIOびわこ滋賀戦にも、もちろん出場するでしょう。
    通算200試合を達成して、もちろん100得点も決めてくれますよね!

    松田の100ゴール!弁当、はじめました。 | ブラウブリッツ秋田 official ブログ by ダイヤモンドブログ

    さてこの試合、松田考案の弁当が発売される事になっています。
    弁当発売を発表した当時はもちろん引退公表前でしたが。
    もしかしてこの弁当考案の時点で、本人は引退を考えていたのかも…? 真相は不明ですが。
    マツ好物の赤飯を入れる一方で、苦手というプチトマトを入れられて本人苦笑という(笑)。

    今週は初雪が観測された秋田市、試合当日も寒くなる事が予想されます。
    豚汁で体を温めて、マツの200試合&100ゴールを赤飯でお祝いしましょう!

    お疲れ様、を言うのはまだ早いです。
    残り二試合を最後まで突っ走って、完全燃焼してもらいましょう!



    さて、冒頭の写真は2010年、TDK SCからブラウブリッツに変わった一年目のもの。
    自分が本格的に応援を始めたのがこの年、まだ選手もチームもよく知らない頃でした。
    とにかく意識して誰を撮るとかじゃなく、手当たり次第に選手やスタジアムを撮っていました。
    それでも改めて振り返ってみると、ここまで結構マツが写る写真が多かったのです。
    それだけ毎年チームの中心で頑張ってきた証拠ですね。


    その2010年、これが一番古い写真で3月のジェフリザーブズ戦。うわー若い!なんか細い!
    手前に居る菅原太郎は、開幕戦で記念すべきブラウブリッツ第一号ゴールを記録。
    ブラウブリッツ初年度を支えた二人、共に今季限りでチームを去る事に…。

    100711.jpg
    同じ年の7月、ガイナーレ鳥取戦。池田昌広(現奈良クラブ)とのツーショット。

    110619.jpg
    2011年6月、栃木ウーヴァ戦。この年は得点王に輝きました。

    110918.jpg
    2011年9月、ジェフリザーブズ戦。
    この日も活躍を見せたマツがファンと触れあいます。

    120415.jpg
    2012年4月、長野パルセイロ戦。
    この日は長野に敗戦、非常に悔しそうな表情を見せていました。

    130331.jpg
    そして今年3月、HONDA FC戦。
    FW松田とDF初田、二人の大型選手がこの日のヒーロー。まさに「ツインタワー」

    …このように、ここまで4年間「ヒーロー松田」の写真が多く撮れました。

    いつも「ここぞ」という時に決めてくれたマツ。
    今シーズンホーム最終戦、そして自身の200試合&100ゴールが掛かるこの試合。
    必ず決めてくれると信じています!
    試合終了後には、きっとこのようにトラメガを持ってサポーターの前に立ってくれるでしょう。

    松田、お前のゴールを見せてくれ!


     
     

    痛い、痛い… - vs FC町田ゼルビア

    はあ…。

    僕はもう疲れたよ…。

    試合後から二日間ほどグッタリと疲れてました。
    試合内容もそうですし、後半からの豪雨に打たれて風邪気味だったのもそうですし、
    試合後に飲み過ぎたし…。(それは自業自得)

    非常に辛い、痛い、そんな試合結果でした。
    しかし相手の町田ゼルビアにとっても、同じかそれ以上に痛い結果だったと思います。
    改めてそんな色々大変だった一日を振り返ってみたいと思います。


    この日は多くの町田サポーターが西目カントリーパークに集結しました。
    駐車場には多くの関東方面ナンバーが停まっていましたよ。お疲れ様です。

    まあ西目だと他会場より公共交通機関が弱いので、車遠征がメインになっちゃいますね。
    臨場感があり良いスタジアムなのですが、この辺がちょっとネックになります。

    そんな町田サポーターの方からお土産をいただきました。
    お菓子なのですが、その箱が…。

    1103-02.jpg
    こ、これは!!

    イラストレーター、高田桂さんによる綺麗で可愛いイラスト。
    サッカー関係を中心に色々な作品を描いている方です。
    Twitter上にて、女子サポーターのイラストへの塗り絵企画も開催していました。

    【塗ってもいいのよ企画】まとめ-その1- - Togetter
    【塗ってもいいのよ・夏】まとめ - Togetter

    秋田ユニバージョンのイラストも投稿されています。
    いやー良い出来ですねえ。作者は誰なんでしょうねえ(えっ?)


