秋田ロッテblog

    Home > marines-10

     

    引き分け

    いやー。


    ひっどいね(笑)。


    両チームとも毎回のようにランナー出して、ことごとくチャンスを潰して。
    こんな内容で、やる方も観る方もドッと疲れちゃったのではないでしょうか。

    あの時間でも観客があまり帰ってなかったのは凄かったですが。
    皆さんちゃんと帰る足はあるんでしょうか。
    (ナゴヤドームは10時以降の応援規制無いんですね、いま知りました)

    もう選手も観客もさっさと寝て明日に備えましょう。(というか日付は今日か)

    まあ、決められるなら決めたかったんですけど、
    変な話、負けてタイになってもそれはそれで構わないという気持ちでした。

    だって、「相手があと1勝で優勝」という時に燃えるのがロッテですよね?

    仮に7戦目を落とす事があっても焦る事はありません。
    昭和61年以来となる「第8戦」で中日の地元優勝を阻止すればいい話です。
    もちろん7戦目で決められるに越した事は無いですが。

    ナゴヤドームに詰めかけたロッテファンがジーンと痺れる試合を見せてやりましょう。
    カモメの叫びを耳にして。(叫ぶの??)


      
    スポンサーサイト
     
     

    待ってりゃあよ見てりゃあよ 天下を取るがね

    ロッテが先勝=今江決勝打、成瀬粘る-プロ野球日本シリーズ

    やっちゃいましたね。

    まあこちらは負けて元々で失う物はありませんから、
    CSと同様「3位に負けたら…」のプレッシャーで相手の自滅を誘いたいです。

    パリーグ3位が日本シリーズを制覇。
    そうなったらまた世間が大変な騒ぎになっちゃうでしょうねえ。
    制度を導入したNPBにも、ロッテ自身にも相当文句が来る事でしょう。

    でもCSをやっている以上、いつかは3位の勝ち抜けチームが出てくる訳で。
    そして日本シリーズを制覇して「3位の日本一」が誕生する可能性もある訳で。

    じゃあ「最初にそれを達成するチームはどこになるのか?」を考えると、
    数々のKY事件を起こしてきたロッテが一番ふさわしいのではないでしょうか。

    マジック1の相手に勝利とか、9回2死でノーヒットノーラン阻止とかやるロッテが、
    「ウチは3位なので、1位の中日さん勝って下さい」なんて素直に譲ると思います?


    やっちゃいましょうよ、ここまで来たら。


    そんな訳でNHKBSのテレビ中継を観ていました。
    民放地上波におちゃらけた中継をされるくらいならBSの方がいいですよ。
    「不人気カードのせいで地上波無し」とか煽る輩はほっといていいんです。

    しかし根元俊一の応援歌がシンケンジャーのエンディングだったとは。

    …今頃になって気づくなよって話ですが。
    球場行ってないし、中継でも根元の打席を見る機会が無かったもので。



    以前このスーパー戦隊主題歌集をレンタルして聴きました。
    番組自体は見てないんですけど、こういうヒーロー物の主題歌が好きなので。
    ちなみにmixiには「アニメ見ないけどアニソン好き」というコミュがあります。

    で、「四六時夢中シンケンジャー」という曲があります。
    イントロとAメロのメロディーが以前から気になってましてね。
    「ここを応援歌か何かに使えそうだよな」と思ってました。

    思いっきり使ってましたね。しかも身近で。

    今年は他にもアニソンとかから応援歌を作ったらしいですけどね、ジン君は。
    しかし何故にシンケンジャーなのか。

    ♪五つの~、本気を~、合わせて~、ワッショイーーー♪

    …「ワッショイ」繋がり!? Σ(゚Д゚ )


      
     
     

    あきらめたらそこで試合終了ですよ

    西武とのクライマックスシリーズ。

    初戦は5対1で負けましたか。

    まあ気持ちを切り替えて、次の試合へ…。



    あ、あれ??



    うわー、ネットで8回裏の情報を得た時点で完全に諦めてました。
    まあいいやと思い、しばらくしてテレビ付けたら何か試合やってるし。
    またライトスタンドに飛んでいったもんだから、えらい騒ぎになってましたね。

    本当に完全に諦めていました。安西先生ごめんなさい。
    さすがにシーズン最終戦で3位に滑り込んだだけあり、しぶとさはあります。
    これは次の試合も、もしかしたらもしかするかもしれません。
    こうなれば何も恐れず行ける所まで行きましょう。

    そして史上初の「3位で日本シリーズ進出」と行きましょう。
    きっと空気読めって叩かれるんだろうなあ。ああワクワクする。
     
     

    自転車こいで太陽をめがけて

    マリーンズ自転車が出るらしい。

    ダメですよ、「その辺の自転車にステッカー貼れば自作できるんじゃね?」とか言っちゃ。

    白や黒のシンプルなデザインはいいと思いますが、
    マリンの駐輪場がこれだらけになったら、どれが自分のかわからなくなりそうです。
    まあ鍵さえ掛けてりゃ他人のと乗り間違える事は無いでしょうが。

    受注生産で到着は8~9月だそうです。
    どうしましょう、急に負けだして着いた頃には順位が急降下してたら。
    借金生活でこれが本当の自転車操業とか。


      
     
     

    今日のピカチュウ

    「ピカチュウ」がスタジアムにやってくる!

