秋田ロッテblog

    千葉ロッテマリーンズとブラウブリッツ秋田を応援するブログ

     

    負けない事、信じ抜く事 - 2017.06.11 カターレ富山 -

    170611-01.jpg
    6月11日、あきぎんスタジアムにてブラウブリッツ秋田カターレ富山戦が開催されました。

    富山は現在3位で、前節の栃木(2位→4位)に続いて上位との対戦となります。
    こうした試合でしっかり結果を残せるかどうかが大切です。

    170611-02a.jpg
    秋田市はここ数日天気が悪かったですが、この日は時折青空が出るなど結構良い天気でした。
    日が差すと少し暑さを感じますが、風は涼しくて過ごしやすかったです。

    170611-03.jpg
    この日スタジアムグルメに登場したのは、にかほ市のダチョウ飼育農場「ササキダチョウファーム」さん。
    ダチョウの肉を使った鍋や唐揚げ、卵を使ったアイスなどを販売しています。

    170611-04.jpg
    ダチョウの肉鍋
    肉はよく煮込まれており柔らかく食べやすかったです。
    低脂肪で高タンパクというヘルシーなダチョウ肉、初めて食べましたが中々良かったですね。

    170611-05.jpg
    こちらは秋田名物・きりたんぽを販売する斎藤昭一商店さん。

    170611-06.jpg
    田楽きりたんぽ
    甘辛い味噌を付けて焼いたきりたんぽで、熱々の焼きたてを味わえます。
    小腹を満たすのにピッタリのサイズです。

    170611-07.jpg
    この日は来場者の先着200名に、JAうご「ひばり野オクラ」が配られました。
    これからオクラなどの夏野菜が美味しい季節になりますね。
    自宅でサッと茹でていただきまして、甘みと粘りがあり美味しかったです。

    170611-08.jpg
    さて、この日は色々なマスコットキャラクターが登場しました。
    ねんりんピック秋田2017」のマスコット「んだッチ」

    170611-09.jpg
    ねんりんピック会場の一つであるにかほ市より、マスコットの「にかほっぺん」

    170611-10.jpg
    170611-11.jpg
    この日は明治安田生命秋田支社プレゼンツという事で、明治安田の「うさりん」「ライト!くん」も登場。

    170611-12.jpg
    その明治安田生命秋田支社の江崎支社長。試合前に応援メッセージを贈っていただきました。
    以前の同社プレゼンツの試合でも応援メッセージを贈ってくれて、とても熱い気持ちを持つ支社長です。
    スタジアム整備の署名も多く集めていただき、様々な支援には本当に感謝しています。

    170611-13.jpg
    Jリーグの村井チェアマンも来場して挨拶していただきました。
    現在J1~J3で唯一の無敗という秋田の活躍、チェアマンも注目してる事でしょう。

    170611-14.jpg
    秋田まで駆けつけて応援する富山サポーターの皆さん。
    カターレのマスコット「ライカくん」の大旗が振られています。

    170611-15.jpg
    170611-16.jpg
    秋田サポーターもホームチームとして負けていられません。
    ゲーフラを掲げ、大旗を振り、精一杯応援します。

    秋田と富山、上位対決の結果は。

    170611-17.jpg
    170611-18.jpg
    1-1

    38分に富山が佐々木一輝のゴールで先制し、0-1で前半を終えます。
    反撃を試みるもなかなか追いつけず、ついに90分を超えてアディショナルタイムに突入します。

    そのAT1分、途中出場の遊馬将也のゴールが突き刺さります!!
    目の前で決まった終了間際の劇的なゴールに、秋田ゴール裏は喜びを爆発させます。

    170611-19.jpg
    結局逆転はならなかったものの、土壇場で踏ん張り勝ち点1を掴み取った秋田。
    これで首位をキープ、そして無敗もキープする事が出来ました。

    ギリギリでの同点劇。
    秋田には大きな自信となるでしょうし、寸前で勝利を逃した富山にとってはとても痛い試合でしょう。

    170611-20.jpg
    次節はアウェイでのアスルクラロ沼津戦です。
    今季JFLからJ3入りして、1年目ながら現在2位という好成績を残しています。
    栃木・富山に続いてまたも上位との対戦となります。

    沼津との勝ち点差は4で、仮に負けても首位はキープする状況ではあります。
    しかしJ3の首位を独走する秋田としては、ここもしっかり勝利して首位と無敗をキープしたいです。

    170611-21.jpg
    今日のような苦しい展開でも、選手もサポーターも最後まで諦めず喰らい付いていく事。
    それが必ず良い結果に繋がると信じています。

    我々はこれからも選手の皆さんの背中を後押ししていきます。
    投げ出さず、逃げ出さず、信じ抜こう。

    秋田vs富山の試合結果・データ(明治安田生命J3リーグ第12節:2017年6月11日):Jリーグ.jp




    スポンサーサイト
     
     