    お土産ありがとうございました。目と舌の保養(??)になりました。

    1103-03.jpg
    ここ最近出没情報が多いカクシカくんが今日も登場。
    クラブの広報車と一緒にダイハツコラボ。
    ピースサインなんかして、この頃はまだ余裕だったのですが…。

    1103-04.jpg
    1103-05.jpg
    入場してピッチに目を向けると、しばらく出場メンバーから外れていた二戸、
    そして浅井に替わりサブメンバーに名を連ねた熊野の姿が。

    1103-06.jpg
    天気は雨が予報されていたものの、この時点では曇り。
    試合は前半終了時点で0-1とリードを許すものの、最低限の失点でなんとか耐えました。

    ここから天候の急激な悪化と共に試合も動きが激しくなります。
    大雨の中、三好、松田の得点により2-1と逆転!
    このまま耐えて欲しいと思ったものの、前戦に続き終了間際に痛恨の同点ゴール…。
    そして終了のホイッスルの音が…。

    1103-07.jpg
    そこには立ち上がれずに居た両チームの選手の姿が…。

    二試合連続で終了寸前で勝利を逃した秋田。
    そして今日の勝利が無くなった事で2位浮上&来季のJ2昇格が消えた町田。
    両チームにとって非常に痛い、辛い結果となってしまいました…。

    1103-08.jpg
    今日のゴールで、JFL通算100ゴールに王手を掛けた松田。
    前節の同点後、終了間際のゴールを惜しくも逃した島川。
    あともう一点ここで決めていれば…、と非常に悔しかった事でしょう。

    どうかこの悔しさを今季の残り試合でぶつけてもらいたいですね。
    特に松田には何としても今季中に100ゴールを達成してほしいです。

    1103-09.jpg
    試合後、時折青空が覗きながらも再び大雨が降ってきました。
    両チームの選手、サポにとって非常に激しく、冷たく、そして痛い雨粒…。

    1103-10.jpg
    当然横断幕もびしょ濡れになりましたが、次の試合ではまた選手達を奮い立たせてもらいましょう。
    次の長野戦、自分の壇蜜横断幕をサポ仲間に預ける事にしました。
    意外と評判を呼んでいる横断幕が「勝利の女神」となってくれる事を願います。

    ビショビショに濡れた壇蜜…いや何でもないです

    1103-11.jpg
    試合後は秋田市に戻り居酒屋で打ち上げ。
    試合の辛さを忘れるように酒がとにかく進みます。
    あまりに飲み過ぎて、夜から翌日にかけて気分が悪くなりましたが…(だから自業自得)

    店内のテレビでは日本シリーズ第七戦が放送されていました。
    この試合で勝利した楽天イーグルスが、球団史上初の日本一に輝きました。
    この優勝によって仙台、そして東北中が盛り上がった事でしょう。

    いつかブラウブリッツもこれくらいに地元を盛り上げる存在にしたいですね。
    昇格、優勝を決めて、秋田の街中が歓喜に包まれるような存在に。

     
     

    特急いなずまJ3行き - vs 横河武蔵野FC

    10月26日、仁賀保グリーンフィールドにて横河武蔵野FC戦が開催されました。

    今季最後の仁賀保開催。
    そしてJ3発足に伴い、JFLに残る武蔵野との対戦は恐らく最後。
    JFLで7年戦って一度も勝てていない相手。勝つチャンスは今しかありません。
    色々な意味で区切りになるこの試合、しっかり取っておきたい所です。

    1027-00.jpg
    さて、この日は秋田魁新報による秋田-仁賀保間の応援列車が運行されました。
    その名も「BB-EXPRESS」
    列車をまるまる一編成貸し切り、会場までノンストップ直行するという大がかりな企画。
    駅員さんもこのようなボードで参加者を歓迎してくれました。

    1027-02.jpg
    E6系スーパーこまちと並んで入線してきた701系電車。
    一見、いつもの普通列車と変わらないですが…。

    1027-03.jpg
    このように、車内や車外の至る所にエンブレムが!!
    魁さんもJRさんも相当チカラを入れてるな、というのが伝わってきました。

    1027-04.jpg
    ブラウゴンも秋田駅に登場しました。
    この日のために作った方向幕風のゲーフラを持っていただきました。
    「みんなでJ3に行くんだゴン!」

    1027-05.jpg
    竜と鹿とのツーショット(笑)

    1027-06.jpg
    ノンストップで(正確には単線すれ違い停車はありましたが)あっという間に仁賀保駅に着きました。
    仁賀保グリーンフィールドは仁賀保駅のすぐ裏手にあり、徒歩数分でスタジアム入り。
    当日は雨の可能性もありましたが、雲は厚いものの雨は降らずに済みました。

    試合は後半開始早々、三好が先制ゴールを決めてくれました!
    その後も終盤までリードを守り抜き、「今日こそ勝てる!最後の最後で勝てる!」と思ってました。

    …ました…のですが…。

    ロスタイムに入り、まさかの同点ゴール…。

    そして終了の笛…。

    1027-07.jpg
    最後まで秋田に勝利を許さなかった黄色い軍団。
    そして大きな横断幕とトランペットが印象的だった武蔵野サポーターの皆様。
    彼らの事は忘れないでしょう(と言うより、忘れようにも忘れられない…)。