    >大人気「ポケットモンスター」の「ピカチュウ」が、スタジアムに遊びに来るよ!

    6月1日(火)対巨人戦の、ファーストピッチセレモニーに登場!
    キッズスクエアでもグリーディングをおこなうよ!

    ピカチュウに会いに、スタジアムヘいこう!


    阪神戦じゃないのか…。


      
     
     

    東京ドーム

    もしかしてドラムのヘッド壊れました??
     
     

    地方へ行こう

    ちょっと前の話で恐縮ですが。

    ロッテが相変わらず地方の楽天戦で空気を読まない件

    これで秋田2戦・盛岡・福島・郡山の5戦全勝ですから。

    これはブラックリスト入りもありますよ。(何の?)
    …いや、遠征客の多さ目当てでまだまだ続くのか?

    東京・郡山・仙台(雨天中止)という変則三連戦となりました。
    楽天社員・会員の為の東京開催も大切かもしれません。
    でもやはり「東北他県での開催」をもっと大事にして欲しいなと思います。
    一応今も開催はありますが、もう少し頻度を増やして貰いたいですね。

    4万人満員の東京ドームに対し、地方ではせいぜい1万人を超える程度。
    目先の収入で言えば、(招待客が大半とはいえ)東京の圧勝でしょうが、
    数年後のファンを増やす事を考えると、地方開催の方がメリットは大きいと思います。

    そういう意味で8月の秋田開催が重要となってきます。

    昨年の一位二位の対戦なら、黙ってても盛り上がるだろうと思ってましたが、
    日本ハムがあんなえらい事になってますでしょう。
    4ヶ月後には何とか持ち直してるといいのですが。

    あ、そうそう。
    前に書いた、セルラースタジアム那覇がこまちスタジアムに似てる件。
    それもそのはず、実際にこまちを参考に設計されたそうです。

    ネオ・オキスタ:(仮称)那覇市営奥武山野球場・建設現場見学会

    >(仮称)那覇市営奥武山野球場の設計は、内野スタンドを支える巨大なY字型柱やテフロン性の内野大屋根など「秋田・こまちスタジアム」を最も参考にしているそうです。

    どこかの歌みたいな模倣騒ぎにはならなそうですが。


      
     
     

    切り替えて行こう

    ユニホームが替わりましたねえ。

    前が前だっただけに、随分スッキリ過ぎるくらいスッキリになった気がします。
    まあアレはアレで面白いとは思いましたが。

    ビジターは黒一色となりました。
    ただ、最近増えてきた切り替えデザインを入れちゃったのはどうなんでしょう。

    >『敵地でのゲームにおいて、チームカラーであるブラックを身頃全体に強調しながらも、衿元、脇に切り替えを施し、オリジナリティがあり、スピード感を強調したデザインを採用しました。

    ( ゚д゚) ・・・オリジナリティ??

    切り替えデザインは他球団で既にあちこちで使われているというのもありますし、
    何よりコレが入っちゃうと急に練習用ユニ臭くなっちゃうんですよねえ。
    汗出しシャツとかならいいけど、試合用シャツとしてどうなの? みたいな。
    写真を見ても「へえ、バッティングジャージはこれか。でユニホームは?」と思ってしまいます。

    先代ビジターのグラデーション、賛否両論はありましたが新しいアイデアではありました。
    千葉移転時のピンク色、あと丸っこいロゴも、ある意味斬新ではありました。
    色々と余所が真似できない(したくない??)アイデアを採り入れてきました。
    オリオンズの金田ユニもラインの生地を縫い込んだ特殊な作りでした。

    そんな新しい事にチャレンジしてきたロッテが切り替えに手を出しちゃいましたか。

    まあ時間が経てば慣れちゃうんでしょうけどね。
    先代デザインだって、何だかんだ言って段々慣れては来ましたし。
    (『見慣れた』と『好きになった』は別物ですが)

    そしてレプリカユニホームも発売されます。

    オンラインショップでネーム加工出来るようになったのは大きいですね。
    今まで海浜幕張駅前のショップに行かないと加工できませんでしたから、
    地方のファンにとってはかなり便利になりました。
    千葉まで行って買ってたら交通費でプロモデル買えちゃいますから。

    KIMURA34」で一着作ってみましょうか。
    文句言いながら結局買っちゃうのですが。