秋田ロッテblog

    Home > other

     

    2012年


    辰年だゴン!
    今年も応援よろしくだゴン!!
    スポンサーサイト
     
     

    2011年

    まもなく2011年が終わろうとしています。

    ブラウブリッツはイマイチの成績だったり、ロッテはもっとイマイチだったり、
    個人的な話では急に秋田弁が出だしたり、新聞に載ったり(←警察沙汰とかじゃないよ!)。

    色々ありましたけど。

    どうしても東日本大震災は外せないし、外してはならない事ですよね。

    当時は仕事が遅番で、3時からの始業に備えて会社入りした所でして、
    ロッカーで着替えてさあ出よう、という2時46分に凄い揺れが襲ってきました。
    社内は全部停電で仕事にならないってんで、何もせずに帰宅となりました。
    信号機が止まって渋滞が起きてたので、裏道を駆使しつつ無事に帰宅しました。

    2日後の13日にはJFLが開幕する予定でした。
    「試合どうなるんだろう、試合中に地震来なきゃいいけどなあ」
    発生直後から帰り道までは、まだその程度の認識でした。

    報道で悲惨な状況を知るまでは…。

    観戦仲間をはじめ知り合いが多く、そして何度も訪れた岩手・宮城・福島。
    被害の大きかった石巻、南三陸、宮古はいずれも野球観戦で訪れていました。
    秋田は被害が少なかったですが、よく知る土地が被害に遭った事は衝撃的でした。

    今年の漢字として選ばれた「」。
    実はブラウブリッツは被災前から絆をスローガンと決めていたのですが、
    今年は人と人との繋がりの大切さを知らされた一年でした。

    一方で食料・燃料不足とか、それらを巡っての争いも見られましたが…。
    何かといえば「不謹慎だ、自粛だ!」という過剰なまでの自粛ムードもありましたよね。
    今から思えば何だったんでしょうねえ、買い占めだの自粛ムードだの。
    スーパーの山積みカップ麺を見て「半年前はこれで一騒動あったんだよな」と思ったり。

    良くも悪くも人間の本性がハッキリした一年だったと思います。

    やっぱり人との繋がりは大切です。
    サッカーで言うと、今年は昨年より多くのサポと出会えて一緒に応援できましたし、
    開幕戦では山雅サポより「がんばろ東北」コールを頂きました。
    大きな被害を負ったソニー仙台へのエールもありましたね。

    2012年はどれだけの人と出会えるのでしょうか。
    今年だけでなく来年も、その先も「絆」を大切にして行きましょう。

    今年もお世話になりました。2012年もよろしくお願いします。


     
     

    ほんの少しだけ、ガマンしよう

    「燃料供給、近く正常化」 佐竹知事が見通し

    >東日本大震災の発生後、県内でガソリンや灯油などの燃料不足が続いていることについて、佐竹敬久知事は15日の県災害対策本部で、「地震により自動停止した原油の精製施設が間もなく点検を終えて稼働する。そう遠くない時期に供給体制は正常化する」との見通しを示した。

     佐竹知事は、石油の精製・元売り14社でつくる石油連盟(東京都)の幹部と電話で協議したことを明らかにし、「被災した施設もあるが、全国的に見れば精製能力に余裕がある。停止中の施設が約1週間の点検を終えて動きだせば燃料不足は解決する。もう少しの辛抱だ」と語った。

     県産業労働部によると、元売りは順次、秋田港からの陸揚げを再開しており、今後も入荷は順調に続く見通し。


    燃料関係が現在大変なようですが、少しの辛抱です。
    相乗りをする等して少しの間凌げば、物流も回復してる事でしょう。
    まあ市原や仙台の石油基地火災、産油国の事情等もあり、値段は上がるでしょうが…。
    (月の初めに値上げのネタを書きましたが、それどころじゃなくなってきた…)

    スーパー等の品不足も同様です。
    別にカップラーメンや飲料が世の中から消滅した訳では無いんです。
    ただ道路網、鉄道網のトラブルで物流が停まって、有る物が届けられないだけなんです。
    徐々に復旧して、物も再び店舗に回ってくる事でしょう。