    われらのふるさとvs詩の国秋田 - 2017.06.04 栃木SC -

    170604-01.jpg
    6月4日、栃木グリーンスタジアムにて栃木SCブラウブリッツ秋田戦が開催されました。

    今シーズン首位争いを繰り広げている栃木と秋田。
    共に開幕から無敗を続けていましたが、栃木は前節で相模原に負けて初黒星。
    秋田が一歩リードの状態ですが、ここを勝利してさらに差を付けたいところです。

    170604-02.jpg
    未明に秋田を出発して、栃木グリーンスタジアムに到着しました。
    秋田は雨が降り寒かったですが、栃木に着いたら朝から日が差し結構暑いです。

    170604-03.jpg
    グリーンスタジアム前の道路には多くの屋台が並んでいます。
    栃木SCはスタジアムグルメが充実している事で有名で、どれを選ぼうか悩むほどです。

    170604-06.jpg
    やはり栃木・宇都宮に来たからには名物の宇都宮餃子を食べるべきでしょう。
    スタジアムに居ながら宇都宮名物を味わえるのはアウェイサポーターには嬉しいです。

    この売店には普通の餃子と並び、「青餃子」という限定の餃子も売られています。
    ブラウブリッツ戦という事で「青を喰ってやろう」という事でしょう。
    せっかくなので普通の餃子と青餃子を一つずつ購入してみました。

    170604-07.jpg
    !!

    170604-08.jpg
    想像していた以上の青い(というか紺というか…)皮に包まれており、度肝を抜かれました。
    色こそ凄い事になってますが、味は普通の餃子と全く変わらず美味しくいただけました。

    これは他の青いチームとの対戦でも登場するのでしょうか。
    もし見かけたらお試しください。改めて言いますけど味はちゃんと普通ですから!

    170604-04.jpg
    170604-05.jpg
    焼きそばの屋台で購入したのは「ベーコン焼きそば」
    コーンでチームカラーの黄色を表現しており、ベーコンの塩味とコーンの甘みがマッチしています。

    あちらが秋田の青を喰おうという事なので、こちらも栃木の黄色を喰ってやりましたよ( ̄ー ̄)

    170604-09.jpg
    170604-10.jpg
    この日は「野木町民デー」という事で、栃木県野木町のブースが登場。
    こちらで売られていた「のぎのやさしい水」とは、野木町の水道水をペットボトルに詰めたものです。
    味はまろやかで水道水らしさは無く、文字通りの優しい味でした。

    170604-11.jpg
    スタジアムに入場しました。
    J1規格をクリアしたスタジアムで、大きなスタンドに綺麗なピッチが特徴です。

    170604-12.jpg
    栃木SCのマスコット・トッキー

    170604-13.jpg
    野木町のマスコット・ひまわりサンちゃん

    170604-14.jpg
    チアリーダー「SCチアーズ」のダンスパフォーマンスでスタジアムを盛り上げます。

    170604-15.jpg
    170604-16.jpg
    170604-17.jpg
    この日は「ゲーフラコンテスト」「ゲーフラ製作体験イベント」があり、ホームゴール裏がゲーフラで埋まりました。
    秋田もこれくらい多くのゲーフラでゴール裏を埋めたいですね。

    170604-18.jpg
    スタメン発表、大型ビジョンに立派な映像が流れます。

    栃木の横山雄次監督、2012年には秋田の監督を務めました。
    他にヘッドコーチの松田正俊、DFの二戸将も秋田に在籍していました。
    (残念ながらこの日の二戸はベンチ外でしたが)
    今シーズン快進撃を続ける秋田の姿を、元秋田の3人に見せつけてやりましょう。

    170604-19.jpg
    170604-20.jpg
    試合開始前の栃木ゴール裏にはビッグフラッグが登場。
    首位争いという事で栃木サポーターも気合いが入っているようです。

    黄色く染まった栃木グリーンスタジアムに「栃木県民の歌」が響き渡り、試合が始まります。
    栃木対秋田、試合の行方は。

    170604-21.jpg
    1-0!!

    前半は栃木ペースながら、キーパー小澤章人やDF陣が頑張り0-0で終えます。
    後半から徐々に秋田がペースを掴み出しますが、なかなか決めきる事ができません。

    そして82分、山田樹のゴールにより秋田が先制!!
    終盤に追いつかれそうになるも守り抜き、無失点で試合を終えました。

    秋田が勝利を収め、歌われたのは「栃木県民の歌」ではなく「秋田県民歌」でした。

    170604-22.jpg
    これで秋田は開幕からの無敗、そして首位をキープ
    一方の栃木は、富山と沼津の勝利により順位を4位に下げました。

    奇しくも秋田は次節で富山戦、その次に沼津戦と上位との対戦が続きます
    元J2の富山に、今季JFLから昇格して勢いのある沼津。
    どちらも油断できませんので、精一杯戦っていきましょう。