    1027-08.jpg
    とはいえ、1つでも勝ち点は取れました。
    落ち込む事無く前を向いて、次の試合に向けて準備を整えましょう。
    残り試合も少なくなりましたが、とにかく最後まで自分達のサッカーを貫き通しましょう。

    1027-09.jpg
    こういう試合結果もあり、帰りの列車の中は皆さんお疲れ気味に見えました。
    なんだか平日夜の車内、会社帰りの乗客って感じでしたね…。

    でも発車して間もなく、車窓の外には雲間から光線が降り注いでいました。
    いわゆる「天使の梯子」と言われる現象ですね。
    綺麗な光景に、勝てなかった辛さも少しだけ和らいだ気がします。

    J3からJ2、そしてJ1へ…。あの梯子に乗って上まで登って行きたいですね。

    1027-10.jpg
    そしてBB-EXPRESSは秋田駅に到着。応援ツアーはこれにてお開きとなりました。
    秋田魁新報さま、JR東日本秋田支社さま、素敵なツアーをありがとうございました。

    今回の列車はノンストップ運行でしたが、Jリーグへの道はノンストップとは行かないでしょう。
    様々な駅で停車と発車を繰り返し、時には引き返す事もあるかもしれません。
    でもレールの先にはきっと素敵な未来が待っているでしょう。

    「特急いなずま」はこれからも走り続けていきます。

     
     

    どでしたどでした4得点! - vs Y.S.C.C.

    10月6日、男鹿総合運動公園にてY.S.C.C.戦が開催されました。

    1006-01.jpg
    これまで秋田市・にかほ市・由利本荘市でホームゲームを開催してきたブラウブリッツですが、
    今回新たにホームタウンとなった男鹿市にて、初めての公式戦が開催となります。

    8.16 男鹿市がブラウブリッツ秋田のホームタウンとなりました | ブラウブリッツ秋田

    冠スポンサーとなったのは、秋田のスーパーマーケット「アマノ」様です。
    男鹿に本社を置くアマノは今回スポンサーとなり非常に気合いが入っているようでした。
    店舗へのポスター掲示、応援弁当の製造、男鹿店駐車場から会場への無料バスの運行など。

    男鹿市、アマノ等のスポンサー、そして男鹿市民の皆さんの気合いが感じられる試合。
    是非とも驚くほど面白いゲームを期待したくなります。

    1006-01-2.jpg
    「どでする」(=驚く)ゲームを魅せてくれ!

    ※「どでしたデー」はアマノが開催するセール名です。どでする程の安さです。

    【10/13追記】写真提供…Fサポ
    1006-f1.jpg
    「男鹿」開催という事もあってか、ゲーフラを手にご機嫌のカクシカ氏。
    果たして彼の正体はいったい…??

    1006-02.jpg
    試合前には男鹿市の渡部幸男市長がサポーターの元へ挨拶に来ていただきました。
    ホームタウンになっていただきありがとうございます。一緒に盛り上げていきましょう!

    1006-03.jpg
    1006-04.jpg
    横断幕設置。
    構造上、横断幕を貼れるフェンスやネットが無く設置には不安もありましたが、
    木の幹や生け垣を駆使して、当初の予想よりも上手く貼れたと思います。

    1006-05.jpg
    1006-06.jpg
    意外と立派なスコアボード下も活用。壇蜜はこちらに陣取りました。
    スポンサー様へのアピールも忘れません(笑)。

    1006-07.jpg
    この日の入場者数は1668人。
    招待や市民割引等もありメインスタンドは結構な入りでした。
    中には「初めて試合を観た」「秋田市や仁賀保にはなかなか行けない」って方も居たでしょうね。
    そういう方が試合に興味を持って、今度は他会場に来て来たいただけたら嬉しいです。

    1006-08.jpg
    そして試合は4-0で快勝!!
    初の男鹿開催、テレビ中継も行われた中での圧勝。まさに「どでした」!!
    自然に囲まれた男鹿のスタジアムに「秋田オレオレ~♪」が響き渡りました。

    さて。


    アマノのCMにも出演している秋田の地元アイドルグループ、pramoの皆さん。
    秋田ダイハツなど共通スポンサーも多く、水曜夜には隣り合う時間にラジオ番組を持ちます。
    (18:00~ ブラウブリッツ on the wave、18:30~ pramo+)

    bb_pramo.jpg
    8月、pramoの曲をチャントにする熊野選手が出演時には、メンバー(MAYUKOMUGI)がゲスト出演!
    生歌で応援してもらって俺得さぞかし熊野も嬉しかった事でしょう。