    品薄と知って在庫品を必死で買い集める人もいるようですが、
    必要以上の数を買い占めたり、不要な物まで買う人が居ます。

    昔オイルショックの騒動がありましたが、それに近い物かも知れません。
    「みんな買ってるから買わなきゃ」と一種のパニック状態に陥っている気がします。
    椅子取りゲームのごとく、買えなきゃ負けという心理になってるのでしょう。
    (買い占めた奴が勝ち誇ったような「どうだ顔」に見えたのは気のせいか)

    被災に備えて蓄えは必要ですが、本当にそれが必要な量なのか、を考える必要があります。

    家も店もみんな無くなったような被災地ならともかく、
    大きな被害のない地域なら、遠からず物流は戻ってきますから。

    もう一度言います。
    物流がストップしているだけで、世の中から品物が消滅した訳ではありません。
    物流が再開するまで、ほんの少しだけ我慢しましょう

    宅配便はわかりませんが、郵便のバイクが走っている所は見ました。
    少しずつ、モノは再び動き出しています。

    落ち着いて。
    決して、パニックには陥らないで。
     
     

    大相撲だけはガチ(←棒読み)

    秋田には「秋田魁新報」という地元新聞があります。

    秋田出身の内館牧子さんがコラムを連載(週1、か隔週1のペース?)しております。
    主に一面の左側のほうに掲載されています。

    で、本日6日の一面にも掲載されていた訳なのですが。

    まさか大相撲八百長事件の記事と並ぶとは思っても見なかったでしょう。

    まあね。八百長自体については驚きもありません。やっぱりな、的な。

    「驚いている。我々の時代には全く考えられなかった」
    「八百長は今回だけ、過去には一度も行われた事は無い」
    「千代白鵬らの力士が勝手にやった事で、我々には全く関係ない」

    こんな見え透いた言い訳で逃げ切ろうとする関係者も多いようですけれど、
    言い訳だけで事が済んだら警察も弁護士も要らねえよって話です。

    野球賭博も、薬物事件も、暴行致死事件も、当事者だけ首切って終わりでした。
    協会の人間は「再発防止に努めて参ります(←棒読み)」だけ言って終わり。
    結局別の不祥事が起きて、同じような処分をして、の繰り返し。

    税金優遇される公益財団法人になりたくて必死で取り繕ってるのでしょうが、
    ここまでボロが出てきては今の体勢でやっていくのは無理でしょうね。
    やりたいんならせめて一般財団法人でしっかり税金払ってください。

    しかしまあ、まだ居るんですねえ。
    メール消去操作しただけで完全に抹消される」と思い込んでる人が。

    「すぐいる?」の元俳優も、メール消去して携帯捨てて証拠隠滅した気で居ましたけど、
    ちょっと考えればわからないんでしょうかねえ、こういう事は。

    たぶんパソコン使ってても「ゴミ箱を空にする」だけで完全消去した気で居るんでしょう。
    下手したら空にすらしてないかもしれません。

    情報ってのはもっと慎重に扱いましょう。
    バレないように消去しましょう…って、そもそも悪い事すんなって話ですけど。


      
     
     

    2011年



    今年もよろしくお願いいたします。
     
     

    2010→2011

    もうすぐ年が替わろうとしています。

    2010年も色々ありましたが、スポーツで見ると。

    千葉ロッテマリーンズは、リーグ3位からの日本一。

    ブラウブリッツ秋田は新チーム元年に8位。

    そして2011年に目指すものは。

    マリーンズ→パシフィックリーグ制覇

    ブラウブリッツ→準加盟

    ロッテは今季も05年も、リーグ3位と2位からの日本シリーズ進出でした。
    どちらも日本一だったとはいえ、どこか「やり残した感」はあります。
    やはり74年以来の「パリーグを制しての日本一」を達成したいですよね。