    170604-23.jpg
    昨年まではアウェイで負ける事がとにかく多く、ガッカリしながら秋田まで帰る事が多かったですが、
    こうした気持ちのいい勝ち方をすると、長距離移動も苦にならない、むしろ余韻を楽しめますね。

    今までのアウェイで弱かったブラウブリッツの姿はここにはありません。
    ここに居るのは、ホームもアウェイも堂々と戦い抜いて首位を走るブラウブリッツです。

    先述のとおり上位との対戦が続きますが、今年の秋田ならきっとしっかり戦ってくれます。
    詩の国秋田の快進撃は止まりません。



    170604-24.jpg
    さて、栃木の坂田良太選手は5月の北九州戦で右膝の靭帯を負傷し、全治一年と診断されました。
    ゴール裏には復帰を願って「熱き18番と共に戦おう待ってるぞ坂田良太」の横断幕が貼られていました。

    170604-25.jpg
    ハーフタイムには大型ビジョンに坂田選手のビデオメッセージが映し出されました。
    メッセージが終わると、栃木サポーターは坂田へのコールとチャントを贈っていました。

    170604-26.jpg
    復帰に向けてリハビリに励む坂田選手。
    一日も早く完治、そして復帰する事を願います。

    栃木vs秋田の試合結果・データ(明治安田生命J3リーグ第11節:2017年6月4日):Jリーグ.jp




     
     

    2017.05.16 東北楽天vs北海道日本ハム in 秋田【その2】

    170516b-01.jpg
    【その1】の続きです。
    こまちスタジアムの楽天対日本ハム、いよいよプレーボールです。

    170516b-02.jpg
    1回の表、さっそく試合が動きます。
    1アウト1・3塁で4番の中田翔に打順が回ります。

    170516b-03.jpg
    中田はレフトフライを打ち、犠牲フライとなって1点を先制します。

    170516b-04.jpg
    1点を追う楽天は3回裏、2アウト1・2塁で打席にはゼラス・ウィーラー

    170516b-05.jpg
    170516b-06.jpg
    打球はレフトスタンドに消えていき、逆転スリーランホームラン!
    開幕当初は不調だったウィーラーですが、だんだんエンジンが掛かってきたようです。

    170516b-07.jpg
    4回裏には1アウト3塁から嶋基宏のタイムリーで4-1とします。
    先発の辛島をバットで後押しします。

    170516b-08.jpg
    170516b-09.jpg
    170516b-10.jpg
    5回裏が終わり、グラウンド整備の時間。
    ゴールデンエンジェルスと共に、地元のダンスチームなどが一緒にダンスで盛り上げます。

    170516b-11.jpg
    170516b-12.jpg
    スタンドの様子。
    この日の入場者数は12,512人。空席もありますが平日開催としてはまあまあの入りでしょう。

    170516b-01.jpg
    コンコースを通って外野席に回って来ました。

    170516b-13.jpg
    日本ハムは6回表に岡大海のタイムリーツーベースで2点目を挙げます。
    続く7回表には満塁から、西川遥輝の打球をショート茂木栄五郎がエラーしてしまいます。

    170516b-14.jpg
    これでスコアは4-3
    1点差まで追い上げてきて、レフトスタンドの日本ハムファンが盛り上がります。

    170516b-15.jpg
    追い上げられた楽天ですが、7回裏に2アウト2・3塁から岡島豪郎の打球をブランドン・レアードがエラー。
    6-3として再びリードを広げます。
    そのレアードが8回表に犠牲フライを打ち、6-4で9回を迎えます。

    170516b-16.jpg
    マウンドにはクローザーの松井裕樹が登場しました。

    170516b-17.jpg
    2アウトながら2四球により1・2塁で、打席には中田。
    1打同点、そしてホームランが出れば逆転となる場面で…。

    170516b-18.jpg
    内野フライに打ち取り、ゲームセット!

    170516b-19.jpg
    スコアは6-4
    ウィーラーのスリーランが効いて、後半に追い上げられながらも楽天が逃げ切りました。

    170516b-21.jpg
    これで秋田では2011年以来6年ぶりの勝利となりました。
    久しぶりの秋田での勝利、地元の楽天ファンも嬉しいでしょう。

    170516b-20.jpg
    ヒーローインタビューは辛島と嶋のバッテリーでした。
    最後はファンと共に「Burn!」で締めました。

    170516b-22.jpg
    毎年恒例のヤクルト秋田開催が無いため、今年の秋田でのプロ野球は最初で最後となります。
    試合が終わり、先ほどまで盛り上がっていたこまちスタジアムもすっかり静かになりました。

    170516b-25.jpg
    170516b-24.jpg
    170516b-23.jpg
    気が早いですが、来年以降もこのように盛り上がる試合が秋田で見られますように。