    そんな感じでブラウブリッツとも多くの接点があるpramo。
    おととし、昨年に続いて3度目となる試合会場でのイベントです。

    1006-09.jpg
    入念にリハーサルする様子。を後ろから盗撮

    1006-10.jpg
    アマノの売店ブースにはSERENちゃん(左)、MAYUちゃん(右)の二人が。
    SERENちゃんは男鹿が地元なので、こういうイベントはきっと嬉しいでしょうね。
    pramoのリーダーで、キリッとした顔つきが魅力です。推しメンです(←聞いてない)

    【10/13追記】写真提供…Fサポ
    1006-f2.jpg
    そんなSERENちゃん、このように笑顔でお客さんと交流していました。
    こんな彼女にドリンク売ってもらって、さぞかしお客さんも嬉しいでしょうねえ。
    誰でしょうかこの26番の人って??

    1006-11.jpg
    そしてハーフタイムには新曲「Fighting pose」を披露!
    …ただし、ゴール裏からはゴールネットやテントが邪魔をしてあまり見えず(笑)
    いいんです、メインスタンドの皆さんにしっかり見ていただけたらそれだけで。

    ミニライブに物販と、pramoの皆様お疲れ様でした。
    スポーツ選手として、アイドルとして、共に秋田を盛り上げる為に頑張る者同士。
    これからも是非ともブラウブリッツの試合でイベントを開催していただきたいです。

    い、いや個人的に見たいだけとかそういう理由じゃ無くて!(震&必死)

    燃える太陽照らすその先で 廻るこの地球(ボール)は僕らの夢乗せて
    光るゴールを見失わぬように 繋ぐその想いを今解き放て
    どこまでも続いてるこの夢を 追いかける僕たちの Fighting pose



     
     

    The Power of Dreams - vs Honda FC

    0928-03.jpg
    9月28日、静岡県浜松市にてHonda FCと対戦しました。

    長年JFLの強豪として活躍し、Jリーグへ昇格した各クラブを苦しめてきました。
    いつしか付いた異名は「Jへの門番」

    来季J3参入が濃厚な秋田にとって、JFLとして対戦するのは今年が最後。
    これから次のステップへ進む為には「門番」との最後の戦いを制しておきたいところ。

    今まで都田のアウェイ、それどころか実は静岡県自体に行った事が無い自分ですが、
    この戦いは是非とも見なければと思い、サポ仲間と車に相乗りで10時間の旅に出ました。

    0928-01.jpg
    まずは敵を食ってかかろう、と朝食は静岡SAで桜海老かき揚げうどん。

    0928-02.jpg
    住宅街を進み(多少迷いながら)到着したHONDA都田サッカー場。
    場内に停まる軽トラックはしっかりアクティでした。

    0928-04.jpg
    新型のフィットも展示。
    これはハイブリッドでは無くガソリン車だそうですが、エンジン音がとにかく静か!
    価格表には180万円程とありました。いいなあ…スイフト買ったばっかりだけど。

    0928-05.jpg
    0928-06.jpg
    場内の様子。
    小さなメインスタンドと仮設バックスタンドですが、とにかく臨場感があります。
    特にバックスタンドはフェンスも無く、ピッチの芝の上を歩けますからね。

    この日はサッカー少年がたくさん来場していました。
    サッカーどころの静岡。この中から何人のプロサッカー選手が誕生するのでしょうか。
    こういうプレーが身近に見える場所での観戦は色々と勉強になるでしょうね。

    0928-07.jpg
    ゴール裏の横断幕スペースを秋田色に染め上げました。(壇蜜もいるよ!)

    0928-08.jpg
    手差し式ながらメンバー表までしっかり完備のスコアボード。
    秋田はここ最近「山」「川」「田」が目立つ自然豊かなラインナップ。

    0928-09.jpg
    マスコットのパッサーロくんや…、

    0928-10.jpg
    チアリーダーの皆さんのパフォーマンスもあります。

    0928-11.jpg
    試合は1-3…。
    失点が重なり、1点を返すのがやっとでした。
    都田の壁は最後まで高いままでした。

    0928-12.jpg
    Honda戦や藤枝戦では今まで天気に恵まれない事が多かったそうです。
    この日は夏に逆戻りというくらいの快晴、最後に良い天気の下でいい試合を観たかったですが…。

    結果は残念ですが、素晴らしいスタジアムの光景はとても印象に残りました。
    前述の通り、来年よりJFLとJ3(予定)とで道は分かれます。
    お互い良いチームを築いて行きましょう。それぞれの「夢」に向かって。

    passaro-kakusika.jpg
    ありがとう、Honda FC!

    ※画像はホンダ(パッサーロ)とダイハツ(カクシカ)による友好の握手

    【送料無料】ホンダ新型フィット

    【送料無料】ホンダ新型フィット
    価格:780円(税込、送料込)