    変な話、リーグ制覇できればCS負けちゃってもいい、くらいの気持ちで。

    ブラウブリッツは今月に入って、来年の準加盟を見送るという決定を下しました。
    残念ではありますが、次の申請までの期間に充分準備して欲しいです。
    ニュースを見ると戦力補強が進んでいるようです。
    来季は新たなメンバーで好成績を残して、昇格への足がかりにしてもらいたいです。

    今年も本ブログをご愛読いただきありがとうございました。
    来年も2チームを中心に、色々な記事を淡々と書いていきたいと思います。
    過度な期待はしないで下さい


      
     
     

    さくらんぼの実る頃

    山形・東根市立さくらんぼ小:新校名「大森小」 「アダルトサイトと同名」で

    >山形県東根市は24日、来春開校予定の「さくらんぼ小学校」と同名のアダルトサイトがあったことを受け、新校名を「大森小学校」にすると発表した。小学校近くにある大森山にちなんだ。

    そういえば先日の遠征時、さくらんぼ小学校って単語を目にしたような覚えがあります。
    東根市も山形市も天童市も近いですからね。

    まあ、サイトの中身はともかくとして。
    どこの学校だかわからん名前よりはそこの地名の方がいいですよ。
    大森山という立派な地名、そして山があるんなら有効に使った方がいいです。
    (秋田市民としてはちょっと気になる名前ですが)

    >新校名について市教育委員会は当初、最終選考で漏れた▽若木(おさなぎ)▽若葉▽みどり▽みのり▽みのりの樹--の5候補から選ぶ方針だったが、いずれもネット検索で「大人向けのサイト」が検出された。

    …いや、大人向けサイトがどうこう、と言うより…。

    「どこやねん」って名前ばっかりじゃねえか。

    今回の問題ね、「アダルトサイト名と同じか否か」しか考えてない人が居るようですけど、
    「どこの地域の学校だかわからん抽象的な名前」って所が叩かれてるんですよ。
    名産品とか、なんか響きだけ良い単語を安易に付けるからこういう事になるんです。

    数年前の市町村合併でも「どこやねん」な市町村名が生まれたりしました。
    栃木県の「さくら市」も、何がさくらなんだかよくわからないと批判の声があるようです。
    中央アルプス市や南セントレア市など、市民の猛反発でボツになった例もありました。

    千葉県の山武(さんむ)市は当初「太平洋市」になる予定だったんですね。
    太平洋一の堀幸一にちなんででしょうか。

    「にかほ市」は今では慣れましたけど、導入時はあんまり評判良くなかったですよね。
    確か「さいたま市」が出来た後で二番煎じに見られてた覚えがあります。

    \( ゚∀゚)ノ さいたまさいたまー

    そうだ忘れてた。秋田でも校名絡みで一悶着あったじゃないですか。

    2高校統合、校名は「湯沢翔北」 秋田

    >秋田県立湯沢北、湯沢商工両高の統合校の名称について、県教委が示した「湯沢叡陵(えいりょう)高」に地元が難色を示していた問題で、県教委は10日、「湯沢翔北(しょうほく)高」に決定したと発表した。6月県議会に高校設置条例の改正案が提出される。

    > 県教委は、昨年12月の公募で寄せられた578案の中から15案に絞り込んだが、公募に含まれない「湯沢叡陵」を決定案として4月15日の教育委員会会議に示して承認を受けていた。

    >しかし、4月25日に開いた地元説明会では、「子供たちが読めない」「湯沢になじみのない言葉だ」などの異論が続出。15案に「叡陵」を加えた16案のうちから選び直し、同30日、地元関係者からおおむね同意を得ていた。


    もうね…。

    誰だよ「叡陵」って考えた奴。出てこいよ。

    公募して絞り込んだ揚げ句に、公募にない名前がポッと出てきて採用って。
    そんなもん反発するに決まってるでしょう。
    (しかも選び直しの際にもちゃっかり叡陵入れてやんの)

    もしかして凄い偉い人の案で、誰も異論を唱えられなかったんでしょうかね。
    「叡陵…(参ったな、候補には無いんだけど)…わかりました、それで行きます!」とか。

    さくらんぼ小も「『さくらんぼ小学校卒』なんて履歴書に書けない」とか批判されましたが、
    叡陵も履歴書に書いたら絶対何枚か書き損じるでしょうねえ。
    発案者は卒業生がそういう苦労する所まで考えたんでしょうか?
    結局「いい校名浮かんだ」って自分のエゴを生徒に押し付けてるだけでしょう。

    市町村にしろ、校名にしろ、名前はもっと大切にしなければいけません。
    響きの良さだけを求めない、出身地・母校として誇りを持てる名前であって欲しいです。

    以上、NDスタで味わったモンテディオの果実は非常に酸っぱかったという話でした。
    甘酸っぱいなんてもんじゃなかった。むしろ苦い思い出。


      
     
     

    らあめん花月嵐 豚そば銀次郎

    花月嵐に久しぶりに行ってきました。

    当初はいつもの通りマシンガンに行く予定でした。
    でも昼時を過ぎた頃なのに店外には2人並んでいました。
    この雨ですしちょっと外で並ぶのもアレかなと思い、別の店を探しました。
    で、すぐ近くの花月嵐東通店へ行きました。

    結構そういう需要もあるのではないのでしょうか。
    色々と違いはありますが、こってり系だし、ニンニクもあるし、という事で、
    「マシンガンが混んでるからこっち行くか」という人も多いと思います。

    限定メニューもありましたが、今回は「豚そば銀次郎」をオーダー。
    「豚そば銀次郎」の名前と、豚骨+魚介のダブルスープという事で、
    二郎に近い味かなと思いオーダーし、一口食べてみました。

    …??

    豚骨と魚介と言いますが、魚介が相当強い感じでした。
    あんまり名前ほど豚って感じはしませんでした。
    魚介系だと絞りニンニクを入れてもあまり合わないですね。
    ニンニクは豚骨系のゴテッとしたスープに入れた方が合います。

    美味しい事は美味しいのですが、ギャップに戸惑った一杯でした。

    なんか来月にはまた「ガッツリ系」メニューが出来るらしいです。
    醤油で背脂という事で二郎に近い味になると思います。

    しかしここ、いつも「有名店○○とコラボ!!」なんてやってますが、
    そんなに人の名前使わなきゃいけないのか? と思ってしまいます。
    ベジらあめんのような独自メニューを作る分には面白いと思うんですけど。
    (これ食べたいと思ってたけど食えぬまま終わっちゃったよ)
    「コラボ」と言えば聞こえはいいですが、「人の褌で相撲を取る」の方が正しいです。

    という訳で明日は名古屋場所開催ですね。(なんだこの展開)

    もう突っ込みどころの塊なのであれこれ書く気も起きません。
    ただ取組数の減少により全取組が早く終わりすぎるのを防ぐ為に、
    塩を撒く回数を増やすなどして一取組あたりの時間を延ばすって話を聞きました。

    …ひどすぎるでしょ、それ?

    (この流れで取り上げるのもアレですが)プロ野球でも試合時間短縮を目指していて、
    試合のテンポが良くなり観客が飽きる事無く見られ、省エネによるCO2削減も出来ます。

    そんな時代に、塩撒きを増やして時間稼ぎって、何それ??

    前から相撲見てて「まだ塩撒くの? 時間まだなの?」と思っていたのに、
    その塩をさらに増やしたら間延び感が生まれるだけですよ。

    客も相撲見に来たんだか飛び交う塩を見に来たんだかわかりませんよ??

    もう塩撒きは最低限の回数、一組取ったら次の取組ってさっさと進めましょうよ。
    きっと4時とか5時前とかには全取組が終えられるんじゃないでしょうか。
    余った時間どうするんだって?? じゃあその分の時間を稽古に充てなさいよ。

    こんな惨状でも一応「ちゃんとした相撲が見たい」と思ってるファンが居るんですよ。
    そんなファンに適当な相撲と何回ものダラダラした塩撒きなんて見せられます??
    場所が開催されるだけでもありがたく思い、真剣勝負を見せて貰いたいです。

    明日は西目でも真剣勝負を期待したいと思います。(だから何だよこの展開)


      
     
     

    相撲協会は体質改善に努めて参ります(←棒読み)

    相撲が大変な事になってます。

    大変ったって前から色々あったので、あまり驚きもありませんが。

    親方二人が処分という事ですが、それだけで終わりって感じですよね。
    暴行事件といい、薬物事件といい、みんな当事者を切って終わり。
    もう甘いってレベルじゃないです。マックスコーヒーに砂糖と練乳と蜂蜜を混ぜたような。

    どう考えても二人だけが暴力団と関わってきた、って訳はないでしょう。
    「二人を処分したのでもう相撲と暴力団は無関係です」では済みませんよ。
    トカゲのシッポ切り以外の何物でもないですね。

    しかしそれとは別に、相撲の観戦チケットのシステムもよくわかりませんね。
    維持員席という、いわゆる「砂かぶり」の席が暴力団に流れたという事です。
    ここは一般には出回らない、後援会(タニマチ)向けの席だそうです。
    きっとそこに座れば物凄い迫力があるのでしょうね。たまに力士が飛んで来たり。

    <暴力団観戦>維持員席販売常態化 案内所「1席40万円」

    >維持員席は「砂かぶり」と呼ばれる溜席(たまりせき)の中でも最前列の席。名古屋など地方場所の場合で、協会に6年で維持費130万円を寄付するなどし、理事会で承認された「維持員」に割り当てられ、本来、売買対象ではない。

     維持費は年分割で納めるが、6年ごとの更新前に維持員を辞める人・団体がある。名古屋場所で座席管理などを請け負う名古屋市の相撲案内所は、こうした人・団体に割り当てられた維持員席の入場券を買い上げ、1席約40万円(15日間通し)で販売していたという。


    一度でいいからそこで見たい、という一般の相撲ファンもいると思いますが、
    普通の人がそこで観戦するのは難しいみたいです。
    まず席そのものが出回らない上に、買えたとして15日通しで40万円という金額。
    一日あたり26,666円と見ると高くない気もしますが、通しで買わなければなりませんし。

    タニマチと知り合いになって券を入手するという手が一番確実かもしれません。
    いっそ自らタニマチになるか??

    他のチケットのようにバラ売り出来たら、一般のファンも喜ぶでしょうね。
    ただここは撮影や飲食が禁止、といったかなり制約のある席らしいので、
    誰でも座らせるって訳に行かないのでしょう。
    空気読まずキャーキャー騒いで待機中の力士が集中できなくなるとか、
    あと野球のネット裏みたいに携帯持って手を振るバカとか増えてくるでしょう。

    ホント、ああいう奴って何なんでしょうね。手を振る奴って。
    喜ぶのは本人とテレビ見てる友達数人、あとの多くの人間が不快感になるだけですよ。

    例えば満員の試合で、観たかったけどどこの券も買えず仕方なくテレビ観戦という人が、
    試合も観ず手だけ振ってる奴を観たら絶対腹立ちますよ。
    お前一人のせいで、純粋に試合を観たい人が球場に入れなかったんだぞと。

    自分の顔を中継したいんならwebカメラ買ってサイトに垂れ流しとけ。そのバカ面を。

    何の話でしたっけ。
    あ、大館出身の佐々木山には新たな部屋で頑張ってもらいたいです。


      
     
     

    携帯変えて3ヶ月

    いい加減にレンズに指がかかるという超初歩的ミスはやめようと思う。

    そういえば過去の機種はみんな上半分にレンズがあったんですよね…。
    今の機種(G'zOne)だと、自然に持った時には指が思いっきりレンズを塞ぎます。
    指が写らないように気を付けて持ってるつもりなのですが…。

    いや、考え方を変える事にしましょう。
    指がかかるのを気にして一瞬を逃すなら、指なんか気にせず大切な一瞬を撮ろう、と。

    そんな大したもん撮ってる訳じゃないですが。